グ・ラ・メ!~総理の料理番~ロケ地は三重県だった!東京では?

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

剛力彩芽主演のドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」の気になるロケ地をまとめていきます。

低迷した支持率を打破するため

総理が任命する“官邸料理人”の復活を決断。

吉田茂総理の時代以来

約70年ぶりによみがえるそのポジションに見合う人物の選定にされたのは旅館仲居の一下くるみ

出典:「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」公式サイト 

そんな「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」のロケ地はどこなのか御覧いただこうと思います。

スポンサーリンク

グ・ラ・メ!~総理の料理番~のストーリー&キャスト&原作は?

グ・ラ・メ!~総理の料理番~のストーリー 

低迷した支持率を打破するため、内閣総理大臣の阿藤一郎(小日向文世)と総理大臣秘書官・古賀征二(滝藤賢一)は、総理が任命する“官邸料理人”の復活を決断。

“大宰相”と呼ばれた吉田茂総理の時代以来、約70年ぶりによみがえるそのポジションに見合う人物の選定に取り掛かる。

程なく、ある料亭で仲居として働く一木くるみ(剛力彩芽)と出会い、彼女に料理人としての天賦の才を見出した古賀は、早速、総理の料理番として官邸に入るよう打診する。

迷った末に、決心をしたくるみは、その才能を発揮して料理人としてだけではなく

一皿へのメッセージを大切にし、日本の政治や外交に貢献していく姿が描かれる。

グ・ラ・メ!~総理の料理番~のキャスト

剛力彩芽 一木くるみ 役

25歳料亭の仲居から、官邸料理人へと大抜擢される主人公を剛力彩芽さん

その天才的な料理への姿勢が見どころ

滝藤賢一 古賀征二 役

総理大臣の料理番の復活で、下降気味の支持率回復を画策した張本人。

料理場と官邸を裏で取り仕切る。

高橋一生 清沢晴樹 役

かつて総料理長として総理官邸で腕を振るっていたが、くるみの登場でプライドを気付付けられる。

元ワシントン日本大使館公邸料理人

新川優愛 立花優子 役

政治部の記者として、政権と官邸料理人への強い反発を見せる役を

大様のブランチでおなじみの新川優愛さん

内藤理沙 阿藤理子 役

阿藤の娘。両親が離婚して以来、父と2人暮らし。事実上、ファーストレディーという立場で阿藤を支える。

松尾幸実 桜井あすか 役

総理大臣官邸事務所で働く古賀の部下。才色兼備で強い上昇志向の持ち主。

三宅弘城 田村友和 役

官邸食堂の料理人。古賀の指名でくるみの面倒を見ることになり、官邸料理人たちの派閥“清沢会”との板挟み状態に陥る。

徐々にくるみの才能に惹かれていく。

小日向文世 阿藤一郎 役

内閣総理大臣。改革を旗印に国民から熱狂的な人気を得て総理大臣の座に就いたものの、改革は思うように進まず、アメリカからも「冷めたスープ」とやゆされ支持率は急降下。

グ・ラ・メ!~総理の料理番~の原作は?

「信長のシェフ」や「大使閣下の料理人」といったグルメ漫画の名作を生み出してきた西村ミツルさん

グ・ラ・メ!~総理の料理番~の舞台は?

首相官邸が主な舞台。

しかしその調理の風景は

有名な調理師学校での撮影もあるということも発表されています。

調理学校での監修を受けた、日本の最高峰の料理を見ることができるのも

このドラマのひとつの見どころです。

グ・ラ・メ!~総理の料理番~のロケ地は?

鳥羽水族館

〒517-8517 三重県鳥羽市鳥羽3−3−6

→鳥羽水族館公式ホームページ

伊勢神宮

宮廷料理人というだけあって

日本の重要な社である、伊勢神宮への参拝も重要なお仕事なのでしょうか?

伊勢神宮公式ホームページ

辻調理師専門学校 エコール 辻 東京

〒186-0003 東京都国立市富士見台2丁目13−3

→辻調理ドラマ特設サイト

総理官邸は駒澤大学深沢キャンパス?

〒158-0081 東京都世田谷区深沢6−8−18

2008年のドラマ「CHANGE」では

駒澤大学深沢キャンパスを首相官邸として撮影していることからも

その可能性がありますね。

スポンサードリンク

グ・ラ・メ!~総理の料理番~モデルの吉田茂とは?

吉田茂以来70年ぶりの「官邸料理人の復活!」

というのが一つのトピックですが

そもそも吉田茂さんとはどんなかたなのでしょうか?

現在の東京都千代田区で生まれ、生涯に5回もの

内閣総理大臣になった人物。

滞在していたホテルの洗面台を自ら掃除するというエピソードがあります。

某一流ホテルに滞在した際

お手洗いを済ませた吉田茂が、自らのハンカチを使って

洗面台の水滴をふき取る姿を見たホテル担当者が

すぐに清掃スタッフを呼ぼうとしました。

しかし、吉田茂はそれを呼び止めてこういったのです。

「そんなに毎回スタッフを読んでいたのでは仕事にならんでしょう

一流ホテルの証は、常にトイレが綺麗なことではなく

てお洗った後に、洗面台を自分でふくのが当たり前だと思うお客様が

常連であることが、一流のホテルの証なのではないでしょうか?」

このような首相がいた時代が日本にもあったのですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。