ドラマ【昭和元禄落語心中】第7話ネタバレ。小夏の妊娠。背中の刺青。中途半端から抜け出したい与太郎

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【昭和元禄落語心中】。

主演は100作目の朝ドラ「なつぞら」への出演が話題の岡田将生。その役は落語の名人・八雲。

そんな主人公八雲に弟子入りするチンピラに竜星涼、八雲の養女に成海璃子がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【昭和元禄落語心中】のあらすじをネタバレでご紹介しています。

スポンサーリンク

これまでのあらすじ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

刑務所での元チンピラ与太郎(竜星涼)を弟子に取った八代目有楽亭八雲(岡田将生)。これまで弟子を取らないと公言していた八雲が突如弟子入りを認めた与太郎だったが、八雲の独演会でイビキを会場中に響かせ破門を言い渡される。

必死に破門取り消しを願い出る与太郎に八雲は、助六(山崎育三郎)と八雲の過去を話し始める。

同じ日に七代目八雲のもとに弟子入りした二人の前座名は初太郎(助六)と菊比古(八代目八雲)全く正反対の性格がゆえに、どこか馬の合う二人は落語とともに成長し二つ目に昇進。初太郎は名を「助六」と改めその人気はますますうなぎ登り。そんな助六とは対照的に自分が落語に向いているのかと思い悩む菊比古。

常に客のため、時代に寄り添った落語を目指す助六と、圧倒的な技術と伝統的な型を重んじる変わらない落語に自分の居場所を見出す菊比古。

真打昇進に喜ぶ二人だったが、助六は些細なことから七代目とケンカをしたことがきっかけで、八雲の名を菊比古に継がせると告げられる。”八雲を継ぐ”ことがただ一つの目標だった助六は、失意のうちに菊比古にフラれ傷心するみよ吉と子供を作り、みよ吉の故郷四国へ消え落語界から除名されて行く。

菊比古もまた七代目とその妻を相次いで亡くした頃、七代目から同門の弟子だった初代助六を自らの力で落語界から追放したと言う”八雲と助六の因縁”を知る。

八代目を継ぐことが目前となる中菊比古は、四国へ向かいそこで7年ぶりに助六に再会する。助六とみよ吉の娘・小夏とともに、四人で東京に戻って生活をすることを目標に四国で暮らし、縁あって助六と菊比古は地元旅館で二人会を行う。大成功のうちに夢のような一日を過ごした二人だったが、思いもよらぬ形で助六とみよ吉は、客室から眼下の川底へ身を投じ命を落とすことになる。

こうして小夏とともに東京で暮らすことになった菊比古は大切なものを全て失い、この因縁を断ち切ろうと八雲を襲名し、落語とともに心中し葬り去ろうと心に決めるのだった。

スポンサーリンク

第7話ネタバレ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

八雲と三つの約束をしてから14年の歳月が経った1987年。

八雲は落語協会の会長に推され、与太郎は八雲の厳しい稽古を乗り越え、寄席に客を呼べる落語家としてテレビに出るようにもなり、いよいよ真打という話が持ち上がっていた。父を亡くした萬月はテレビレポーターとしての仕事をするようになり、落語家はほぼ廃業状態。「落語はなくならない」と信じる与太郎は、そんな萬月にいつでも落語に戻ってきてくれと声をかける。人気があり真打目前とはいうものの、未だ自分の落語を見つけられていない与太郎は、根多より枕ばなしが受ける有様。真打昇進の話を小夏だけに伝えたはずが、町中に広まってしまったことを詫びに向かった八雲の家で、与太郎が聞いたのは小夏の妊娠の話。

すでに妊娠3ヶ月で父親は教えないという小夏に、話を聞いていたお手伝いの松田は小夏と子供のことを思って八雲のところで三人で一緒に暮らそう、暮らさなければダメだ!とものすごい剣幕でいいよる。そんな松田と対照的に八雲は「好きにするさ」と言ったきり予定していた墓参りへ向かう。七代目の24回目の命日に墓参りに向かった八雲は、そこで助六の亡霊に会う。「落語家だろ、なんか喋りやがれ!」人気に陰りのある落語界と、反抗ばかりしてきた小夏。そのことを悔やむ八雲は助六に怒りをぶつけるが助六は何も言わず佇んでいるだけ。そこへやってきたのは、家に残された小夏に勢い任せで小夏のお腹の子の父親になれないか?と結果的にプロポーズをしてしまった与太郎。真打昇進が噂になってしまったことを八雲に詫びる与太郎はさらに真打昇進を機に「助六を襲名させて欲しい」とお願いをする・・・。

「掴むんじゃねぇ・・・」このころの八雲は歳を重ねその落語はまさに絶頂期。高座に上がるだけで寄席の空気が変わり、動き話すだけで人が惹きつけられるほど。そんな八雲が「助六を継がせて欲しい」と言った与太郎に言ったのは「好きにしな」とあっさりしたもの。名より芸だという八雲に「お前さんは自分の落語を見つけなきゃない」と言われた与太郎。与太郎との飲みの席でその話を聞いていた萬月が気になるのはやはり小夏の妊娠のこと。小夏にお見合いの斡旋をしていたが突如妊娠の事実を知って心臓が止まる思いをしながらも、その真相がわからずむしゃくしゃするという萬月。二人は酒を煽り、与太郎は裸踊りで客たちを楽しませるのだったが・・・

そのころ小夏は、与太郎にプロポーズされたことを世話になっているお栄に話していた。嫌いじゃない与太郎との結婚を真剣に考えてもいいのでは?というお栄に、小夏はただ助六の血を絶やしたくなかっただけだと話す。その話を聞いている中で、小夏の子供の父親が誰なのか見当がついたお栄は、与太郎を訪ねそのことを話して聞かせる。「年上で身近にいて、まさかと思うような人物」その条件に当てはまる人物が誰なのか?と気になり思いめぐたしていた与太郎。訪ねた八雲の家で与太郎は、その人物が松田だと思い言いよってしまう。全くの見当はずれに小夏に殴られてしまった与太郎だったが、改めて結婚のことを真剣に考えて欲しいと小夏に伝えるのだった。

そんな最中、酒の席での裸踊りの時の背中の刺青を週刊誌にかき立てられ、方々に迷惑をかけることになってしまった与太郎。アマケンには八雲の名を傷つけるなと言われ、さらに自分の落語を見つけられていない中途半端な落語家だと指摘されてしまう。

その頃八雲は「柳しま」で人を待っていた。そこにやってきたのは与太郎が以前入っていた組の組長だった。久々の再会となった組長に八雲は言葉を注ぐ。「親分、小夏が妊娠してんですよ・・・。」

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【昭和元禄落語心中】キャストあらすじ。アニメ「舟を編む」の雲田はるこ原作を岡田将生主演で実写化。音楽に竹内まりや「いのちの歌」の作曲者、村松崇継

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)