マリア・T登場!からの即逮捕?!「IQ246~華麗なる事件簿~」第7話感想とネタバレ!ゴローちゃんが出演の第8話予想!

IQ246~華麗なる事件簿~第7話は、「M」「13」こと、マリア・T(中谷美紀)がいよいよ表舞台に出て来ました。全身整形で別人になりすまし、法門寺沙羅駆(織田祐二)のIQを上回る知能指数300を持つと言われる女……。

コワいですね、犯罪の陰に女あり、とはよく言ったものです。しかも今回の犯人は、盛りを過ぎた美人女優でした。

殺されちゃうのも、悪気はないけどなんかムカつく新人女優って、あれ?そういえば、すっごく華やかな回だったんですね。

【過去の「IQ246〜華麗なる事件簿〜」感想記事はこちら】

衝撃の真実!マリア・Tの正体は監察医?沙羅駆絶体絶命!「IQ246~華麗なる事件簿~」第6話感想とネタバレ!

スポンサーリンク

ドラマ「IQ246 華麗なる事件簿」第7話あらすじネタバレ!退屈が怖い沙羅駆とあっけなく逮捕され微笑むマリア・T

未知のウィルス攻撃を受けた沙羅駆ですが、独自に開発したワクチンを接種していたおかげで死をまぬがれます。マリア・Tを組み敷くと、彼女は拳銃で反撃しようとしました。

「銃、君らしくない。それは頭脳での負けを認めるということか?」

沙羅駆の言葉に、マリア・Tは何もせず去って行ってしまいます。彼女が選んだ次のターゲットは、女優 美園麗子(山口紗弥加)でした。麗子は、新人女優 千草あやめ(佐野ひなこ)を罠にかけ、殺してしまいます。

マリア・Tの誘導により事件を知った沙羅駆は、執事 賢正(ディーン・フジオカ)と奏子(土屋太鳳)と共に捜査に乗り出しました。麗子のストーカーをあぶり出すために、誘惑に屈したように見せかける作戦です。本物のストーカーに襲われた麗子は思わず真相を口にし、事件は解決しました。

そもそも最初から、沙羅駆には監察医 森本がマリア・Tだとわかっていたようです。

「教えてくだされば、わたくしが即刻、射殺しましたのに」

賢正の淡々とした口調の中に、なみなみならぬ憎悪が感じられます。

私がいなくなったら、毎日が死ぬほど退屈になるわ。本当に死を選んでしまうかもしれない。あなたの先祖代々のように」

マリア・Tの言葉は、呪詛のように沙羅駆を縛ります。

ふたりの因縁の対決はいつになるのでしょう?ところが、意外なことに、彼女はあっけなく警察に拘束されてしまいました。「残念だわ。捕まるならあなたにと思っていたのに」沙羅駆が見ているであろうカメラに向かって、マリア・Tは不敵に微笑んでいます。

スポンサードリンク

ドラマ「IQ246 華麗なる事件簿」第7話感想!奏子さまと賢正さまの「折り返し地点」でのスマホ近づけが可愛すぎる!

「笑った……」賢正も、奏子も、そして沙羅駆も、その笑顔の本当の意味を、まだ理解できないのです。うん、そりゃそうでしょう。

観ているこっちもあっけにとられてしまいましたもの。だって前回やっと登場したと思ったら、即逮捕されているんですよ?この人。これは絶対罠ですよね。あんなに上手に隠れていたマリア・Tが、あっさり捕まるなんておかしいでしょう?美女が入り乱れて登場した画面はとにかく華やか。

なんだかいろいろ目移りしてしまいました。「ビューティフル・ワイフ」に「危ういデカ」とか、なんとなくあの美人女優を彷彿とさせる単語も出てきて、ニヤリ。

そういえば雰囲気も似てますよね。沙羅駆の複雑な思慕も隠し味になっていて良かったです。犯人の最後の映画を買い取ってあげるなんて、貴族ってお金持ちなんですね。

毎回、完全犯罪をおすすめしてくるマリア・Tですが、いつもツメが甘いですね。たいていは、犯人たちのイレギュラーな行動で計画が破綻してしまうようになっています。

今回も、麗子が嫉妬にかられて指輪を抜き取らなければ、もう少しなんとかなったかも。マリア・Tの知能指数が沙羅駆より上だというのも驚きですが、結局は似たもの同士なのかもしれませんね。

机上の空論、というか、人間の心を理解していないから、計画にこうしたほころびが出てきてしまうわけです。頭の中で計算だけしていれば、完全犯罪はうまくいくのかもしれません。でも、実際に手をくだすのは生身の人間。ふたりのような天才には想像も付かない愚かな行動をしてしまうものなんですよ~。

でも、今は奏子ちゃんがいるから、マリア・Tがいなくなっても沙羅駆は退屈しないんじゃないかな。

沙羅駆がウィルスのせいで具合が悪かったので、賢正が活躍してくれましたね!車椅子に座ったきりの沙羅駆の代わりに、現場検証して推理を披露するディーンさまに惚れ惚れ。やっぱり配役、逆でもよかったんじゃないですか?あ、でもそうなると華麗なアクションは観られないのか。

う~ん、どっちも!というわけにはいかないのですね。ということは、どっちも観られた今回は貴重ですね!普段は温厚な賢正が、マリア・Tだとわかっていたら即射殺するだなんて過激すぎます。ってか、拳銃もっているんでしょうか?にこにこ笑っていますが、何代も法門寺家の執事を務めてきた家系ですから、裏の顔もしっかりあるんでしょうね。

殺人術とか身に付けてそう。毒にも身体を慣らしてそう。でもかわいい!だってディーンさま、奏子さまがほやぼーやの着ぐるみをかぶっちゃった時、スマホをじーっと着ぐるみの目の部分に押しつけてたでしょう?マリア・Tの動向を知らせる一報が入っていたので奏子ちゃんに見せる必要があったワケなのですが……。

あの間がなんとも言えなくてニヤニヤしちゃいました。取るのを手伝ってあげるという選択肢がないんだ、賢正には。

ドラマ「IQ246 華麗なる事件簿」第8話あらすじと予想!髭のゴローちゃんの登場で沙羅駆が黒幕に!?

次回、大注目は稲垣吾郎さんの出演ですね!沙羅駆に反感を抱いている捜査一課の刑事として登場します。奏子ちゃんのパソコンから流出した調査報告書が元で騒ぎになり、しかも殺人事件の現場で目撃証言が上がり、沙羅駆をマリア・Tの黒幕と思い込むんですって。

取調室でのやりとりが今から楽しみです~。しかし、沙羅駆をハメるとは、拘束されたマリア・Tがなんらかの方法で暗躍しているとしか思えません。沙羅駆の無実を証明できるのは奏子ちゃんしか居ない?いや、賢正さまがいますから!今回の推理はほんのウォーミングアップですね、きっと。

次回は奏子ちゃんを陰で支えるディーンさまの勇姿がたっぷり観られるはず。奏子ちゃんのドジっ子っぷりを期待してますよ!

この記事を読んでいる方はこちらの記事も読んでいます

パロディのオンパレード!「IQ246」小ネタ集!

「IQ246 華麗なる事件簿」1話感想とネタバレ!コーディネーター?黒幕「M」の謎

「IQ246 華麗なる事件簿」最終回予想!キャストやあらすじから見える結末は?

「IQ246~華麗なる事件簿~」ロケ&撮影地話題スポットまとめ

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。