ドラマ【海月姫(くらげひめ)】キャストあらすじ 朝ドラ”べっぴんさん”の芳根京子が”東京タラレバ娘”東村アキコ原作で”クラゲオタク”と化す!

2018年1月から放送のドラマ【海月姫(くらげひめ)】

主演は朝ドラ「べっぴんさん」で全国的に知名度をあげた女優の芳根京子。

その役は、朝ドラで演じた子供服専門店の創業者とは打って変わっての、オタク女子。

“尼~ず”とオタク女子仲間たちが暮らすアパートでの日常や、主人公が出会うことになる凸凹兄弟との三角関係が描かれるドラマです。

ここでは、これまでにアニメ化、映画化されてきた原作コミックを持つドラマ【海月姫】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

ドラマ【海月姫】主要キャスト

倉下月海(くらした つきみ) 芳根京子

モットーは「オシャレ人間は天敵」「人生に男を必要としない」。メガネ&三つ編みのクラゲが大好きなオタク女子。“尼~ず”と呼ぶオタク女子仲間と暮らすアパートで青春を謳歌し、オシャレにも異性にも無縁。極度に視力が悪く、メガネなしでは、ほとんど何も見えない。イラストレーターを夢見て、生まれ育った鹿児島県から上京し、女装男子と童貞エリートの凸凹兄弟と出会う。

1997年2月28日。東京都出身。映画「散り椿」「累 -かさね-」ドラマ「べっぴんさん」「リーガル・ハイ スペシャル」

佐久間由衣と似てる芸能人まとめ。広瀬すずや中条あやみやバルサの有名なサッカー選手にも!?

NHK朝ドラ「べっぴんさん」ロケ&撮影地の周辺スポットご紹介!

鯉淵蔵之介 瀬戸康史

“女装美男子”。鯉淵慶一郎を父に持つ修とは異母兄弟。舞台女優の愛人との子。将来政治家にするという父の考えで母から離され鯉淵家に引き取られた。自由奔放な性格で、付き合った女性は数知れないプレイボーイ、そしてファッションとして女装を楽しむ規格外な個性を放つ。政治家にしようとする父の意図を挫き、大好きなファッションの業界に関わっていくために女装を始める。月海があふれんばかりの魅力を隠し持った女性であることに気づき、ファッションやメークで月海の魅力を引き出そうとする。

1988年5月18日。福岡県福岡市博多区生まれ、同県嘉穂郡稲築町(現:嘉麻市)出身。男性俳優集団D-BOYSのメンバー。5人組ユニット『D☆DATE』のメンバー。映画「ナラタージュ」ドラマ「先に生まれただけの僕」

ドラマ【先に生まれただけの僕】キャストあらすじ 大人が主役の学園モノ!「スーパーサラリーマン左江内氏」の次屋尚プロデューサーが手がける

鯉淵修 工藤阿須加

鯉淵慶一郎を父に持つ蔵之介の異母兄弟。本妻との子。蔵之介の悲しみを思い、小さい頃から蔵之介のことを心から大切にしている。超がつくほど真面目な性格で、来る選挙戦に向けて父の秘書として働きながら、政治家の道を次ぐべく将来を嘱望されるエリート。ある過去の出来事が女性への苦手意識としてトラウマになってしまった童貞エリート。月海に出会い、一目で恋に落ちる。

1991年8月1日。埼玉県所沢市出身。映画「ちょっと今から仕事やめてくる」ドラマ「カンナさーん!」「明日の約束」

ドラマ【明日の約束】キャストあらすじの紹介 井上真央が仲間由紀恵と対決!キーパーソンに「ひよっこ」時子役の佐久間由衣

鯉淵慶一郎 (未発表)

与党の最大派閥を率いる大物国会議員。蔵之介と修の血の繋がった父親。

スポンサードリンク

ドラマ【海月姫】あらすじ

20歳の月海(つきみ)は、クラゲが大好きなオタク女子。“尼~ず”と呼ぶオタク女子仲間と暮らすアパートで青春を謳歌し、オシャレにも異性にも無縁だったが、女装男子と童貞エリートの凸凹兄弟と出会い、恋を知る物語。

幼い頃に、大好きな母親と水族館に訪れた際に初めて見たクラゲに「お姫様のドレスみたい」と、すっかり魅了され、そんな月海に母は「クラゲのようなウエディングドレスを作ってあげる」と約束します。しかし、ほどなくして幼い月海を残し、母は病死。以降、クラゲ自体の美しさ、愛らしさに引き込まれただけでなく、亡き母親への思慕の対象として、今に至るまで月海は人生のほとんどをクラゲに費やしてきました。

だからなのか、クラゲ以外のこと、たとえば自分の外観には無頓着で常にスッピン、服装は主にスエット。全く自分に自信がなく、それどころか自分は女性として何の魅力もないと卑下しており、「ウエディングドレスを作ってあげる」と約束をしてくれた母親に対して、こんな男性との縁など永遠にあるはずもない人間に育ってしまい本当に申し訳ない・・・と思っています。

そんな月海は、ある日、クラゲがきっかけで、ファッション好きが高じて女装を趣味としながら、”これまで付き合った女性は数知れないイケメンのプレイボーイ”と、与党の最大派閥を率いる大物国会議員の父の秘書を務める一方、”これまで交際した女性は皆無という超堅物な童貞エリート”という凸凹兄弟と出会います。

嫌々ながらも月海は凸凹兄弟とつながりを持つうちに、クラゲが漂うように少しずつ、新しい自分、新しい生き方を見つけ、さらに凸凹兄弟とまさかの三角関係になり、一生縁がないと思っていた恋を知るようになります。そして、イラストレーターという夢にも凸凹兄弟の影響が波及してきて・・・。

ドラマ【海月姫】原作は「東京タラレバ娘」の東村アキコ。アニメ版や、のん(能年玲奈)主演の映画版との違いが見どころ。

ドラマ【海月姫】の原作は「東京タラレバ娘」などで知られる東村アキコ漫画「海月姫」。

2010年にアニメ化、2014年にはのん(能年玲奈)主演で映画「海月姫」として実写化されました。

「海月姫(17) (KC KISS) コミック」をアマゾンでチェック!

メインで演出には「リーガルハイ」シリーズや「デート~恋とはどんなものかしら~」や映画「ミックス。」などを手がけてきた石川淳一が起用されています。

ドラマ版の脚本を「電車男」や「探偵の探偵」「僕たちがやりました」などを手がけ、人材派遣会社に勤務していた経歴を持つ徳永友一が手がけます。

ドラマ【僕たちがやりました】1話から最終話までのあらすじと登場人物まとめ 永野芽郁と窪田正孝の幼馴染カップルの行く末は犯罪人か「そこそこ」か!?

プロデュースには「大貧乏 」や「フラジャイル」などの小林宙が参加しており、ドラマの企画には、ドラマ「警視庁いきもの係」や「探偵の探偵」などの渡辺恒也が参加し

「生き方や価値観、エンターテインメントのあり方も多様化しているこの時代だからこそ、日常では出会わないような登場人物たちが織りなすエネルギーに満ちたこの作品を、連続ドラマとして見てみたい」

とと言う思いからドラマ化が実現したと言います。

ドラマ【警視庁いきもの係】キャストあらすじの紹介。主題歌は超特急「My Buddy」鬼刑事と動物マニ女子の名コンビ誕生

主人公の倉下月海が、クラゲが好きように、自身は”トマト好き”だと言う芳根京子は、ドラマ【海月姫】で連続ドラマ出演10作目という節目の作品です。

自分が閉じこもっていた殻にから、徐々に解放されていくと言うテーマはこれまでにも数多く描かれてきたと思いますが、

イラストレーターを目指して上京してきた月海がどのような選択をしていくのか、そして、それをドラマではどのように描いていくのか、原作や映画、アニメ版と見比べられるのも見どころの一つです。

ドラマ【海月姫】放送日時の紹介

ドラマ【海月姫】の放送は2018年1月からスタート。フジテレビ系列で毎週月曜夜21時から”月9”枠での放送です。

2017年秋の放送の篠原涼子主演ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」の後、同じ時間帯での放送です。

ドラマ【民衆の敵】キャストあらすじ 東京女子図鑑 お父さんと伊藤さんの黒沢久子が正義感の強い職なし主婦篠原涼子を描く

ドラマ【海月姫】と同時期放送のドラマおすすめ3作品

ドラマ【もみ消して冬】キャストあらすじ 山田涼介が”ど”コメディで見せる新たな一面に期待!大野智「セカムズ」亀梨和也「ボク運」を手がけた金子茂樹脚本でジャニーズファンのお得作品?

ドラマ【黒い十人の秋山】キャストあらすじ”ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル”のキャラクターが「素敵な選TAXI」の筧昌也監督で本格サスペンスドラマ化!

アマゾン【チェイス 第1章】本田翼 大谷亮平W主演ドラマのあらすじキャスト 「龍馬伝」福田靖「白夜行」深川栄洋とVFX 白組の化学反応に期待!

*文中、キャストの説明、あらすじや見どころなど出典明記のないものは作品の公式サイトからの引用です。

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。