ハケンのカオス化を描く!ドラマ【ハケンの品格(2020)】キャストあらすじと主題歌

ドラマ「ハケンの品格」が放送されたのは2007年。

この年の12月に、派遣企業の「パソナ」の「グループ」会社が設立されました。

派遣労働者が140万人を超えて、労働者の三分の一が派遣労働者になったのが、2008年。

パソナ自体も、2008年までの5年で、利益が1.7倍と大きく成長。

このドラマによって、派遣労働の中でも女性が強く生きる姿が描れ、その後、派遣という働き方は、一般常識になりました。

その功績からか、篠原涼子もこの作品から「ギャラクシー賞」の個人賞を受賞。

さらに、2008年には、トヨタ関連の会社で働いていた男が引き起こした「秋葉原通り魔事件」があった年でした。

RAPT×読者対談〈第37弾〉TPP締結で本当に得するのは誰か?

そんな「ハケンの品格」が実に13年ぶりに地上波に戻ってきますが、この「13」という数字には、何か意味が込められているのでしょう。

「13日の金曜日」といえば、「ジェイソン」と誰もが連想しそうなところですが、それ以上に信憑性があるのは、世界の支配者といわれるユダヤ人の「数」なのではないでしょうか。

ユダヤ人が13という数字を使うのは、イエス・キリストとその十二弟子のことを象徴しているともいわれます。

実際に、日本の支配者たちも、ユダヤ人ということなので、あながち間違いではないのかもしれません。

【麻生太郎と安倍晋三はユダヤの末裔!!】水面下で進むユダヤ人日本移住計画!!

そんな人たちは、庶民の生活には目もくれず、派遣労働者は過去最高を更新し続け、現在では、日本の労働人口のほぼ半数が年収300万円以下といわれます。

日本国憲法の生存権第25条で規定されている「健康で文化的な最低限度の生活」が全く保証されていない、と感じる人は多いのではないでしょうか。

一部では年収500万円くらいが「健康で文化的な最低限度の生活」といわれますが、今後、消費税が15%になることもあるでしょうし、その他もろもろのこと考えると2000万円以上は必要でしょう。

何せ、年収300万円ですら「中産階級」なのですから。

RAPT×読者対談73 有名陰謀論者が絶対に語らないTPPと派遣業の実態。

ということで、ここでは、ドラマ【ハケンの品格(2020)】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

登場人物 キャスト

大前春子 篠原涼子

一匹狼の最強ハケン社員。

あらすじ

概要|新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わった。もはや、「サラリーマンになれば一生安泰」なんてものは幻想なのだ。日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている。

「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」…etc

カオスと化したこの令和の時代、スーパーハケン大前春子はどんな働き方をしているのであろうか?

原作やスタッフ

脚本|中園ミホ「Doctor-X 外科医・大門未知子 シリーズ」「西郷どん」
アマゾンビデオ「ハケンの品格(2007)」をアマゾンでチェック!
演出| 佐藤東弥 丸谷俊平
プロデューサー|櫨山裕子 山口雅俊 秋元孝之
チーフプロデューサー|西憲彦
制作協力|オフィスクレッシェンド

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ハケンの品格(2020)】の音楽担当者、主題歌を担当するミュージシャンや劇伴となるオリジナルサウンドトラックの発売などは現在のところ未定です。わかり次第更新予定です。

「ドラマ【ハケンの品格(2020)】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局・配信】日本テレビ「水曜ドラマ」
【初回放送・曜日】2020年4月 毎週水曜日22:00~23:00
【前ドラマ】「知らなくていいコト

あらすじ・キャスト部分引用元ハケンの品格|日本テレビ