ドラマ【これは経費で落ちません】キャストあらすじ。多部未華子がお金を数えるように世の中を測る。「風呂ソムリエ」の青木祐子原作を実写化

Sponserd Link

2019年7月から放送のドラマ【これは経費で落ちません!】。

主演に多部未華子、その相手役にジャニーズの重岡大毅がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【これは経費で落ちません!】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

森若沙名子 多部未華子

石鹸(せっけん)メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子。

山田太陽 重岡大毅

沙名子に好意を寄せる男性。

佐々木真夕 伊藤沙莉

沙名子の経理部の後輩。

中島希梨香 松井愛莉

今ドキ女子のトラブルメーカー。

そのほかのキャスト

桐山漣
韓英恵
角田晃広
片瀬那奈
モロ師岡

平山浩行 沙名子の先輩。
吹越満 沙名子の上司。

Sponserd Link

あらすじ

石鹸(せっけん)メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子は、貸借対照表のごとく、「何事にもイーブンに生きる」をモットーに、回ってくる領収書や請求書をチェックする。それぞれの伝票には、金額や最低限の事由しか書かれていない。だが、よくよく精査すると、そこにはこの経費に関わった人々の怪しい事実や、はたまた悩める人生まで見えてくる。
本当は「余計なものは追いたくない」、だけど「公私混同は見過ごせない」森若沙名子が、ヒラの経理女子として、大きな不正事件とまではいかないものの、様々な小ズルい者たちにどうアプローチし、いかにイーブンな関係にするのか?恋に奥手な経理女子と彼女が見つけるワケありの人間模様をコミカルに描く、新時代ならではのオフィスドラマ!

原作やスタッフ

ドラマ【これは経費で落ちません!】の原作には「風呂ソムリエ」や「鏡の家の恋人」で知られる青木祐子の同名小説

原作本「これは経費で落ちません!」をアマゾンでチェック!

脚本には「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」や「連続テレビ小説 べっぴんさん」の渡辺千穂、「探偵が早すぎる」や「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の藤平久子、「五億円のじんせい」や「女の機嫌の直し方 」の蛭田直美

制作統括には「大全力失踪」や「我が家の問題」の管原浩、「ドルメンX」や「遊戯(ゲーム)みたいにいかない。」の坂下哲也

演出には「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」や「今からあなたを脅迫します」の中島悟、「女の機嫌の直し方」や「プリティが多すぎる」の松永洋一 が参加しています。

話題、見どころ

アマゾンのレビューを見ると、「ライトノベルのような陳腐な設定」「文章が読みズラい」など、買ったことを後悔するようなコメントが残されている反面、

共感できる部分が多々あり、会社あるあるが楽しいと言う意見も見られ、賛否両論が同じくらいに出揃っているという評価がなされています。

その中でも「本屋のポップや宣伝に踊らされた」と言う意見が多く見られるところが注目されます。

そもそも広告というものは「人に何かを買わせるためにある」のですから、当然、それが自分の合わないと感じるのであれば不要なものですね。当たり前ですが。。。

つまり、広告やポップは「踊らせるためにあるもの」だと知っていれば、そういうコメントはしないはずです。

音楽を勉強したことのある人ならわかると思いますが、現在のポップ・ミュージックのほとんどがビートルズの焼き増しと言っても過言ではありません。

「名曲に共通するコード進行」が少し話題になりましたが、ビートルズも「Let i it be」という楽曲でそのコード進行を利用しています。

世間的にはロックの偉大なグループと考えられているビートルズですが、数々の負の側面を持っていたことも知られています。

スピリチュアルといえば、怪しいものの典型と思う方も多いと思いますが、今のヨガなどに繋がる東洋神秘思想を広めたのはビートルズなのでした。

1966年発売のアルバム「リボルバー」というアルバムからサイケデリックロックというジャンルが生み出されるようになりましたが、このサイケデリックというものは、簡単にいえば「麻薬を吸ってぶっ飛んでいる時の音楽」ということです。

「リボルバー」は、支配層に異を唱えるヒッピー文化が本格的になるおよそ3年ほど前のアルバムですが、この後に発売された「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」や「イエローサブマリン」などが、ビートルズのサイケデリック=”ヤク中”音楽の頂点と言えます。

そして直後、お役御免と言わんばかりに1970年にビートルズは解散。

このビートルズの登場で、音楽シーンはそれ以前ものと、360度が変化しました。

現在では当たり前すぎて誰も疑問に思っていませんが、ロックミュージックが反体制、若者のものとなり、自由の象徴となりました。さらに言えば、ビートルズこそが”自作自演”、”シンガーソングライター”のアーティストの最初でもあり、誤解を恐れずに言えば「アイドル」というものも、ビートルズが最初とも言えます。

そしてその結果、音楽が能天気な”平和”というものと結びつけられるようになりました。

ここで言う平和は、物事の表側しか見ずに裏側を見ないで、世の中は平和になったと言っているだけの、実に空虚なものです。

精神病患者の妄想とも言っていいかもしれません。

ユニクロの洋服が安く買えるのは、生産国の労働者たちが強力に搾り取られているというような現実を見ずに「世の中は平和だ」と言っているわけで、どこまでも能天気なものだったのです。

このように、テレビや新聞、大手企業によって音楽ビジネスが完全に支配されるようになって、ヒッピーたちのスローガンであったはずの、”自由に意見をする”ということが、ますます出来ない世の中になっていきました。しかも、誰もがそれに気づけないというレベルです。

これを”洗脳が成功した”というのです。

細かいところにいくつか誤りがありますが、おおよそは以下のサイトで言われていることは、ほぼ事実であることがわかります。

集団ストーカーの大元はどこだと思いますか?

この計画を行なっていた支配者層は一般にイルミナティと言われいますが、そのうちの一つに中国の「李」という一族が挙げられています。歴史の授業で「李氏朝鮮」として習ったはずです。

そして彼らは東アジアに大きな勢力を持っていて、モンゴルから中国、南はインドネシあたりまでのほとんどが、彼らの支配地域になっていると言われています。

洗脳というと特殊な装置をつけて行われると思われがちですが、麻薬を悪だと思えなくなることも、LGBTがおかしいと言えなくなることも、洗脳されている状態になります。

ちなみに、ウェブ上を監視されていることが長く続いている中国では、生まれた時から政府の監視の下で育った人たちは、それを自然なことだと受け止めるようになります。

当たり前ですね。

しかし彼らはこの現状が、その先にどう言った結果になるのかをはっきりと悟れないようです。今が良ければ、というあまりにも自己中心的な考えしか持っていないからです。

麻薬を始める人も、最初は麻薬は悪だと嫌がるわけですが、数年経てばいつの間にか、麻薬をやることは悪いことではないという「正当化」を自然と行うようになります。

小さな罪が、いずれ大きな罪に発展していくという法則があるということです。

綺麗な水を汚すには、たった一滴の墨汁をたらせばいいのです。

あとはじわじわと、透明だった水に黒い色が広がっていき、気づいたら真っ黒になっているのです。

洗脳されている人は、大概、人生こんなもんか、と思って生きています。

洗脳が深すぎて、幸せが何かがわかりません。そして、往々にして彼らは物事を表面的にしか見ず、自分で物事を深く考えようとしません。

いざという時に感情的になり、常日頃から心の中に本心という形で悪口・不安・恐怖と言った、”悪いもの”を、誰もが抱えているはずで、それが当然だと思い生きています。

だから、日本は先進国でありながら、精神的に豊かになれないのです。

そんなところをドラマでも描いて欲しいものです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

がドラマ【これは経費で落ちません!】の主題歌にCM「わたしは、コープ共済。」編CMソングなどで知られるの阿部真央が書き下ろした楽曲「どうしますか、あなたなら」が起用されました。

「どうしますか、あなたなら」をアマゾンでチェック!

劇伴音楽に田中知之のソロプロジェクト「Fantastic Plastic Machine」などで活躍していた安田寿之が起用されました。

放送情報

【放送局】NHK総合「ドラマ10」
【初回放送・曜日】2019年7月26日 毎週金曜日 22:00~22:49(連続10回)
【前ドラマ】「ミストレス〜女たちの秘密〜」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)