ドラマ【昭和元禄落語心中】第7話ネタバレ。

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【昭和元禄落語心中】。

主演は100作目の朝ドラ「なつぞら」への出演が話題の岡田将生。その役は落語の名人・八雲。

そんな主人公八雲に弟子入りするチンピラに竜星涼、八雲の養女に成海璃子がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【昭和元禄落語心中】のあらすじをネタバレでご紹介しています。

スポンサーリンク

これまでのあらすじ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

刑務所での元チンピラ与太郎(竜星涼)を弟子に取った八代目有楽亭八雲(岡田将生)。これまで弟子を取らないと公言していた八雲が突如弟子入りを認めた与太郎だったが、八雲の独演会でイビキを会場中に響かせ破門を言い渡される。

必死に破門取り消しを願い出る与太郎に八雲は、助六(山崎育三郎)と八雲の過去を話し始める。

同じ日に七代目八雲のもとに弟子入りした二人の前座名は初太郎(助六)と菊比古(八代目八雲)全く正反対の性格がゆえに、どこか馬の合う二人は落語とともに成長し二つ目に昇進。初太郎は名を「助六」と改めその人気はますますうなぎ登り。そんな助六とは対照的に自分が落語に向いているのかと思い悩む菊比古。

常に客のため、時代に寄り添った落語を目指す助六と、圧倒的な技術と伝統的な型を重んじる変わらない落語に自分の居場所を見出す菊比古。

真打昇進に喜ぶ二人だったが、助六は些細なことから七代目とケンカをしたことがきっかけで、八雲の名を菊比古に継がせると告げられる。”八雲を継ぐ”ことがただ一つの目標だった助六は、失意のうちに菊比古にフラれ傷心するみよ吉と子供を作り、みよ吉の故郷四国へ消え落語界から除名されて行く。

菊比古もまた七代目とその妻を相次いで亡くした頃、七代目から同門の弟子だった初代助六を自らの力で落語界から追放したと言う”八雲と助六の因縁”を知る。

八代目を継ぐことが目前となる中菊比古は、四国へ向かいそこで7年ぶりに助六に再会する。助六とみよ吉の娘・小夏とともに、四人で東京に戻って生活をすることを目標に四国で暮らし、縁あって助六と菊比古は地元旅館で二人会を行う。大成功のうちに夢のような一日を過ごした二人だったが、思いもよらぬ形で助六とみよ吉は、客室から眼下の川底へ身を投じ命を落とすことになる。

こうして小夏とともに東京で暮らすことになった菊比古は大切なものを全て失い、この因縁を断ち切ろうと八雲を襲名し、落語とともに心中し葬り去ろうと心に決めるのだった。

スポンサーリンク

第7話ネタバレ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

(現在作成中です)

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【昭和元禄落語心中】キャストあらすじ。アニメ「舟を編む」の雲田はるこ原作を岡田将生主演で実写化。音楽に竹内まりや「いのちの歌」の作曲者、村松崇継

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)