ドラマ【昭和元禄落語心中】第5話ネタバレ。明かされる八雲と助六の因縁。悲しき七代目の深い業

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【昭和元禄落語心中】。

主演は100作目の朝ドラ「なつぞら」への出演が話題の岡田将生。その役は落語の名人・八雲。

そんな主人公八雲に弟子入りするチンピラに竜星涼、八雲の養女に成海璃子がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【昭和元禄落語心中】のあらすじをネタバレでご紹介しています。

スポンサーリンク

これまでのあらすじ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

刑務所での元チンピラ与太郎(竜星涼)を弟子に取った八代目有楽亭八雲(岡田将生)。これまで弟子を取らないと公言していた八雲が突如弟子入りを認めた与太郎だったが、八雲の独演会でイビキを会場中に響かせ破門を言い渡される。

必死に破門取り消しを願い出る与太郎に八雲は、助六(山崎育三郎)と八雲の過去を話し始める。同じ日に七代目八雲のもとに弟子入りした二人の前座名は初太郎(助六)と菊比古(八代目八雲)

全く正反対の性格がゆえに、どこか馬の合う二人は落語とともに成長し二つ目に昇進。初太郎は名を「助六」と改めその人気はますますうなぎ登り。そんな助六とは対照的に自分が落語に向いているのかと思い悩む菊比古。

そんな中、「鹿芝居」で女形を演じたことをきっかけに自分の落語を見出す聞く菊比古。一方だらしない暮らし振りながら実力も人気も一番の助六に、落語界は頭を悩ませていた。菊比古は真打昇進のため新たに「死神」を自分のモノにしついに真打昇進。

菊比古とともに真打昇進となった助六だったが、披露興行の千秋楽で落語協会会長の十八番「居残り佐平次」をやったことが原因となり七代目から”八代目八雲は菊比古に継がさせる”と言われ、さらに「破門」を言い渡されてしまう。

スポンサーリンク

第5話ネタバレ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

真打昇進後、菊比古(岡田将生)はめきめきと人気を上げていった。一方で破門された助六(山崎育三郎)は落語界に居場所を失い、みよ吉(大政絢)と共にぷっつりと消息を聞かなくなる。数年後、菊比古は師匠である七代目八雲(平田満)から、七代目と助六との間の、ある秘密を知ることになる。引用元:NHK

1955年(昭和30)。助六が破門を言い渡されて8ヶ月。菊比古はあれ以来姿の見えない助六がそのうちひょっこり戻ってくると軽く考え待っていた。そんなある日、寄席に来ていた助六と再会した菊比古は、助六に破門の理由を問い詰める。その理由を頑なに明かさない助六から、かつて助六を育てた素人落語で初代助六を名乗っていた人物が、有楽亭に入門するも挫折したことがあるという過去を聞かされる菊比古。そして助六はこれまで大切に持っていた「助六扇子」を菊比古に渡して去って行ってしまう。その頃助六は、ほとんど四六時中酒を飲む毎日で、落語から離れみよ吉と同棲していた。お腹に助六の子を宿すみよ吉は、まとまったお金が入ったら故郷の四国に戻ろうと話す。

そんな最中七代目の妻が世を去り、七代目はこれまでになく意気消沈している様子。久々に七代目の家で過ごしていた菊比古は、七代目から八代目八雲は菊比古に継がせると伝えられる。そこで菊比古は、頑なに破門の理由を言わない助六の心の苦しみをはっきりと知ることになる。八雲を継ぐことを目標に生きてきた助六が、よりによって親友である自分に横取りされる。助六の破門を解いてほしいと懇願する菊比古に、七代目はその意思を変える様子はなかった。

それでも助六を落語にやってほしいと願う菊比古。そんな最中、みよ吉の芸者仲間のお栄からみよ吉が店のお金を持ち逃げしたまま行方がわからなくなったと教えられる。ちょうどその頃、再び助六が現れる。みよ吉の出産のために東京から離れると告げる助六に、落語は辞めるなと説得する菊比古。ずっと憧れを持って追いかけていた助六の背中で涙を流す菊比古に、助六は「もうどうすればいいかわからない・・・」と呟くのだった。

それから7年が経った1963年の夏。その後全くの音信不通となった助六とみよ吉だったが、助六の名前が協会から除名されることとは裏腹に、文化芸術大賞など様々な賞を受け確実にキャリアを重ねていた菊比古。そんな年の親子会落語の日。菊比古に弟子入りを願う青年に「落語なんかやるもんじゃない」と突っぱねる菊比古。その親子会で有楽亭のお家芸であり、七代目が磨き上げたネタ「子別れ」をかける七代目だったが、高座を下りた直後に倒れ入院することになってしまう。お見舞いに訪れた菊比古は、病床にある七代目から”助六と八雲の因縁”を教えられる。

七代目の血の繋がった父は、六代目有楽亭八雲。実の父の元で落語家を目指していた七代目と同時期に弟子入りした男がいた。噺家としての天の才を持っていたその男が名乗ったのが助六。落語では到底勝てないとわかっていた七代目は、六代目の息子という立場を利用して七代目を継ぐように父を説得し、皆の前でそのことを発表させる。そのことにショックを受けた助六は一門を抜け、その後、日雇いとなった助六は素人落語「天狗連」で助六を名乗り、身寄りのない初太郎の世話をするようになる。七代目は、初太郎が入門をした時からこの”助六と八雲の因縁”に心を苛まれ、ことあるごとに苦しめられたという。その上、菊比古にすら名跡を継がせたくないと、自らの”業”を悔やむ七代目。その話を聞きいた菊比古は、七代目の嫌なところを反面教師に自分の落語を見つけることができたと話し、感謝を伝える。

こうして、そのまま長い眠りについた七代目。正式には有楽亭を継ぐ者がないまま空いていた有楽亭の名跡。落語協会会長からも一言を受け、八代目を継がなければならないような状況の中、菊比古は一度は見つけたはずの「自分の落語」への迷いが生じ始める。そこで助六に会いたいと考えた菊比古は、協会から休みをもらい、お栄から貰ったハガキを頼りに、みよ吉の故郷四国の温泉街へ助六に会いに向かう。

四国の町にやって来た菊比古は、住人に勧められるままあるうどん屋へ向かう。そこで幼い少女の落語を聞いた菊比古は、その「野ざらし」が助六の”カタ”であると気づく。小夏と名乗るその少女は助六とみよ吉の娘で、相変わらず働きに出ずにいる助六と、妾のような仕事で働きに出たままほとんど家に帰ってこないみよ吉の代わりに、落語を聞かせ稼ぎを得ているという。小夏に案内され向かったボロボロの家。菊比古が家の中に向かって怒鳴りつけると堰を切るように飛び出して来たのは助六。7年ぶりの再会に、カバンで殴りつけながらも喜びを隠せない菊比古は、助六と抱擁を交わす。こうして長らく止まっていた二人の時が再び動きはじめるのだった・・・。

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【昭和元禄落語心中】キャストあらすじ。アニメ「舟を編む」の雲田はるこ原作を岡田将生主演で実写化。音楽に竹内まりや「いのちの歌」の作曲者、村松崇継

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)