ドラマ【コタキ兄弟と四苦八苦】キャストあらすじ 「逃げ恥」野木脚本で 古舘寛治と滝藤賢一が兄弟役

Sponserd Link

2020年1月から放送のドラマ【コタキ兄弟と四苦八苦】。

今作は、「逃げ恥」の脚本家が深夜ドラマの脚本を手がけるという異色作で、主演には、これまたあまり見ない組み合わせの名バイプレイヤーがキャスティング。

その内容は「レンタルおじさん」という、これまた聴き慣れない言葉。

そんな珍しいものだらけで、仏教用語をもとにした「四苦八苦」をテーマとするドラマ【コタキ兄弟と四苦八苦】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

古滝一路 古舘寛治

真面目すぎてうまく生きられない。8年ぶりに勘当を言い渡していた弟と再会し、ともに「レンタルおやじ」を始める。予備校の英語講師だったが、現在は無職。喫茶・シャバダバの常連。

古滝二路 滝藤賢一

兄をみて育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟。

さっちゃん 芳根京子

喫茶・シャバダバのアルバイト店員。天真爛漫で、何をしでかすか分からないところがある。

ムラタ

二路が起こした事故の被害者の男。

Sponserd Link

あらすじ

兄・一路(いちろう)(古舘寛治)は、予備校の英語講師だったが、現在は無職でつつましい暮らしをしている。楽しみと言えば喫茶・シャバダバに通うこと。可愛いアルバイト店員のさっちゃんに、話しかけようと試みるが、いつもうまく行かず空振りに終わっている。そんなある日、兄の家に、突然転がり込んできた弟・二路(じろう)(滝藤賢一)。

兄弟の再会は8年ぶりで、兄が弟に勘当を言い渡して以来のことだ。突然の来訪をいぶかる兄だが、弟が来る直前に事故を起こしていたことを知り、慌てて現場へ向かう。そこで出会った被害者の男・ムラタから、自分の代わりに待ち合わせ場所へ行ってほしいと頼まれる。待ち合わせ場所に現れた女を見て、兄弟は絶句する。その女は…!?

原作やスタッフ

ドラマ【コタキ兄弟と四苦八苦】の脚本には「逃げるは恥だが役に立つ」や「獣になれない私たち」の野木亜紀子

監督には「山田孝之の東京都北区赤羽」や「苦役列車」の山下敦弘

チーフプロデューサーには「駐在刑事」や「さすらい温泉 遠藤憲一」の阿部真士

プロデューサーには「バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」や「執事 西園寺の名推理」の濱谷晃一、「天然コケッコー」や「苦役列車」の根岸洋之、「21世紀の女の子」や「ホットギミック ガールミーツボーイ」の平林勉、「夜明け」や「僕はまだ君を愛さないことができる」の伊藤太一

制作にはテレビ東京、「万引き家族」のほか、企業プロモーションを手がける大手広告映像制作会社 、AOI Pro.が参加しています。

話題、見どころ

日本人は「神道で生まれ、クリスチャンとして過ごし、仏教で死ぬ」と言われるほどに、宗教について無頓着なところがあります。

当然ながら人間は何かに寄りすがって生きていかざるを得ないので、必ず何かしら信念を持ちながら生きています。それは尊敬する著名人かもしれませんし、親族や友人など近しい人から教えてもらったことかもしれません。

具体的な宗教に属する人が少なく、無神論者と言える人が多いのは、日本において宗教があまりにも「怪しいもの」として知られているからかもしれません。

健康食品や〇〇ビジネスなど、一度は聞いたことのあるような怪しい話の裏には、新興宗教のような団体が存在しているということもよく聞く話です。

特にキリスト教は、聖書の教えから著しく逸脱した教理を持つ教会が大きな影響力を持つようになったと言われている上に、様々な宗派があり、よほどのことがなければ、そのような世界に足を踏み入れることは難しいと感じるものかと思います。

大方のキリスト教では聖書の一部の聖句を取り上げ、それをどのように解釈して実生活に生かすべきかを、牧師や神父から教えてもらうというイメージがあります。

しかし、最近では、聖書は旧約聖書と新約聖書の両方を十分に読み込んで、全ての知識をインプットした状態でそれぞれの聖句を読み解かなければ、聖書に書かれている謎を解く事はできないということがわかってきました。

そのような方法で聖書を読み解くことで、一見謎に思える聖書の一節であっても、科学の法則に沿り理論的に辻褄の合うように解釈することで、よりよく生きるための気づきや悟りを得ることができるのです。

例えば、一部部分しか見ないで結論を出すということは、地球を中心に考えていた「天動説」のように、辻褄が合わない部分が出てくるのです。

しかし「地動説」であれば、宇宙には地球のほかにも様々な惑星が存在していることや、計算通りにロケットを打ち上げれば、計算通りに特定の星に到着することもできるわけです。

インターネットという技術も、どこまでも理論的に計算して正確に周波数を合わせることで、Wi-Fiやモバイル通信を通して、スマホでLINEやTwitterを使えるのです。

つまり、この世界は驚くほど合理的にできていて、特にこれからの時代はテクノロジーが普及したことによって、パソコンやスマホを扱えない人は「使えない人」と思われてしまいます。

同じように宗教界でも辻褄が合わないものは廃れていく運命にあるといえます。

その最もたるものが仏教の中でも奥義とされる「密教」でしょう。

なぜならば、その教えは、人に対立や罪ばかりを行わせることでしか、この世の中で力を発揮することができない存在とつながる方法で、つまりは、とても危険なものだからです。

とにかく性的に異常な世界が広がっているのが「密教」という世界で、性的な堕落は当然ながら、人々のモラルを徐々に破壊して行き、そのような人ばかりの世界になってしまったとしたら、これまでの消滅してきた巨大文明のように、今の世界もあっけなく崩壊し消滅していくことになります。

〜以下こちらから引用〜

生産性やモラルの低下した人間は、決して自らの意志でビジネスを起こしたり、または人の上に立って指導したり指揮したりすることはできません。もしそれをやったとしても、低次元のことしかできません。その結果、彼らは他の人たちの支配下に置かれることになります。つまり奴隷となるわけです。

ユダヤ人たちは今まさにこの日本民族を乗っ取ろうとしています。日本民族を自らの支配下に置き、奴隷として働かせようとしています。その結果、この日本には長時間労働を強いるブラック企業が蔓延するようになってしまいました。「社畜」という言葉も今では当たり前のように使われるようになってしまいました。目の前にユダヤ人の顔が見えないから、人々はただ経営者や日本政府のみを批判しますが、その背後にはユダヤ金融資本がいるということを分かってください。それは紛れもない事実であり、その構造については、このブログでもさんざん取り上げてきた通りです。

私たちは人間としての崇高さを保たなければなりません。しかし、幸いにも日本人のモラルは欧米人のように低下しているとは私は思っていません。まだまだ健全な精神をもっています。しかし、様々な性的なものが、文化・芸術という形をとって今でもそちこちで若者たちの精神を蝕んでいます。それがこの世の現実です。その現実を無視してはいけません。私たちは先ず自分から自分自身の心を守り、そして周りの人々の心を守っていかなければならないのです。

〜引用終わり〜

しれば知るほど政治のおかしさは目につくようになってきましたし、年金が支払われない問題や、様々な分野で会社で働くことの弊害が噴出ていることからも、現代人のモラルがおかしくなってしまっている事は、誰が見ても明らかでしょう。

そのような現実を、このドラマでも描いて欲しいと思います。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【コタキ兄弟と四苦八苦】の劇伴音楽に数々のCM音楽も手掛ける王舟と、バンド・neco眠るなどでも活躍するミュージシャン・BIOMANによるユニット、王舟&BIOMANが起用されました。

「ドラマ【コタキ兄弟と四苦八苦】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】テレビ東京系列「ドラマ24」
【初回放送・曜日】2020年1月10日 毎週金曜日 24:12~24:52(40)
【前ドラマ】「孤独のグルメ Season8」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)