ドラマ【神ちゅーんず】キャストあらすじ。エビ中6人と川谷絵音がコラボ!DTM女子が「カミ曲」作曲とフェス出演を目指す。主題歌にエビ中の新曲「トレンディガール」

Sponserd Link

2019年4月から放送のドラマ【神ちゅーんず ~鳴らせ!DTM女子~】。

アイドルグループ「私立恵比寿中学」の結成10周年を記念した作品となる今作。エビ中六人の他に、大河ファンタジー「精霊の守り人」シリーズに出演した板垣瑞生の出演と川谷絵音も共演する話題作です。

ここでは、ドラマ【神ちゅーんず】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

十倉凛 柏木ひなた(私立恵比寿中学)

音楽が大好きだが、ギターの素質はなく軽音楽部を退部。ちょっとネガティブなこじらせJK。

大宮やえ子 安本彩花(私立恵比寿中学)

凛の親友で良き理解者。控えめだが様々な局面でバランサーとしての能力を発揮。

笠原遥 小林歌穂(私立恵比寿中学)

クラスいちの変わり者の秀才。スティーブ・ジョブズをリスペクトしている。

永莉テイラー 中山莉子(私立恵比寿中学)

SNSで女子高生たちから爆発的な人気を集めるモデル。プライベートは謎に包まれている。

橘梓 真山りか(私立恵比寿中学)

クラスの地位トップ・ダンス部に所属。ちょっと強気な影の努力家。

藤原ルミ 星名美怜(私立恵比寿中学)

軽音楽部のクールなギター少女。10代最高峰の音楽フェスで最終選考にまで進む実力者。

そのほかのキャスト

澤田正樹 板垣瑞生

凛たち6人が通う高校のクラスメイト。あいみょんやエレファントカシマシ、ヤバイTシャツ屋さんなどが好きな“イマドキ男子”。凛が淡い恋心を抱く人気者で、ダンス部の女子・橘梓とも親しく、クラスを牛耳る梓のことが苦手な凛をヤキモキさせる。

喜多乃愛 海老高の教師
工藤美桜 海老高の教師
泉はる 海老高の教師
デビット伊東 海老高の教師
永野 海老高の教師
渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹) 凜の母親。
川谷絵音(ゲスの極み乙女。)

Sponserd Link

あらすじ

「音楽には、たくさんの“神”がいるー。」

高校2年生の十倉凛(柏木ひなた)の夢は、音楽で“神”になること。川谷絵音、岡崎体育、米津玄師ら、傷ついた心を癒し震えるような感動を人々に与える音楽クリエイターは、凛にとって“神”そのものだ。 残念ながら凛にギターの素質はなく、せっかく入った軽音楽部も一年で退部。だが、今の時代、音楽を作るのに楽器は必ずしも重要なスキルではない。

凛は「オリジナリティーとエネルギーさえあれば音楽は作れる」という音楽アプリの“謳い文句”に勇気を得て、デスクトップミュージック(DTM)を使って、鼻歌レベルの音楽をいかに仕上げるか、日々奮闘している。

そんな凛を「ひねくれ者」と評しながらも、良き理解者として励ますのは親友の大宮やえ子(安本彩花)。事実、ヒャダインと自分を重ねるなど独自の感性を持つ凛は、クラスでユニークな存在だった。だが、完全に我が道を突っ走るというわけでもなく、気になる男子もいれば、気障りな女子もいる。その一人が、華やかさで女子生徒のヒエラルキーのトップに立ち、気になる男子・澤田正樹とも親しくしているダンス部の橘梓(真山りか)。

また、凛とは対照的に軽音楽部で活躍し、10代最高峰の音楽フェスで最終選考にまで進んでいる藤原ルミ(星名美怜)も、凛の心に影を落としていた。そんな凛をクラスいちの変わり者で秀才の笠原遥(小林歌穂)が、なぜか怪しく観察しているのだが…。

ある日、凛は校外で二人きりでいる正樹と梓を目撃する。思わず追いかける凛。しかし、雑踏の中で人と衝突。謝ろうと立ち止まると、それはなんと人気モデルの永莉テイラー(中山莉子)だった! 結局、テイラーのマネージャーに叱られ、正樹たちを見失ってしまった凛は、澱のように溜まっていく鬱屈した気分を音楽で晴らそうと、自宅に戻り曲作りに没頭。

するとその翌日、なんと凛は正樹からルミが出演するフェスの最終公開審査に誘われる!さらに、正樹はなぜか凛が作曲中のメロディーを口ずさみ、凛は不思議な運命にトキメキを抑えられない。 ところが、凛がウキウキと出かけた最終選考会で大事件が勃発!凛はどん底へと突き落とされる…!?

原作やスタッフ

ドラマ【神ちゅーんず】は原作のないオリジナル脚本ドラマです。

脚本には劇団「□字ック」主宰し映画「今夜新宿で、彼女は」で知られる山田佳奈

企画プロデュースには「声ガール!」や「パーフェクトクライム」の飯田新、「福家堂本舗 -KYOTO LOVE STORY-」や「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」の関川友理

プロデューサーには「探偵!ナイトスクープ」や「パーフェクトクライム」の近藤真広、「深夜のダメ恋図鑑 」や「パーフェクトクライム」の山崎宏太、ドキュメンタリー番組「この子のために~命をつなぐ特別養子縁組」の中田陽子、「将棋めし」や「はぴまり ~Happy Marriage!?~」の小林泰子

監督には「がじまる食堂の恋」や「恋がヘタでも生きてます」の大谷健太郎、「パフェちっく!」や「将棋めし」の安見悟朗、「サクらんぼの恋」や「花にけだもの」の酒見顕守

制作協力には「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」や「将棋めし」を手がけてきた元MMJ所属の志村彰が立ち上げた制作プロダクションのThe iconが参加しています。

話題、見どころ

DTMとはデスクトップミュージックの略で、基本的に「パソコン」「音楽編集ソフト」「鍵盤(キーボード)」を用意して、音楽を作るもののことです。

デスクトップとは、「モニター(ディスプレイ)」と、パソコンを動かす「箱(OS)」のことを指しますが、例えばApple社がアプリとして無償で提供する「Garageband」と言うDTMソフトがあれば、キーボードがなくても、iPhoneやiPadでも音楽を作ることができます。

これらが普及する前は、メンバーがそれぞれ楽器を持参して音楽スタジオに入り、それぞれの楽器の音を、曲ごとに録音する「レコーディング」が必要な作業でしたが、DTMには、スタジオで出していた楽器の音がサンプル音源として入っているので、あらゆる音を出すことができますし、その上「ループ音源」と言うものがあるので、ドラムのリズムと、ギターのリフと、ベースの演奏を組み合わせるだけで、簡単に音楽が作れてしまうとうもの。

これはある視点から見るととても革命的なことです。

そんなDTMで「神曲(かみきょく)」を作るのが今作の主人公たちの目標で、彼女たちがフェス出演を目指すと言う物語が描かれます。

音楽活動には作曲と同時に、そのグループやアーティストとしての「売り出し方」も重要なので、その辺りがどういった風に描かれるのかも注目したちところです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【神ちゅーんず】の主題歌にはエビ中の新曲「トレンディガール」 が、そして、劇中歌には 「あなたのダンスで騒がしい」 が起用されました。

「トレンディガール」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

「あなたのダンスで騒がしい」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

共に、作詞、作曲は川谷絵音で、ストーリーの重要な鍵を握る重要な楽曲になります。

「ドラマ【神ちゅーんず】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】ABC、テレビ朝日系列「ドラマL」(地上波放送後より、ひかりTV・dTVチャンネルにて独占先行配信 *TVer、GYAO!での見逃し配信は除く)
【初回放送・曜日】
ABCテレビ(関西)|2019年4月7日 毎週日曜 23:35~
テレビ朝日(関東)|2019年4月6日 毎週土曜 26:30~
【前ドラマ】「パーフェクトクライム

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)