ドラマ【女の機嫌の直し方】キャストあらすじ。早見あかりと平岡祐太が不機嫌オンナに右往左往。原作は「ミヤネ屋」出演の黒川伊保子

Sponserd Link

2019年4月から放送のドラマ【女の機嫌の直し方】。

情報番組やバラエティ番組でコメンテーターとして知られる黒川伊保子の著作を元に、早見あかりと平岡祐太らにより、”機嫌の悪くなる女性あるある”が描かれます。

ここでは、ドラマ【女の機嫌の直し方】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

真島愛 早見あかり

大学でAI(人工知能)を研究する理系女子。男女脳の違いによる「女の機嫌の直し方」をテーマに卒論執筆中、参考に結婚式場でアルバイトをすることに。最初は「データ収集だから」とドライにトラブルに向き合うが、次第に「幸せな結婚式にしたい!」と思いが変わっていく

青柳誠司 平岡祐太

結婚式場の社員。愛の上司にあたるウェディングプランナー。「一生に一度きりのお式を、最高に幸せな結婚式に!」をモットーに、仕事に熱い思いを持つ。誠実でひたむき、だが情熱があふれすぎて空回りする面がある。愛の「トラブル解決力」を大いにあてにする。

北澤茉莉 松井玲奈

愛が初めて担当した結婚式の新婦。保険会社の一般職OLだが、海外転勤もありえる忙しい夫を支えるため寿退社を考えている。その分、結婚式に強い憧れを抱いている。式の準備を進めるにつれ、夫・悠への不満が爆発寸前!

悠 佐伯大地

愛が初めて担当した結婚式の新郎。一流商社に勤めるエリート。良家の長男坊で、ややマザコンのきらいがある。仕事が忙しくて、結婚式の準備は妻にほぼ任せきり。最近の口癖は、「茉莉の好きにしていいよ」。

小早川梓 水沢エレナ

新郎・北澤悠の同僚。実は上司と不倫関係にある。同僚全員で余興である曲を歌い踊る予定だったが、その上司と妻が式に出席し仲睦まじそうな様子を見て機嫌を損ね、「余興なんかやりたくない!」と言い出す。

林剛 前田公輝

新郎・北澤悠の同僚で余興メンバーの一員。おとなしい性格から裏方を務める予定だった。「余興やらない!」と言い出した梓の機嫌を直すべく、同僚たちとともに奮闘する。実は、梓に密かな恋心を抱いている。

北澤晴美 朝加真由美

新郎・北澤悠の母。お琴教室の先生で、和の文化や家柄を重んじる。本当は、息子には神社で和式婚を挙げてほしかった。その思いがくすぶり、悠の優柔不断も手伝って、式途中で嫁の茉莉と衝突してしまう。

新谷里子 原日出子

新婦・北澤茉莉の伯母。結婚30年、甲斐甲斐しく夫・大悟の面倒を見てきたが、長年のすれ違い、行き違い、何より夫の不遜な態度に、最近はイライラしっぱなし。熟年離婚さえ考え始めている。

新谷大悟 金田明夫

新婦・北澤茉莉の伯父。頑固で不器用で仕事優先、妻・里子をぞんざいに扱ってしまう「昭和の男」。式でスピーチをすることになり暗記に励むが、緊張もあっていつも以上に里子に厳しく当たってしまい……。

Sponserd Link

あらすじ

大学でAIの研究をしているリケジョの真島愛(早見あかり)は、『男女脳の違いによる女の機嫌の直し方』をテーマに卒業論文を執筆中。データ収集のために、“男女トラブルの宝庫”結婚式場でアルバイトをすることにした。 その初日。上司となった熱血ウェディングプランナー・青柳誠司(平岡祐太)とともに、あるカップルの結婚式を担当することに。

新郎新婦の入場まで、あと15分。愛と青柳が控室に顔を出すと、新婦・北澤茉莉(松井玲奈)と新郎・悠(佐伯大地)の間には、かすかなトラブルの予感が漂っている。茉莉に生まれている“不機嫌”に気づいたのは、愛だけだった……。 そんな中、事件が起きる――茉莉のウェディングドレスがワインで汚れてしまった!「すぐに代わりのドレスをご用意します!」 青柳と悠が式に間に合わせようと動き出すが、茉莉は「私、これがいい。これじゃないと……」と首を縦に振らない。開演時間はとうに過ぎ、茉莉が汚れたドレスにこだわる理由がわからない悠は、思わず声を荒らげてしまう。すると、茉莉の口から、最悪の言葉が飛び出した――「私、結婚やめます!」 新婦の機嫌を損ねてしまった悠。

このままでは披露宴どころか、結婚自体がダメになる。「なんなんだよ、わけわかんない!」と困り果てた悠、絶望的な青柳……。そこで愛が口を開く……「彼女が欲しかったのは、解決策じゃなく、共感です」 果たしてこの披露宴、無事に開宴できるのだろうか……!?

原作やスタッフ

ドラマ【女の機嫌の直し方】の原案には「情報ライブ ミヤネ屋」やバラエティ番組などへの出演でも知られる黒川伊保子の「女の機嫌の直し方」

「女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書)」をアマゾンでチェック!

監督に有田駿介 脚本には「CAGE」や「五億円のじんせい」の蛭田直美

脚本協力には女性お笑いタレントの横澤夏子

チーフプロデューサーには「生田家の朝」や「イノセンス 冤罪弁護士」の池田健司

プロデューサーには「ガードセンター24 広域警備指令室 」や「高嶺の花」の松原 浩、「劇場版 ドルメンX 」や「部活、好きじゃなきゃダメですか?」の戸倉亮爾、「プリティが多すぎる」や「ブラックスキャンダル」の松永洋一が参加しています。

話題、見どころ

「結婚する前に読みたかった本」

「男女の脳の違いを女性視点から教えてくれる」

と言うアマゾンでのレビューも見られ、女性あるあるとして共感できる作品です。

作者の黒川伊保子の体験を元に、女性目線からのご機嫌斜めの女性への「対処法」を身近なエピソードを元に解説すると言う原作を元に映像化される作品ですが、主に書かれているのが男性が「どうすべきか」と言うことで、女性が「どうすべきか」は書かれていないことから、低評価も散見されるものでもあります。

「女性に媚び諂いたい男性やホスト等が読む内容」

「男性に上から目線で不愉快」

といった評価も見られますが、視聴者が女性であれば大丈夫そうですが、男性が見ても共感は得られない、または、女性を意のままにしたい男性には為になる内容のようです。

さらに今作の注目ポイントとしては、脚本協力に、吉本のお笑い芸人の「横澤夏子」が起用されていることでしょう。原作を映像化するにあたり、横澤夏子のリアルな女性像が反映されるので、そんな「演出」の部分にも注目したい作品です。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【女の機嫌の直し方】の劇伴音楽には「機動戦士ガンダムAGE」や「オンナミチ」の吉川 慶が起用されました。

「ドラマ【女の機嫌の直し方】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】日本テレビ系列
【初回放送・曜日】2019年3月16日 毎週土曜日 24:55~
【前ドラマ】「-」

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)