ドラマ【昭和元禄落語心中】第9話ネタバレ。あの夜の真実を求める小夏。名人八雲が抱える恐怖

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【昭和元禄落語心中】。

主演は100作目の朝ドラ「なつぞら」への出演が話題の岡田将生。その役は落語の名人・八雲。

そんな主人公八雲に弟子入りするチンピラに竜星涼、八雲の養女に成海璃子がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【昭和元禄落語心中】のあらすじをネタバレでご紹介しています。

スポンサーリンク

これまでのあらすじ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

「八雲の名ともろとも、落語と心中しよう」

自らで八代目を数える名跡を自分の代で断つと決心しながらも、孤高の名人として知られていた八代目有楽亭八雲(菊比古)。ひょんなことから元チンピラの与太郎を弟子をとり、養女・小夏の父親で、かつて八雲と人気を二分した人気落語家で親友でもあった二代目助六(初太郎)とあるの女性との三人の過去を、夜通し小夏と与太郎に話して聞かせることにする八雲。

それは、幼くして足を怪我したことから生まれた家から親戚の落語家・有楽亭へ入門し、その同じ日に弟子入りした独り身の少年・助六との出会いから別れまでだった。

正反対の性格ながらも、落語によって絆を深め、落語界を盛り上げるために切磋琢磨し、若手のホープとして期待されていた菊比古と助六。しかし、素行の悪い助六は、些細なことから破門を言い渡され、これまでただ一つの目標であった「八雲を継ぐ」ことを断たれ生きる目的を失ってしまう。落語で生きていくことを決意した菊比古にフラれた芸者のみよ吉と一緒になり、子を身ごもったみよ吉とともに、四国へ行ったっきり落語界から姿を消した助六。

二人を連れ戻しに向かった菊比古だったが、旅館で開かれた落語会ののちに、みよ吉と助六は事故とも心中とも見える状況で命を失ってしまう。親をいっぺんになくし、その原因を菊比古のせいだと恨みながらも、菊比古の元で育てられることになった小夏。

菊比古は大事な人を全て無くし、先代から続く「八雲と助六」の因縁を消し去るべく、落語と心中することを決意したという・・・。

1987年。八雲が小夏と与太郎に過去の話をし、三つの約束をしてから十数年後。

与太郎は真打昇進が間近となり、助六を名乗りたいと八雲に願いでる。そこで与太郎は「自分の落語を見つけるために命をかけろ」と八雲に言われる。

小夏の妊娠を聞き、勢い余ってプロポーズをしたものの、彫りかけの背中の刺青が週刊誌にかき立てられるということも重なる。さらに与太郎は、小夏の宿した子の父親がかつて所属していた「吉切組」の組長だと萬月から教えられる。

自分の落語を見つけられないことに焦りを感じ、週刊誌のことで八雲に迷惑をかけたと思い謝りに向かった八雲のところで、与太郎はその過去すらも全て背負って生きろと言われる。これで覇気を取り戻した与太郎は勢いそのまま組長の元へ乗り込み、小夏の腹の子は自分の子だと啖呵を売り、組長からもいい噺家になったことを喜ばれる。

真打昇進披露興行一週間前に八雲から「芝浜」の稽古を受けた与太郎。気まずい雰囲気のままだった小夏が見守る前で与太郎改、三代目助六が披露興行でかけたのは「芝浜」だった。

興行の終わりに小夏は産気づき、そのまま病院に担ぎ込まれ無事男の子を出産。生まれたての赤子を前に小夏は与太郎と夫婦になりたいと言い、子供に「信之助」と名前をつける。こうして与太郎は小夏とともに八雲の家に舞い戻ることになる。

出産を終えた小夏は、25年前の両親の死の際の記憶を思い出し、あの時の真相を知りたいと話す・・・。

スポンサーリンク

第9話ネタバレ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

高座で話が飛んだり、出てこなかった時の恐怖。そのことからくる手の震え。先代の生前、菊比古が七代目から聞いた悩み。当時の菊比古はその悩みの深刻さをわからずにいたが、七代目の墓石の前でそのことを思い出していた八代目八雲は、古希を迎え同じ悩みを抱え一人苦しんでいた。1995年の夏。すでに信之助は「寿限無」を空で言えるほどに成長し、生まれ持ったその華やかさで寄席の人たちからも可愛がられていた。「もっと落語と近くで暮らしたい」という思いから下座としての修行を積んでいた小夏は、いよいよデビューの日で夫となった与太郎(助六)とともに神社で手を合わせる。同じ日、10年ぶりに落語界に戻ってきた萬月もまた落語家として再スタートを切っていた。そして与太郎は、テレビでも見ない日はないというほどの売れっ子ながら、寄席でも活躍をしており、雨竹亭ホールの席亭からも大いに喜ばれていた。

そんな最中八雲と松田は、落語と並行して昭和落語を記録に残す仕事をしているという萬月から「みよ吉」という名を聞くことになる。萬月によると、かつて菊比古と助六がみよ吉の故郷である四国で生活していた当時の記録が見つかったとのこと。

真打になり「助六」を名乗って数年経ちながらも、いまだに周囲からは「与太郎」と呼ばれることの多い三代目助六。今では八雲、小夏、信之助、松田、与太郎の5人が一つ屋根の下で暮らし、松田は家族で賑やかに生活できることに涙を流して喜ぶ。萬月の要請を受けて写真アルバムを見返していた松田。アルバムから消えていた「鹿芝居」の時の菊比古と助六の写真は、数年前に小夏が怒りに任せてハサミで切ってしまったものだったが、小夏は写真を真っ二つに切ったにも関わらず、そのどちらをも捨てずに保管し続けていた。そのことに安堵する松田は、下座をするようになってから「あの夜」のことをぼんやりと度々思い出すようになったと小夏から聞く。さらにあの夜の本当のことを教えて欲しいと、小夏から問いただされる松田だったが、なんとか話をはぐらかしてその場をやり過ごす。

その頃、与太郎、新之助とともに風呂に入っていた八雲は、与太郎のくちずさむ「野ざらし」の唄を聴きながら、二代目助六のことを思い出していた。風呂から上がり、庭で花火をしていた3人。信之助が同じ唄を口ずさんでいることから「野ざらし」も覚えたのか?と聞いた八雲に、信之助は唄の部分だけ覚えたという。じいじは「野ざらし」やらないの?という信之助の問いに八雲は、昔に信之助のもう一人のおじいちゃんと一緒にやったことはあるが、もう二度とやらないと話す。助六のレコードを持ち出し信之助に手渡した八雲は、助六がもうこの世にいないことを信之助に教える。その後与太郎と話している中で、信之助から「じいじの落語をもっと見たい」とせがまれた八雲は、与一会から「独演会をやって欲しい」と誘われていることもあり、与太郎とともに「親子会」を開くことを決める。しかし八雲は「落語をやりながらコロッと死にたい」と考えていることを与太郎に漏らしていた。

20年前に移転した旧雨竹亭。建て直しをして再び使うという席亭の願いも虚しく、近くに起きた大震災の影響もあり来月に取り壊すことが決まっていた。席亭の案内で旧雨竹亭を訪れた八雲は、廃墟と化した寄席の客席に助六の亡霊を見る。何も言わずに座り込んでいる助六に八雲は問いかける。「落語を聞きに来たのかい?それとも演りに来たのかい?」しかし亡霊は何も言わずに消えていく。

その頃、信之助の入学祝いとして写真撮影をしていた与太郎、小夏、信之助。小夏は貸衣装を着ることになった流れで、白無垢をに着替える。着替え終わり一人「野ざらし」の唄を口ずさんでいる小夏の後ろに現れたのはみよ吉の亡霊。度々小夏の前に現れてはただ無言で消えていくみよ吉に、自らの恨みをぶつけるが、助六同様、みよ吉もまた何も言わず消えていってしまう。

その後、八雲に三味線の稽古を受けていた小夏は、稽古終わりで八雲に問いただす。あの夜の真実を教えて欲しいと。小夏は、生前、母・みよ吉に嫌われ、嫌い憎んでいたことから自分が母親としてうまくやっていけるのか?と苦しみ悩んでいるのだった。度々思い出しそうになるあの夜の真実を教えて欲しいと訴える小夏に、真実はいつか話してやるという八雲。「お前さんの思い込みは間違っている」そういったきり八雲は口を閉ざしてしまう。

こうして迎えた与太郎と八雲の「親子会」。出番前に話をさらっていた八雲は、小夏が苦しんでいたことに後悔を感じ、再び現れた助六の亡霊に「いつまでも歳を取らなくて羨ましい」と言葉を漏らすのだった。

八雲から言われた言葉の意味を考えていた小夏の元に萬月からもたらされたのは、25年前に亀屋旅館で行われた落語会の8mmフィルムが残っているという話。真実を知りたい小夏は二つ返事で四国行きを決め、八雲が隠していることがあるはずだと与太郎に伝える。

八雲の出番を前に緊張する小夏。八雲はそんな小夏に声を掛ける。「大きく息を吸って、客に自分の三味線を聞かせてやるという心持ちでいなさい」それは鹿芝居の時に緊張して逃げ出そうとする菊比古に、みよ吉がかけた言葉だった。

八雲の演目は「たちきり」。この当時東京では八雲しかできないし、やらないという大ネタ。

若旦那への熱い想いを寄せ、恋い焦がれたまま命を絶った女・小糸。彼女の死後に小糸の思いを知った若旦那。話の終盤、どこからともなく聞こえてくる三味線の音。小夏は、八雲の話を聞きながら絶妙なタイミングで演奏を始める。話がクライマックスに差し掛かった頃、小夏は客席にみよ吉を見る。どうやら八雲もまたみよ吉が見えているらしい。八雲の背中に頭をもたげるみよ吉。みよ吉が消えた直後、八雲は胸を押さえ苦しそうにする。異変を察した与太郎は、最後の言葉とともに急いで幕を降ろす。幕が降りきると同時に倒れこむ八雲と目を合わせた与太郎は、客のために落語をやらなければと小夏に伝え、寄席に残り予定通り親子会を続ける。

病院に担ぎ込まれた八雲。小夏の呼びかけに目を覚ました八雲は、助六とみよ吉、そしてあの夜のことを思い出していた。「未練だね、まだ生きてらぁ」あの夜の真実を話さないで死んだらどうする?という八雲の問いかけに、そんなことはどうでもいい!と、八雲が生きることを何よりも願う小夏。こうして八雲は再び”心中”を引き延ばされるのだった。

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【昭和元禄落語心中】キャストあらすじ。アニメ「舟を編む」の雲田はるこ原作を岡田将生主演で実写化。音楽に竹内まりや「いのちの歌」の作曲者、村松崇継

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)