ドラマ【監察医 朝顔】キャストあらすじ。上野樹里の主人公はミセスかドクターか?古代エジプトから続く外科医と内科医の意外な歴史

Sponserd Link

2019年7月から放送のドラマ【監察医 朝顔】。

主演に「のだめカンタービレ」などで知られる上野樹里を迎え、香川まさひとが原作、「木村直巳が画を担当し、佐藤喜宣が監修したコミック「監察医 朝顔」 が実写ドラマ化です。

ここでは、ドラマ【監察医 朝顔】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

万木朝顔 上野樹里

神奈川県興雲(こううん)大学の法医学教室に勤める新米法医学者。事件性の疑いの有無にかかわらず、死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている。周囲から一目置かれるほどに優秀な技量と豊富な知識を併せ持つ。母を失った上に、遺体すら見つからないという癒しようのない悲しみを抱え、それゆえに法医学者として揺るぎのない信念を持つ。

万木平 時任三郎

捜査畑を歩んできたベテラン刑事。朝顔の父。性格は真面目で堅物。1%でも手がかりになる可能性があるならば、どんな些細なことまでも調べ上げ、聞き込みをする。ある日、平は思いがけず、朝顔が勤める興雲大学法医学教室が管轄する警察署捜査係に異動することに。遺体が発見されれば、警察は、まず朝顔が勤める法医学教室に運ぶため、平は父としてのみならず仕事相手としても娘・朝顔に関わることになる。

桑原真也 風間俊介

朝顔の恋人。長らくの交番勤務を経て、ここ最近、平が異動してくる警察署の強行犯係に配属となった新米刑事です。朝顔とは交番勤務時代からの交際で、もともと刑事になることが夢。正義感が強く謙虚な好青年な一方ですが、小心者で心配性な一面も。異動してきた平と、たまたま捜査でコンビを組むこととなり、最初は全く知りませんでしたが、後に平が朝顔の父親であることが判明し、顔面蒼白。それ以来、何かと平とコンビを組むこととなり、義理の父親になるかもしれない上司との日々に胃が痛い思いをしています。と同時に桑原は、さまざまな事件を通して刑事としてだけでなく、1人の男性として平に認めてもらえるよう奮闘するうちに、平の仕事ぶりと人間性に尊敬の念を抱いていきます。そして、朝顔と平が東日本大震災で母を失い、遺体すら見つかっていないことを知ると、自分のことのように涙をこぼしながら、生来の人の好さと温かさで、父娘の心と結びついていく。

安岡光子 志田未来

本作2話からの登場で、アルバイトとして法医学助手を務める医学部生。時給目当てで応募しただけで法医学に興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、最初は朝顔たちも振り回されることに。しかし、遺体や遺族に対する朝顔たちの姿勢に接していくうちに光子の中で徐々に変化が……。

高橋涼介 中尾明慶

解剖の補助や臓器の病理学検査をおこない、法医学者を縁の下で支えるのが検査技師。高橋は検査技師として抜群の腕を持つのみならず、並の法医学者よりも豊かな知見があり、朝顔たちの法医学教室には、なくてはならない存在です。同時に、その天真爛漫なキャラクターは朝顔たちから愛され、イジられる役回りになることも。

森本琢磨 森本慎太郎

平が異動してくる強行犯係に勤める刑事。まだまだ刑事になり立ての桑原よりも、年下ながら経験は多く、桑原とはまるで同期のような存在。また、警察署内の人間関係やウワサ話なども、こまめに調べる情報通でもある。

愛川江梨花 坂ノ上茜

桑原と同じく、平が異動してくる強行犯係に勤める新米刑事。男性に囲まれながらも、何も恐れることなく、ズケズケと発言できる女性刑事。

山倉伸彦 戸次重幸

平が異動してくる強行犯係の係長。刑事としては敏腕で、結果を出せば評価する成果主義者。平のことは異動してくるまで面識がなく、自分よりも年上なため一応は敬語を使い、気を遣っているように見せますが、内心は刑事として役に立つのか半信半疑。しかし平の仕事ぶりを間近で見て、急速に信頼関係が生まれていく。

藤堂絵美 平岩紙

遺体の歯形や治療痕から身元を特定することを主な職務として、興雲大学の法医学教室に勤めている法歯学者。同僚で法医学者の藤堂とは夫婦で子どももおり、竹を割ったような性格の絵美は、仕事場で夫と小気味の良いやり取りを見せつつ、夫のことを完全に尻に敷いていく。

伊東純 三宅弘城

遺体が発見され警察が到着すると、まず遺体の状況を調べるのが検視官。伊東は、優秀な検視官である一方、職人気質の塊で言葉の端々にアクの強さをにじませる。

沖田宗徳 藤原季節

猪突猛進、一心不乱に仕事をする職人気質で、上司である伊東にも厳しい目を向けることも。

藤堂雅史 板尾創路

法歯学者の絵美の夫であり、絵美とともに興雲大学の法医学教室に勤めるベテラン法医学者。どことなく優柔不断で、のらりくらりとしながらも、仕事は細やかで丁寧にこなし、朝顔も何かと頼りにする。

嶋田浩之 柄本明

朝顔の母方の祖父。実家のある東北の海沿いの町に帰省中のところで、東日本大震災に被災した朝顔の母。その父であり、朝顔にとっては祖父になる浩之。もともと陽気な性格ではないものの、東日本大震災以来、人が変わってしまったかのように寡黙な時も。

夏目茶子 山口智子

朝顔(上野樹里)が勤める興雲大学の法医学教室の主任教授。法医学の権威で、1つの死の影には多くの人たちの悲しみがあるのを忘れないことを矜持に、仕事は非の打ち所がない一方、「明日、死ぬかもしれないから」がモットーで、困難な仕事を抱えていてもプライベートと仕事は完全に別物。また、たとえどんな状況であろうと、どんな遺体を前にしても冷静沈着でありながら、その言動は自由奔放で神出鬼没、年齢不詳で謎多き女性。朝顔が最も信頼を寄せる人物であり、平(時任三郎)とも長年の親交を持つ。

Sponserd Link

あらすじ

2011年3月11日に発生した東日本大震災。未曾有の震災として、2019年3月1日時点で2500名以上の行方不明者が今なおいる中、朝顔の母もそのひとりです。母が自身の実家がある東北の海沿いの街に帰省中のところで、東日本大震災が発生。以降、母の消息は分からないまま、遺体も見つかっていません。
遺体は、それ自体が“生きた証”です。遺体すら見つからないという、母の“生きた証”を根こそぎ奪われてしまった朝顔は、失意に暮れました。
しかし、とある出来事がきっかけで、悲しみに立ち止まるのではなく、自分の人生をしっかりと歩んでいくことが母の想いだと気付かされ、そして“生きた証”が見つからない悲しみを誰よりも知っているからこそ、今日も誰かの“生きた証”を見つけるために法医学者の仕事に打ち込んでいます。一方の平は、時間があれば東北へ向かい、手がかりもないまま、あの日からずっと、まるで“捜査”と同じように妻の遺体を探し続けています。

原作やスタッフ

原作は「羊の木」の脚本などで知られる香川まさひとが原作、「ダークキャット」「ダンデ・ライオン」などの木村直巳が画を担当し、エンバーミングの第一人者で公益社フューネラルサイエンスカレッジ顧問などで知られる佐藤喜宣が監修したコミック「監察医 朝顔」

「監察医朝顔 1 (マンサンコミックス)」をアマゾンでチェック!

脚本 には「終わった人」や「銀と金」の根本ノンジ 法医学監修 には東京医科歯科大学法医学分野教授の上村公一

プロデュース には「セシルのもくろみ」や「グッド・ドクター」の金城綾香 演出 には「HERO」や「黄昏流星群」の平野眞、「HERO 特別編」や「西遊記(2007)」の澤田鎌作が参加しています。

話題、見どころ

原作のアマゾンレビューを見ると、「二時間ドラマ的な内容」「うまくまとまっている」という評価があり、連続ドラマに向いている作品とも言えます。

主人公の名前の「朝顔」は、あまり見られない名前に疑問に思った方もいると思われますが、これは「朝鮮朝顔」を意味している可能性があります。

朝顔の種には毒性があることが知られていますが、朝鮮朝顔はその全体に毒性があることでも有名です。

〜以下こちらから引用〜

世界初の全身麻酔手術に成功した江戸時代の医学者である華岡青洲は、本種を主成分としていた精製した麻酔薬「通仙散」を使用していた。このことから日本麻酔科学会のシンボルマークに本種の花が採用されている。

薬用植物ではあるが毒性も著しく強く、「キチガイナスビ」といった別名を持つ。オウム真理教が「ダツラの技法」と称して信者を洗脳、自白させるための薬物原料に本種を用いたため、園芸名の「ダチュラ」にもマイナスイメージが付いた。

〜引用終わり〜

主人公が「解剖」を生業とする人なので、麻酔薬の原料であった「朝顔」という名前をつけた可能性が考えられます。

そしてこの「解剖」の歴史を見ると、通説では解剖が始まったのが割と最近だと言われています。

少なくとも中世ヨーロッパで、血の穢れを嫌う風潮の世の中で、修道士たちが行う医療の「外科手術・解剖」の部分だけを、床屋・理髪師が担っていたことが知られています。

しかしこの「解剖」は、あの古代エジプトの時代にすでに行われていた可能性あることも知られています。

歴史上表には出てくることの少ない「解剖」ですが、実はエジプトの時代からその裏側で続けられていたということです。

〜以下こちらから引用〜

解剖学の始まりは,僕は古代エジプトだと思っているんです。まあ,解剖学というよりは,ミイラ作りのための技術ですね。ミイラを作る段階で,いろいろな臓器を取り出すから,臓器の位置なんかが全部わかっていたはずなんです。エジプトの彫刻は,胸からおへそにかけてや,肩からひじにかけてをよく見てみると,ぎこちない感じはありますが,明らかに人体の仕組みを理解して作られている。それは僕は解剖をしたからじゃないかと思っています。

――先ほどお話のあった,人体の仕組みに関する知識が,表現の豊かさにつながるということですね。

そうです。エジプトで生まれた人体に関する知識は古代ギリシャに引き継がれ,その後しばらく絶えていたのですが,14世紀から始まるルネサンスの時代,「ギリシャに返れ」という合言葉のもとに解剖学として復活するわけです。
ルネサンスの時代は,芸術と科学を別々のものとは考えませんでした。絵画も科学の一種で,つまり人体を描くときには,科学的に人体をよく知ったうえで正しく描かなければならないという伝統がずっとありました。それを徹底してやったのが,「最後の晩餐」や「モナ・リザ」で有名なレオナルド・ダ・ヴィンチなんです。

〜引用終わり〜

ミイラ作りの技術のところに「解剖」が共存していて、さらに中世ヨーロッパでは芸術と共に復活した。

さらに面白いことに中世ヨーロッパで解剖をしたのは「床屋」でしたが、古代エジプトの医者の定義の中にも「床屋」が含まれるのです。

あのハンムラビ法典に書かれていると言います。

〜以下こちらから引用〜

ハンムラビ法典に,外科的治療の記載がみられるが、手術のための鎮痛は限られたものである。医者は医師・手術師・獣医・理髪師に区別されていた。医師の地位と手術の報酬を取り決めてある。

〜引用終わり〜

これを元に近代医学までのつながりを見ると、

エジプト医学→ギリシャ・ローマ医学・ユニナ医学(アラブ・錬金術)・アーユルヴェーダ→中世ヨーロッパ(修道院・外科医)→近代西洋医学

という風に、私たちが日常的に接する現代医学へつながる十分な信憑性があり、そこには解剖学も共存していたことが見えてきます。

先ほども言いましたが、キリスト教が広まってからは「血は汚れたもの」という常識が広まり、特に中世では”外科はキリスト教徒の職業とはみなされていなかった”ため、床屋が外科手術を請け負っていたことが有名です。

外科医が「イングランド王立外科医師会」として正式に認められたのが1800年代ですし、イギリスでは外科医は「マイスター(マスター)」、内科医は「ドクター」と区別されているところからも、その痕跡が見られます。

〜以下こちらから引用〜

余談的になるが、ここで解けた謎が1つある。ミスターとミセスの謎である(1)。
 ロイヤル・ロンドン・ホスピタルで最初に見てくれた女性医師は「ミセス」だった。執刀医になるかもしれない人は、「ミスター」だった。プロフェッサーKも、ときどき「ミスター」と呼ばれていた。実は、秘書に電話したときに「ドクターC」と言ったら、「ミスター」と訂正されたことがあった。ミスターとは果たして。
 ――こっちでは先生がミスターって呼ばれてるんですけど、あれは何でですか?
 唐突な質問に対する日本人医師の回答は明快だった。
 「イギリスの外科は、えらくなるとミスターになるんですよ。床屋が外科をかねてた時代の名残で。」
 ――ああっ!!!
 それは感動のアハ体験だった。
 外科というのが、ちょっと縫ったり、どうにもならない部位を切り落としたりする時代だったころ、刃物を持つ床屋が外科や歯医者を兼ねていたというのは、漫画的な知識でおぼろげに知っていた。ドイツ語の「マイスター」のような意味の「ミスター」だったのだ。
 そこで聞いた話と、わかってみれば検索して日本語でも出てくる話を総合すると、次のようになる。早くから特権的地位が与えられていた内科(physician)に対し、床屋の副業だった外科(surgeon)は、大学で学位と資格を授与される医療専門職ではなく、徒弟修業で継承する職人だった。そのため、ドクターという特権的な呼称は認められず、ミスターだった。時代が変わり、外科も医療専門職となったが(2)、王立外科医協会はその歴史的誇りから、外科専門医には「ミスター」という称号を与えることになっている。
 つまり、外科医師は、医師資格をとったときに一度「ドクター」になる。しかし、何年かのジュニアドクター時代を経て、外科の専門医となれた暁には、「ミスター」に戻るのである!

日本人医師は、「日本人は驚くところだから、僕は最初に説明してあげるんですけどね」と言っていたが、考えてみれば、私もドクター(文系)だ。各ギルドのルールなんて、一般人にはどうでもいいことのようにも思えてきた。

〜引用終わり〜

米倉涼子主演のドラマ「ドクター・X」も「ミセス・X」になり、マーベルコミックで知られる「ドクター・ストレンジ」も「ミスター・ストレンジ」と言い換えることも間違っているわけではないということです。

そんな外科医と内科医の違いを知っていると、ドラマがもっと面白くなるかもしれません。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【監察医 朝顔】の音楽担当者、主題歌を担当するミュージシャンや劇伴となるオリジナルサウンドトラックの発売などは現在のところ未定です。わかり次第更新予定です。

「ドラマ【監察医 朝顔】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!

放送情報

【放送局】フジテレビ系列「月9」
【初回放送・曜日】2019年7月8日 毎週月曜日 21:00~21:54
【前ドラマ】「ラジエーションハウス

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)