ドラマ【この世界の片隅に】あらすじキャスト。こうの史代原作を「ひよっこ」岡田惠和と松本穂香主演でリメイク。劇判音楽に久石譲

スポンサーリンク

2018年7月から放送の連続ドラマ【この世界の片隅に】

主演は朝ドラ「ひよっこ」でメガネ女子の演技が印象的だった松本穂香。

その役は戦時中の貧しかった日々を強く生き抜いた一人の女性。その夫役に松坂桃李がキャスティングされました。

ここでは、連続ドラマ【この世界の片隅に】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

(※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。)

スポンサーリンク

連続ドラマ【この世界の片隅に】キャスト

北條(浦野)すず 松本穂香

太平洋戦争の最中、広島県の江波(えば)から呉(くれ)に嫁ぐ。のんびりしているが、他人を思いやる心に溢れ、戦争という国中に暗雲立ち込める時代でも前を向き、明るく生きていこうとする女性。

(まつもと ほのか)1997年2月5日。大阪府出身。映画「恋は雨上がりのように」ドラマ「下北沢ダイハード 第6話」

ドラマ【下北沢ダイハード】1話から最終話までのあらすじまとめ 馬場ふみかと松本穂香ら注目女優も出演

北條周作 松坂桃李

すずの夫。すずの4歳年上。物静かで一見神経質に見えるが秘めた情熱と優しい心を持ち合わせる。

1988年10月17日。神奈川県茅ヶ崎市出身。映画「キセキ -あの日のソビト-」ドラマ「ゆとりですがなにか」

黒村径子 尾野真千子

ある事情で嫁ぎ先から出戻ってきた周作の姉。

1981年11月4日。奈良県吉野郡西吉野村(現・五條市)出身。映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」ドラマ「夏目漱石の妻」

北條円太郎 田口トモロヲ

周作と径子の父。

1957年11月30日。東京都武蔵野市出身。本名;田口 智朗(ぐち ともお)。映画「伊藤くん A to E」ドラマ「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」

浦野すみ 久保田紗友

すずの妹。

2000年1月18日。北海道札幌市出身。ドラマ「4号警備」「喧騒の街、静かな海」映画「僕は友達が少ない」「ハローグッバイ」

ドラマ【過保護のカホコ】キャストあらすじ主題歌まとめ。竹内涼真ラストコップ以来のキャラに期待。高畑充希をディスりながらも恋に落ちるか?

堂本志野 土村芳

北條家の近くに住む主婦。夫は出征中。

(つちむら かほ)1990年12月11日。岩手県盛岡市出身。映画「何者」ドラマ「べっぴんさん」

刈谷幸子 伊藤沙莉

北條家の隣に住む女性。(ドラマオリジナルキャラクター)

(いとう さいり)1994年5月4日 。千葉県出身。映画「THE LAST COP/ラストコップ」ドラマ「トランジットガールズ」

ここでも水ドン?「ラストコップ2016」2話感想ネタバレ!まず君が落ち着け!

北條サン 伊藤蘭

周作の母(すずの姑)。

1955年1月13日。東京都武蔵野市出身。本名、水谷 蘭。夫は俳優の水谷豊、長女は女優の趣里。映画「少年H」ドラマ「DOCTORS〜最強の名医〜」

スポンサーリンク

連続ドラマ【この世界の片隅に】あらすじ

太平洋戦争の最中、広島県の江波えばから呉くれに嫁いだヒロイン・すずが、嫁ぎ先の北條家で暮らすかけがえのない日常。

日本が泥沼の戦争に突き進んでいく中、戦場でない場所では、市井の人々の“普通”の暮らしがそのまま続いていた。物資が不足し、家族や友人たちが戦場に送られていく。

そんな不安と戦いながらも、前向きに、そして健気に日々を生きるすずの姿は、閉塞感や生きづらさを感じつつも“今”を懸命に生きる全ての人と重なっていく。

連続ドラマ【この世界の片隅に】みどころや原作について

連続ドラマ【この世界の片隅に】の原作は、こうの史代の同名作品「この世界の片隅に」であり、こうの史代自身も、原爆という歴史が色濃く残る、広島県広島市西区出身です。

小説 この世界の片隅に (双葉文庫) 文庫をアマゾンでチェック!

これまでにも原爆投下後の広島市を描いた作品「夕凪の街 桜の国」が、麻生久美子主演で映画化、常盤貴子、川栄李奈出演でドラマ化されてきました。

脚本には 「ビーチボーイズ」や「ひよっこ」を手がけてきた岡田惠和、演出には「映画 ビリギャル」「逃げるは恥だが役に立つ」などで知られる土井裕泰が起用され、

プロデュースに 「99.9-刑事専門弁護士-」「カルテット」の佐野亜裕美が参加しています。

ドラマ【ユニバーサル広告社】キャストあらすじの紹介 SMAPに”勉強”を教えた田淵俊彦が構想。脚本・岡田惠和、原作・荻原浩、主演・沢村一樹の「王道ドラマ3法則」でドラマ化

連続ドラマ【この世界の片隅に】は昭和19年当時の雰囲気を再現するため、
呉市の古民家をTBSテレビの緑山スタジオに移築し撮影していることでも話題です。

物語の舞台は戦争を目前に控えた昭和19年(1944年)頃の広島県呉市。軍港として栄えたこの街で暮らす北條家の物語が描かれ、呉市が募集して選ばれた築94年の古民家がその舞台です。

のん(旧芸名、能年玲奈)が主演した劇場アニメ作品や、北川景子主演で日本テレビで放送されたスペシャルドラマなどでリメイクされてきた人気作です。

当時の人々が感じていた悩みの中、すずは持ち前の豊かな想像力を持って物的な貧しさに負けず、たくましく生きる姿が描かれ、

戦後、50年以上がたち、高度経済成長を経てモノが溢れてもなお、精神的に豊かになることのできない現代人が、今一度気付くべき「心の豊かさ」が描かれることが、その見所としてあげられる作品です。

連続ドラマ【この世界の片隅に】主題歌・オープニング・エンディング・サントラについて

連続ドラマ【この世界の片隅に】の音楽には、音楽番組「題名のない音楽会」や「羊と鋼の森」そして、何よりもスタジオジブリ作品で知られる久石譲が起用されました。

ドラマ「この世界の片隅に」オリジナルサントラをアマゾンでチェック!

(そのほか主題歌などについては随時更新予定です)

連続ドラマ【この世界の片隅に】放送日時の紹介

連続ドラマ【この世界の片隅に】は7月期TBS系列日曜劇場枠にて、毎週日曜日21時から21時54分での放送です。

二宮和也主演ドラマ「ブラックペアン」の後、同じ時間帯での放送となります。

ドラマ【ブラックペアン】あらすじキャスト。田口も登場?「チームバチスタ」海堂尊原作小説ドラマ化に、葵わかなや竹内涼真など旬なキャスティングに期待。

連続ドラマ【この世界の片隅に】に興味のある方へドラマおすすめ3作品

ドラマ【チアダン】キャストあらすじ。広瀬すずが土屋太鳳で、中条あやみが石井杏奈?打倒ジェッツの新たなチアダンス物語。主題歌にも注目

ドラマ【下北沢ダイハード】ゲストキャストの出来事まとめ 下北沢で光石研 麻生久美子 夏菜 佐藤二朗が”とんでもない日”を演じる

映画「キセキ-あの日のソビト-」ロケ地とキャスト!ギネス記録のあの曲とは!?

*文中、キャストの説明、あらすじや見どころなど出典明記のないものは作品の公式サイトからの引用です。

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)