ドラマ【この恋はツミなのか!?】伊藤健太郎初主演作で柏木由紀も化けるか?将棋ラブコメ作、異例のスピードドラマ化

スポンサーリンク

2018年12月から放送のドラマ【この恋はツミなのか!?】。

主演に柏木由紀と伊藤健太郎が抜擢され、主題歌を柏木本人が歌うことも話題となる本作。

ここでは、ドラマ【この恋はツミなのか!?】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

主要キャスト

駒田多恵 柏木由紀

プロの女流棋士。握手会などのイベントも行い、熱狂的なファンを多く持つ将棋界のスター。
童顔巨乳のメガネ女子で、普段は少し天然だが、対局の際には鋭い表情を見せる。ある日、朝の満員バスで小日向大河と知り合うことになり…!?

1991年7月15日。鹿児島県鹿児島市出身。アイドルグループAKB48チームB、NGT48チームNIII、NMB48チームN、フレンチ・キスなどの元メンバー。ドラマ「西郷どん」

小日向大河 伊藤健太郎

恋愛経験がなく、友達もほとんどいないコミュ障気味のサラリーマン。他人に興味がなく、「関わっても無駄なだけ」と人を避けて生きてきたが、通勤途中の“あるアクシデント“で、生まれて初めての恋を知る。IT企業の情報システム部に勤めるプログラマー。

1997年6月30日。東京都出身。映画「先生!」ドラマ「学校のカイダン」「今日から俺は!」

IT企業

田崎わたる 矢本悠馬

IT企業情報システム部勤務で、大河の同期。コミュ障の大河とは反対に、コミュ力が高く、お調子者。

1990年8月31日。京都府出身。映画「ちやはふる」シリーズ ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜 第5話」「スーパーサラリーマン左江内氏 第6話」連続テレビ小説 「半分、青い。」

結城弘人 村上淳

IT企業情報システム部勤務で、大河の上司。会社の将棋部所属で、元々はプロを目指していた。

1973年7月23日。大阪府出身。俳優の村上虹郎はUAとの間にできた子供。ドラマ「銀と金」「わにとかげぎす」映画「PとJK」

江口茜 田中真琴

大河と田崎の同期で、IT企業営業部勤務。同期の中でマドンナ的存在。

1995年1月30日。京都府出身。映画「魔法少年☆ワイルドバージン」ドラマ「ブラックスキャンダル」

将棋界

田代早苗 真魚

多恵の後輩で女流棋士。負けん気が強く口が悪いが、真っすぐな性格。

(まお)1991年8月5日。愛知県豊橋市出身。映画「検察側の罪人」ドラマ「孤食ロボット」

坂田 カトウシンスケ

多恵の熱狂的なファン。カメラを片手に多恵の周りをうろつく、謎の男。

1981年8月18日。東京都出身。映画「ケンとカズ」ドラマ「どうしようもない恋の唄」

加藤先生 斎藤工

多恵の恩師で、彼女が将棋の道へ進むきっかけをつくった人物。

1981年8月22日。東京都港区出身。映画「昼顔」ドラマ「BG~身辺警護人~」「フランケンシュタインの恋」

管理人 黒田大輔

管理人。

1977年12月9日。千葉県出身。映画「響 -HIBIKI-」ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」

沖田健 阿部周平

端正なルックスで世間を賑わす天才棋士。先輩の多恵を姉のように慕っている。

1997年10月22日。愛知県岡崎市出身。映画「」ドラマ「」

スポンサーリンク

あらすじ

IT企業でプログラマーとして勤める小日向大河(伊藤健太郎)。生まれてこのかた恋愛経験はなく、友達もほとんどいない。他人にも興味がなく、ただ毎日を、淡々と平和に生きてきた。

ある日の朝、満員の通勤バスの急ブレーキでバランスを崩し、前に立っていた女性(柏木由紀)の胸に顔を押し付けてしまう。“単なるラッキーな事故”で終わらせるはずが、大河の頭にはその女性のことばかり。

その夜、居酒屋で今朝の女性とばったり再会!しかも今度は彼女のスカートがまくれ、パンツが丸見えになっていた…!気まずそうに顔を伏せるその女性の名前は駒田多恵(24)。

アクシデント続きの出会いによって、大河は生まれて初めての恋に落ちることになり…!?

原作やスタッフ

ドラマ【この恋はツミなのか!?】の原作はこの作品が初連載作品となる漫画家の鳥島灰人の同名漫画。

「この恋はツミなのか!?(1) (ビッグコミックス)Kindle版」をアマゾンでチェック!

監督には「福岡恋愛白書12 センセイとワタシ」や「OLですが、キャバ嬢はじめました」の小川弾。

脚本には「結婚に一番近くて遠い女」で知られる塩塚夢。

企画・プロデュースには「恋する香港」の大澤剛。

チーフプロデューサーには数多くのドラマイズム枠ドラマや「闇金ウシジマくん シリーズ」の丸山博雄。

プロデューサーには「わにとかげぎす」の藤田大輔、には「賭ケグルイ シリーズ」の尹楊会。


製作にはワタナベエンターテインメント、協力プロダクションにはドラマ「わにとかげぎす」に参加の藤田大輔の「スロータイド」と、映画「ベイブルース 25歳と364日」のオフィスアッシュが参加しています。

話題、見どころ

主演にはデビュー以来話題作への出演が続く伊藤健太郎。2018年に「健太郎」から改名し、2018年11月から放送の「ルームロンダリング」への出演も話題になりました。

ドラマ【ルームロンダリング】キャストあらすじ。池田エライザが「見えちゃう」幽霊に生駒里奈、矢本悠馬、渋川清彦ら。監督に「PとJK」片桐健滋、脚本に「不惑のスクラム」櫻井剛

さらに広瀬すずとと絡みも多く、2017年の映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」や土屋太鳳主演でドラマ化された「チア☆ダン」の映画版にも出演していました。

広瀬すず主演映画【先生!】キャストに大ブーイング?あらすじと見どころ原作を紹介!

広瀬すず主演映画「チア☆ダン」のロケ地キャスト!モデルは福井商業JETS!

さらには1980年代に流行った「ツッパリ」を取り上げた「勇者ヨシヒコ」シリーズで知られる福田雄一監督のドラマ「今日から俺は!!」にも出演し、どこまでいっても「話題性抜群」です。

ドラマ【今日から俺は!!】あらすじキャスト。賀来賢人、橋本環奈が蘇らせるツッパリ!ってそもそもツッパリって?

今まで主演がなかったのが不思議なくらいの人気ぶりですが、そんな伊藤健太郎とともに主演を務めるのは大河ドラマ「西郷どん」への出演が話題となった柏木由紀。

これまでAKB色の強い作品への出演が多い女優としての活動でしたが、大河に続くドラマで自身の出世作となることも考えられます。

そんなドラマ【この恋はツミなのか!?】の原作の評価を見てみると、一つには「ヒロインの柔らかな可愛さ」が何よりも魅力的と言われる一方、ストーリーはあまり評価できないという声もあり、将棋が題材として登場しますが、どちらかといえばラブコメ要素が強いというところがコミック版の特徴のようです。

深夜枠のドラマを手がけることの多い製作陣が、原作をどのように作り変えていくのかという部分も見所です。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【この恋はツミなのか!?】のオープニングに主演を務める柏木由紀の「そっけない君」が起用されました。

「そっけない君」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

ドラマ【この恋はツミなのか!?】のエンディングテーマにドラマ「恋する香港」エンディングテーマなどを手掛けてきた東海地方を拠点に活動する五人組アイドルグループ、MAG!C☆PRINCEの「もしも僕が世界を変えれたら」が起用されました。

「もしも僕が世界を変えれたら」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】MBS・TBS系列「ドラマイズム」
【初回放送・曜日】
12月2日~ 毎週日曜日 24:50~25:20(30)(MBS)
12月4日~毎週火曜日 25:28~25:58(30)(TBS)
【前ドラマ】「ルームロンダリング」

あらすじ・キャスト部分引用元 MBS

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)