今上天皇生の前退位の理由は体調かそれとも複雑な血族関係か!?

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

生前退位が行われるのでしょうか?

その理由はなんのでしょうか?

スポンサーリンク

生前退位は理由は「体調不良」か?

確かに、今上天皇はこれまでに

狭心症の疑い、骨粗鬆症の進行や

前立腺癌は摘出手術、大腸のポリープの摘出など

比較的多くの病気にかかってきたようです。

正式な発表では

「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」

とし、それは自らの健康状態によって

公務の代役や、欠席をしてはならないという自身の哲学が

今回の生前退位につながったと見られます。

しかし、本当のところは実は他にあるのではないか?

実は、まだ発表していない、大きな病気を知られたくない

そんな、ことを考えていまします。

生前退位したら今後はどうなるのか?

今後もし、生前退位が決定となる場合

平安時代以来の「上皇」のくらいが復権ということになるそうです。

それは、平清盛のスポンサーとして

君臨していた、後白河上皇のように

会社で言ったら、会長や特別顧問のような存在になることでしょう。

スポンサードリンク

生前退位は実はタブー!?

今回の生前退位実は現在の皇室典範では

その決まりがなく、生前退位はできないという規定になっています。

明治に決定したときいらい、すべて、崩御と同時に退位ということが寒冷となっていたためです。

ですので、今回の、生前退位が現実となったら

新たな年号の他にも

その皇室典範のあり方おを議論することになる

大きな事件と言えそうです。

これほどの決断をした今上天皇よほどのことがあったのでしょうか?

今後の動向が気になりますね

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。