ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】ネタバレ。芸能界とマスコミの情報操作の裏側

スポンサーリンク

2019年1月10日から放送のドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】。

ドラマ「ミスシャーロック」での演技も記憶に新しい竹内結子を主演に、星野源のミュージックビデオなどで知られる関和亮が監督を務める今作。

聞きなれない「スピンドクター=芸能政治などの危機管理専門」という職業の弁護士たちにスポットを当てたチャレンジングな作品です。

ここでは、ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】のあらすじをネタバレで紹介しています。

キャストの詳細はこちら◯ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】星野源「恋」のMV監督 関和亮が竹内結子主演で描く「スピンドクター」とは?

スポンサーリンク

第一話|国民的アイドルグループの「フォレスト」の不仲疑惑に端を発する物語。

国民的人気アイドルグループ「フォレスト」が出演する番組「フォレスタジアム」の生放送中に突如起こったリーダーとセンターのいがみ合い。メンバー間の不仲説はその後またたくまにSNSなどで拡散され、番組存続の危機にミナトテレビプロディーサー深川章一(宇野祥平)が鈴木太郎(バカリズム)が副所長を務める鈴木法律事務所に翌日に放送予定の謝罪会見のために「リスク管理」を依頼。所属弁護士の氷見江(竹内結子)、与田知恵(水川あさみ)、藤枝修二(中川大志)、事務員の真野聖子(斉藤由貴)はそれぞれに動き始める。

生放送中にグループセンターの赤江桃子(中村ゆりか)に向かって暴言を吐き、その後も「解散をしても構わない」と強硬的な姿勢をとるリーダーの白石杏里(馬場ふみか)と、杏里と昔から仲が良く、現在センターで圧倒的人気を誇る桃子の間での確執がその原因かと思っていた氷見だったが、ある時から桃子の声のかすれなど、彼女の体調の異変に気付き始める。

万博イメージキャラクターとしても知られる国民的アイドルの解散の危機に世間中が注目する中、氷見はセクハラ被害を訴えていたかつてのクライアントで、テレビ局の人気報道記者だった東堂裕子(泉里香)から、杏里がある男性と二人だけで歩いているスクープ写真を入手。その男性が桃子だということに気づいた氷見たちは、あらかじめ「フォレスト」協力的なテレビ局スタッフと準備していた「プランB」を行うことを決める。

スポンサーリンク

強引に「フォレスト」たちを生放送で謝罪させ解散を発表させる氷見に、芸能界のドンと言われ「フォレスト」を育ててきた芸能事務所社長の森尾は、これまでの苦労が水の泡となることに怒りを覚えるが、氷見と与田が提出してきたのは森尾の過去の悪事の数々。不正献金疑惑で世間を賑わせていた山川議員とも親密で、脱税、横領などを行なってきた森尾。森尾は「フォレスト」を万博に出演させるためにも多額の献金をしていたという。追い詰められた森尾に氷見は「フォレスト」が解散することで、森尾自身のリスクも「最小限に抑えられた」という。

無事仕事を終えた氷見たち。そこへ届けられた氷見宛ての小包に「爆弾なのでは?」と不審に思う。年下だからという理由で藤枝が開けたその中身は、次期首相候補の吾妻涼介と氷見が親しげに並んで歩いているスクープ写真だった・・・。

(随時更新中)

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)