【ネタバレ】ディーン・フジオカこれだけかい!タンダとバルサの再会ならず…「精霊の守り人 3最終章」 第6話感想あらすじ

スポンサーリンク

バルサの里帰りも決着がつき、いよいよ佳境に入ってきた精霊の守人 最終章です。

後半戦は、文字通り国同士の「戦争」を描くものがたり。

演出監督に、あの「シン・ゴジラ」を手がけた特撮監督樋口真嗣さんを迎えたというのですから、期待値も上がりますね!リアルな戦場描写に役者も視聴者も感情移入して、より一層ドラマを堪能できるのではないでしょうか。

NHK、相当気合いが入っているようです。私たちも心の準備をしつつ、後半戦の導入部となる第6話のあらすじを追っていきましょう。

スポンサーリンク

「精霊の守り人 3 最終章」第6話 あらすじ|チャグムとバルサの別れ。新ヨゴ・カンバル・ロタの”北部連合軍”VS”タルシュ軍”(とロタ南部)最終戦間近!

カンバル王国は新王ラダール(中川晃教)が即位し、新ヨゴ国と同盟を結ぶことを約束しました。チャグム(板垣瑞生)はこの吉報を持ってロタ王国に向かいます。長かったバルサ(綾瀬はるか)との旅もこれで終わり。バルサはチャグムの武運を祈り、チャグムはバルサの幸福を願い、互いに別れを告げました。

バルサはタンダ(東出昌大)の元へ帰りますが、彼女を待っていたのは荒れ果てた主のいない小屋だけでした。タンダが戦へ行ったことを知り、バルサは一路戦場へ走ります。しかし、戦渦の後の焼け野原ではタンダの姿は見つけられませんでした。必死にタンダを探し続けたバルサは、山中で懐かしい四路街の人々と出会い、張り詰めていた糸が切れ、気を失ってしまいます。

新ヨゴ国は、戦況的にはかなり悪いところまで追い込まれていました。頼みの綱であるロタ王国の南部はタルシュの軍門に下り、攻め入ってきます。チャグムはカンバルとロタの軍勢を率いて、父である帝のいる首都を目指しました。

一方、タンダは、傷を負いながらもコチャ(とまん)を助け、コチャの姉ヨーナ(マギー)にかくまわれていました。しかし、山奥の小さな村にまでタルシュ帝国の兵が進行してきます。チャグムは新ヨゴ国を守ることができるのでしょうか?そしてバルサとタンダは生きて再び出会うことができるのでしょうか?

スポンサードリンク

「精霊の守り人 3 最終章」 第6話 感想|ロタの短刀で怒りをあらわにするイーハン国王(ディーン・フジオカ)は一服の清涼剤です!

結論から言えば!バルサとタンダはもちろん、再会できます!だって予告編でちゃんとそういうシーンがあったじゃないですか!

もう、この第6話でバルサとタンダの関係がさらに深まるのかと思って期待していたのに、結局すれ違いで肩すかしをくらった気分です。まぁそんなに簡単に見つかっちゃったら感動が薄いかもしれませんけど……。バルサとタンダの関係は、一見ただの幼馴染みですが、タンダはもちろんバルサのことを深く愛しているし、バルサも口には出さないけれど、同じ気持ちのはずなんですよね。

長年バルサを苦しめていたジグロ(吉川晃司)への罪悪感、自分はしあわせになってはいけないという縛りがほどけた今、ふたりは一緒になるべきなんですよ!

それが「戦争」という国同士の争いのために、離ればなれにならざるを得ないという悲劇。愛と平和、やっぱり大事だよね、という気持ちになりますね。でも、タルシュ帝国に降伏して戦争を回避したら、みんなしあわせに暮らせるかと言われればそうじゃない。

カンバルは国の魂であるルイシャを根こそぎ奪われ、人々の心は死んだも同然になってしまうでしょう。自由を守るためには戦うことも必要なのか?ラダールとチャグムは、国民の幸福を守るために多くの犠牲を覚悟して戦争に突入します。

民を守るために民を犠牲にする矛盾。

「じゃあどうしたらいいの?」これはとても難しい問題ですが、ドラマを観ているうちに自分なりの答えが導き出されてくるのではないでしょうか。このドラマ、原作は児童小説のジャンルなんですけど、描いている内容は本当に深いです。

自分の国が蹂躙されそうになっているのに、保身しか考えていない星読博士ガカイ(吹越 満)とか、「戦え!」とかいって農民を斬り殺しちゃう上官とか、嫌なやつらがどんどんわいてくる暗黒展開の中で、イーハン国王(ディーン・フジオカ)は一服の清涼剤です!

よかった~、やっと出演シーンが……。

結局自分の国内をまとめきれていないので戦場には出てきませんが、ちょっとだけ剣舞を見せてくれました。やっぱりカッコいいわー。短刀で闘うんですね、ロタの人って。少し曲がった半月刀なんかだと中東風で風情があるのですが、わりとまっすぐでした。あとは弓なのかな?ディーンさま、一汗かいても涼しいお顔で素敵でした。もうこれっきりかもしれないのでファンのみなさまは十分に堪能しましょう!

新ヨゴ国では、帝(藤原竜也)がツンデレ気味に妃を逃がそうとしたり、ガカイが悪巧みをしたり、チャグムが帰り着く前に一波乱ありそうです。なんとか持ちこたえてくれるといいのですが、帝には神風を吹かせる神秘の力なんか無さそうですしね。ちょっとインチキ教祖みたいになっちゃってて、お気の毒です。

しかし、チャグムとラダールがナユグ(異世界)を視ることができる子たちなので、もしかしたらそっちの力をうまく利用して闘いに勝てるかもしれませんね。ナユグには春が来ているということですし。

次回は、どうやらバルサとタンダが再会できるようです。愛情表現の苦手なバルサがどんな顔を見せてくれるのか、楽しみですね。だってチャグムとの別れでも、彼を抱きしめてあげられなかった人ですよ?ほとんど親のように彼を愛していたのに、最後は剣を交わすことですべてを伝えるという父性の固まりのようなバルサ。男手ひとつで育てられたからでしょうか?

タンダの前だけでは、デレるバルサを見てみたいですね!

ドラマ「精霊の守り人」シリーズのそれぞれの国の特徴を解説

精霊の守り人シーズン2「悲しき破壊神」新ヨゴ皇国の登場人物キャストと特徴をご紹介【ネタバレ】

精霊の守り人シーズン2「悲しき破壊神」カンバル王国の登場人物キャストと特徴をご紹介【ネタバレ】

精霊の守り人シーズン2「悲しき破壊神」ロタ王国の登場人物キャストと特徴をご紹介【ネタバレ】

精霊の守り人シーズン2「悲しき破壊神」タルシュ帝国の登場人物キャストと特徴をご紹介【ネタバレ】

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。