2020年映画【Last Letter】キャストあらすじ。広瀬すず以来の大器 森七菜ブレイクに期待。岩井俊二が手紙をテーマにしたひと夏の物語

Sponserd Link

2020年公開の映画【Last Letter】

主演に松たか子を迎え、その高校時代の姉妹役に広瀬すずと森七菜がキャスティングされました。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」や「スワロウテイル」で知られる岩井俊二の原作小説が豪華キャストで実写化されます。

ここでは、のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

キャスト

岸辺野裕里 松たか子

旧姓・遠野。未咲(広瀬すず)の妹で、夫・宗二郎(庵野秀明)と、娘・颯香(森七菜)、息子・瑛斗の4人暮らしをしている主婦。

岸辺野裕里 森七菜

高校生時代の裕里(松たか子)。

岸辺野颯香 森七菜

裕里(松たか子)の娘。

遠野鮎美 広瀬すず

未咲(広瀬すず)の娘。裕里(松たか子)のめい。母親である未咲が亡くなり、祖父母の過ごす未咲と裕里の実家に身を寄せている。

遠野未咲 広瀬すず

裕里(松たか子)の姉の高校生時代。学校のヒロイン的存在。妹より先に他界している。

乙坂家|登場人物 キャスト

乙坂鏡史郎 福山雅治

同級生であった未咲(松たか子)に恋をし、同窓会がきっかけでひょんなことから裕里と文通を始めることになる小説家。小説家として活動するも、デビュー作以降、全く書けていない。

乙坂鏡史郎 神木隆之介

鏡史郎(福山雅治)の高校生時代。裕里(森七菜)と未咲(広瀬すず)の通う高校に転入する転校生。

岸辺野家|登場人物 キャスト

岸辺野宗二郎 庵野秀明

裕里(松たか子)の夫で漫画家。

岸辺野昭子 水越けいこ

裕里(松たか子)の義母。

そのほか|登場人物 キャスト

波止場正三 小室等

岸辺野昭子の学生時代の教師。

Sponserd Link

あらすじ

夫と子供二人の四人暮らしの裕里(松)は、姉・遠野未咲の葬儀で、未咲の娘・鮎美(広瀬)と久しぶりに再会。鮎美は、母の死がいまだに受け入れられず、母親から残された“一通の手紙”を開ける事が出来ないままでいた。

ある日、裕里は、未咲宛に届いていた同窓会の知らせを見つけたことをきっかけに、未咲の死を伝えるために同窓会に参加することに。

しかし、そこで学校のヒロインだった未咲と間違われ壇上でスピーチをする羽目になった裕里は、真実を伝えられずにその場を乗り切ってしまう。

そのことがきっかけで、自身の初恋の相手であり、小説家として暮らす乙坂鏡史郎(福山)と再会。鏡史郎もまた、裕里を未咲と誤解したままで、連絡先を交換することとなった。

“君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?”という鏡史郎から未咲宛のメッセージを受け取った裕里は、複雑な心境を抱きながらも、初恋の人との交流に胸を躍らせ、鏡史郎へ手紙を送る。

だが、夫にやりとりが知られぬよう、手紙には自分の住所、返信先を載せないでいた。
一方、返信先のない手紙を受け取った鏡史郎は、昔の卒業アルバムを引っ張り出し、未咲の実家に返信を送ることに。

しかし、その宛先に住んでいるのは未咲の娘の鮎美であった。亡き母宛に立て続けに送られてくる手紙には、学生時代の鏡史郎(神木)と未咲₍広瀬)の淡い思い出話が綴られており、葬儀以降気持ちの沈んでいた鮎美は、自分の知らない母に触れられる鏡史郎からの手紙に返信を書き、文通を心待ちにするようになっていく…。

原作やスタッフ

映画【Last Letter】の監督・原作・脚本・編集に「リップヴァンウィンクルの花嫁」や「スワロウテイル」で知られる岩井俊二。

「ラストレター (文春e-book) 」をアマゾンでチェック!

企画・プロデュースに劇場アニメ「君の名は。」や「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」などの川村元気が参加しています。

話題、見どころ

岩井俊二が、監督・原作・脚本・編集を担当し、「自身の原体験を詰め込んだ集大成」ともいわれる今作。

松たか子とその姉妹に広瀬すずと森七菜がキャスティングされていますが、森七菜は、新海誠の「天気の子」やドラマ「獣になれない私たち」のほか「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などに出演し、印象的な演技を残し、その演技力を高く評価されています。

ドラマ【獣になれない私たち】あらすじキャスト。逃げ恥、掟上コンビの相手役に田中圭、松田龍平がキャスティング!

ドラマ【3年A組】キャストあらすじ。湊かなえ「告白」を超えるか?日テレ日曜ドラマで教室ミステリー作に菅田将暉と永野芽郁のダブル主演

岩井俊二といえば、広瀬すずが声優を務めた劇場アニメ「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の公開も話題となりました。

アニメ映画【打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?】広瀬すず版キャスト あらすじとDAOKOの歌う主題歌&挿入歌の紹介!

今作は手紙を使った物語を作ることをコンセプトに、ある夏休みの間に起きた世代を超えた物語が描かれます。

手紙といえば、当然ながらそれを送り届ける「郵便」というものがありますが、ヨーロッパではタクシス家という郵便事業で莫大な富を築いた悪どい一族がいました。

最初は王の家来たちを人質にして王を脅して権力を手に入れ、郵便事業を廃業した後もモナコという小さな国を牛耳る一族となっているようです。

そしてタクシス家が郵便事業をやっていた時は、その情報網を利用しスパイとしても活動していたといわれています。

確かに様々な地方に郵便を届けるということは、各地の情報を手に入れることができるわけですから、郵便事業とスパイ活動は同じようなものだとも言えますね。

そんな歴史的事実を映像化すると、興行成績もうなぎ登りになるように感じます。

参考サイト
トゥルン・ウント・タクシス家のボロ儲け
世界を操る支配者たち(5)〜スパイ組織タクシス家

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

映画【Last Letter】の劇伴音楽に主に、Mr.Childrenのプロデューサーとして知られる音楽プロデューサーの小林武史が起用されました。

「映画【Last Letter】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

公開情報

【公開日】2020年
【配給】東宝

あらすじ部分引用元はザ・テレビジョン 、キャスト部分引用元はザ・テレビジョンWikipedia

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)