自動車免許更新期間は誕生日の何か月後?住民票は必要?失効手続きになる前にチェックしたいこと。

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

時間がないのに、更新まであっという間

「ちょっとまだ2か月も先だから大丈夫」

と、余裕しゃくしゃくでいると起こるのがこんなこと

そこから、住民票を取りに行って・・・・

結局どんどん時間が無くなって、気付いたら更新期限終了・・・・

そんなことにならないために、免許の取り方をいささか乱暴に伝えします。

スポンサーリンク

時間がない!免許更新に「必要な持ち物」を教えて!

以上から「時間がない場合の」必要なものは

  1. 試験場にある「更新申請書(への記入)」
  2. 運転免許証
  3. 新住所確認できるもの(住民票、保険証、公共料金領収書、郵便物
  4. 更新料

まず筆記用具はどうにかなりますね。(記入所にあるはずなので)

さらに更新はがき、印鑑もなくてもいける。

写真も向こうでとる。申請書も試験場にある。

あので、最低限は免許証だけでよいのです!(倫理ある方はしっかりと所定のものを揃えてくださいね)

更新場所や更新料について

まず更新場所は、それぞれことなりますので、

更新通知のはがきをしっかりと確認しましょう。

大方は

  • 警察署
  • 運転免許センター
  • 試験場

のどれかです。

次に更新料は一般には優良運転者が3000円、高齢者講習5600円とありますが

地域や法改正などにより、変化します

正確な金額は各所、センターなどにお聞きいただくとして

もろもろ考えた場合、

更新料は5000円」と考えておくことをお勧めします。(高齢者の場合1000円のほうが無難)

更新申請書見本

こちらが「運転免許証更新申請書」

これで、あなたが免許更新をしたいことを伝えるのですね。

住民票が必要な2パターン。前回更新時から・・・

  • 名前
  • 住所

どちらかが変更した場合のみになります。

その場合、新しい住所、氏名がわかるものとして

  1. 住民票
  2. 健康保険証
  3. 本人宛ての消印郵便物
  4. 公共料金の領収書
  5. 本籍が記載されている住民票
  6. 外国人登録証明書(外国人の方)

のどれかが必要になります。

*ちなみに住所のみ変更の場合1~4のどれかですが、

氏名変更の場合1~4のどれか+5,6のどちらかが必須となるそうです!

氏名変更はちょっと手間取りますね。

それでは次に住民票の取得方法をご紹介します。

時間がない!よくわかる住民票の取り方!

持ち物は

  1. 身分証明書
  2. 印鑑
  3. 発行手数料(300円)

そんなに難しくないんですが、窓口開設の時間や、派出所の場所とかが結構大変。

まずはリサーチですね。

スポンサードリンク

ということで何よりもまずは、免許の更新は細かな決まりがあるようなので

届くはがきをしっかりと読むことです。

移住すると「ゼロからリスタート」的な感じになるので

アクションゲームの感覚で乗り越えましょうw

実は・・・更新期限過ぎても更新できる!?

免許の更新は期限が過ぎても

6ヶ月までなら更新可能というのはご存知かと思います

これは失効手続きの事で

今だと、失効後6ケ月後までなら

適性検査と更新時講習を受ければ交付されるとのです。

こちらも、様々な法改正などがあったとき

「うっかり失効」なんてことになりかねないので

誕生日の一か月前から、一か月後という

規定通りのうちにとるのが安心ですね!

ということで何かの参考になれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。