甲子園2016年かわいいマネージャー四天王決定!経歴と現在

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

今年も暑い夏とともに

暑い甲子園の時期になりました。

高校球児の活躍もさることながら

最近ではそのマネージャーたちの活躍も注目されています。

ここでは、2014年からの「かわいい!!」と

話題になったマネージャーをご紹介します!

スポンサーリンク

2016年夏の話題になったマネージャー首藤桃奈 (しゅとうももな)

ご存知「大会規則違反」により

グラウンドから退場を命じられた大分高校野球部のマネージャーさん

首藤桃奈

なんとも時代遅れな高校野球の一面が見えてしましましたが

そんなことより彼女のエピソードをご紹介!

首藤桃奈さん誕生日は2月19日は

2歳の頃からクラシックバレエを習っていたお嬢様

その美しさはその頃から作られたのですね〜

中学校の時に「福岡全国バレエコンクール」で努力賞を受賞

全国バレエで努力賞と言うのは、かなりの実力を持っていたのではないかと思います。

しかし、そんな彼女は中学卒業の答辞の際に

「私が野球部マネージャーになって甲子園に連れて行きます!」

と宣言したそうです。

ツイッターのプロフィールに、「英語を勉強して、イギリスに行きたい!」と

書かれたいたのに、バレエの夢を捨て、野球部のマネージャーになるというのは

どんな理由なのか気になるところですね!

将来は、出身の大分高校から女優の財前直見さんや、大分放送アナウンサーの井口尚子さん

がいるので、首藤桃奈さんが卒業して芸能界入りというのも現実的に有り得そうな話ですね!

続いては2015年に話題になったあのマネージャーです!

2015年夏可愛い鈴木和奏(わかな)マネージャー

2015年八戸学院光星高校のマネージャー(記録員)で可愛い話題になったのが

鈴木和奏さん

一時期はマネージャー一人しかいなかった八戸学院光星高校。

2015年には5人まで増えたのは、鈴木和奏さんの頑張りがあったからこそ。

2015年当時保育福祉課3年で迎えた最後の甲子園。

まだ一人でマネージャーをやっていた頃は、得意の裁縫で70人分ものヘルメット型の御守を作ったそう。

通学には片道約1時間もかかるなか

「途中でやめて後悔したくない」

と最後までやり遂げました。

結果として優勝はできず負けてしまいましたが

将来はヘアメイクになるといういうことで、

今でも八戸で活躍しているのかもしれません。

もう一人2015年からご紹介です。

2015年話題になった浅尾美和似の飯田凪マネージャー

「成績トップ10」

これが三重県津商業高校のマネージャーになる条件。

2015年の津商業のマネージャーとして話題になったのは飯田凪さん

そして何より、同じ年に甲子園出場を決めた

埼玉の花咲徳栄高校のキャプテン米澤恭稀さんとのカップルも話題となりました。

2015年の1月からお付き合いをしていたそうで、

なんと甲子園での宿舎が同じということを

本人がツイッターで発表していました。

その後の二人はというと、花咲徳栄高校のキャプテンだった米澤恭稀さんは

その後岐阜県の中部学院大学へ。

飯田凪さんは、

名古屋の南山大学で経済学部に進学したそうです。

更に、名古屋大学のN.U.STYLEという、

ストリートダンスサークルで活躍しているようです。。

→名古屋大学ストリートダンスサークル「N.U.STYLE」のツイッターアカウント

マネージャーのころから、応援中の太鼓さばきが話題になっていただけに

ダンススクールでの今後の活躍も期待ですね!

ちなみに、2人がまだ付き合っているかどうかは不明です〜

続いて2014年に話題になった可愛いマネージャーがこちら!

スポンサードリンク

2014年夏話題になった春日部共栄の三宅麻未マネージャー

埼玉県春日部共栄のマネージャー三宅麻未さん

笑顔がとても素敵なマネージャーさんですね。

その年の春日部共栄は2回戦で敗退してしましましたが

おにぎりを2万個作るため、最難関校の選抜クラスから普通クラスに転籍した、というエピソードとともに

その後の彼女の発言が波紋を呼びました。

甲子園では負けたけれど、

幼稚園の先生になるため頑張っていくといい

その時に、

「いままで叩いてきた人を見返してやらなきゃ」

という発言をして炎上しました(笑)

平日に400個、休日には800個というおにぎりを

選手のために作らなければいけないとうマネージャーの仕事。

その他にもたくさんやることがあるなか、

彼女は勉強より、部活のことを優先したのです。

その中で、

「そんなことしないでちゃんと勉強しろ」

といったような、人たちの意見と戦いながらやってきた彼女は、

そのようなくやしさをバネに、受験を頑張ると言ったのでした。

その発言が一部の方から、反感の声が上がったというのです。

2016年であれから2年。

今も幼稚園の先生という夢に向けて、マネージャーの頃のように

精一杯前進していることでしょうね!

今年の甲子園も暑く盛り上がりましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。