ドラマ【昭和元禄落語心中】サクッと全話ネタバレ。八雲と助六の因縁・運命とは?

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【昭和元禄落語心中】。

主演は100作目の朝ドラ「なつぞら」への出演が話題の岡田将生。その役は落語の名人・八雲。

そんな主人公八雲に弟子入りするチンピラに竜星涼、八雲の養女に成海璃子がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【昭和元禄落語心中】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

キャスト/登場人物

八代目有楽亭八雲(菊比古) 岡田将生|八代目八雲。通称「ボウ」戦前から戦後、平成まで長く活躍した落語家。前座名「菊比古」
有楽亭与太郎 竜星涼|八代目八雲に弟子入りするチンピラ。
小夏 成海璃子|八雲の養女。八雲のかつての親友であり、早世した天才落語家、有楽亭助六とみよ吉の娘。
信之助 嶺岸煌桜|小夏の一人息子。養父は与太郎(三代目助六)。
松田 篠井英介|代々有楽亭に仕えるお手伝いさん。

円谷萬月 川久保拓司|萬歳の内弟子で実の息子。八雲に弟子入りを断られている。
円谷萬歳 平泉成|落語協会会長を務める落語界の顔。八雲とは長年「二人会」を催している。
兄貴 永岡祐|ヤクザ時代の与太郎の面倒を見た”ヨシキリ組”のヤクザ。父親は八雲と長い付き合いがあり”借り”がある。
組長 中原丈雄|ヨシキリ組の組長。ヤクザの兄貴の父親。八雲とは以前から知り合い。
お栄 酒井美紀|八雲が常連の料亭「柳しま」の女将。小夏の母・みよ吉と芸者修行をした過去を持つ。
イネ 宍戸美和公|浅草雨竹ホールで長年働く女性。
アキコ しるさ|浅草雨竹ホールで働く女性。
席亭 俵木藤汰|浅草雨竹ホールの支配人。
アマケン 夙川アトム|演芸評論家。八雲のファン。助六の落語を認めなず、八代目八雲の落語こそ至高の真の落語だと思っている。

刑務官 竹林文雄|与太郎を見送る刑務官。
仲居 大山貴華|「柳しま」で働く女中。
おばちゃん 市川夏江|与太郎の下宿先、駄菓子屋の女主人。第7話登場
床屋の主人 福本伸一|与太郎の行きつけの床屋の主人第7話登場
下座の先輩 田村友里|小夏の下座デビューで一緒だった先輩下座。
師匠 石井愃一|1995年、小夏が下座デビューした日、与太郎が茶を出していた師匠。
落語家 隅田川馬石|下座初日の小夏に「期待してますよ」と声をかける落語家
落語家 柳亭左龍|落語家。
写真屋の女性 岡本茉莉|信之助の入学祝いの写真を撮った写真屋の女性撮影技師。

過去・回想パート

二代目有楽亭助六(初太郎) 山崎育三郎|八雲の親友であり憧れの落語家であり、永遠のライバル。前座名は「初太郎」。人気絶頂の頃、一人娘の小夏を残して他界する。
みよ吉 大政絢|八雲が、菊比古の名前だった時代に知り合った芸者。小夏を産んだ母親。既に他界。

七代目有楽亭八雲 平田満|八雲(菊比古)と 助六(初太郎)の師匠。
七代目の妻 重田千穂子|幼少期から初太郎と菊比古の世話をする七代目の妻。
木村家彦兵衛 柳家喬太郎|菊比古がお千代の代わりに三味線を弾いた時、高座に上がった師匠。二つ目になり、自分の落語を見つけた菊比古に「死神」を伝授する。第2話から登場
師匠 柳家はん治|初太郎(助六)がは羽織をかけていた師匠。第2話登場。
岳来師匠 橘家圓太郎|臨観席から落語中止を言い渡された彦兵衛の後に出た落語家。第2話登場。
文鳥師匠 及川いぞう|戦後、二つ目になった頃の菊比古や助六の師匠。第3話登場。
隆泉師匠 柳亭小燕枝|戦後、二つ目になった頃の菊比古や助六の師匠。第3話登場。
協会幹部 有福正志|1950年代。助六と菊比古が真打になる頃の落語協会員。第4話登場。
落語協会会長 辻萬長|1950年代。助六と菊比古が真打になる頃の落語協会会長。十八番は「居残り佐平次」第4話登場。
芸人 せんだみつお|1950年代。雨竹亭に出入りする芸人。第4話登場。

お千代 石橋菜津美|八雲(菊比古)が初めて交際した女性。第2話登場。

幼少期の八雲 大西利空|幼少期の八雲(岡田将生)。
幼少期の助六 南出凌嘉|幼少期の助六(山崎育三郎)。
幼少期の小夏 庄野凛|二代目助六(初太郎)とみよ吉の娘。みよ吉の故郷四国で生まれる。家に戻らない母、働かない父の代わりに、地元のうどん屋で落語をしてお金を稼ぐ。第5話から登場。

青年期の七代目八雲 土屋壮|青年期の七代目八雲。六代目の血の繋がった息子。圧倒的な実力を持つ助六に嫉妬し、自分の立場を利用して父親に七代目を継ぐことを助六や皆の前で言わせる。第5話回想で登場。
青年期の初代助六 柳家緑助|初代助六。圧倒的な落語の才能の持ち主で六代目八雲に入門するも、七代目を継げないことを知り有楽亭一門から抜け出す。のちに素人落語「天狗連」で助六を名乗り、初太郎の世話をして、落語を教える。第5話回想で登場。
老女 川越たまき|四国の町の住民。菊比古に落語が聞けるうどん屋を教える。第5話登場。
うどん屋の娘 大塚洸顧|菊比古が有名な落語家だと気づくうどん屋の店員。
亀屋旅館主人 越村公一|四国の川沿いの旅館の主人。菊比古と助六の二人会を開くことを提案する。
梅春 松尾薫|四国の芸者。みよ吉の同僚。

(登場人物随時更新予定です)

第1話サクッとネタバレ

タイトル「約束」

刑務所から出た与太郎は、刑務所落語慰問会でその落語を見てから心奪われた落語家の八代目八雲のもとへ弟子入りを願う。

「父ちゃんは八雲が殺した」と育ててくれた八雲に感謝と恨みの感情を抱くのは八雲の養女で、八雲の無二の親友だった助六の実の娘・小夏。小夏は自らの母・みよ吉と父、そして八雲の三人の過去に何があったのか本当のことを知ろうとしていた。

そんな中かつての関係を持っていたヤクザの兄貴から一緒に仕事をやろうと強引に呼び戻されそうになる与太郎は、兄貴に落語の良さを知って欲しいという一心から、初めてお客との一体感を経験する。

しかし八雲の独演会で居眠りをして破門を言い渡された与太郎は、帰る場所もなく小夏に背中を押され「ここ=八雲のところ」で落語を続けさせて欲しいと頼む。そんな与太郎に八雲は三つの約束を守ることを条件に破門を撤回すると共に、小夏と与太郎に自らの過去を話し始める。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第1話ネタバレ。与太郎と八雲と小夏の三つの約束。

第2話サクッとネタバレ

タイトル「助六」

踊りの家元とその妾の間に生まれ足を悪くしたことから、親戚の七代目八雲のもとで噺家としての人生を始めることになった八雲。そこで出会ったのがのちの助六となる少年。真反対な性格ながらも助六と仲良くなった八雲は、学業を続けながら落語家としての道を進んでいた。二人揃って前座となるも、落語漬けの初太郎にどんどん差を受けられることに焦りを感じる菊比古。そんな最中戦争のあおりを受け、廓話を中心に古典落語を演じることができなくなってしまう。女の所作を褒められ、自らの得意分野にしようと「色っぽい噺」の稽古を重ねていた菊比古だったが、さらに追い打ちをかけるように親友の初太郎が七代目とともに慰問落語のために満州へ行くことになる。

疎開先で魂の抜けたような日々を暮らしていた菊比古だったが、突然の玉音放送で状況は一気に変わる。

東京に戻り七代目のいない中、有楽亭の仮の大黒柱として落語の仕事を続け、寄席が再開されるという話が浮上する頃、生きているかわからなかった七代目と初太郎が帰ってくる。こうして寄席も再開し、芸事を楽しむ客たちが溢れかえるようになった落語界。二つ目昇進を果たし、初太郎とともに若手のホープとして歩み始めた菊比古のもとに、みよ吉が七代目を訪ねてやってくるのだった・・・。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第2話ネタバレ。八雲と助六の出会い。戦前・戦中・戦後の落語界。そしてみよ吉との出会い。

第3話サクッとネタバレ

タイトル「迷路」

1950年。二つ目となった二人。初太郎は助六を名乗る。銀座の洋食屋で師匠に隠れて働き始めた菊比古とは対照的に、色々なところから呼ばれ、ラジオ出演の話も舞い込むほど調子のいい助六。

その圧倒的な実力差に悩み、落語は向いていないと悩む菊比古は、みよ吉と出会い、男女の仲になっていく。さらに二つ目だけで行う芝居「鹿芝居」を開催し、女形を演じ、これまでになり経験をした菊比古。

「鹿芝居」の後の寄席で、菊比古はついに「自分の落語」を見つける。それは”自分の居場所を作るための落語”だった。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第3話ネタバレ。みよ吉との出会いと「鹿芝居」で見つけた菊比古の「自分の落語」

第4話サクッとネタバレ

タイトル「破門」

1954年。盛況を極める落語界。いよいよ真打昇進間近となっていた菊比古と助六。協会への配慮の足りない助六は七代目の悩みのタネ。七代目から廓話以外のネタも覚えろと言われた菊比古は、客と喧嘩を理由に協会から追い出された木村家彦兵衛から「死神」を伝授される。こうして急遽代役で夏の落語納涼会で大トリを務めることになった菊比古は、誰もが納得の「死神」を見せつける。

こうして迎えた真打昇進を菊比古は助六とともに迎えるが、披露興行の千秋楽で会長の十八番「居残り佐平次」をかけた助六。客にはウケた助六だったが、このことを理由に八雲襲名の道を断たれ、さらに破門を言い渡される。みよ吉もまた”真打昇進のためにみよ吉とは関係を断て”と七代目に言われた菊比古から別れを言い渡されていた。

時を同じくして心に傷を負った二人は夜の闇の中で出会う・・・。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第4話ネタバレ。真打昇進で得たものと失ったもの。菊比古の孤高の芸「死神」誕生

第5話サクッとネタバレ

タイトル「決別」

1955年。破門を言い渡された助六は、みよ吉と生活を始め、二人は子を授かる。出産のためみよ吉の故郷四国に戻った二人。菊比古は、「八代目は菊比古に継がせる」と七代目が助六に伝えたことが、助六を激しく絶望させたと知る。

それから7年が過ぎた1963年。親子会で倒れそのまま帰らぬ人となった七代目。病床の七代目から菊比古が聞いたのは”助六と八雲の因縁”だった。先代(六代目)の息子という立場を利用して落語の天才だった同門の弟子・初代助六を追い出した七代目は、その助六に育てられ落語を継いだ初太郎を引き取ってからもこの因縁が頭を離れず苦しめられたという。

七代目の存命中には八雲を継がず、八雲の名跡が空白となっていた最中、菊比古はもう一度助六に会うために四国を訪れ、娘の小夏と貧乏暮しをする助六に再会することになる。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第5話ネタバレ。明かされる八雲と助六の因縁。悲しき七代目の深い業

スポンサーリンク

第6話サクッとネタバレ

タイトル「心中」

7年ぶりの再会を喜ぶ助六と菊比古。もう一度落語をやって八雲を継げと説得する菊比古に、助六は「落語はやらない」と頑なになる。借金返済のために働き始めた助六と菊比古たち。そこへ亀屋旅館での「二人会」の話が舞い込み、嫌がりながらも助六は覚悟を決めて高座に上がる。

大成功のうちに終えた二人会ののち、菊比古が呼ばれて向かったのはみよ吉の部屋。感情を抑えられず菊比古はみよ吉と熱い抱擁を交わす。そこへやってきた助六は、心を入れ替え、みよ吉と娘・小夏のために落語をやめて真面目に働くとみよ吉に願い出る。その話に驚いたみよ吉は窓辺から外へ落下。咄嗟にみよ吉を掴んだ助六もろとも遥か眼下の川へ落ちていってしまう。

こうして残された小夏を引き取り東京に戻った菊比古。再び独りになり、深い悲しみを抱えた菊比古は落語とともに心中し”八雲”という名を葬り去ると心に決めるのだった。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第6話ネタバレ。助六と八雲の因縁極まれり。助六とみよ吉を殺したのは。

第7話サクッとネタバレ

タイトル「昇進」

1987年。真打昇進を前に「助六」を継がせて欲しいと八雲に願いでる与太郎。あっさり了承を得た与太郎だったが「テメェの落語を見つけるために命をかけろ」と言われ、さらに、酔った席での裸踊りの際に見せた背中の刺青のことを週刊誌にかき立てられてしまう。

小夏が妊娠したということを聞き、思いつきで小夏に結婚を申し入れた矢先の出来事。子供の父親の名を明かさない小夏に与太郎や萬月、松田やお栄らがその人物を嗅ぎ回る中、八雲は小夏の腹のなかの子の父親と思われる人物に会っていた。それは、与太郎がかつて所属していた組の組長だった・・・。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第7話ネタバレ。小夏の妊娠。背中の刺青。中途半端から抜け出したい与太郎

第8話サクッとネタバレ

タイトル「誕生」

真打昇進を前に公私ともに迷いの尽きない与太郎は、未だ自分の落語を見つけられず悩む。そんな最中、小夏の父親が吉切組の組長であると知った与太郎は、真実を教えようとしない組長に「大工調べ」で啖呵を売り、小夏の腹の子は自分の子供だと宣言する。

その後八雲から二代目助六の「芝浜」の稽古を受けた与太郎はその噺を真打昇進披露興行でかける。その「芝浜」は深い実感のこもったもので与太郎は誰もが認める自分の落語を助六の襲名とともに見つけるのだった。

その話を聞きに来ていた小夏は公演後に産気づくも無事に出産。息子に「信之助」と名付けた小夏は、与太郎と夫婦として歩むことを決意し、これを機に与太郎は八雲の家に戻ることになる。その頃小夏は、25年前助六とみよ吉が命を落とした時の記憶を思い出したという・・・。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第8話ネタバレ。与太郎の啖呵売り!信の出産と結婚。25年前の記憶を思いだした小夏

第9話サクッとネタバレ

タイトル「秘密」

1995年。八代目八雲は古希を迎え、先代の墓参りで思い出す。晩年の七代目が話していた「手の震え」。高座で噺が出てこないこと、話が飛んでしまうことへの恐怖、高座に上がることへの恐れ。八代目八雲もまた、同じ恐怖に蝕まれ始める。

成長した信之助は「寿限無」を空で言えるほど。すでに天才の片鱗を見せ始めていた。小夏は2年前から下座としての修行を積みいよいよデビュー。一度は落語を廃業した円屋萬月も、10年ぶりに落語界へ戻ってきていた。同時に萬月は、昭和の落語を記録として残す仕事をしており、四国の旅館で25年前に開かれた二代目助六と菊比古(八代目八雲)の落語会の8mmフィルムが残っていることを探り当て、小夏と与太郎とともに直接見に行く約束をする。

出産を機に「あの夜」の記憶ぼんやりと思い出すようになった小夏は、松田や八雲から当時のことを聞き出そうとするも二人の口から真実が語られることはなく、八雲からはただ「あんたの思い込みは間違っている」と言われるだけ。

そんな中、信之助の願いを聞き入れる形で行われることになった与太郎と八雲の「親子会」。そこで八雲がかけたのは、当時八雲にしかできない唯一無二の大根多「たちきり」。噺の途中、小夏が弾く三味線の音が流れる場面で会場にみよ吉の亡霊が現れる。みよ吉が消えた噺の終盤、突如胸を押さえた八雲は幕引きと同時に高座で倒れ、そのまま搬送されることに。「未練だね、まだ生きてらぁ」病院で目を覚ました八雲が、昏睡状態の中で思い出していたのは、25年前の「あの夜」の真実のことだった。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【昭和元禄落語心中】第9話ネタバレ。あの夜の真実を求める小夏。名人八雲が抱える恐怖

第10話サクッとネタバレ

タイトル「八雲」

(現在作成中です)

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

◯(現在作成中です)

≫そのほかの昭和元禄落語心中の記事はこちら。
ドラマ【昭和元禄落語心中】サクッと全話ネタバレ。八雲と助六の因縁・運命とは?
【昭和元禄落語心中】ドラマ版は原作をどこまで描くのか?山崎育三郎の公式インスタをヒントに考察
ドラマ【昭和元禄落語心中】キャストあらすじ。アニメ「舟を編む」の雲田はるこ原作を岡田将生主演で実写化。音楽に竹内まりや「いのちの歌」の作曲者、村松崇継

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)