映画【チアダン】あらすじネタバレと感想。広瀬すずと中条あやみ「セブンティーン」人気モデルのスポ根・実話・作品

スポンサーリンク

2017年3月11日に公開された映画【チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜】

映画「四月は君の嘘」以来の広瀬すず主演作品であり、同じく雑誌「セブンティーン」でモデルをする中条あやみと共演し、福井県の女子高生の実話を元にした話題作です。

ここでは、映画【チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜】のあらすじを感想とともにネタバレで紹介しています。

そのほかの「チアダン」記事もご覧ください。

ドラマ【チアダン】ロケ地所沢 ミューズ とは?土屋太鳳、佐久間由衣をオダギリジョーが叱咤!第三話感動シーン

ドラマ【チアダン】キャストあらすじ。広瀬すずが土屋太鳳で、中条あやみが石井杏奈?打倒ジェッツの新たなチアダンス物語。主題歌にも注目

ドラマ【チアダン】最終話までネタバレ。「できっこない」を乗り越える力の源とは?

スポンサーリンク

映画【チアダン】主要キャストネタバレ

友永ひかり 広瀬すず

福井県立福井中央高校に入学し同級生の孝介を応援するためにチアダンス部に入る。厳しい規則や練習に諦めそうになるが、天性の「応援する気持ち」を持ち合わせていたことから、のちに踊りでセンターを任される。

モデルは福井商業高校初代JETSの中川怜美。

玉置彩乃 中条あやみ

福井県立福井中央高校チアダンス部「JETS」部長。チアダンス経験者であったが、自分の「限界」を知っており、そのことで思い悩んでいた。高校卒業後は夢であったキャビンアテンダントとして働く。

モデルは福井商業高校初代JETSの村中文香。

紀藤唯 山崎紘菜

チアダンス部「JETS」部員。元ストリートダンサー。笑顔が苦手だったが、克服しチアダンス部を続ける。

東多恵子 富田望生

チアダンス部「JETS」部員。家庭環境が複雑で、ダンスを諦めかけていたが、ひかりと彩乃の説得や五十嵐先生の力を借りて、ダンスを続けることになる。

永井あゆみ 福原遥

チアダンス部「JETS」部員。オタク系アイドルダンスが得意。ひかりたちと同級生の初期メンバー。

山下孝介 新田真剣佑

サッカー部に所属するひかりの憧れの同級生。国立のピッチに立って優勝するとひかりと約束するが、願いは叶わず、ひかりを応援することになる。

村上麗華 柳ゆり菜

チアダンス部「JETS」部員。バレエ経験者で、チアダンス部立ち上げ直後の大会で部員たちのレベルの低さに我慢できず、チームを去っていく。

矢代浩 健太郎

彩乃に執拗に交際を申し込む男子生徒。のちにパイロットになり、彩乃と再会する。

ひかりの父 木下隆行(TKO)

ひかりの父親。チアリーダーだった妻でひかりの母(鈴木杏)と、高校の時に出会い結婚している。

早乙女薫子 天海祐希

福井県立福井中央高校チアダンス部「JETS」の顧問。スパルタ教育が特徴で、生徒たちを厳しく導くが、その裏では並々ならぬ努力の人。ほとんど知識のないチアダンスで、生徒たちに目標をもたせたいと、校長に直訴して活動を継続できるように奮闘していた。

モデルは福井商業高校JETSの顧問五十嵐裕子。

映画【チアダン】ネタバレあらすじ

最もイケてる部活”チアダンス部”に入った福井県立福井中央高校1年の友永ひかり(広瀬すず)。

しかし、その厳しさのあまり、自分には向いていないと諦めて辞めそうになるが、部長の玉置彩乃(中条あやみ)に「一曲全部踊りきれるまでやろう」と引き止められ、猛練習の末にメンバーたちは一曲全部踊りきることになる。

その後チームの名前を「JETS」とし、初めての地方大会に出場するも散々な結果に、メンバーでバレエ経験者の村上麗華(柳ゆり菜)がレベルの低さに我慢ならずチームを去り、チームもバラバラになっていまう。しかし、ひかりと彩乃はヒップホップが得意な元ストリートダンサー紀藤唯(山崎紘菜)、恰幅のいい体格ながらもダンスが得意な東多恵子(富田望生)、オタク系アイドルダンスが得意な永井あゆみ(福原遥)などメンバーを呼び戻し、再び活動を再開できるようになる。

ひかりたちは学年が上がり、新人も入り、ますますチームは強化され新たにコーチも呼ばれ部員も増える。

高校生最後の3年生。練習中にひかりは全治二ヶ月の怪我をしてしまい、踊りのカンを取り戻す時間を考えると「全国大会出場」はほとんど不可能な状態になってしまい、練習の場にいることをも断られ追い出されてしまう。

それでもひかりは必死で一人練習をし続け、全国大会当日チームは見事優勝。チアダンス部が学校で優勝報告をする中でも、ひかりは一人屋上で猛練習していた・・・。

ついに全米制覇のためにアメリカへ渡った「JETS」。

ギリギリ、カンを取り戻し踊れるようになったひかり。1回戦を戦ったところで、顧問の早乙女薫子(天海祐希)は翌日の決勝戦に勝つために、これまでセンターだった部長の彩乃をはずし、ひかりをセンターに持ってくる布陣にするという大きな決断を言い渡す。

それぞれに葛藤をするひかりと彩乃。早乙女監督。

彩乃から「部長の心得」が書かれているノートを手渡され、過去に彩乃がひかりに語った言葉の意味を深く理解したひかりは、全米制覇と言う目標のために、センターで踊ることを決意。

「全米を制覇するまでは、絶対に泣かない」と決意していた早乙女監督の元に、優勝を聞いて集まる生徒たちは喜びを爆発させるのだった・・・。

その後、部長だった彩乃はキャビンアテンダントとなり、ひかりはコーチとしてチアダンス部を教えるのだった。

スポンサーリンク

映画【チアダン】主題歌「ひらり」と挿入歌「青い季節」は広瀬すずと仲良しの大原櫻子。劇伴音楽サントラは「東京喰種 トーキョーグール」シリーズの、やまだ豊。

映画【チアダン】の劇伴音楽を担当したのは「デスノート Light up the NEW world」「一週間フレンズ。」やアニメ「東京喰種 トーキョーグール」シリーズなどで活躍するやまだ豊。

映画「キルビル」や「オーシャンズ シリーズ」をはじめとする映画・ドラマ音楽などを手がけ、「シルク・ド・ソレイユ」にも関わるアメリカの映画音楽エージェンシーのサウンドトラックアソシエイツ(SMA)に所属しています。

劇中では、アリアナ・グランデの「PROBLEM」のカヴァーバージョンやグラミー賞受賞経験を持つゴードン・チェンバースがヴォーカルとして参加したオリジナルダンス曲なども印象的に使われていました。

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」オリジナル・サウンドトラックをアマゾンでチェック!

「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ Blu-ray 豪華版(特典Blu-ray付2枚組)」をアマゾンでチェック!

映画【チアダン】の主題歌・挿入歌には、主演の広瀬すずとプライベートでも仲の良い大原櫻子が起用されました。

主題歌「ひらり」と挿入歌「青い季節」、どちらも映画に印象的なシーンを提供していましたが、これらの楽曲には、元SUPERCARのギタリスト、いしわたり淳治や東京事変の元メンバー、亀田誠治、

さらに、元CHARCOAL FILTERのギタリストで、亀田誠治の事務所「誠屋」でプロデューサーとして活躍する小名川高弘など強力なメンバーが脇を固めています。

主題歌 大原櫻子「ひらり」をアマゾンでチェック!

アマゾンアンリミテッドミュージックでは、30日間無料で主題歌「ひらり」を始め数多くの音楽が聴き放題です。

映画【チアダン】感想。チームのためにという「スポ根」の王道

「スポ根の王道」と言う印象ですが、映画の構成もよく、すっきりと見ることができました。

「勝つために自分を捨てられるか?」と言うテーマと、それに葛藤する登場人物たちが描かれる作品といえば、数多くありますが、同じく広瀬すず主演の映画「ちはやふる」シリーズも同じテーマで、感動のある映画でした。

映画【ちはやふる 結び】キャストと上・下の句ネタバレあらすじ。新キャラ登場に広瀬すずのかるた・恋・運命のゆくへは?

スポーツと言うと、勝つために個性をなくすと言う側面もありますが、それと同時に、それぞれの個性が生かされる活躍の場を目指のが、人生の目標だと思います。

劇中全米大会の最終戦前の顧問の判断は正しいと思います、それは、目的が勝つことであるのであれば、それは、正しいことであったはずです。

部長の彩乃の葛藤は理解できますが、乗り越えるべきものです。誰にでもふさわしいところがあって、それが、明らかになるときは誰もがびっくりするものです。

しかし、それでもそれを受け入れて、自分のやることに集中した彩乃の選択と決意は素晴らしかった。

きっと、そのモデルとなった村中文香も、同じような葛藤があったのかと思いますが、センターを勤めることになった広瀬すず演じる光もまた、ものすごい葛藤ですね。

この、友永ひかりのモデルの中川怜美もきっと、人を応援する心を持ち合わせている人だったのかと思います。

この、応援する気持ちを持っているということは、自分をなくすことができるということ、自分の主張を優先にしないと言うことで、それは、大げさに言えば、すべての人類がよりよく生きることを望む力だと思います。

そんな力が、この映画から広がっていくと素敵なことだと思います。

映画「チアダン」や「広瀬すず」が好きな方が読んでいる記事はこちら

ドラマ【anone(あのね)】第4話ネタバレ感想。広瀬すずの「幽霊差別」に怒る小林聡美と「音声案内コント」が面白い。第1話からあらすじ振り返り。

映画「怒り」感想→二度と見ない…広瀬すずが発狂した日本の黒歴史【ネタバレ】

広瀬すず本名は大石鈴華だけど、もう一人の「すずか」と芸名の由来が気になって色々調べちゃった件

映画【ちはやふる 結び】キャストと上・下の句ネタバレあらすじ。新キャラ登場に広瀬すずのかるた・恋・運命のゆくへは?

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)