ドラマ【昭和元禄落語心中】第2話ネタバレ。

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【昭和元禄落語心中】。

主演は100作目の朝ドラ「なつぞら」への出演が話題の岡田将生。その役は落語の名人・八雲。

そんな主人公八雲に弟子入りするチンピラに竜星涼、八雲の養女に成海璃子がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【昭和元禄落語心中】のあらすじをネタバレでご紹介しています。

スポンサーリンク

これまでのあらすじ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

刑務所での元ヤクザ・与太郎を弟子にとった八雲(岡田将生)。

八雲と助六、そして自らの母・みよ吉の間に何があったのかを知りたい小夏は、八雲に育てられてきたことへの感謝とともに、助六を殺したのは八雲だと思い恨みを抱いていた。

弟子として正式に認められた与太郎は八雲の独演会で居眠りをしていびきを会場中に響かせてしまい、八雲から破門を言い渡される。

それでも落語がやりたいと懇願する与太郎に八雲は、助六と自分の間に起こった過去を、助六の娘である小夏にも話して聞かせるという。

八雲と助六(山崎育三郎)が、落語の世界に入ったのは昭和10年代。前座として寄席に出る頃には、日本は戦争のまっただ中だった。

不安に満ちた日々を経て、昭和20年の夏、終戦。そして、彼らの運命を変える、孤独な芸者・みよ吉(大政絢)が現れる…。引用元:NHK

スポンサーリンク

第2話ネタバレ|ドラマ【昭和元禄落語心中】

(現在作成中です)

≫そのほかの昭和元禄落語心中の記事はこちら。
ドラマ【昭和元禄落語心中】サクッと全話ネタバレ。八雲と助六の因縁・運命とは?
【昭和元禄落語心中】ドラマ版は原作をどこまで描くのか?山崎育三郎の公式インスタをヒントに考察
ドラマ【昭和元禄落語心中】キャストあらすじ。アニメ「舟を編む」の雲田はるこ原作を岡田将生主演で実写化。音楽に竹内まりや「いのちの歌」の作曲者、村松崇継

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)