ドラマ【ルパンの娘】キャストあらすじ。盗賊深田恭子の恋人に警官?瀬戸康史と渡部篤郎の共演する横関大の原作小説が実写化

Sponserd Link

2019年7月から放送のドラマ【ルパンの娘】。

主演に深田恭子を迎え、「再会」などで知られる横関大の原作小説が実写化。

主人公華の恋人役に瀬戸康史が、華の父親に渡部篤郎がキャスティングされ、盗人の恋人が警官というすでにドラマチックな設定に注目です。

ここでは、ドラマ【ルパンの娘】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

三雲華 深田恭子

泥棒一家“Lの一族”の娘。家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。

桜庭和馬 瀬戸康史

華の恋人。代々警察の家系。

三雲家| 登場人物 キャスト

三雲尊 渡部篤郎

華の父。美術品専門の泥棒で品のあるダンディーな男。美術品のみならず、三雲家が住んでいる高級タワーマンションの他の住人からキャビアや高級ワインなども調達。三雲家の指示系統の主軸的存在で、華が家業を継がないことをよく思っておらず、長男も引きこもりという現状に、”Lの一族”が自分たちの代で終わってしまうかもと危惧する。

三雲悦子 小沢真珠

華の母。55歳という年齢を全く感じさせない妖艶な雰囲気を持つ宝飾品専門の泥棒。

三雲渉 栗原類

華の兄。三雲家の中で、唯一物を盗むわけではなく情報を巧みに盗み出す引きこもりのハッカー。

三雲マツ どんぐり

華の祖母。どんな鍵でもいとも簡単に開けてしまう敏腕鍵師。

三雲巌 麿赤兒

華の祖父。幼い華にスリの技術を直伝した伝説のスリ師。

桜庭家| 登場人物 キャスト

桜庭和一 藤岡弘

和馬の祖父。元警視庁捜査三課課長を務め、「鬼の桜庭」の異名を持つ元敏腕刑事。不思議な空気感を身にまとう。

桜庭典和 信太昌之

和馬の父。威厳のある一家の大黒柱で、警視庁警備部 SAT隊長。華と和馬の結婚に反対するが、“桜庭家から捜査一課の刑事を輩出するという悲願を、和馬が見事かなえることができたら、結婚を認める”という条件を和馬に突きつける。

桜庭美佐子 マルシア

和馬の母。冷静沈着で鋭さを兼ね備える鑑識課の非常勤職員。

新谷香 さとうほなみ(ほな いこか)

和馬の妹。警察官の旦那を持つ既婚者で、所轄の交通課に所属している女性警察官。

そのほか| 登場人物 キャスト

巻栄一 加藤諒

和馬の先輩刑事。

橋元エミリ 岸井ゆきの

代々エリート警察一家の令嬢。巻栄一(加藤諒)のいとこで、警視庁刑事総務課に所属する。“五七五の中でしか自分の感情をうまく出せない”という変わった性格。

円城寺輝 大貫勇輔

世界を股に掛ける泥棒。幼なじみの華に思いを寄せる男。(オリジナルキャラクター)

Sponserd Link

あらすじ

代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華(みくも・はな)。
悪党しか狙わないことをモットーとしている“Lの一族”ですが、盗みの計画の先には、当然のごとく泥棒逮捕を仕事とする華の恋人・桜庭和馬(さくらば・かずま)がいつも関わっていて、彼は時に悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまう。
主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまう。

原作やスタッフ

ドラマ【ルパンの娘】の原作には「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」や映像化された「再会」の横関大 の「ルパンの娘」

「ルパンの娘 単行本」をアマゾンでチェック!

脚本には「翔んで埼玉」や「僕たちがやりました」の徳永友一

演出には「翔んで埼玉」や「テルマエ・ロマエ」の武内英樹、「人は見た目が100パーセント」や「探偵の探偵」の品田俊介、「ストロベリーナイト・サーガ 」や「テルマエ・ロマエ」の洞功二

プロデュースには「テルマエ・ロマエ」や「コンフィデンスマンJP」の稲葉直人が参加しています。

話題、見どころ

ミステリー小説が原作の今作は、「翔んで埼玉」「テルマエ・ロマエ」の脚本・監督・プロデューサーが集結していることでも注目されています。

ルパン一族の末裔という設定の今作ですが、元ネタのルパンといえば、ジャケットの色が度々変わっていることも知られています。

それには以下のような経緯があったと言われているそうです。

〜以下こちらから引用〜

ルパンのジャケットの色を緑から赤に変更。変更の理由は大塚康生によると、ジャケットの色が変わった理由はスポンサーであるバンダイの商品が緑のままだと、旧作のスポンサーである浅田飴の商品と区別がつかなくなる恐れがあったからだとされている

〜引用終わり〜

スポンサーという大人の事情ということです。さらに、第一シーズンで緑を使わざるを得なかった理由には以下のようなものがあります。

〜以下こちらから引用〜

そもそも原作が赤ジャケットで、当然アニメも赤を基調にする予定でした。
実際本放送前に作られたパイロット版では赤です。
ただ、当時のテレビのブラウン管では発色に限界があり、赤は滲んでしまったそうです。
その為滲まない緑に変更を余儀なくされた訳です。
それから年月が経ち綺麗に赤を発色出来る様になった為、2nd放映時には赤に戻したとの事です。
ですからぶっちゃけて言えば技術的な問題です。
質問者様と同じ質問に東京ムービースタッフだったかモンキー先生だったか忘れましたが上記の様に答えていました。

〜引用終わり〜

ちなみに、テレビ第一シリーズのスポンサー「浅田飴」のロゴの色を見ると「青と緑」、第二シリーズのスポンサー「バンダイ」の当時のロゴの色は「赤」のようですので、スポンサーのテーマカラーと同じになっているという事実に変わりはありません。

ところで、ルパンは盗賊ですが、盗むといえば人のお金を騙して盗む「振り込め詐欺」というものがあります。

盗人がヒーローのように描かれるアニメは見ないほうが身のためだとは思いますが、この盗人たちとかの有名な吉本興業が繋がっていて、さらに、振り込め詐欺のグループの忘年会に、吉本興業のお笑い芸人が数多く参加していたことが大炎上しています。

その中でも、人気番組「アメトーーク!」などでも知られる宮迫博之がその忘年会に参加し、さらに、その盗人たちを番組に招待するとまで言っていたそうです。

宮迫博之と、振り込め詐欺グループを仲介したのが、お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也だとされ、すでに吉本興業は首切りをした様子、さらには入江慎也にこのパーティに顔を出すようにお願いしたのが、広告代理店電通の社員だったそうです。[出典]Tablo

宮迫博之は目の前にしている客たちがどんな人たちかを知らなかったそうですが、どちらにせよ、入江慎也が振り込め詐欺グループとつながることができる業界自体に問題があると思う方は多くいたのではないでしょうか。

こんなことをドラマでも描けば、視聴率もうなぎ登りになると思います。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ルパンの娘】の主題歌に映画「バクマン。」の主題歌「新宝島」などで知られるサカナクションの「モス」が起用されました。

「モス」をアマゾンでチェック!

劇伴音楽にEXILEやKinKi Kidsのサウドプロデュースを手がけてきた、Achilles DamigosとOh!Beによって結成された日本国内初の音楽プロデューサー・ユニット、Face 2 fAKEが起用されました。

「ドラマ【ルパンの娘】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】フジテレビ系「木曜劇場」
【初回放送・曜日】2019年7月11日 毎週木曜日 22:00~22:54(54) *初回15分拡大放送
【前ドラマ】「ストロベリーナイト・サーガ

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)