7時に会いましょうデヴィ夫人タレントCへの暴言が美しい件。カイヤ離婚しないのは何故

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

8月1日放送の7時に会いましょうあスペシャルで

芸能界禁断の対面!いざこざ決着スペシャル!

でデヴィ夫人とタレントCとの11年ぶりの強制対面になるそうです

ネットでもすでに話題になっているように

タレントCとデヴィ夫人の間には

川崎麻世とミスA(安藤明子)とを含めた

複雑な事情が絡み合った、騒動があったようです

その全容を解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

7時に会いましょう!のタレントCはカイヤ

予告では「あなたは三流の人間」と言われたのは

その容姿から察するにカイヤ川崎でしょう。

あの高い身長とヘアスタイルだけでも

本人だというのはわかります。

ではなぜ、デヴィ夫人とカイヤとの間に

これほどまでの溝ができたのでしょうか?

それは、遡ること8年前のデヴィ夫人のブログにその全容が記載されていました。

流れを整理してみます。

デヴィ夫人の「卑劣なカイヤ」へのブログ

デヴィ夫人の美しい暴言はこちら→http://ameblo.jp/

「あなたの事など、永久に無視しようと思っておりましたが、」

という文から始まる2008年12月29日のデヴィ夫人のブログには

卑劣なカイヤという題名で、

  • カイヤが嘘つきであること
  • カイヤは「卑劣で奸計、誇大妄想、虚言癖、スレっからしの女」であること
  • カイヤが未だに謝罪をしないこと

などが冷静な言葉で説明されています。

ことの発端は、白金のホテルの中華料店でカイヤが夫の麻世の浮気報道に苦しみ

悩みをデヴィ夫人に打ち明けたことから始まります。

結婚生活が破綻したが、子供のために離婚はできない。

週刊誌に取り上げられ恥ずかしい

夫、麻世はマザコンで義母の言いなりであること

麻世の金遣いの荒さ

などと、涙ながらにデヴィ夫人に訴えたそうです。

更には

タイで、ロケを行った時、

体の所々にあるアザをみせ、夫のがドラッグ漬けで暴力を受けたこと

とにかくひどい夫であるが、離婚はできないと言いました。

デヴィ夫人も心配して、いると更に夫麻世の不倫相手である

ミスA(安藤明子)からの嫌がらせの数々もされていると訴えたといいます。

自宅のソファーでカイヤの愛猫を抱いて寝そべっていた

教会で彼女にストーカーされ、その後に麻世との写真を送りつけてきた

などなど・・・

その後、夫麻世とミスA(安藤明子)がスポーツ紙に取り上げられ

子供までもが麻世とミスAとの不倫現場をみていることを知ったことから

デヴィ夫人は、カイヤを守ってあげなければと

川崎麻世をいさめる発言をしたといいます。

これで、しっかりとカイヤとかイヤの娘さんのことを守れると。。。

そして、その後デヴィ夫人は安藤明子から名誉毀損で告訴され

結果は負け。

同時に告訴された、梨本優さんとともに

カイヤが証人になって、協力してくれると思っていたデヴィ夫人。

しかし、当のカイヤは一切の協力をせず、麻世も無言。

当の本人たちが、何も語らず証拠不十分ということだったのでしょう。

その後デヴィ夫人と川崎麻世が対談で話を聞いたところ

カイヤの行ったことは嘘だと全否定。

このような経緯で、デヴィ夫人はカイヤは

デヴィ夫人と梨本氏を味方につけマスコミを操ろうとした

「卑劣で奸計、誇大妄想、虚言癖、スレっからしの女」

と判断したのでした

更に、カイヤがパリにいた頃は胸がぺちゃんこであったことを引き合いに

「あなたの心と身体は嘘偽りでいっぱい」

といっています。

デヴィ夫人にかけた迷惑、弁護士費用、安藤明子に支払う慰謝料、精神的な苦痛

これらの騒動で、カイヤは何をしたのでしょうか?

安藤明子に支払われた慰謝料が、カイヤの元へ・・・

なんてことも考えられます。

涙の謝罪をした、カイヤの反応は?

今回調べたところ

デヴィ夫人のブログ投稿が2008年の12月28日

その後のカイヤのブログを見てみると

およそ2ヶ月の沈黙後

2009年2月27日に

「ANGER|||」という題名で

IF I LOOKED LIKE HER I WOULD BE ANGRY TOO!!!!!

出典:http://ameblo.jp/

とだけ書かれたブログが投稿されています。

私を彼女と同じにしないでよ!

といったような、意味深な発言とも取れます。

スポンサードリンク

カイヤは精神異常か?なぜ離婚しない?

度重なる不倫騒動や麻薬の使用を知っていながらも

なぜカイヤは離婚しないのでしょうか?

これまでの離婚しない理由を見ると

「昔ね、川崎麻世さんと×××したときに、ち○ち○壊した、私。で、その日から玉も見てない。中に入っちゃったと思うけど」

「子供のため」

「情がある」

「いろいろなことがある」

「麻世の祖父と川崎家の墓を守ると約束した」

「離婚するとたぶん麻世がすぐ死ぬ」

出典:http://www.excite.co.jp/

といっているが、そのどれも今ひとつ理解し難いものばかり

彼女は経験なキリスト信者なので

簡単には結婚できないということも「表向き」には言えるかもしれないが

もっと深い闇があるという想像が膨らむのも事実なのではないでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。