ドラマ【ノーサイドゲーム】キャストあらすじ。大泉洋TBS初主演は池井戸潤原作。「不惑のスクラム」と合わせて楽しめるラグビーが題材

Sponserd Link

2019年7月から放送のドラマ【ノーサイドゲーム】。

「下町ロケット」で阿部寛の同級生の研究者を演じた森崎博之、「下町ロケット」で阿部寛の右腕を演じる安田顕、「昼のセント酒」で一躍有名になった戸次重幸 、そして、NHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインの成長を見守る牛飼いを演じる音尾琢真らが所属する「TEAM NACS」

その中でも最も人気を誇る大泉洋が、初の主演となる今作。

これまでに数々のヒットドラマを生み出してきたTBSと池井戸潤のタッグの新作といった位置づけの作品です。

ここでは、ドラマ【ノーサイドゲーム】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

君嶋隼人 大泉洋

大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン。出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。

君嶋真希 松たか子

君嶋の最大の理解者にして夫を尻に敷く妻。

風間有也 八代目中村芝翫(なかむらしかん)

君嶋が工場に飛ばされる原因となった企業買収先であるカザマ商事の三代目社長。

滝川桂一郎 上川隆也

トキワ自動車常務取締役営業本部長。カザマ商事買収を巡って対立した君嶋を本社から府中工場に飛ばし、その後もことあるごとに君嶋の前に立ちはだかる天敵。

佐倉多英 笹本玲奈

トキワ自動車府中工場の総務部員。君嶋の直属の部下で、的確な助言をする有能な社員。「アストロズ」のアナリストでもあり、そのずば抜けた能力を試合や練習に役立てている。社内権力を求めて策略を巡らせる男たちが君嶋の行く手に立ち塞がる中、君嶋の唯一の戦力となる存在。

島本博 西郷輝彦

120年の歴史があるトキワ自動車の創業家社長。経営においては常に厳しい目を持つ堅実な人物である一方で、根っからのラグビー好きで、アストロズの創設者でもある。本社の幹部候補生であった君嶋の能力を高く評価しており、信頼している。

七尾圭太 眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)

トキワ自動車本社海外事業部所属。ニュージーランドからの帰国子女で、現地での大学時代にある出来事によって夢を断たれ挫折。失意のまま帰国し、“普通の生活”を送ろうとトキワ自動車に入社する。いつも笑顔で人当たりが良く礼儀正しい男。ビジネスの世界で成功しようと意気込むが、大泉演じる君嶋と出会ったことで人生が一変。七尾の存在は君嶋が再起を図る際の切り札となっていく。

藤島レナ 阿部純子

トキワ自動車海外事業部員。トキワ自動車内でも数少ないアストロズの熱狂的ファンで、中でも浜畑譲(廣瀬俊朗)のファンである。そんな彼女の元に七尾圭太(眞栄田郷敦)という新人がやってきたことから物語は動き始める。レナの言動が七尾を、そしてやがてはアストロズを動かすことになる。

柴門シオリ 川田裕美

トキワ自動車アストロズ監督・柴門琢磨の妻。ラグビーのことだけを考え続ける柴門を支える才女だが、実は主人公・君嶋とも浅からぬ因縁があり・・・。

「多むら」の女将 凰稀かなめ

トキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」が日々飲みに行く居酒屋「多むら」の女将

脇坂賢治 石川禅

トキワ自動車経営戦略室長。君嶋隼人(大泉洋)の直属の上司だった男だ。常務取締役営業本部長の滝川とは同期で、対立する滝川と君嶋をとりなそうとするが…。

中本理彩 山崎紘菜

トキワ自動車の社員。あまりラグビーに興味がない。

君島博人 二代目中村右近

隼人と真希の長男。

君島尚人 盛永晶月

隼人と真希の次男。

「アストロズ」メンバー|登場人物 キャスト

柴門琢磨 大谷亮平

アストロズの監督。君嶋とともにアストロズ再建を目指す最強のパートナー。「全ては勝利のためにある」が哲学でとにかく勝ちにこだわる情熱的な男。大学ラグビー部の監督を務めた経験があり、アストロズの監督に招聘された。GMである君嶋とは、過去にある因縁があった…。

岸和田徹 高橋光臣

アストロズ主将。選⼿としての⾃らの活躍よりもチームとしての勝利を優先させる男。チームメイトからの信頼も厚く、君嶋、柴門の右腕となっていく。

「アストロズ」その他のメンバー キャスト

コージ(ブリリアン)
笠原ゴーフォワード
天野義久
廣瀬俊朗
齊藤祐也
田沼広之
鶴ケ﨑好昭
北川勇次
仲村慎祐
阿久根潤 ほか

「サイクロンズ」 登場人物 キャスト

津田三郎 渡辺裕之

日本蹴球協会が主催するアマチュアリーグ「プラチナリーグ」に王者として君臨する最強チーム、日本モーターズ「サイクロンズ」の名将と言われる監督。アストロズの監督になる柴門とも因縁があり、まさにアストロズの前に立ちふさがるラスボス。

鍵原誠 松尾諭

業界の事情通でサイクロンズGM(ゼネラルマネージャー)

富野賢作 佐伯大地

サイクロンズ及び日本代表のスタンドオフ(フォワードとバックスとを結ぶハーフバックの一人。攻撃の組み立ての中心となるプレーヤー)。

Sponserd Link

あらすじ

大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で地方の工場に総務部長として赴任することに。意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。

やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうしてラグビーの知識も経験もない君嶋に、チーム再建という重荷が課せられた。低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。

原作やスタッフ

ドラマ【ノーサイドゲーム】の原作は池井戸潤の同名小説で、2019年6月13日発売の新刊。

「ドラマ【ノーサイド・ゲーム】の原作本」をアマゾンでチェック!

脚本には「下町ロケット」や「小さな巨人」の丑尾健太郎

演出には「半沢直樹」や「下町ロケット」の福澤克雄

プロデューサーには「半沢直樹」や「下町ロケット」の伊與田英徳が参加しています。

話題、見どころ

TBSの連続ドラマで主演を務めるのが初となる大泉洋。 「TEAM NACS」 の中でこれまで池井戸ドラマに出演していなかった最後のひとりでもありました。

「TEAM NACS」と言えば、第100作目の記念作となった、NHK連続小説「なつぞら」でも、欠かせない名脇役として、大泉洋と森崎博之以外の三人が出演しています。

広瀬すず【なつぞら】キャスト登場人物【北海道十勝編】広瀬すずの兄に岡田将生、幼馴染に山田裕貴、親友ツンデレ女子に福地桃子

さらにヒット間違いなしと言われる池井戸潤とTBSのタッグと言うところでも注目せざるを得ませんが、高橋克典が主演したNHKドラマ「不惑のスクラム」と見比べたくなります。

ドラマ【不惑のスクラム】あらすじキャスト。中年自殺を救ったのおっさんラグビー?高橋克典が安藤祐介原作を実写化

「不惑のスクラム」では、不運が重なり人生を諦めかけていた男性が再起を図る物語でしたが、今作では、低迷しているチームを再び強くすると言うもの。

社会人ラグビーで実際にありそうな話ですが、そんなドラマの主人公に初主演となる大泉洋がどのような主人公像を作り上げるのか、そして低迷していると言われるテレビドラマで、今作がどういった結果を残すのか、非常に期待が高い夏ドラマとなりそうです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ノーサイド】の主題歌にアニメーション映画「海獣の子供」の主題歌「海の幽霊」などで知られる米津玄師の「馬と鹿」が起用されました。

「馬と鹿」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

劇伴音楽に「陸王」や「半沢直樹」「下町ロケット」を手がけてきた服部隆之が起用されました。

「ドラマ【ノーサイド 】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】TBS系列「日曜劇場」
【初回放送・曜日】2019年7月7日 毎週日曜日 21:00~21:54
【前ドラマ】「集団左遷」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)