ドラマ【ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画】キャストあらすじ。「探偵が早すぎる」で広瀬アリスが恋心を寄せる佐藤寛太が小芝風花の恋人役。アメリカ黒人のリアルヒップホップとは?

Sponserd Link

2019年7月に放送の特別ドラマ【ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画】。

主演に「トクサツガガガ」で特撮女子を演じ話題の小芝風花がキャスティングされ、相手役に、広瀬アリス、滝藤賢一主演ドラマ「探偵が早すぎる」で、ヒロインが恋心を寄せる大学生を演じた佐藤寛太が抜擢されました。

ここでは、ドラマ【ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

稲穂みのり 小芝風花

茨城県のとある町で父・茂と暮らしながら、地元の食品工場で働く、地味な23歳。恋人の山之内拓馬がヒップホップにハマった末、どんどんラッパー化していくことに耐えられず、距離を置こうと決意する。だがその矢先、謎のウイルスが蔓延し、世界中がラッパーゾンビだらけになってしまう。いちどは別れを覚悟したとはいえ、まだ拓馬を愛するみのりは、父・茂とともに命がけで拓馬の行方を捜すことに。

山之内拓馬 佐藤寛太

みのりの彼氏。もともとは勉強熱心で純朴な好青年だったが、ここ半年ほどの間にラップにハマり、いつでもどこでも韻を踏むのがクセになってしまう。みのりから「ラップをやめるまで、恋人をやめたい」と告げられるが、その後、音信不通に。

稲穂茂 ブラザートム

稲穂みのりの父親。レンコン農家を営みながら、妻亡き後、ひとり娘のみのりを育ててきた。昔気質の頑固オヤジで、もちろんみのりと拓馬の交際には大反対。しかし、「拓馬に会いたい、拓馬の無事を確かめたい」というみのりの気持ちを尊重し、ラッパーゾンビがうようよする中、サバイバルに出発することに。

桜井モカ 井本彩花

みのりがサバイバルの途中で出会う女子高校生。担任教師の藤本加奈子(トリンドル玲奈)に彼氏の杉内マコト(萩原利久)を奪われ、「私の前でイチャイチャしないでよ!」などと、やさぐれながらも力を合わせてラッパーゾンビに立ち向かっていく。

杉内マコト 萩原利久

みのりとサバイバルを繰り広げる謎の3人組の一人。ラッパーゾンビが蔓延する世界で愛に生きる男子高校生で担任である藤本加奈子と付き合っている。

藤本加奈子 トリンドル玲奈

みのりとともにサバイバルを繰り広げる謎の3人組の一人。マコトの担任であり恋人でもある。マコトに大事なことを気付かされた過去を持つ。

南館ユイ 片山萌美

ラッパーゾンビが蔓延する世界でみのりが出会ったこじらせ系女性警官。異性と交際した経験がなくコンプレックスを感じている。一方で、思いやりが強く、みのりと茂のボディーガードを引き受ける。

鈴木梨華 奥山かずさ

みのりの職場の同僚で流行に敏感な女の子。趣味のないみのりとはウマが合わずいつも話が噛み合わない。

明智秀光 入江雅人

拓馬の行方を探すみのりたちの前にふらっと現れた謎のおじさん。みのりたちにラッパーゾンビに関わる重要な情報を与えるが果たしてその狙いは…?

そのほかのキャスト

ゾンビ役 ダコタ・ローズ

Sponserd Link

あらすじ

<前編のあらすじ> 7月12日(金)

茨城県で生まれ育ち、地元の工場に勤務する稲穂みのり(小芝風花)は、高校時代の同級生で国立大学の医学部に通う恋人・山之内拓馬とつきあって3年半。みのりにとって拓馬は自慢の恋人だったが、ここ半年というもの、拓馬はヒップホップにハマり、単なるラップ好きを通り越して、もはやラッパーの域。いつでもどこでも韻を踏んでしゃべる彼に我慢ならなくなったみのりは、意を決して「ラップをやめるまで、恋人をやめたい」と告げる。ところが、拓馬はそんな悲壮な決意にまで韻を踏んで返答する始末…。絶望したみのりはその夜、父・茂とヤケ酒を飲む。 翌朝――寝坊して勤務先の工場に駆け込んだみのりを待っていたのは、衝撃の光景だった。従業員たちはゾンビと化し、しかも口々にラップを口ずさみながら、人間に襲いかかっていたのだ! たまたま弁当を届けに来た茂に助けられ、なんとか工場から逃げ出したみのり。しかし、すでに街中はラッパーゾンビであふれていた。どうやらみのりと茂が泥酔し眠り込んでいる間に、正体不明のRAPウイルスが世界的なパンデミックを起こしたらしい。 拓馬の安否が気にかかるみのりは彼を捜すべく、茂と街へ。偶然知り合った警察官のユイも同行し、サバイバルを開始するが…。

<後編のあらすじ> 7月13日(土)

恋人・拓馬の行方を追ううちに、ラッパーゾンビ集団に取り囲まれてしまったみのりは、絶体絶命のところを見知らぬ高校生たちに救われる。その後も幾度となく危機に見舞われながら、みのりは拓馬がいるであろう、地元ラッパーたちの聖地を目指す。さらに、道中出会った男から、ラッパーゾンビが生き返るという、ある方法を聞くが…!? はたして、拓馬は無事なのか…!? そして、みのりは生き残ることができるのか…!? 恋人たち、はたまた人類の運命は…!?

原作やスタッフ

ドラマ【ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画】の原作は、電子コミックサービス「LINEマンガ」のLINEマンガ編集部が手がけ、理髪店勤務&フリーターを経て創作の世界へと転身した異色の漫画家「インカ帝国」が作画担当の同盟オリジナル作品(「LINEマンガ」無料連載にて隔週水曜日に連載中)

脚本には「ビブリア古書堂の事件手帖」や「今からあなたを脅迫します」の渡部亮平

エグゼクティブプロデューサーには「ドクターX ~外科医・大門未知子~」シリーズや、「BG ~身辺警護人~」の内山聖子

プロデューサーには「暇なJD・三田まゆ ~今夜、私と“優勝”しませんか~ 」の高崎壮太、「ホリデイラブ」や「家政夫のミタゾノシリーズ」の木曽貴美子、「僕の初恋をキミに捧ぐ」や「御曹司ボーイズ」の森一季 監 督には「 徳山大五郎を誰が殺したか?」や「未来のあたし」の豊島圭介が参加しています。

話題、見どころ

今作は、ウイルスが感染するように、ラップが感染するという完全にファンタジーな作品です。

そもそもヒップホップとはなんなのでしょうか。

今でこそ、かっこいい「ファッション」として、ダンスなどとともに小学校でも広く受け入れられているヒップホップですが、そもそもはアメリカの貧困街から生まれた、黒人の音楽でした。

日本ではあまりなじみのない「韻をふむ」ことが大事で、さらに、バトルという要素が発達して行きましたが、そもそもは、自分たちが抱えるフラストレーションを吐き出すための重要なツールでもあったはずです。

今の日本人の若者が寂しいという理由だけで、何時間も長電話をしたり、LINEをやりつづけることやSNSで時間を無駄に過ごしてしまうようなことと、根本的には変わらないような文化だったはずです。

ヒップホップは音楽を流すクルーとマイクを持って場を盛り上げるクルーがそれぞれ分離していますが、その音楽を流すクルー(大概がオタクのはず)は、音楽的にはそれ以前の「レゲエ」から影響を受けていたようです。

レゲエといえばボブマーリーですが、彼も政治的な発言をする「主張のある音楽」をする人でした。

「ゲロッパ」で知られるジェームズ・ブラウンを知っていると、ヒップホップも、黒人音楽を正確に受け継いでいることがわかってくると思います。

かなり見世物的に整えられていますがエミネムが主演した「8mile」のバトルのシーンが、実際のMCバトルに最も近いものだったと思われます。

正直今聞くと、内容は相当下品。

ある意味、今の若者に受け継がれたのが、表面的な部分だけで、それはそれでよかったのかもしれませんが、あまり関わりたくない文化だと思う人は多いのではないでしょうか。

結局は、不満を持つ観客=仲間たちを盛り上げる要素が多く、ある意味ただの不満のはけ口と感じてしまいます。

音楽がカコイイというは、認めざるを得ない部分なのですが。

もっと詳しく知りたい方は以下のサイトもオススメです。

ヒップホップは対立の歴史:隣町との抗争から東西抗争、二人の死まで

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画】の主題歌にアイドルグループ「CY8ER(サイバー)」のメンバーとしても活動し、元DEEP GIRLのメンバーでもあったSHACHIの「One Day」が起用されました。

「One Day」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】テレビ朝日系列(二夜連続)
【初回放送・曜日】
2019年7月12日(金)23:15~
2019年7月13日(土)23:15~
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)