ドラマ【昭和元禄落語心中】で登場する演目のシーンと経緯をまとめ。

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【昭和元禄落語心中】。主演は100作目の朝ドラ「なつぞら」への出演が話題の岡田将生。

その役は落語の名人・八雲。そんな主人公八雲に弟子入りするチンピラに竜星涼、八雲の養女に成海璃子がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【昭和元禄落語心中】で岡田将生や竜星涼、山崎育三郎が披露した落語の演目を、その登場した経緯・シーンとともにご紹介しています。

スポンサーリンク

死神

第1話|与太郎が初めて弟子としてついていった寄席でみた噺、与太郎が刑務所で見た噺

たちきり

第1話|萬歳(平泉成)との二人会で八雲がかけた噺。

寿限無

第1話|見習いになった与太郎が初めて高座でかけた噺。

野ざらし

第1話|八雲が小夏の前で助六の”カタ”で見せた噺・小夏が練習してい噺

出来心

第1話|与太郎がヤクザ兄貴の前で見せた噺

たらちね

第1話|与太郎が八雲の独演会でかけた噺。寝不足で散々なでき。

鰍沢(かじかざわ)

第1話|独演会で八雲がかけ、与太郎が大いびきをかいた噺。


(随時更新予定です)

≫あなたへのオススメ記事はこちら。
ドラマ【昭和元禄落語心中】サクッと全話ネタバレ。八雲と助六の因縁・運命とは?
【昭和元禄落語心中】ドラマ版は原作をどこまで描くのか?山崎育三郎の公式インスタをヒントに考察
ドラマ【昭和元禄落語心中】キャストあらすじ。アニメ「舟を編む」の雲田はるこ原作を岡田将生主演で実写化。音楽に竹内まりや「いのちの歌」の作曲者、村松崇継

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)