木村ひさしイズム全開!パロディがすごい「IQ246〜華麗なる事件簿〜」小ネタ集!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第8話 和藤奏子の部屋の壁の張り紙

12月4日第8話の放送で奏子の部屋の張り紙として確認できたのは、以下。

  1. 間食三回まで
  2. ストマックにストイック
  3. 白飯控え目
  4. 土禁
  5. 牛丼は並を***?
  6. 大事なときこそ「肉」食べろ!攻めの姿勢で「肉」食べろ!

6つめは、肉が好きなディーンさんが書いていたりして〜(笑)

第8話 沙羅駆のファッションチェック

4つの紳士アイテムとして、ヘアスタイル、ポケットウォッチ、帽子、ネクタイが紹介されていました。

  • 緻密に計算されつくされた自然体の曲線美→ヘアスタイル
  • さり気なく懐に光るオトナの勲章→ポケットウォッチ
  • 正統紳士の潮流を汲む英国***→帽子
  • 伝統を重んじる***→ネクタイ

という見出しが確認できましたが・・・こんなところまでしっかり作り込むなんで、素晴らしい仕事ですね!

第8話 点灯イベントでライブをしていたグループ「サンミニ」

ドラマ内の「コクーンシティイルミネーション2016」のライブイベントで登場していたのは「サンミニ」というアイドルグループ。実在するアイドルグループでメンバーは久松かおり、南彩夏柏元萌華有沢来夢の4人。

第8話 ゴシップジャーナリスト九鬼(小島康志)の著書

確認できているところだけですが・・・

  • トリンプ大統領を待ち受ける三大リスク
  • 数うちゃいいもんじゃない首相掲げる99.9本矢政策のとし穴
  • 赤字246億円の引田家具、幹部社員転職相次ぐ
  • 34億円詐欺の闇金企業支店長”企業内リンチ”乗り越えの経歴
  • ヨーロッパアンティーク食器の魅力
  • 池田絢太の遺産総取り・・・養女との関係に新たなる新事実

色々と突っ込みどころが(笑)またしても、MJネタ!そして首相数打ちすぎ(笑)

スポンサードリンク

第8話冒頭沙羅駆が聞いていたクラシック音楽「亡き王女のためのパヴァーヌ」

ライバルマリア・Tが逮捕され、引きこもってばかりの天才沙羅駆が聞いていたのは、ラヴェルの名曲「亡き王女のためのパヴァーヌ」。今はいなくなってしまったライバル、マリア・Tの事を思い聞いているような意味にも思えますね。

しかし、実はこの「亡き王女のためのパヴァーヌ」の「亡き」というのは、日本語で「いにしへ」と言った意味で、「昔、スペインの宮廷で小さな王女が踊ったようなパヴァーヌ」がないことを指しているのだとか。[出典]

第8話 吾郎ちゃんがつけていた赤いネクタイとは?

ドラマで、チャーチルがつけていたから、という理由で赤いネクタイを好んでつけるという設定だった稲垣吾郎演じる、警視庁管理官・牛田寛人。しかし、後半の沙羅駆と話すシーンで、赤いネクタイをしていたのは、チャーチルではななく、ケネディだと訂正されていました。それに対して牛田は「僕がつけるら正義なんだ」というのでした。

ということで実際はどうなのかと気になったので調べてみると、たしかにチャーチルはネクタイ好きとして有名だったそうですがつけていたのは蝶ネクタイがほとんど。

c-1

[出典]

そして、赤いネクタイを選挙討論会でつけて、大統領になったのが、J・F・ケネディ。車上で暗殺されたというあの大統領。

赤いネクタイは、選挙のためのイメージ戦略として、テレビで見える印象を良くするために、コンサルタントが選んだものだといいます。最近でもアメリカ大統領選でトランプとヒラリーのテレビ討論会で話題になりましたが、人に与えるイメージを考えた、緻密な戦略のためのネクタイだったということなのでしょう。

ちなみ赤には強いリーダーシップをイメージさせる、パワフルな色と言われています。当時のテレビ討論会の様子がこちら

第8話 デンマークじゃなくて、ドイツのイヤープレートとは?

1775年当時のデンマーク国王と王太后の援助で「ロイヤルコペンハーゲン」として王室御用達の窯となり、民間企業だった窯の株を王室が買い占めて「王立デンマーク磁器製陶所」となったそうです。1868年あらは、「ロイヤル」という称号を残すことを条件にブラックという大商人に売却したといいます。(ブラックについては謎です・・・)正式名所は「ロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房」といい、1908年から作られている「イヤープレート」は、

一年に一度クリスマスの時に、主人がご馳走を盛ったプレートを使用人に贈る習慣があり、使用人たちがそのプレートを壁にかけて飾ったのが始まりといわれています[出典]

という、クリスマスに関連した記念のお皿で、デンマークではクリスマスプレートとして制作されたもの。ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートを制作する型は生産が終わるとすべて壊されてしまうため、貴重性が高いのだといいます。

とここまで説明してきましたが、これはドラマで登場したものではありません。(すいません)ドラマで登場したイヤープレートは上記のデンマークの「イヤープレート」を作る際に王太后が呼んできた職人たちがいた場所、ドイツの「マイセン」のもの。

1700年ころ、ヨーロッパで初めて硬質磁器を生み出したと言われる名窯「マイセン」

中国の磁器や日本の伊万里などを見た当時の王が同じものを作らせようと、錬金術師を雇い白磁製法を解明し、作成させたという「マイセン」の陶磁器

詳細はこちらにおまかせするとして、現在では世界遺産シリーズとして、イヤープレートは作成し続けられています。

2017年イヤープレート「四川省 ジャイアントパンダ保護区」

[出典]

ドラマに登場したような絵柄はなく、ドラマ内のオリジナルのレプリカなのかもしれません。

IQ246各話監督まとめ

  • 木村ひさし 1、2、6話
  • 坪井哲雄 3、4、7、9話
  • 韓哲 5、8話

この記事を読んでいる方はこちらの記事も読んでいます

「IQ246 華麗なる事件簿」1話感想とネタバレ!コーディネーター?黒幕「M」の謎

「IQ246 華麗なる事件簿」最終回予想!キャストやあらすじから見える結末は?

「IQ246~華麗なる事件簿~」ロケ&撮影地話題スポットまとめ

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

『木村ひさしイズム全開!パロディがすごい「IQ246〜華麗なる事件簿〜」小ネタ集!』へのコメント

  1. 名前:パクリひっでぇ 投稿日:2017/07/15(土) 15:27:47 ID:ddc2d54f2 返信

    パロディねはいはい

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。