ドラマ「母になる」第1話から最終話まで全話ストーリーネタバレ 麻子が広を育て、そして失ったのはなぜ?

見出し

2017年4月から放送のドラマ「母になる」

主演は「大奥」以来の主演作になる沢尻エリカ。

その役は行方不明だった息子と9年ぶりに再会する母。そして、沢尻エリカさんの脇を固めるのは、キャスターとしても活躍する板谷由夏さんと「世界一難しい恋」で大野智演じる社長の秘書役を好演した小池栄子さん。

ここではそんな「母になる」の1話から最終話まで全話のネタバレストーリーをざっくりとまとめていきます。

スポンサーリンク

ドラマ「母になる」のキャストのご紹介!

沢尻えりか(さわじりえりか) 柏崎結衣 34歳

北海道出身19歳で上京。元夫の柏崎陽一との間の息子、広(こう)が3歳のときにゆくへ不明だったが、10年後のときに再会。複雑な関係の中、再び母になる。

小池栄子(こいけえいこ) 門倉麻子(かどくらあさこ)37歳

誘拐された結衣の息子、広を助け7年間育て「母」として慕われる。どうしても母になりたいと願う。

板谷由夏(いたやゆか) 西原莉紗子 38歳

フリーのヘアメイクとして活躍。繭の母。結衣とはママ友で広が誘拐されたことを励ましてきた。

藤木直人(ふじきなおと) 柏崎陽一 34歳。

東欧大学准教授で莉紗子の夫の太治の部下。人工知能の研究者。柏崎オート社長柏崎里恵の息子。柏崎オート従業員琴音から世話を焼かれる。

風吹ジュン(ふぶきじゅん) 柏崎里恵(かしわざきさとえ) 64歳。

柏崎オートの女社長。柏崎陽一は息子。

浅野和之(あさのかずゆき) 西原太治(にしはらたいじ) 60歳。

西原莉紗子の夫。人工知能を研究する東欧大学教授で、陽一の上司。繭の父親。

高橋メアリージュン 緒野琴音(おのおとね) 31歳。

柏崎オートの事務員。事件後から陽一に世話を焼く。

藤沢遙(ふじさわ はるか) 西原繭(にしはらまゆ) 13歳。

莉紗子と太治の娘。

宝辺花帆美 西原繭(にしはらまゆ) 3歳。

莉紗子と太治の娘。9年前に広と同じ幼稚園に通っていた。

望月歩(もちづき あゆ)田中今偉(たなかなうい) 16歳。

広が入っている児童福祉施設の先輩。

道枝駿佑(関西ジャニーズJr)(みちえだ しゅんすけ) 柏崎広(かしわざきこう) 13歳。

養護施設入居者。結衣の息子。誘拐事件で助けられた門倉麻子を母として慕う。

吉武歓(よしたけかん) 柏崎広(かしわざきこう) 3歳。

結衣と陽一の息子。

中島裕翔なかじま ゆうと) 木野愁平(きのしゅうへい) 25歳。

児童相談所の児童福祉司。子供に近い存在でいたいと思っている。

その他の追加キャストやあらすじの詳細は以下のページを御覧ください。

「母になる」キャストあらすじ 沢尻エリカと藤木直人が夫婦役!セカムズ以来の小池栄子にも注目

ドラマ「母になる」1話から5話までのストーリー【ネタバレ】

【第1話】「わが子が誘拐…涙の再会で始まる親子の愛しい絆」ストーリーネタバレ

2001年。両親をなくして北海道から上京してきた結衣(沢尻エリカ)は勤務先の書店で東欧大学准教授の柏崎陽一(藤木直人)と出会い、お腹に子供を宿したことから結婚する。生まれた広(こう・吉武歓)は元気に育つが、2008年、広は3歳のある日、幼稚園の門の前で姿を消してしまう。

結衣や陽一、陽一の母・里恵(風吹ジュン)ママ友の莉沙子(板谷由夏)や里恵のもので働く緒野琴音(高橋メアリージェン)らで必死の捜索をするが広は見つからず、池で広が来ていたパーカが見つかり、結衣と陽一は気持ちのすれ違いから離婚する。陽一は自らの教え子が広を殺したのではないかと思っていたが結衣には伝えずにいた。 その頃広はなぞの女性・門倉麻子(小池栄子)をママと呼び元気に暮らしていた。

2017年。ラーメン屋でアルバイトをして一人暮らしする結衣のもとに児童福祉司の木野(中島裕翔)から連絡があり、13歳になった広(道枝駿佑)と再会する・・・  

【第2話】「愛しいわが子と再び暮らせる!育てた母が送った衝撃の手紙」ストーリーネタバレ

広(道枝駿佑)が見つかったことは引きこもり同然の生活をしていた陽一(藤木直人)のもとにも知らされ、結衣(沢尻エリカ)とともに麻子(小池栄子)が広に渡した手紙を読み、再会してからの広の行動が、すべて麻子か教えられたとおりの行動だった事をしる。

結衣は「自分が知らないおばさんでも、私は広と一緒に暮らす」といい、陽一も結衣と広の三人で暮らすことを決意する。その頃、広は密かに麻子と連絡を取り続けるのだった。 

【第3話】「届かぬ想い…わが子の嘘に母はどうする?育てた女と直接対決」ストーリーネタバレ

広(道枝駿佑)は柏崎家で誕生日を祝ってもらい、ともに住むことになる。麻子(小池栄子)のことを「ママ」と呼び、買ってもらったスマホで密かに連絡を取るが、突如やってきた麻子は「もう二度と会わない」という。 結衣(沢尻エリカ)は陽一(藤木直人)と離婚していたことを話し、広にも嘘をつかないで欲しいと伝えるが、麻子を追ったことを隠す広を見て悩む結衣に、陽一は「人間だから嘘をつく。ロボットは嘘をつけない」と話す。

追ってくる広にきっぱりと別れを告げた麻子は一人、スマホに入っている広の写真を消しながら泣いていた。 莉沙子(板谷由夏)は広の誕生会に太治とともに参加するが、娘のまゆにはすぐには伝えずにいた。 

【第4話】「弁当捨てるわが子の心見えない…育ての母の再出発」ストーリーネタバレ

広(道枝駿佑)は結衣(沢尻エリカ)のことを母親とは思えないと伝え、結衣は陽一(藤木直人)に「今、息子の手を話しちゃいけない!後悔することになる」と言われながらも、広を養護施設に戻すことを決断する。結衣は作ったお弁当を初めて食べてくれた広に「戻ってくるのを待っているから。短い間だったけどありがとう。」と伝える。

広は木野(中島裕翔)と施設に向かう途中突如姿を消し、ナウ先輩(望月歩)と待ち合わせする。 麻子(小池栄子)は刑務所で知り合った井下さなえ(明星真由美)と交わした「出所したら雇う」という約束を果たして貰おうとするが店じまいをしたことから、見放されてしまう。 

【第5話】「わが子の意外な返信メール…産んでくれた意味を探す旅の答え」ストーリーネタバレ

広(道枝駿佑)と田中今偉(望月歩)は今偉の母親・田中舞子(伊藤ゆみ)がインターネットのマップで目撃されたということから二人だけで探し、木野(中島裕翔)も二人に同行する。しかし、再会した舞子は「母親として向いていない女性もいる」と言い捨て姿を消してしまう。今偉は広にお嫁さんや子供は作ることができるけど、産んでくれた母親を作ることはできないと、その大切さを伝える。

その頃、麻子(小池栄子)は緒野琴音(高橋メアリージェン)と知り合ったことから、柏崎オートで働くことになり、社長の里恵(風吹ジュン)の孫が広であることに気づく。

結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)は経理として雇われたのが麻子だということを知り驚く。琴音は井下さなえ(明星真由美)から麻子が殺人で刑に服していたことを知り、結衣らに教える。その頃、下校中の広のもとに沢登一基(森田甘路)というジャーナリストが現れ、麻子について聞かせてほしいという。

ドラマ「母になる」1話から5話までの感想【ネタバレ】

第5話までをまとめると「13歳の広との再会、そして、生みの母親というかけがえなのない存在に広が気づくまで」

13歳になって突如現れたおばさんとおじさん。そんな人たちから突然私たちは家族だから一緒に暮らしましょう。と言われる。

想像するしかありませんが、本当に理不尽なことですね。広の気持ちを100%理解することはできませんが、その気持を知って自分の母親を探すという行動を通して、母親の大切さを伝えようとするナウ先輩には涙が止まりませんでした。

結衣たちが家族になるには、あとは一緒の時間をたくさん作るしかないと思いますが、6話以降は謎の女性麻子の過去がどんどん明らかになりそうです。

麻子は子供(広)を守るために人を殺し、2年間刑務所に入っていたようですが、本当に麻子は、連れ去られた子供とは知らずに広を育てたのか?母親になるという何かしらの執着のようなものが彼女の心にあったのではないか?などと邪推していますが、ジャーナリスト沢登が今後どんな活躍をするのか。注目していきたいところです。

スポンサードリンク

ドラマ「母になる」6話から最終話までのストーリー【ネタバレ】

*全話終了後に作成予定です♫

ドラマ「母になる」その他の記事をご紹介!

ドラマのロケ地や主題歌についてまとめています。特に主題歌を務める安室奈美恵さんは自身の母親を不運な形でなくしたという経験を持っているそうなので、そのことを踏まえてこのドラマを見るとまた感慨深いものがあります。

「母になる」ロケ地は大田区や横須賀が中心!野比海岸が印象的なドラマ

「母になる」主題歌は◯歳の安室奈美恵「Just You and I」サントラ担当得田真裕をご紹介!

「母になる」キャストあらすじ 沢尻エリカと藤木直人が夫婦役!セカムズ以来の小池栄子にも注目

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。