キングカズ引退後も君臨するサッカー史に残る功績と感動秘話!

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

最年長選手として、イタリア紙を始め海外でも絶賛。

そんなサッカー選手が日本にいます。

そもそも日本人初のセリエA選手。

日本人で初めてブラジル全国選手権へ出場、ブラジルリーグ初得点

それはよく見る表側のキングカズ。

スポンサーリンク

キングカズの「養護施設訪問」

あまり世間では知られていないかもしれませんが、

キングカズこと、三浦知良さんは

長年、ある養護施設に通っているといいます。

マスコミが「人気取り」だろうと、直接カズにこう聞いたそうです。

「そうやって、施設に通って何をしようとしているんですか?」

そうした質問に対してのキングカズの答えが「神対応」だったとして話題です。

キングカズはこう言いました。

「僕が彼らに何かをしてあげるって?

逆に僕が何かをもらっているようには見えなかったかい?」

カズはいつも施設に通うことで、

本当の豊かな心をその養護施設にいる子どもたちから

沢山もらっていたと言うのです。

まさに伝説です

実はキングカズは足遅い!瞬発力の神

元サッカー選手の都並さんの発言ですが

キングカズはそんなに足が早い方ではないといいます。

ではなぜ、足が早くない中で、ここまで活躍できたのか?

都並さんは

「その代わりに、瞬発力がすごいのよ」

といいます。

それは普段の生活でも同じらしく

要所要所の行動の瞬発力がすごいといいます。

プレミアリーグで奇跡の優勝をした、「ミラクルレスター」の岡崎選手も「鈍足」として有名です。

サッカーは足が早くて、背が高い選手が強いというわけではなく

自らの強みを発揮できた選手が生き残るということなのでしょう。

余談ですが、北澤剛さんの発言でカズはLINEの返信も早いと言います。

そんなカズはまさにKINGですね!

〇〇専用のマンションがある

こちらも有名な話ですが、キングカズはすぐ近所のコンビニへ買い物へいくのでも

必ずスーツを着ると言います。

そのために、スーツ専用のマンションを持たないといけないほど

これぞダンディズムですね〜

何かを「諦める理由より、諦めない理由」を!

テレビ番組「サンデーモーニング」のコーナーにて、

解説の張本勲さんがカズに向けて

「しがみつく必要はないでしょ。これだけの選手なんだから。

もう更新に道を譲った方がいい。もうおやめなさい」

とコメントされ

そのことをあとから聞いたカズはそれに対してこう答えます。

「(張本さんの発言は)もっと活躍してみろってことだと思います。

これなら引退しなくてもいいって俺に言わせてみろッて言うことなんだと思います。

この発言は光栄です。

激励の言葉だと思って頑張ります。」

張本さんのメンツを傷つけずに、自らの主張もしっかりと貫く発言は

多くの芸能関係者も驚いたといいます。

まさに「神」コメントですね〜

ファンへの思いがKING!

普段からそうしているのかはわかりませんが

しょーた☆さんもおっしゃっているように

他の選手がやらないことを

しっかりと意思を持って行うという

とても魅力的な対応がまさにKINGですね!

スポンサードリンク

最年長記録更新中のKING!

プロ31年目の49歳でJ2最年長出場記録と共に

最年長ゴール記録を49歳3ヶ月24日に更新。(*2016年6月19日)

イチロー選手とともに、日本人の誇りといえる二人。

「同じことを継続できるということの凄さ」

を改めて感じさせてくれます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。