メッシ捕まった!脱税で禁固刑!何故?経緯と理由今後まとめ

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

メッシが逮捕ですよ!!

その流れを解説してます!

スポンサーリンク

メッシはプレーはできるのか?本人は「何も知らない」

 
 
まず最初に今後の流れとしては
 

2年以下の罪の場合、実際には執行猶予がつくことが多く

実際に刑務所の中に入ることはないだろうと見られているようです。  

参考サイト「goal.com」

プレーを見たいファンにはひとまず安心デスね!!

メッシ「脱税で禁固刑」これまでの経緯

今回の禁固刑は2015年8月のパナマ文書のリークがもとではなく

2013年の6月に脱税の疑いで告発されていた件に決着がついたということのようです。

最高裁から懲役21カ月の判決が下されたました。
 
 
7月6日、大手メディア『スカイスポーツ』などが報じ
 
メッシには210万ユーロ(約2億3000万円)
 
父のホルヘ・メッシ氏には159万ユーロ(約1億8000万円)
 
の罰金が課せられました。

この事件をめぐっては、検察当局が今週、ホルヘ氏に対して1年半の禁固刑と200万ユーロ以上の罰金が相当であると勧告し、メッシについては立件しない立場を示していた。

メッシの肖像権を管理するレオ・メッシ・マネジメントSLU社は声明で、メッシの代理人が数週間以内に出廷し、証拠を提出して検察当局の姿勢が正しいことを示す予定と述べた。

出典:http://jp.reuters.com/

その際に、メッシの肖像権を担当する会社がタックスヘイブンを利用したということで

スペイン司法当局が2015年10月8日にメッシとその父親ホルヘさんに対して禁錮1年10か月を求刑。

罪状は

メッシには父親のホルヘ・メッシ氏とともに、2007年から2009年にかけて合計400万ユーロ(約5億4000万円)を脱税した罪に問われている。

出典:http://laughy.jp/

ちなみにこの事件が明るみになってすぐに、所属チームのFCバルセロナと、アルゼンチンのサッカー協会は二人の援護を表明しました。

メッシの父親のホルヘ・メッシ氏は

「新会社の設立は脱税目的ではない」

とするコメントしています。

スポンサードリンク

リオネル・メッシの今後!7億円の謎・・・

そして日本時間2016年7月6日奇しくも

「号泣議員」こと野々村元県議会議員と同じ日に

逮捕されることになります。

しかし、一つ謎が残るのが以下のサイトでは

パナマ文書がリークされるおよそ2年前に告発を受け、税務当局に7億円払ってるのです・・・

メッシ親子は2013年6月に正式に告発を受けた後、税務当局に対して500万ユーロ(約7億円)をすでに支払っている。

出典:http://jp.reuters.com/

この7億円は何のために払ったのでしょうか?・・・

個人的にはもうちょっと良くわかりませんが

ひとまず、保釈金を支払うことで、メッシのプレーが見られなくなるということは

ないようなので、一安心ですね

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。