ドラマ【昭和元禄落語心中】キャストあらすじ。アニメ「舟を編む」でも知られる 雲田はるこ原作を岡田将生主演で実写化。音楽に竹内まりや「いのちの歌」の作曲者、村松崇継

スポンサーリンク

2018年7月から放送のドラマ【昭和元禄落語心中】。

主演は100作目の朝ドラ「なつぞら」への出演が話題の岡田将生。その役は落語の名人・八雲。

そんな主人公八雲に弟子入りするチンピラに竜星涼、八雲の養女に成海璃子がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【昭和元禄落語心中】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

キャスト

八雲 岡田将生

八代目 有楽亭八雲。通称「ボン」

1989年8月15日。東京都出身。映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」「銀魂」「何者」「秘密 THE TOP SECRET」ドラマ「ゆとりですがなにか」

与太郎 竜星涼

八代目八雲に弟子入りするチンピラ。

1993年3月24日。山形県新庄市生まれ、東京都育ち。映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」ドラマ「小さな巨人」「ひよっこ」

小夏 成海璃子

八代目八雲の養女。助六の娘。

(なるみ りこ)1992年8月18日。神奈川県横浜市神奈川区出生、川崎市出身。映画「瑠璃の島」ドラマ「黒い十人の女」「下北沢ダイハード」

みよ吉 大政絢

助六と八雲が出会う遊女。

(おおまさ あや)1991年2月4日。北海道滝川市出身。映画「PとJK」ドラマ「あなたのことはそれほど」

助六 山崎育三郎

八雲の親友。愛称は「シンさん」

1986年1月18日 。東京都出身。妻は女優、歌手の安倍なつみ。東邦音楽大学付属東邦高等学校声楽科を卒業。ドラマ「下町ロケット」「あなたのことはそれほど」

スポンサーリンク

あらすじ

昭和初期、落語の世界に入った八雲は、同期入門の落語の天才・助六と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉にも支えられ、成長していく。

やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏を引き取る。

小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎とともに、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく…。

原作やスタッフ

ドラマ【昭和元禄落語心中】の原作は「いとしの猫っ毛」や三浦しをん原作のテレビアニメ「舟を編む」のキャラクター原案などで知られる雲田はるこの「昭和元禄落語心中」。

「昭和元禄落語心中 コミックセット (KCx ITAN) [マーケットプレイスセット] 」をアマゾンでチェック!

監督には「百万円と苦虫女」や「ふがいない僕は空を見た」のタナダユキ、「渡る世間は鬼ばか」や「あにいもうと」の清弘誠、「カサブランカの探偵 」や「幕末グルメ ブシメシ!2」の小林達夫。

脚本には「マッサン」「フラガール」で知られる羽原大介。

制作統括には「幕末グルメ ブシメシ!」の藤尾隆、「真田丸」の小林大児、「定年女子」 の出水有三が参加しています。

話題、見どころ

2016年と17年の2期にわたってテレビアニメ化され、その声優陣の噺ぶりや、魅力的なストーリーが話題となった人気作。

ある二人の対照的な人気落語家と、その二人が出会う女性との間で起こる事件の謎。

そして、主人公、八雲が大名人となり往生も近い頃に突如現れた、かつての八雲の親友・助六を彷彿とさせる落語家志望のチンピラ、与太郎。

この登場人物たちが犯した過ちや罪によって繋がれる因縁が、ドラマチックに描かれ落語の演目とも密接に絡み合う。

涙なしでは見られないアニメ同様、ドラマでも原作を忠実に再現するものとなるのでしょうか。

原作やアニメを知っている方は、それぞれの違いを楽しむことができそうですし、未だ原作コミックもアニメも見ていない方、落語をあまり知らない人でも、徐々に明らかになるなぞと、魅力的なストーリーに引き込まれること必須の作品。

物語の鍵となる落語の演目をYouTubeでチェックしておくくらいはマストかもしれません。当サイトでは、アニメ第二期で登場した演目をまとめた記事をご覧いただけます。ご活用いただければと思います。(一部、ネタバレしているところはご容赦ください。)

【根多】アニメ「昭和元禄落語心中」二期【一話二話】の演目まとめ

【根多】アニメ「昭和元禄落語心中」二期【三話四話】の演目まとめ

【根多】親子会での居残り佐平次や反魂香!アニメ「昭和元禄落語心中」二期【五話六話】の演目まとめ

【根多】助六と与太郎の「芝浜」が感動的!アニメ「昭和元禄落語心中」二期【七話八話】の演目まとめ

【根多】野ざらし 死神 など重要な話ばかり!アニメ「昭和元禄落語心中」二期【九話十話】の演目まとめ

【根多】与太郎の「死神」や冥途での「寿限無」!アニメ「昭和元禄落語心中」二期【十一話十二(最終)話】の演目まとめ

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【昭和元禄落語心中】の劇伴音楽に「メアリと魔女の花」や「ラストチャンス 再生請負人」を手がけてきた村松崇継が起用されました。

「ドラマ【昭和元禄落語心中】 オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

村松崇継は竹内まりやへの提供曲「いのちの歌」のセルフカバーを配信リリースし、シンガーソングライターとしての活動をスタートした音楽家で、以下のドラマでも劇伴を担当していました。

ドラマ【ラストチャンス 再生請負人】キャストあらすじ。サントラ、主題歌は映画「64」村松崇継。仲村トオル主演で江上剛作品を実写化。

(主題歌情報などもこちらで更新予定です。)

放送情報

【放送局】NHK総合「ドラマ10」枠
【初回放送・曜日】10月12日~、毎週金曜22:00~22:44(連続10回)
【原作】
【前ドラマ】「透明なゆりかご

あらすじ・キャスト部分引用元はNHK

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)