ドラマ フランケンシュタインの恋 全話ストーリーと最終回までネタバレ&考察!120年前の気になる関係 サキ(二階堂ふみ)は怪物(綾野剛)と婚約者?

2017年4月から放送のドラマ フランケンシュタインの恋 主演は綾野剛。その役は怪物。ドラマのヒロインには二階堂ふみ。

描かれるのは不死の肉体を持つが人間に触れることのできない怪物と、いつ死ぬかわからない不治の病を抱える女性が悩みながらも生きていくというドラマ。

ここではドラマ フランケンシュタインの恋 の最終話までのネタバレストーリーをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ フランケンシュタインの恋 のキャストをご紹介

綾野剛(あやのごう) 怪物/深志研

100年前に起きたある事件をきっかけに生み出された“怪物”。永遠の命を持ち、人間とは懸け離れた肉体、パワーを持つ。

津軽/日立家 関係者

二階堂ふみ(にかいどうふみ) 津軽継実/日立サキ

大学で農学部に通い「菌」を研究するリケジョ。子供の頃から体が弱く、死と隣り合わせの青春を送ってきた。

木野花(きのはな)日立叶枝(ひたちかなえ)

74歳。津軽継実の祖母。

田島ゆみか(たじまみゆか)津軽晴果

25歳。津軽継実の姉。医療系の仕事に就く。病弱な妹のことを心配し、継実のスマホの現在地を確認できるようにしている。

稲庭工務店 関係者

柳楽優弥(やぎらゆうや) 稲庭聖哉

恋敵。継実と同じ大学院の研究室所属。継実が好き。怪物と実家で同居する。

川栄李奈(かわえいりな) 室園美琴

元ヤンキー。聖哉に心惹かれるが、素直になれず不器用な恋をする。街をふらつきさまよっているときに聖哉の父稲庭恵治郎に拾われ、大工として育てられる。

光石研(みついしけん) 稲庭恵治郎

稲庭聖哉の父親で工務店社長。腕のいい職人で人情家。

大西礼芳(おおにしあやか) 玉名瑠似

25歳。稲庭工務店に通い、事務と家政婦をする。元々、稲庭工務店で住み込みで働いていた。

篠原篤(しのはらあつし)穴喰丈

45歳。川栄李奈演じる美琴と同じ稲庭工務店の大工。

葉山奨之(はやましょうの)飯塚光毅

18歳。川栄李奈演じる美琴と同じ稲庭工務店の大工。

中村無何有(なかむらむかう)米子秋良

26歳。川栄李奈演じる美琴と同じ稲庭工務店の大工。

ラジオ番組「十勝みのると大宮リリエのパラダイス天国かぶってますよ」関係者

新井浩文(あらいひろふみ) 天草純平

怪物が大好きなラジオ番組のお悩み相談の担当レポーター。

水沢エレナ(みずさわえれな) 大宮リリエ

25歳。東京武蔵放送のラジオ番組「十勝みのると大宮リリエのパラダイス天国かぶってますよ」のパーソナリティ。

山内圭哉(やまうちたかや)十勝みのる

46歳。東京武蔵放送のラジオ番組「十勝みのると大宮リリエのパラダイス天国かぶってますよ」のDJ/ラジオパーソナリティ。

森岡龍(もりおかりゅう)牛久輝成

30歳。怪物の好きなラジオ番組のコーナー「天草に訊け」の中継ディレクター。

国立富嶽大学/伝染病研究所 関係者

柄本明(えもとあきら) 鶴丸十四文

津軽と稲庭が通う大学院の農学部教授。農学博士。

斎藤工(さいとうたくみ)深志研太郎

怪物の生みの親。120年前伝染病研究所で医学博士として働いていた。世界中を歩き回り不死の菌を発見し、そこから作った薬を死んだ息子に投与する。

その他の登場人物とキャストは以下の記事でご紹介しています。

ドラマ「フランケンシュタインの恋」キャストあらすじをご紹介。綾野剛が怪物になるまでのアニメ前日譚が話題

ドラマ フランケンシュタインの恋 第1話から5話までのストーリー【ネタバレ】

【第1話】ドラマ フランケンシュタインの恋 ストーリーネタバレ

120年前(1897年) 

森のなかでサキ(二階堂ふみ)が怪物(綾野剛)に追われ、その後姉キク(田島ゆみか)が見つけるが、その顔は半透明の白いきのこで覆われていた・・・

120年後(2017年)

国立富嶽大学農学部の学生・津軽継実(二階堂ふみ)は一緒に飲んでいた3人の男性から車に載せられ連れ去られるが怪物に助けられる。継実はそのときに体に付着していた珍しいきのこを探しに一人で再び山に入りそこで怪物に会い、興味からついていく。怪物は継実のことを120年前に好意を持っていたサキだと勘違いする。 怪物の小屋に行き、怪物の生活ぶりを知るが嘘だと信じきれない継実。怪物に「一緒に人間界に戻りましょう」と誘い、怪物は電動自転車に乗って「結界」を超え人の行き交う街に感動する。ブレーキを知らない怪物は階段を落下するが、継実は怪我のない怪物を見て驚く。

継実のマンションでお風呂に入るが、そこへ姉・晴果(田島ゆみか)が帰宅し急いで逃げる怪物。二人は大学の研究室で一泊し、継実は怪物の生態を知ろうと大学教授の鶴丸十四文(柄本明)とともに研究し始める。

深志研という名前をもらった怪物は稲庭聖哉(柳楽優弥)の父の営む稲庭工務店で職人として働くことになるが、稲庭が継実に抱きついているのを見て変態し、妹を探し通りかかった晴果に変態した姿を見られ、悲鳴を止めようと晴果に触れ、晴果は意識を失ってしまう。継実と稲庭がそのことに気づき、晴果に呼びかけるが意識は戻らない・・・

【第2話】ドラマ フランケンシュタインの恋  ストーリーネタバレ

深志研(綾野剛)は津軽晴果(田島ゆみか)にしてしまったことでショックを受け、やはり人間とは暮らせないと絶望を抱え山に戻ってしまう。

鶴丸十四文(柄本明)は深志研の体は菌を中和していると考え、治癒するエキスを作成し意識の戻らないでいた晴果はそれを飲み回復に向かう。小屋に戻った深志研はラジオで天草純平(新井浩文)の言葉「罰を前提で謝れ」という言葉を聞き、津軽継実(二階堂ふみ)に謝りに稲庭工務店にたどり着き、もう一度働くことになる。

深志研は継実と再会し謝罪するが、再び変態してしまい逃げるが、稲庭聖哉(柳楽優弥)から「一緒に生きることが罪みたいなものだ」と言葉をかけられる。

【第3話】ドラマ フランケンシュタインの恋 ストーリーネタバレ

深志研(綾野剛)はラジオのお悩み相談コーナーに投稿し、 天草純平(新井浩文)はその悩みに対して「どうすれば人を殺さずにすむか考えろ」という。  

室園美琴(川栄李奈)の元カレが暴れ稲庭聖哉(柳楽優弥)に暴力をふるうのを見て深志研は変身してしまう。そのことでやはり人間とは一緒に暮らせないと悩むが、津軽継実(二階堂ふみ)から「あなたは人の気持ちがわかるから一緒に生きて良い」と言われ120年ぶりの涙を見を流す。

継実は鶴丸十四文(柄本明)との研究で「感情も一種の電気でもある」ということから深志研の中で感情が高ぶるときに、アカナリカミタケモドキなどきのこが生えてくることを突き止める。 

【第4話】ドラマ フランケンシュタインの恋 ストーリーネタバレ

津軽継実(二階堂ふみ)は深志研(綾野剛)と散歩を楽しむが、120年生き続ける肉体を持つ深志研を羨ましいと感じ、しばらく学校を休んでいた。久々に再会し共にラジオを聞いていた深志研から「僕に恋をしてください」と言われそれを断る。しかし、そのことから深志研は変態してしまい、それを目撃した稲庭聖哉(柳楽優弥)は天草純平(新井浩文)と牛久輝成(森岡龍)に接触し、フランケンシュタインがいることを伝える。

稲庭工務店の従業員と食事をしているとき「その人が大切で、その人の幸せを願い、感謝したければ、影で祈ってろ」と室園美琴(川栄李奈)たちから言われる深志研。

鶴丸十四文(柄本明)は深志研の体は菌のDNAが人のDNAに変化して深志研の体を作っていることを突き詰め、継実は自分と同じ悩みを抱える深志研に気づく。

ある日仕事中に突如120年前の記憶が蘇り気を失いビルから転落した深志研は病院に運ばれるが、怪我のないことから津軽晴果(田島ゆみか)に疑いの目で見られ、ベッドにきのこが生えているのを目撃され逃げ出す。

継実と深志研は大学の裏にある祠で再会し、継実は深志研に感謝を伝え、深志研は僕が革命を起こすといい、枯れそうな桜の木にピンク色のきのこを生えさせる。

【第5話】ドラマ フランケンシュタインの恋  ストーリーネタバレ

稲庭聖哉(柳楽優弥)は天草純平(新井浩文)らに接触して怪物/深志研(綾野剛)を紹介することを約束し、後日、津軽継実(二階堂ふみ)深志研らととともに時間を過ごす。天草は深志研に自分の過去を話し「一緒にラジオに出ませんか」と誘う。

初めての給料をもらった深志研は病気の母のためにお金を貸してほしいという飯塚光毅(葉山奨之)に全額を貸すが、以前にも同じことをしていた飯塚を知る室園美琴(川栄李奈)の説得でスナックを経営する母(片岡礼子)の元に向かい、お金の返金を求める。母と交際する男(三浦誠己)に「飯塚さんからお金を貰ったことに感謝しましたか?」と深志研が聞いたことから殴り合いの喧嘩になり、変態しそうになる深志研を見て継実はあなたのことが好きですと告白する。なんとか変態は収まり、飯塚は返してもらったお金を深志研に返す。

継実は、祖母の日立叶枝(木野花)から大学の裏の祠を立てたのが高祖母のサキだという事をきき、鶴丸十四文(柄本明)に相談し120年前、深志研とサキは患者と医者という関係で大学のある場所にあった感染研究所にいたのではないかと考える。

その頃深志研は天草に連れられて電車で東京に向かっていた・・・ 

スポンサードリンク

ドラマ フランケンシュタインの恋 5話までの感想&ネタバレ

ここまでのストーリーを怪物目線でまとめると、人間のことをもっと知りたいと天草に誘拐(?)されるまで。

継実の視点で見ると、研究者としての興味をそそられた怪物の生態の解明と、自分の高祖母と怪物の父親との120年前のつながりの可能性。そして、不治の病を背負った刹那的な「生」から、積極的な「生」への変化。

実際に死ぬことのない肉体を持った人間がいたら信じることができないのが人間と言うもの。しかし、継実は研究者という立場からすべてを疑うことがその根本にあるため、本当に深志研が怪物なのか、という疑問を鶴丸教授とともに解いていく中で、深志研のピュアな心に触れ、不治の病を抱え周囲から常に守られて生きてきた自分と、誰とも接触を持たずに120年生き続けてきた怪物という存在に徐々に惹かれていきます。

継実は、最初はただの研究対象という部分が多かったはずですが、今では、自分と同じ「人間とは深く関われない」という同じ悩みを持つ存在として、怪物を知ることができました。

とまぁ、ここまで深掘りせずとも、今後も鶴丸教授の研究とともに、深志研が人間界にもっと馴染んでいくなか、一体どんな出来事が待ち受けているのか気になるところです。

やはりカギは120年前のそれぞれの関係。

これまでの過去の映像を振り返ると、怪物化する以前には、研究所にいたことが判明している深志研太郎博士。

明治3年(1870年)ころに伝染病研究所が設立され、そこでサキは働いていて、患者さんのためにと祠を建てた。そこで、サキと一緒に祈っている姿を思い出した怪物。どうやら患者と医療従事者として親しい関係だったのでは?というのが第5話までの状況です。

そして、1897年にすでに怪物化している深志研太郎の息子はサキに触れてしまう。

一番気になるところは綾野剛演じる怪物がなぜ死んだのか?そして、サキとはどういった関係だったのか?という部分。

勝手に婚約者だったのではないか?なんて妄想していますが、このあたりが6話以降の非常に楽しみな部分ですね。

ドラマ フランケンシュタインの恋 6話から最終話までのストーリー【ネタバレ】

*全話終了後に作成予定です♫

ドラマ フランケンシュタインの恋 その他の記事をご紹介!

何と言ってもこのドラマの注目は沼津というロケーションでしょう。怪物が住んでいる小屋や津軽さんと出会った印象的な大きな杉の木のあるシーンなどすべて沼津での撮影です。

他にも、ラッドウィンプスの「棒人間」のドラマのために再録されたというストリングスバージョンなど話題です。

オーディオコメンタリーも毎話ウェブで配信され、ドラマを120倍楽しむ事ができます。

「フランケンシュタインの恋」ロケ地をご紹介 農学部や怪物と津軽さんが出会った大きな杉の木など

ドラマ「フランケンシュタインの恋」主題歌「棒人間」とサントラ情報!音楽担当サキタハヂメ「のこぎり」とは?

ドラマ「フランケンシュタインの恋」キャストあらすじをご紹介。綾野剛が怪物になるまでのアニメ前日譚が話題

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。