小林麻央ガンは絶対治癒&完治する!過去患者の治った事例まとめ

スポンサーリンク

10月1日の朝に投稿された、小林麻央さんのブログで

手術を受けて、その後の経過が良好であることが報告されていました。

→小林麻央オフィシャルブログ「ご報告

そして、その日夜に夫である市川海老蔵さんが

「本当にそうだね。」

という書き出しから、麻央さんと同じように、手術ができてよかったこと

そして、麻央さんと同じように、このあとに起こる奇跡を信じていると

綴っています。

→市川海老蔵ブログ「”ご報告”

ガンという病気は、これまで、ほとんど完治が難しい病気だと言われていました。

しかし、現代では、西洋医療の視点からも

東洋医療の視点からも、治癒していく可能性はどんどん大きくなっています。

これまでにガンが治ったというエピソードをご紹介していきます。

スポンサーリンク

高崎市笹野富美夫さんがガン治癒&完治した話

2003年ころ肝臓がんと診断

その後「多発性進行がん」で余命3ヶ月の宣告。

兄をガンで亡くしていたので、抗がん剤の選択肢はなかった。

「自分の命は自分で守る」と代替医療でやるという迷いのない決意。

ガンという病気を知り、理解すること。どんな治療法があり、

治療以外に自分ができること何か?」ということに向き合ったこと。

「末期がんでも治ることを信じていた」

闘病中は体の免疫力を高めることばかり考えた。

宣告から1年8ヶ月後ガンは完全に消滅。

笹野さんの言葉

「もう一つガンと闘う重要な免疫が心。『病は気から』『気は心』と言われるように“心の免疫”はとても重要です」

出典:アサ芸プラス

たくさんの病気やガンを克服した、神河照美さんがガン治癒&完治した話

自身の膨大な経験をしっかりとサイトに纏めておられ、非常に有益な情報が多く掲載されています。

その中でも「がんを完治するためにして来たこと」

というページには多くのヒントが有ります。

簡単にですがその8つの項目をご紹介します。[出典]

  1. 癌である事を認め、その事から逃げずに、真正面から向き合う事
  2. 癌になったのは、誰のせいでもなく、自分に原因があることを自覚し、
  3. 一日生かされた事を心から感謝する事
  4. 体力をつけるために、食べ込む
  5. 不定期的に、癌の状況を検査していただき、あとどれくらい生きられるのかを医師に診断していただき、少しずつ、伸ばされた寿命を、この世で与えていただいた時間を、癌の原因を少しでも排出し、体を綺麗にして行くのだとの考えで嘔吐などの清浄化を日々乗越えながら、大切に過ごしました。
  6. 家族の支えを頂きました。
  7. 「いつになったら、良くなるのだろう。」「いつになれば癌は消えるのだろう。」とは考えませんでしたし、家族も一言も口にしませんでした。
  8. 自分自身の体を慈しみ、当たり前でない体にしてしまった事に、お詫びをしました。

→引用元&詳細はこちら

こちらの方も基本的には、

自分を責めないことや

定期的な検診に行くなどをして、ガンとしっかり向き合っていくこと。

体力をつけること。

そして、

「癌と言う症状が出なくなるまでは、癌の原因となっているものを体の外に排泄されるまで続くのは当たり前だという事を自覚していた」

というように、根本的な体の原理をしっかりと知っていたこと。

これらが、ガン完治の要因のように思えます。

わずか3ヶ月でガン治癒&完治した、1950年生まれ男性の話

余命三ヶ月という宣告を受けた男性のご家族の方が書き綴ったガンとの闘病の記録

→「免疫生活により進行がんに打ち勝った父の闘病レポート」

ファスティング(半断食)による腸内環境の改善。

酵素などの効果的な食品(superAFTMなど)の摂取。

放射線、抗がん剤をやめた。

生活全般でいいと思うことを実践したこと。

これらのことをしたことが、ガン治癒の要因という考察がされていて、非常に示唆にとんでいます。

こちらも、これまでの方と同様、抗がん剤に頼らないこと

本来の身体と向き合ったこと。

これらが主な要因かと推測できます。

銀座まるかん斎藤一人さんの周りでのガン治癒&完治した話

銀座まるかんの創業者の斎藤一人さんのまわりでは

多くの奇跡が報告されています。

その中でも、岐阜県のK.Yさんの体験談がこちら

要約をすると、ガンを宣告され、高がん治療を開始。

それと同時に気力と体力も低下。

そこで前向きに自分を修正し、サプリを実践。

3ヶ月後には、検査で良好な結果がでて、1年後には、ガンが消滅したことを確認。

その時使用したサプリは、「スリム青汁」と「ワカスギール」

一つは青汁の改良版の健康食品。

ワカスギールは、ぶどうの皮などに含まれる抗酸化物質などを含んだ健康食品。

これらのことに加え、斎藤一人さんの教えや、お世話になった方への感謝

斎藤一人さん流の修行の実践。

ここにも、治すためにいろいろなことをして、本当に体にいいことをした

ということが、ガン治癒での近道だったと言えそうです。

斎藤一人さんのガンが治る「万病一元論」

身体の基本的な原理を知ることガンは治ると知ること

人間は恐怖や不安にさいなまれることで、人の体の細胞は、

多大なダメージを受けます。

正常な細胞が、正常な身体ができるというのが、

本来の健康という状態。

現代社会に供給されている、食事の多くは

私達が思っている以上に、身体を汚してしまっていることを

しっかりと知っておくことは非常に有効だと思います。

これまで生きてきた結果が、病気として現れるという

非常に簡単な原理をしって、置くことが、ガン治癒の必須の条件とも言えそうです。

腸を綺麗にして、いい細胞を作るために、いい食材を入れること。

ガンは絶対に治ります。

まずはそう信じることがはじまり。

小林麻央さんを始め、多くのがん患者の方が治りますように。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。