大河ドラマ【麒麟がくる】キャストあらすじ。本能寺の変で織田信長を貶めた朝鮮系武士とは

Sponserd Link

2020年1月から放送の大河ドラマ【麒麟がくる】。

主演に長谷川博己を迎え、明智光秀を主人公とした大河ドラマが放送されます。

ここでは、大河ドラマ【麒麟がくる】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

(*2019/11/26現在、沢尻エリカの逮捕の影響によりキャスト、初回放送日に変更あり)

Sponserd Link

この記事の見出し

登場人物 主演キャスト

明智光秀(あけちみつひで) 長谷川博己

身分が高いとは言えない美濃の明智家に生まれるが、勇猛果敢な性格と類まれなる知力を、美濃を牛耳る斎藤道三に見いだされ、道三の家臣として重用されるようになる。やがて、主君として付き従った道三が討たれると、美濃を追われるが、後半生の主君・織田信長と出会ったことで彼の運命が大きく動き出していく。

美濃編 登場人物 キャスト

駒(こま) 門脇麦

光秀が京で出会う娘。医師・望月東庵の助手をつとめている。 戦災孤児で、伝説のいきもの・麒麟の存在を信じている。

菊丸(きくまる) 岡村隆史

光秀が美濃で出会う三河出身の農民。神出鬼没で、敵か味方かわからないが、常に光秀の危機を助ける。

明智牧(あけちまき) 石川さゆり

光秀の母。光秀が幼少時に死んだ父の代わりに「武士として の心構え」を諭す厳しくも心優しき母。

明智光安(あけちみつやす) 西村まさ彦

光秀の叔父(父の弟)。明智家の当主で、道三の家臣。 明智家の行く末を常に案じている。

織田信秀(おだのぶひで) 高橋克典

尾張に根を張る、道三のライバル。織田信長の父。海運を牛耳り、豊かな経済力を背景に、美濃の道三や駿河の今川と争う勇猛果敢な戦国武将。

平手政秀(ひらてまさひで) 上杉祥三

信秀を支える織田家老臣。信長のもり役。

土岐頼芸(ときよりのり) 尾美としのり

美濃の守護。かつて道三と結託し、兄を守護の座から追い落とした過去を持つ。 鷹の絵を描くのを好む。

斎藤義龍(さいとうよしたつ)/ 高政 伊藤英明

道三の嫡男。母は守護・土岐頼芸の愛妾だった深芳野(のち道三の妾)。自らの出自の謎にこだわるが故、父との折り合いは悪い。光秀の幼い頃からの学友。

帰蝶(きちょう) / 濃姫 川口春奈(当初は沢尻エリカ)

道三の娘(母は正妻・小見の方)。光秀とは姻戚関係であり、幼い頃からの付き合いでもある。政略結婚により、のちに織田信長の正妻となる。

織田信長(おだのぶなが) 染谷将太

光秀が尾張で出会う信秀の嫡男。明智光秀との出会いが、信長自身の運命も変えていく。

望月東庵(もちづきとうあん) 堺正章

京に暮らす医師。今は落ちぶれているが、朝廷や各地の戦国大名などに不思議な人脈を持つ。生涯にわたって光秀を導く存在になる。大の双六好き。

斎藤道三(さいとうどうさん)/ 利政 本木雅弘

美濃の守護代で光秀の主君。一介の油売りだった亡き父とともに親子二代で美濃の国盗りを目指す戦国下剋上の代名詞的存在。天才的な軍事力と狡猾な政治力を持ち、金銭への執着も強い。

戦国武将&戦国の華 登場人物 キャスト

美濃煕子(ひろこ) 木村文乃

光秀の正室。美濃の土豪・妻木氏の娘。戦乱に明け暮れ疲弊する光秀の心の支えとなる女性。

深芳野(みよしの) 南果歩

守護代・斎藤道三の側室。斎藤高政(義龍)の実母。そもそもは守護・土岐頼芸の愛妾であった。ゆえに高政は自分の出自について疑いを抱いている。

稲葉良通(いなばよしみち)/ 一鉄 村田雄浩

美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三有力家臣の一人。はじめ土岐頼芸の家臣であったが、のちに道三の家臣となった。道三の強引なやり方に不満を持っている。

藤田伝吾(ふじたでんご) 徳重聡

明智家に仕える家臣。実直な性格だが、戦闘能力は非常に高く、常に光秀のそばに寄り添う。

駿河|戦国武将&戦国の華編

今川義元(いまがわよしもと) 片岡愛之助

「海道一の弓取り」の異名を持ち、強大な軍事力を持つ有力戦国大名。その家柄と参謀・太原雪斎の後ろ盾により、道三たちがおびえる東海最強の戦国武将。

尾張|戦国武将&戦国の華編

土田御前(どたごぜん) 檀れい

織田信秀の継室であり、信長とその弟・信勝(信行)の生母。うつけと言われた信長を疎み、弟・信勝ばかりを可愛がっている。

藤吉郎(とうきちろう) 佐々木蔵之介

のちの秀吉。最下層の農民であったが、持ち前の人懐っこさと庶民ならではの自由さを武器に、信長の家臣として頭角を現していく。光秀生涯のライバル。

大和|戦国武将&戦国の華編

足利義昭(あしかがよしあき) 滝藤賢一

13代将軍足利義輝の弟。もともと将軍家の家督相続者以外の子として仏門に入っていたが、義輝亡き後、室町幕府最後の将軍として擁立される。政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある。

京|戦国武将&戦国の華編

三淵藤英(みつぶちふじひで) 谷原章介

室町幕府末期の幕臣(将軍奉公衆)。光秀の盟友・細川藤孝の義兄。幕臣として、将軍・足利義輝、足利義昭に仕える。

細川藤孝(ほそかわふじたか)/幽斎 眞島秀和

光秀の生涯の盟友。将軍奉公衆として室町幕府の再興に尽力する。当代きっての文化人であり、文武両道の人物。

松永久秀(まつながひさひで) 吉田鋼太郎

主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。軍事政治両面で力を発揮し、荒々しく、したたかな生き方で、若き光秀に大きな影響を与える。戦国三大梟雄の一人。

伊呂波太夫(いろはだゆう) 尾野真千子

京の戦災孤児・駒が、東庵に引き取られる前の幼少期に預けられていた、旅芸人の女座長の娘。今は一座の座長になっている。全国各地を一座でまわり、諸国の有力大名や京の公家に顔のきく不思議な女性。

足利義輝(あしかがよしてる) 向井理

室町幕府第13代将軍。塚原卜伝にも師事したといわれる剣豪将軍。 父・義晴とともに、混迷する京の情勢に翻弄され、近江と京を出入りすることを余儀なくされた悲劇の将軍。三淵藤英を通じて、光秀と知己を得る。

徳川家康(とくがわいえやす) 風間俊介

徳川幕府の創始者。幼少時より、駿河の今川と尾張の織田の間で人質となり、母と離れて孤独な子ども時代を過ごす。桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退。だが、それを機に今川から独立。のちに三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。

太原雪斎(たいげんせっさい) 伊吹吾郎

東海最強の戦国大名、今川義元の軍師。若き頃より義元に仕え、内政・外交・軍事の全面で今川家を支え、その全盛期を築いた。僧侶だが、大軍を率いて自ら前線で指揮をとる。桶狭間の戦い以前に病死する。

語り 市川海老蔵

Sponserd Link

あらすじ

NHK企画意図より引用

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。

応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから 解放してくれるのは、誰なのか・・・ そして、麒麟はいつ、来るのか? 若き頃、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として 勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、 多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。

「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、 戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。

従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、 同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、 懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、 エネルギッシュな群像劇として描き、 2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。

明智光秀とはいったい何者なのか? 麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか・・・ 今、すべてが、始まる──

原作やスタッフ

大河ドラマ【麒麟がくる】の脚本には「おやじの背中 第8話「駄菓子」」や「夏目漱石の妻」の池端俊策、「軍師官兵衛」や「孤高のメス」の前川洋一、「夏目漱石の妻(第3話)」や「鴨川食堂」の岩本真耶

制作統括には「とと姉ちゃん」や「限界集落株式会社」の落合将

演出には「軍師官兵衛」や「とと姉ちゃん」の大原拓、「限界集落株式会社」や「精霊の守り人 最終章」の一色隆司 、「平清盛」や「あさが来た」の佐々木善春 、「半分、青い。」や「おんな城主 直虎」の深川貴志

プロデューサーには「おんな城主 直虎」や「とと姉ちゃん」の藤並英樹、「べっぴんさん」や「女子的生活」の中野亮平が参加しています。

話題、見どころ

第59作の大河ドラマ作品となる今作は、本能寺の変を題材とした作品の一つです。

放送前の説明を見る限りは光秀の前半生を中心に描くようですが、そんな今作の時代考証をするのは「母方の先祖が武田家臣の馬場信春だ」と聞かされ育ったという歴史学者の小和田哲男です。

小和田氏といえば、令和の皇后、雅子さまの旧姓でもありますが、この小和田は「和田」をルーツに持つ苗字で、さらにこの「和田氏」は三浦半島を本拠地とする三浦氏にルーツを持つそうです。

誰もが学校で習ってその後も至る所で聞くことがある「本能寺の変」ですが、正直なところ、あれがどんな事件だったのかその全容を把握している人はあまり多くないかもしれません。

しかし、一番肝の部分は、千利休の手引きによって誘い出した織田信長を「堺の商人」とその背後にいる偽キリスト教で陰陽道でもある「イエズス会」が暗殺した。というのが「本能寺の変」でした。

「本能寺の変」の黒幕はイエズス会と島津家と毛利家だった可能性大。または千利休がドルイド教徒だったという確たる証拠。

つまり、日本国内だけの問題ではなく、世界的な視点で見なければ正確にその事件の意味を図ることはできないわけです。

しかし最後に残されたなぞがあることもじじつです

〜以下こちらから引用〜

ところが、「イエズス会」からバックアップを受けていたはずの「豊臣秀吉」がその後、なぜか「イエズス会」を迫害し、さらには「イエズス会士」である「千利休」に切腹を命じた。 果たして彼がこのように心変わりした理由は何だったのでしょうか。

〜引用終わり〜

「本能寺の変」の黒幕はキリスト教徒を装った「イエズス会」という西洋人が関わっていましたが、イエズス会は正確には金貸しなど人を騙すような商売で古くから嫌われる民族だったユダヤ人の可能性があります。

「イエズス会」の創設者でバスク人であるフランシスコ・ザビエルや、同じくの創設者の一人イグナチオ・デ・ロヨラの顔立ちが、彫りが深く頭部が後ろに長い西洋人の特徴を持たずに、どちらかというと中東・アジア系の雰囲気を持っていることからもそのことは明らかです。

そして、のちに言及しますが、明智光秀や家康、秀吉らも朝鮮半島に出自を持つ「ユダヤ人」であることから、彼らはある意味では親戚だったとも考えられます。

明智光秀はいわゆる「スパイ」な訳ですが、豊臣秀吉も忍者=スパイだったと言われています。そして彼らは朝鮮半島に出自を持つ「藤原系」一族のようです。

あるサイトでは、彼らは反日だと言われていますが、明智光秀が「本能寺の変」のあとも僧侶「天海」として生き延び、家康とともに江戸を新たな幕府の中心地として選んだということにも、信憑性が増します。

豊臣秀吉も徳川家も全て朝鮮系と考えると、以下のような経緯はやはり事実だと思われます。

〜以下こちらから引用〜

家康をも騙していたことが発覚し家康により取り壊された後に再建された秀吉が神の嘘つき社 もともと農民などではなく諜報活動の専門家「乱破(らっぱ)」「素破(すっぱ)」(注:忍者・諜報員のこと)だったが 朝廷乗っ取り集団に採用され平氏である織田信長に潜入させ取入らせた

信長の周辺の朝廷乗っ取りグループ武田・今川・松平・浅井・三好・斎藤・六角・明智・木下(羽柴) と正親町天皇・足利義昭将軍・近衛前久関白などが手を組み織田信長を謀殺した

〜引用終わり〜

豊臣秀吉の旧姓の「木下」が朝鮮半島の朝鮮人の通名の一つ「朴(パク)」だということは広く知られるようになりました。

〜以下こちらから引用〜

2.1. 漢字を分解して全部を使用
■ 申(シン)→一中(いちなか)、中一(なかいち)、三川(みかわ)
■ 宋(ソン)→山木(やまき)
■ 崔(チェ)→佳山(かやま)、山佳(やまよし)
■ 車(チャ)→三中(みなか)
■ 張(チャン)→弓長(ゆみなが)
■ 朴(パク)→木下(きのした)

〜引用終わり〜

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!

そして、秀吉をバックアップしたのはイエズス会で、家康をバックアップしたのはエリザベス女王と言われていて、さらに上にも書かれている人物「近衛前久」がのちの豊臣秀吉である木下藤吉郎に「豊臣」という名前を与えたことも知られています。

〜以下こちらから引用〜

このように、この日本では古代から「天皇」がトップに君臨し、「藤原氏」がナンバー2として君臨してきたわけです。

で、その下にいるナンバー3が「摂家」と言われる人々です。「摂家」とは以下のような人たちのことを言います。

---------------------(以下、こちらから転載)

摂家(せっけ)とは、鎌倉時代に成立した藤原氏嫡流で公家の家格の頂点に立った5家(近衛家・九条家・二条家・一条家・鷹司家)のこと。

大納言・右大臣・左大臣を経て摂政・関白、太政大臣に昇任できた。

摂関家(せっかんけ)、五摂家(ごせっけ)、執柄家(しっぺいけ)ともいう。

この5家の中から藤氏長者も選出された。

---------------------(転載ここまで)

見ての通り、この「摂家」だけが、「摂政」とか「関白」といった、歴史の教科書に出てくるような重要な地位に就くことができました。

つまり、「摂家」以外の人たちが「摂政」とか「関白」といった地位に就くことはできなかったわけです。

ところが、日本の歴史において、たった一度だけ例外がありました。

その例外が、今回の対談に出てくる「豊臣秀吉」です。

「豊臣秀吉」だけは、なぜか「摂家」でなかったにもかかわらず、「関白」という地位に就くことができたのです。

では、どうして彼にそんなことができたのかというと、彼が「摂家」の一つである「近衛家」に養子(猶子)として入ったからです。

---------------------(以下、こちらから転載)

■摂家以外からの摂政・関白就任

五摂家成立以後は、摂政・関白にはこの5家の者のみが任じられ、摂家たる5家は摂政・関白職を独占した。

そのため、関白就任を目論んだ羽柴秀吉(豊臣秀吉。当時は平朝臣を称していた)は、1585年(天正13年)に近衛前久の猶子となり、藤原朝臣秀吉(近衛秀吉)として関白就任を果たした。

翌年、秀吉は豊臣に改姓し、豊臣朝臣秀吉として関白に残留した。

秀吉は豊臣氏を新たな摂関家とし、豊臣秀吉の養子である豊臣秀次は「豊臣朝臣秀次」として関白に任じられている。

しかし秀次以降は再び五摂家が摂関の座を独占するようになった。

---------------------(転載ここまで)

つまり「豊臣秀吉」は、「関白」になるためにわざわざ「近衛家」の養子になったわけです。

そこまでして彼は「関白」になりたかったようです。

〜引用終わり〜

エボラ熱を広めた犯人は麻生太郎である。(現代日本を支配する藤原家=麻生家の闇)

一つの結論として、このドラマはそんな「朝鮮系」の出自を持つ人たちが自分たちの悪事を、美談で覆い隠す意図が見え隠れしています。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

大河ドラマ【麒麟がくる】の劇伴音楽に「ファイナルファンタジーXV:Kingsglaive」や「東京喰種トーキョーグール」を手がけてきたジョン・グラムが起用されました。

「大河ドラマ【麒麟がくる】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】NHK総合
【初回放送・曜日】2020年1月19日(1月5日から変更) 毎週日曜日 20:00~20:45(45)
【前ドラマ】「いだてん 〜東京オリムピック噺〜」

あらすじ・キャスト部分引用元は NHKドラマトピック Wikipedia

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)