アマゾンドラマ【ファイナルライフ】全話ネタバレ テミンと松田翔太と瀧本美織。三角関係のそれぞれの過去が徐々に明らかになる

スポンサーリンク

2017年9月から配信開始のアマゾンドラマ【ファイナルライフ-明日、君が消えても-】

主演には「ライアーゲーム」シリーズや、auのCMで「桃ちゃん」としても知られる松田翔太と、

韓国のみならず日本でも絶対的な人気を誇るアイドルグループ「SHINee」のメンバーであるテミンが抜擢。

前のページに引き続き、ドラマの後半7話以降のネタバレあらすじをまとめています。

いよいよ、記憶が鮮明に蘇り、今でも佳菜のことを愛おしく感じているシオン。そして、母親との間にある複雑な気持ちをどうすることもできずにいる川久保稜。

稜に寄り添う綾辻佳菜は父親に猛反対されながら、どのような結論をだすのか?

徐々に徐々に明らかになってきた複雑な三角関係がいよいよ結末に向かいます。

スポンサーリンク

アマゾンドラマ【ファイナルライフ】 第7話以降のネタバレストーリー

【第7話 Matthew(マタイ)】あらすじネタバレ

電話越しに聞いた佳菜の声に、ショックを受けるシオン。稜は意識不明のまま入院し、記憶の中で弟のことを思い出していた。佳菜は深く心配し、ベッドで眠る稜の傍で手を握るのだった。

克明に佳菜の記憶が戻ったシオンは深く混乱し、特殊班の独房から姿を消し街中をさまよい歩いていた。海岸に来たところで、過去に佳菜に渡すはずだった婚約指輪のことを思い出し、悲嘆にくれる・・・。

同じ頃、稜も病室から姿を消し、見舞いに来た佳菜は慌てて探しに向かう。弟の命を奪ってしまった過去に苛まれ放浪していた稜を見つけた佳菜は、二人きりになった車の中で稜にキスをするのだった。

叶はシオン捜索に向かい、浅田は大星電子の御曹司のことをさらに深く調べるよう本田から指示される。その頃シオンを狙っていた仮面の男は、無差別に人々を殺害し、事後の現場に駆けつけた特殊班は、シオンに似た男がその標的となっていること、そして、仮面の男が残していったクラブ「ハーレム」のカードを元に捜査を続けることになる。

本田から特殊班本部に招かれた御子柴教授(嶋田久作)は、シオンの脳がアインシュタインの脳のNDAと一致することを本田らに伝える。決して高くない成功率で、危険でもある上に倫理に反する手術を実行したのは、チャールズ・フリードマン博士であった。

声が聞きたかったといい電話をかけてきた佳菜に、稜は満月が出ていることを伝え、母親の住むアパートに向かうのだった。

名前を名乗る稜に、過去の男の名前なんか覚えてないから、思い出して欲しかったらり金をくれという母親(森口瑤子)に、稜は銃口を向け、稜の母親は足がすくみ怯え、その場に座り込むのだった。

その頃街をさまよい歩いていたシオンは、佳菜との記憶が鮮明に蘇り、自分の名前がイ・ミンジュンであることを思い出し、佳菜の名前を呼び求めるのだった・・・。

マタイについてのメモ

イエス・キリストの十二使徒の1人。語義は「神の賜物」。マタイオス、マテオ、マトフェイ、マシュー、マテウス。徴税人の出自。シンボルは「人」。「エゼキエル書」1:10に登場する四つの生き物(ライオン、牛、ワシ、人)と福音書にあてはめられている。

【第8話 Thomas(使徒トマス)】あらすじネタバレ

稜が立ち去った後「銃を突きつけていたさっきの男は何者だ?」と聞く同棲する男(酒井敏也)に、稜の母親(森口瑤子)は息子だと告げる。

佳菜は稜の家を訪ね、落ち込んでいる様子の稜に理由を尋ねると、稜は「世の中で一番嫌いな奴に会ったんだ」という。佳菜はただ稜に寄り添ってあげることしかできなかった。

叶理沙(野波麻帆)により確保され特殊班に戻ったシオンは、大量銃殺事件のことを知り、再び佳菜のことを思い出しインターネットで自分の名前を検索してみるのだった。そこで、自分が火災事故で死んだこと、そして、自らの葬儀の映像を見て、そこに映る佳菜の名前を呼び、掴もうとするのだった。そこに班長の本田からシオンの脳にアインシュタインの脳が移植されたこと、さらに、その手術をしたのが、シオンの通っていたブロンクス大学の脳医学者チャールズ・フリードマンであると聞かされる。

当時、手術を終え、目を覚ましたミンジュンは、自分の名前を思い出せな状態になっていたことをシオンは思い出す。

稜は母親の元を訪ねるが、パートの面接で不在であり、同棲する男は稜に事情を話し、金を無心するのだった。稜は自分の名刺を渡し立ち去ろうとすると、男から稜の母親が膵臓ガンで苦しんでいると聞かされるのだった。

稜の母親がガンであることを知った佳菜は、父親(佐野史郎)にその手術を頼みに向かうが、稜とは絶対に会ってはいけないと言われ、それが嫌なら佳菜が医者になって手術をしろと言われる。

罠だと知りながらもシオンをおとりに、仮面の男が残していったカードのクラブ「ハーレム」に向かった特殊班。万全の準備で向かったはずだったが、本田は仮面の男に倒され、シオンは仮面の男と対峙することになる。しかし、シオンは驚異的な運動神経で銃弾を逃れ、稜や叶の援護に助けられるのだった。銃殺された仮面の男の頭には、シオンと同じく脳への手術痕があることが判明する。

夜の街で佳菜と待ち合わせた稜。街をさまよい歩いて偶然にもその二人の姿を目撃してしまったシオンは、佳菜との記憶が克明に思い出され、頭を抱えて叫び、激しく苦しむのだった・・・。

使徒トマスについてのメモ

Thomas the Apostle。イエスの使徒の一人。アラム語の原義は「双子(ディディモ)」。トーマス。イエスの復活後、イエスのわき腹の傷に自分の手を差し込んでその身体を確かめたため、「疑い深いトマス」と呼ばれる。

スポンサードリンク

【第9話 James the Less(ヤコブ:アルファイの子)】あらすじネタバレ

佳菜と稜が仲良くしているところを見てショックを受けたシオンは、絶望の中さまよい歩いていた。銃殺された仮面の男にも脳移植の跡があったことを知った本田は、再び御子柴教授に脳検査を依頼する。

そのころ、浅田はシオンの脳にアインシュタインの脳を移植したことに内閣府が絡んでいる可能性があることから、友人で外務省の岸本(阪田マサノブ)に調査を依頼する。

佳菜を送り届け、ひとり帰路についていた稜は、歩道でさまよい歩くシオンを発見し連れ戻そうとするが、突如シオンが狙撃にあい自宅に連れて行くことになる。稜から急遽呼び出され看病を頼まれた佳菜は、稜の部屋でシオンと見つめ合ってしまう・・・。

現場の調査から今回狙撃した銃がSR-25であることが判明し、本田はこの件に巨大な組織が暗躍しているのではないかと疑念を持つ。

シオンの怪我の手当てをする佳菜はシオンに「なぜ?」と問いかけるが、シオンは何も言わずにいた。佳菜は稜に送られて帰宅するが、稜は佳菜の様子がおかしいことに気づく。佳菜もシオンもそれぞれ部屋でひとり、今起きていることを必死に整理していた・・・。

稜は母親のアパートに向かうが、近隣住民から稜の母親が夜逃げしたことを知らされる。稜が特殊班本部に向かうと、シオンの正体が過去に病院火災で死んだことにされた将来有望だった学生イ・ミンジュンであることを本田から伝えられ、ミンジュンの葬儀の映像に映る佳菜を見つけるのだった。

その頃シオンは、かつての親友・ジム(カイル・カード)に連絡し騙したことを責め立てるが、ジムは首席にならなければいけないというプレッシャー、そして、成功率が0.2%しかないという脳移植手術に直前で怖気付き、代わりにシオンを連れて行ったのだというのだった。

再びシオンの手当てに向かった佳菜は、これまで記憶も全て失っていたというシオンから「全てを思い出したんだ。」と言われ優しく抱擁される・・・。

御子柴教授の検査により仮面の男とシオンの脳に同じアインシュタインの脳が移植されたこと、そして、二人の視神経が過敏状態だということが明らかになり、岸本は、シオンの件がCIAと内閣府に関連があるとして、内閣調査室の水木(福澤朗)と浅田を引き合わせる。しかし、その3人を尾行する男がいることに気づいてはいなかった。

「僕は・・・僕は、佳菜が好きだ。」再び母親が失踪し、屋上で物思いにふけっていた稜は、突如シオンから佳菜への気持ちの告白を受ける。その頃佳菜は、いい関係を築きはじめていた稜と、記憶の戻ったシオンの二人のことを想い、あまりの現実のむごさにひとり激しく涙するのだった。

ヤコブ:アルファイの子についてのメモ

イエスの使徒の一人。ゼベダイの子のヤコブを大ヤコブと区別して、小ヤコブと呼ばれる。西方教会ではイエスの兄弟とされ、カトリックでは従兄弟とされる。父のアルファイは、ギリシャ語でアルパヨ。使徒マタイの兄弟。

【第10話 Thaddeus(タダイ)】あらすじネタバレ

「僕は佳菜が好きだ・・・」ハッキリと記憶が戻ったシオンに素直に喜ぶ稜。浅田は、水木から、CIAが、各国のテロ組織の詳細な情報と引き換えに、シオンを諜報員として使うことを、日本政府へ一方的に取り決めたということを知る。

仮面の男の入国ルートを調べろと指示を受ける叶。しかし本田はあることが気にかかっていた。アルバイト先で仕事をしていた佳菜は心ここにあらずで、職場の同僚・京子(矢部みほ)からも心配されるが、なんとそこへシオンがやってくる。

シオンは佳菜に”あの日”あったことを話し、以前のように恋人という関係に戻れないかという。しかし、佳菜は困惑し仕事に戻るといって去っていく。

本田は、稜のところに匿っているシオンを警察病院へ搬送し、さらに引き続き仮面の男の身柄確保することを特殊班メンバーに指示する。そして本田は、稜の家を訪れ仮面の男をおびき寄せる計画を実行する。

直後、稜の家には仮面の男がやってきて、稜と激しい銃撃戦となる。男は稜の部屋から逃げるが、そのことから、特殊班の中に内通者がいることが判明する。しかも、状況的にそれは叶である可能性が濃厚であった。その頃、佳菜はもう一度医師を目指すことを決意してカフェを辞めることになる。「自分が何者なのかわからないから人生を巻き戻してみようと思った」と父の運転手の松柳(飯田基祐)に話す佳菜。その話を盗聴していた父親は、松柳を褒め、知り合いの医師・川上に佳菜を紹介する。

その頃、ある喫茶店で白人男性と背中越しで会話する叶の姿が・・・。

佳菜から別れを告げられて傷心するシオンは、街をさまよい歩いた。

同じ頃、体を蝕むガンの痛みと息子の稜と別れた時の思い出に苦しむ稜の母親は、ますます憔悴していた。

川上医院で働くことになった佳菜が、家で勉強をしていると、稜から連絡があり会うことになる。しかし、家を出る支度をしているとシオンが家にやってきて「僕は君を離したくない」といい手を握って佳菜を連れ去っていく・・・。

タダイについてのメモ

イエス・キリストの弟子(使徒)の一人。タデウス、ファディ、ユダ、ユダ・タダイ、ユダ・タデオ。ヤコブの子(ルカの福音書)。イエスを裏切ったイスカリオテのユダとは別人。

【第11話 Simon(熱心党のシモン)】あらすじネタバレ

シオンから強引に手を握られて連れ去られた佳菜。二人並びベンチに座りながらミンジュンとの過去を思い出し、稜とシオンの二人の間を揺れ動く佳菜の心。

その頃、浅田は水木(福澤朗)からこれまでにシオンを狙っていた、エリック・ネルソン/仮面の男(ロイック・ガルニエ)と山本サラ/女スナイパー(屋敷紘子)らがすべてCIAの要員で、シオンと同じく脳手術を受けていたことを知らされる。さらにアインシュタインの脳移植実験の経過データを集めるために、彼らをシオンと戦わせていたということもわかってくる。

佳菜を海辺へ連れてきたシオンは、治験のアルバイトに行った日、佳菜にプロポーズするつもりだったと佳菜に告げ、今でも愛していると伝え抱擁するのだった。佳菜がシオンの肩に頭をもたげ過去を思い返していると、突如シオンの様子が急変し、佳菜に向かって「君は誰だ?」と行って立ち去り姿を消してしまう。

稜と会うことになった佳菜は、シオンが突如記憶を失ったこと、そして、佳菜自身も稜とシオンのことを考えるとどうしたらいいかわからないと不安を伝える。稜が「自分が思うようにしたらいい」と佳菜に伝えたところに、シオンが見つかったと連絡が入る。

稜が特殊班のシオンの元に向かうが、シオンの記憶が再び混濁し稜が誰なのかもわからなくなりそうになる。

その頃、同居の男(酒井敏也)と夜逃げし、徘徊していた稜の母(森口瑤子)は、病院に行くことを拒み路上で吐血したあげく「稜・・・」と息子の名を呼び息絶えるのだった。

「ミンジュンのことが吹っ切れてよかった」川上医院で診察中の佳菜の元を、運転手の松柳(飯田基祐)とともに訪れた佳菜の父親(佐野史郎)は脳に興味を持つ佳菜にそう言葉をかけるが、佳菜は何も返答できずにいた。

地下駐車場で岸本(阪田マサノブ)と密会し、新たな情報を聞いた浅田。シオンの脳の回収を目的とするのはCIAのみならず、アメリカ政府そのものだということが判明。そのことを伝えていた岸本だったが、突如何者かに頭を撃ちぬかれ命を落とすことになる。警備員の話によると、犯人は仮面をつけていたという。

その頃、特殊班に隔離されていたシオンの元に叶(野波麻帆)が訪れ、佳菜から呼び出されたと騙してシオンを連れ出して行く。佳菜に一度シオンと話をさせてほしいと頼まれた稜はシオンが連れ出されたことに気づき、すぐに二人のあとを追う。

嘘の待ち合わせ場所に到着したシオンと叶。「その脳は私たちにとっては宝物」そう言いながら叶はバッグから拳銃を取り出しシオンに突きつけるが、間一髪現場に駆けつけた稜によって後方から銃で撃ち抜かれるのだった・・・。

熱心党のシモンについてのメモ

イエス・キリストの12弟子の一人。ペテロと呼ばれるシモンや、イエスの兄弟のシモンとは別人。

【第12話 Judas Iscariot(イスカリオテのユダ)】あらすじネタバレ(*ラストシーンについては憶測を掲載しています。)

シオンの脳を狙いシオンを殺害しようとしていた叶だったが、助けに来た稜に銃殺される。一命をとりとめたシオンだったが、突如記憶が混乱しその場で意識を失ってしまう。

御子柴教授(嶋田久作)にシオンの脳の検査を依頼した特殊班は、アインシュタインの脳移植を受けた被験者が、およそ2年で脳細胞が壊れ始める「限界症状」があることを知る。そして、シオンも脳が破壊され始めており、あと7時間で完全に脳が正常に働かなくなってしまうという。

そのことから稜は、佳菜を危険な目に遭わせたくないと思い、シオンが後遺症で苦しんでいること、さらに、これ以上シオンと自分には関わるなと伝える。そこにかかってきた電話に出た稜は、母親(森口瑤子)が路上で吐血し、のたれ死んだことを母親が同棲していた男から聞き、母親の死の間際の言葉が自らの名前の「稜」だったことを知る・・・。

アメリカ政府からシオン返還を求められる特殊班の元に、4時までに横須賀の米軍基地に送還しろという命令が正式に内閣府から来る。シオンを送還することになった特殊班だったが、シオンと二人だけで同じ車に乗り移動していた稜は、「アメリカに行って僕はどうなるの?」というシオンの言葉を聞き、突如ルートを変更し本田と浅田らの前から姿をくらますのだった。

稜はシオンと佳菜を会わせようとして、シオンを倉庫で待たせ、佳菜を迎えにいく。

その頃、もうすぐ、ミンジュンとしての記憶がなくなることを悟ったシオンは、佳菜への音声メッセージを録音するのだった。

約束の時間を過ぎ、アメリカ大使館から抗議がありついにCIAが動き出すことになる。シオンのいる倉庫についた佳菜だったが、そこにミンジュンは存在せず、スマホに残された「僕のことを決して忘れないで」という音声メッセージを聞いた佳菜は、ミンジュンの記憶が完全に消えてしまったと知り涙を流すのだった・・・。

その頃、CIA工作員たちと銃撃戦を繰り広げていた稜は、怪我を負いながらも工作員たちを全滅させると、そこへ、ミンジュンを呼び求めるか佳菜を発見する。稜が佳菜を目で追っている背後から工作員に心臓を撃ち抜かれ、稜はその場で血を流し意識を失ってしまうのだった。

再び倉庫に戻った佳菜は、ミンジュンの記憶を無くしたシオンと再会し、目に涙を浮かべるのだった・・・。

イスカリオテのユダについてのメモ

イエス・キリストの12弟子の一人で、のちにイエスを金で売り払い裏切る。「イスカリオテ(イーシュ・カリッヨート)」とはヘブライ語で「カリオテの人」を意味し、カリオテとはユダヤ地方の村の名。イエス一行の会計係。使徒ユダ(タダイ)とは別人。

イスカリオテのユダの行く末は2つ伝えられている。

自らの行いを悔いて、祭司長たちから受け取った銀貨を神殿に投げ込み、首を吊って自殺した(マタイの福音書)。もうひとつは、裏切りで得た金で買った土地に真っ逆様に落ちて、内臓がすべて飛び出して死んだ(使徒言行録)と言われている。

映画・ドラマ・アニメを最安値で見放題!月額325円のアマゾンプライムビデオでアマゾンドラマ【ファイナルライフ-明日、君が消えても-】を見る方法

プライム会員の年会費は3900円。動画配信サイトの中では、最安値であることは間違いありません。

動画だけでなく、お急ぎ便や送料無料、100万曲以上が聴き放題の「Prime Music」や、
容量無制限のフォトストレージ「プライム・フォト」などのさまざまな特典も付いています。

プライム会員になればすべての作品が無料というわけではありませんが、会員見放題の作品は、不定期に入れ替わり、無料で見られるという仕組みです。

ディーン・フジオカ主演の「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」や「仮面ライダー アマゾンズ」、夏帆主演の「東京ヴァンパイアホテル」などのアマゾンオリジナル作品と言われるものは、いつでも無料で見ることができます。

アマゾン会員の「アマゾンプライム」は30日無料体験でお試しができ、プライム・ビデオの無料アプリを利用してAndroid/iOS端末、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、ゲーム機、スマートテレビなどで視聴、ダウンロードをすることができ、オンラインでも視聴が可能のサービスです。

アマゾンドラマ【ファイナルライフ-明日、君が消えても-】に興味のある方へのおすすめ3作品

ドラマ【エージェントオブシールド】シーズン3キャラクター登場人物まとめ。インヒューマンズチーム《シークレットウォーリアーズ》はじめ特殊能力者の新キャラが参戦

ドラマ【フェイス サイバー犯罪特捜班】1話〜最終話のあらすじと出来事まとめ。三浦貴大演じる結城浩一郎の真の狙いは、凛(剛力彩芽)を守ることか

実は推理ドラマ?「キャリア〜掟破りの警察署長〜」1話あらすじと感想!やっぱりベタが一番!【ネタバレ有】

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。