「マッサージ探偵ジョー」結末のネタバレとジョーたちが働くほぐし堂のロケ地をご紹介!

見出し

2017年4月から放送のドラマ「マッサージ探偵ジョー」

主演は充電期間中のKAT-TUNの中丸雄一。

その役は人に関わるのが苦手なマッサージ師。そして、驚異的な知識と推理で人の体のコリをほぐして(?)事件をも解決してしまいます。

ヒロインには、NHK「あさが来た」での演技も話題になった小芝風花さんがキャスティングされ、映画「魔女の宅急便」での元気な演技が思い出されます。

ここでは、ドラマ「マッサージ探偵ジョー」の最終話までのあらすじをなるべく少ない文字数でご紹介していきます。

「マッサージ探偵ジョー」あらすじは「出張マッサージ師の主人公が仕事先で殺人事件に出くわし、その驚異的なマッサージ技術と情報収集能力で謎を解決していく」と言うもの。

キャストと登場人物が以下の俳優さんたちです。

スポンサーリンク

「マッサージ探偵ジョー」のキャストが意外と豪華です。

中丸雄一(なかまるゆういち) ジョー/矢吹原丈

マッサージ店「ほぐす堂」の出張担当の従業員。 幼い頃に父親と生き別れており、苦労して育った。母親に勧められて若くしてマッサージ師の資格を取ったものの、生来の人間嫌いからその道は断念。コンピュータプログラマーとして働いていた。

小芝風花(こしばふうか) アグリ/亜久里葉子

マッサージ店「ほぐす堂」のキュートな新人従業員。とりあえず手に職が欲しいという動機で働き出す。天真爛漫で明るく社交的な性格。自称「ワトソン」ジョーを事件現場に連れて行くの役。

和田正人(わだまさと) タイガー/加藤虎雄

警視庁捜査一課の刑事でマネーの部下。実直で真面目。無謀な上司マネーの尻拭いから盛り上げ役まで苦もなくこなす器用さを持つ。

当たり前を作る地味な仕事が、地球を救う!?「地味にスゴイ」最終話感想ネタバレ!あらすじ

小澤征悦(おざわゆきよし) マネー/金石徹

警視庁捜査一課の刑事。刑事ドラマに憧れて刑事になった思い込みの激しい正義感の強い男。そのために事件必要以上に困難にしている。ロサンゼルスの研修から戻ったばかりで、英語交じりの刑事を演じたがるフシがある。

倍償美津子(ばいしょうみつこ)エコ婆

マッサージ店「ほぐす堂」店主。。永代の知れない雰囲気を漂わせる、伝説のマッサージ師。顧客ネットワークは芸能界から財政会まで広く、ドケチでムダ嫌い。

与座よしあき 西藤吉

出張マッサージ店「ほぐ師堂」の従業員。 店では一番の古株。どんなお客のどんな話にも対応する聞き上手でおっとりした性格。

三河悠冴(みかわゆうご) 青山広松

出張マッサージ店「ほぐ師堂」の従業員。 アイドルおたく。でも、そこそこリア充。ゆとり世代特有の自分本位な面もある。

佐藤貢三(さとうこうぞう) 黒服

エコ婆と親交のある謎の男。

わかりやすくすでにキャストにも登場していますが、このドラマの大きな謎「黒服が何者なのか?」という部分が徐々に明らかになっていき、ジョーがどのようにして以前断念したマッサージの職をやることになったのか。毎回怪しい言葉を残すエコ婆の正体とは?

物語が進むに連れて明らかになっていくのではないかというところが見どころです。ドラマ前半にあたる1話から5話までのストーリーです。

「マッサージ探偵ジョー」1話から5話までのストーリー【ネタバレ】

1話「事件のツボ」ストーリーネタバレ

ジョーは田園調布の豪邸のセレブマダム太田彩愛(横山めぐみ)のマッサージに行くことになり、後日彩愛の夫が殺される。ジョーは関係者をマッサージしてモデルの甲斐田希(青野楓)の体の状態から犯人であることを突き止める。

人間嫌い克服トレーニングの人形の名前は「平匡さん」(*元々ジョーがコンピュータープログラマーだったことが関係しているようです。)

2話「嫉妬のツボ」ストーリーネタバレ

ジョーは女子校の新体操部に出張マッサージ。後日女子高生が殺され、その関係者をジョーがマッサージ。殺された塚田翔子(小松美月)の首を締めたのはライバルで翔子を愛していた尾山みどり(吉本実憂)。しかし、首を絞められた翔子は死んではおらず、顧問の難波博美(原田佳奈)が、愛していたみどりのために、自らが犯人と疑われるようにとみどりのために翔子を殺害したのだった。

3話「アイドルのツボ」ストーリーネタバレ

アイドルのマネージャー大林(平原テツ)が殺害され、アイドルの花村志帆(光宗薫)とカメラマンの貝沼正(戸田昌宏)が疑われる。マッサージをしたジョーは貝沼が犯人だと断定。志帆の言葉に支えられてカメラマンをしていた貝沼は、志帆にファンレターを送る熱心なファンでもあったが、その愛はいつの間にか憎しみに。そして、志帆と一緒に死のうと考えていた。しかし、志帆も貝沼の手紙に助けられアイドルを続けられてきたことを打ち明ける。

エコ婆は「順調に覚醒している」と黒服に話す。

4話「嘘のツボ」ストーリーネタバレ

世田谷のミュージカル夫婦の元へマッサージに行くとその夫・柏崎海斗(郭智博)が殺害される。殺害したのは海斗と交際し、柏崎夫妻を離婚させようとしていたマネージャーの鷹取希恵(滝沢沙織)。妻の柏崎亜紀(白羽ゆり)は夫婦の間に子供ができないことを悩んでいたが、ジョーはマッサージにより、亜紀が妊娠していることを見抜く。

5話「恐怖のツボ」ストーリーネタバレ

エコ婆の計らい(ジョーの誕生日祝)で温泉旅行に行った「ほぐす堂」一行とタイガーとマネーコンビ。旅館に着くとおかしな現象が起こり、藤吉(与座よしあき)広松(三河悠冴)タイガー、マネーらが幽霊に乗り移られおかしくなっていく。ジョーとアグリはある男性と不倫関係にあり旅館で命を絶った奇妙な女/幽霊(紺野まひる)にマッサージを試みて、自分だけが頭痛を抱え、辛い目に合っていると考えているのが、メガネの度があっていないということを突き止める。そしてその眼鏡メガネを奇妙な女にあげたのが「ようぞう」という男性だった。

黒服とエコ婆はあの旅館は風水的にエネルギーが強いが難があると心配する。 

ドラマ「マッサージ探偵ジョー」5話までの感想&ネタバレ

一番感動したのは3話の「アイドルのツボ」でした。アイドルとカメラマンのすれ違う想いが通じたときにはすごい癒やしがあるなと感じました。そして何より5話の撮影方法にはとにかく驚嘆。さらに事件の謎が説かれる重要なシーンで5分位の長回しの中丸雄一と紺野まひるの演技には脱帽でした。

このような実験的なところも、このドラマの魅力です。

ジョーが事件を解く過程には毎回驚きがあり楽しめる上に、5話での息抜き的な回でありながらも、実験的な撮影手法には新鮮さがあって夢中で見ることができました。

30分という尺も程よいテンポを維持できて、無駄に1時間でうだうだ見る推理モノより見応えありです。正直最近の刑事モノや探偵モノはうんざりです。

「マッサージ探偵ジョー」主なロケ地

ほぐし堂の外観はイナバ鞄店よこの「蒲田西口商店街振興組合」

ジョーたちが通うマッサージ店「ほぐし堂」の外観のロケ地は「蒲田西口商店街振興組合」での撮影のようです。

サンライズの大きな看板が目印の蒲田西口商店街。この先の一角にほぐし堂はあるという設定です。

蒲田西口商店街振興組合の住所:〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目48−16

参考サイト:「蒲田西口商店街」公式サイト

第5話 中丸雄一ほぐし堂一行が訪れた旅館は「古宮旅館」

神奈川県の3つの市にまたがる大山。その麓にある旅館が「古宮旅館」第5話でほぐし堂一行がエコ婆の計らいでジョーの誕生日祝も兼ねて訪れた場所でした。

非常に評価の高い旅館なので、ロケ地巡りで止まるのも素敵な思い出になりそうですね。

古宮旅館の住所:〒259-1107 神奈川県伊勢原市 大山512

参考サイト:「古宮旅館」公式サイト

ジョーを見るならアマゾンプライムビデオが絶対お得!小芝風花演じるアグリの特別映像も見れちゃう!

「マッサージ探偵ジョー」6話から最終話までのストーリー【ネタバレ】

6話「記憶のツボ」ストーリーネタバレ

旅館でジョー/矢吹原丈(中丸雄一)が目を覚ますとそこには田島啓介(渡辺隆二郎)の死体があった。部屋にいた誰もが記憶がなく、警察からは疑われ、ジョーたちは刑事たちを気絶させ調査をする。ジョーは密漁をしていたチンピラのサトシ(山中聡)を含めた旅館の従業員と客全員をマッサージする。

犯人は刑事の竜(石井正則)で密漁に関わり金稼ぎをしていた。ことから、その特ダネを暴きに来たジャーナリストの田島啓介(渡辺隆二郎)を口封じのために殺害していたことを突き止める。エコ婆は「旅行先で事件に絡まれるなんて、ジョーもなかなか手強いな」と独り言を言う。

7話「料理のツボ」ストーリーネタバレ

銀座の元ホステス・姫川愛(ちすん)の元へ出張マッサージに行ったジョー/矢吹原丈(中丸雄一)は、後日、そこで出会ったエコ婆の知り合いで闇金業を営む鬼島源介(大河内浩)が吐血して亡くなったことを知る。ジョーは、容疑者として浮かび上がってきた、鬼島に5000万円の借金をしていた児玉哲司(本間剛)と姫川の働いていたクラブのオーナー・杉野実(菊池均也)のマッサージをして2人が大学時代に「カバディ」チームメイトであり、協力して鬼島殺害を企てたことを突き止める。その方法は、児玉が自身の研究所からサソリの毒を手に入れ、その毒を、カバディの動きで部屋に侵入した杉野が、鬼島の使う箸につけて殺害をしたのだった。鬼島がお金の回収を急いだのは、肺がんを患いったため、余生を姫川のために過ごそうとしていたためだった。事件後、もう待つことはできないとメールをする黒服(佐藤貢三)へ、エコ婆(倍償美津子)は「もうすぐジョーは覚醒する」と返信するのだった・・・

8話「強盗のツボ」ストーリーネタバレ

「ほぐし堂」の従業員たちがニュースで見ていると突如入ってきた銀行強盗・森里子(須藤理彩)。アグリ/亜久里葉子(小芝風花)は彼女が自分の母親と同じように疲れているような仕草を見て、ジョー/矢吹原丈(中丸雄一)のマッサージを受けてみ手はどうかと提案する。

変なマネをしたら爆弾を爆発させるつけるという条件でマッサージを始め、ジョーは彼女がこの銀行強盗の真犯人ではなく、里子の隣人の軍事オタク足山金太(小松利昌)に娘の森栞里(綱島乙芭)を人質に取られたことから仕方なくしていたことだとうことを推理する。

ジョーから指示をうけていたマネーが真犯人の足山を捕まえ事件は一見落着する。エコ婆から仕事に対して覚悟がないと言われていたアグリは里子が娘への思いから犯罪を起こしたという事実を知り、煙たがっていた母親を思い直し、マッサージ師としてたくさんの人の疲れを癒やしたいと願うのだった。 「ジョーは来週あたり覚醒しそう。」黒服と店の屋上で密会するエコ婆はアグリに密会現場を目撃されシラを切る・・・

9話「ライバルのツボ」ストーリーネタバレ

前田夫婦から娘のいじめについての調査を依頼されることになったジョー/矢吹原丈(中丸雄一)。そこへ、千葉のマッサージ探偵を自称する・星野飛雄馬 (渡部豪太)がやってきて、2人は対決することになる。

キャバクラの常連客・水野忠文(津村知与支)が殺害された事件で、マッサージをした飛雄馬はその犯人がキャバクラ店店長の前田店長(坂田聡)だと推理し、前田店長もそれを認め連行されていく。しかし、店に残ったジョーはキャバクラ嬢のけにょこ(筧美和子)が小学生であることを見破り、常連客の水野がけにょこが小学生であることに気づき、そのことから前田店長が金銭要求されていたことを見破るのだった。しかも、けにょこの眉間の筋肉の動きから、けにょこが娘のいじめ調査を依頼してきた前田夫婦の娘であることを見破り、けにょこが学校でいじめにあいお金を要求されたことからキャバクラで働き始めたことを突き止める。

アグリ/亜久里葉子(小芝風花)は前田夫妻に娘がいじめにあっている証拠の動画を渡し、ジョーは「傷つく真相なら言う必要はない」と、前田夫妻に娘がけにょことしてキャバクラで働いていることを話さずにいた。

10話「憎しみのツボ」ストーリーネタバレ

専属のマッサージ師が病欠となったことから、マスコミでも話題の渋谷のIT企業に出張になるジョー/矢吹原丈(中丸雄一)。なんとその会社はジョーを人間嫌いにした張本人で元上司の三神京子(小沢真珠)が社長として君臨していた。

葛藤を覚えながらもプロとしてマッサージを始めるジョーの元へ、マネー/金石徹(小澤征悦)とタイガー/加藤虎雄(和田正人)がやってきて、三神が寝ているマッサージ台に高圧電流が仕懸けられ、ジョーがマッサージをやめると2人とも感電する仕組みになっていて、それがウェブ配信されているという。ジョーは三神の全身のツボ、361全てを押し、電流を仕掛けた犯人が一月以内に三神から叱責されたSEの従業員だと推理する。

ジョーの推理通り犯人は元SEの大泉則夫(宮崎吐夢)だった。マッサージで三神の記憶まで見ることができたジョーは、孤独に生きてきて人を信用することができなかった三神と犯人の大泉の憎しみの心を、指一本触れずにほぐし事件を解決する。マッサージの向こう側に到達したジョーは、事件の配信動画をみていた商店街の偉い人から「蒲田親善大使」に任命される。感電して医務室で目を覚ましたタイガーの目の前には「何か」をしようとしていたマネーの顔があった・・・

11話「ピンチのツボ」ストーリーネタバレ

ワイドショーの生放送で未解決事件を推理することになったジョー/矢吹原丈(中丸雄一)。番組内の再現VTRでエコ婆(倍償美津子)とジョーの父・矢吹原段平(西岡德馬)が師弟関係てあったことを知るジョーだったが、前回の事件後からマッサージをしても、何も情報を得られず、これまでの特殊能力がなくなっていた。

生放送のためどうすることもできないジョーの元へ、父・段平が現れ、特殊能力が無くなったのは、能力覚醒後の副作用だといい、代わりにマッサージをすることになる。段平はマッサージをして、事件関係者の男女3人の体に「人を殺す決意」をしたことを読み取り、当選した宝くじの金銭を目当てに被害者を殺害したことを推理して、3人は逮捕される。およそ四半世紀ぶりの再会となったジョーと段平だったが、黒服(佐藤貢三)に追われる段平はジョーを連れて姿をくらましてしまうのだった・・・

12話「心のツボ」ストーリーネタバレ

陰陽師と対をなす重要な官職・按摩師。その末裔・矢吹原段平(西岡德馬)。現在も官邸の奥で続き、112代目にあたる段平は、ジョー/矢吹原丈(中丸雄一)にその職を継がせたくないと姿をくらましていた。エコ婆(倍償美津子)と黒服(佐藤貢三)はジョーを按摩師になって欲しいと成長を見守っていたのだった。急遽容体が悪化した「幹之介さま」の一報を受け、タイガー/加藤虎雄(和田正人)やマネー/金石徹(小澤征悦)らとほぐす堂一行は、セグウェイに書かれていた住所から段平の営む「おこす堂」に乗り込む。しかし、みんなから責められた段平は突如気を失い、病院に搬送される。

エコ婆やアグリ/亜久里葉子(小芝風花)、西藤吉(与座よしあき) 青山広松(三河悠冴)たちは、覚醒の副作用が抜けないジョーに病気を患う段平のやる気を出してほしいとマッサージを進める。段平にマッサージを施したジョーは、段平が按摩師の職から逃げた原因が、段平が極度の怖がりで、幽霊の出る古宮旅館での浄化の仕事が嫌だったことだと突き止める。古宮旅館の幽霊をジョーが成仏したことを伝えると段平は按摩師に復帰すると決める。

ジョーと段平は「幹之介さま」をマッサージしてその窮地を救い、ジョーはこれまで通り「ほぐす堂」でマッサージ探偵を続けることを決意する。タイガーはマネーに黒服との関係を聞かれ、彼が中学の同級生で初恋の鈴木くんだと告白するのだった・・・

 ドラマ「マッサージ探偵ジョー」その他の記事をご紹介!

構想五年あまりという、今までにない「探偵ドラマ」の結末が楽しみです。毎週中丸くんのコミュ障ぷりが楽しめそうですね。

中丸雄一の美声が心地いい♪「マッサージ探偵ジョー」主題歌「お疲れサンクス」をご紹介。サントラ発売は?

「マッサージ探偵ジョー」キャストやあらすじ。中丸雄一演じる「コミュ障」探偵誕生!

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。