綾瀬はるか主演女用心棒ファンタジー作衝撃の終焉!ドラマ「精霊の守り人」シーズン3 【最終章】全話あらすじと該当する原作

スポンサーリンク

ドラマ「精霊の守り人 シーズン3【最終章】」の第1話から最終話の第9話までのあらすじをまとめています。

なかなか理解がしにくいこの物語を少しでもわかりやすくなればと思い作成しました。

*完全にネタバレとなる部分もあります、閲覧は自己責任でお願いいたします。

まずは、該当する原作をまとめます。守り人シリーズの全体像が早わかりの完全ガイドなどもご紹介しています。

スポンサーリンク

シーズン3【最終章】の原作は「闇の守り人」「天と地の守り人」2作品

(リンク先はアマゾン購入ページです)

ロタ王国シンタンダ牢城で起きた謎の大虐殺。その生き残りアスラを狙うカシャルたち。草市でアスラたちを救ってから、アスラを守るためロタを逃げる用心棒バルサの活躍する『闇の守り人 (新潮文庫)』

アスラを利用して、ロタ王国の立て直しを計る冷徹な女シハナ。地域格差、民族差別を抱えるロタ王国で、自分とアスラを重ねるバルサ。シハナとの直接対決が見どころの『天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編』

原作の世界をざっとおさらいはできるのは、以下の完全ガイドがおすすめです。

「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド

ロケ地や衣装、槍舞やオープニング映像の秘密など、撮影の裏情報が満載の最終章の公式ブックはこちら

「NHK 大河ファンタジー 精霊の守り人 最終章 完全ドラマガイド (エンターブレインムック) 」

「メイキング・オブ・大河ファンタジー 精霊の守り人 最終章」

精霊の守り人シーズン3【最終章】第1話「バルサ、故郷へ帰る」あらすじ

バルサ (綾瀬はるか)は、新ヨゴ国を守ると言う使命を背負ったチャグム(板垣瑞生)のため、カンバル王・ログサム(中村獅童)への取次を、バルサの育ての親・ジグロ(吉川晃司)の兄で、武人<王の槍>のカグロ(渡辺いっけい)に頼ることに。

しかし、バルサは、カグロを始め彼らの一族が、ジグロのことを「王と国、そして、一族の捨てた裏切り者」だと思い憎しみをもっていることを知ることになる。

その頃、タンダ (東出昌大 )やトロガイ(高島礼子)は、水の精霊<ナ・ヨロ・ガイ>が春の訪れとともに北へ向かっていることを知る。現実と目に見えない世界<ナユグ>が大きく変動し始めていた。そんな最中、タンダは兄・ノシル(林家正蔵)の願いで、戦場に駆り出されることになる。

タルシュ帝国の皇子・ラウル(高良健吾) は北の国々への侵略を着々と進め、チャグムの父・帝(藤原竜也)は聖導師(鹿賀丈史)も言葉に詰まるほどに、正気を失い始めていた。ジグロがどこまでも貶められていることを知ったバルサは、ログサムがタルシュ帝国と通じていると言うことを確かめるため、チャグムとともにログサムの元へ急ぐのだった。

第1話のあらすじと感想はこちら

【あらすじ】女用心棒バルサ復活!綾瀬はるかと板垣チャグム波乱の幕開け 「精霊の守り人 3最終章」 第1話感想ネタバレ

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

精霊の守り人シーズン3【最終章】第2話「カンバルの闇」あらすじ

タルシュ帝国とカンバル国から追われる身となり、カグロ(渡辺いっけい)の元からカンバルの市場に来ていたバルサ (綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)。新ヨゴ国を守るためログサム(中村獅童)と会わなければならないというチャグムにバルサはもっとカンバル国のことを知らなければならいと、過去の話を始める。


29年前。ログサムの兄でカンバル国王ナグル(黄川田将也)は病に伏しており、その妃(村川絵梨)はお腹に子を宿していた。

妻を亡くしたばかりでまだ6歳のバルサ(横溝菜帆)を妹ユーカ(花總まり)に面倒を頼み、ナグル王の手当をするバルサの父で医術師のカルナ(上地雄輔)。ログサムは病弱なナグルに王は務まらないとカルナにナグルの暗殺を指示。できなければ娘バルサの命はないと脅すのだった。カルナは悩みながらもナグルに毒を盛り王は命を落とすこととなり、王の死に嘆き悲しむ妃もあとを追うように自殺。しかし、それもまたログサムが仕組んだことだった。

カルナは親友で”カンバル最強の武人”と言われるジグロ(吉川晃司)に助けを求め事情を全て話す。ユーカからカルナのことを助けて欲しいと頼まれていたジグロは、ログサムが国の財力”宝石ルイシャ”を思い通りにしようと”山の王”を倒そうと考えていることを知る。ともに山の王を倒すことをジグロに願うログサムだったが、ジグロは牧童トト(米良美一)に助言を求めカンバルを出て行く決意をする。ジグロはトトから受け取った”緑白石”をユーカに渡し想いを告げ、バルサを連れてカンバルを出て新ヨゴ国へ向かうのだった。

「王や神を信じるな」ジグロからそう聞かされて育つこととなるバルサ。その頃、カンバル国では、ジグロの生まれた一族、ムサ氏族は裏切り者の一族とされ、惨めな生活を送るようになっていた。王の槍が揃わず”山の王”を倒すことのできないログサムは、ジグロの兄カグロにジグロの殺害を命じる。そこでカグロはジグロに槍を教え込まれ、ジグロは王の槍の証である「金の輪」をカグロに渡し、カグロは王の槍としてカンバルに戻るのだった。


バルサはチャグムに話し終えると、ヨンサ氏族で、今でも診療所を営む叔母ユーカの元へチャグムとともに向かうことにするのだった・・・。

第2話のあらすじと感想はこちら

【ネタバレ】異種格闘技戦!?中村獅童×吉川晃司 アラフィフ俳優の演技合戦が熱い!「精霊の守り人 3最終章」 第2話感想あらすじ

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

精霊の守り人シーズン3【最終章】第3話「ルイシャ贈り」あらすじ

バルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)は、カンバル王国のヨンサ氏族領で医術師を続けている叔母・ユーカ(花總まり)を訪ねるが、突然現れたバルサを姪だと信じられず戸惑うユーカに、バルサはジグロ(吉川晃司)に育てられた経緯を話す。親友だったカルナ(上地雄輔)から頼まれバルサを育てたジグロのことを、裏切り者だと聞かされ、バルサの話を受け入れられずにいたユーカだったが、バルサはユーカの計らいでヨンサ氏族の長老・ラルーグ(武田鉄矢)にルイシャ贈りの儀式”槍舞い”について教えを請うことになる。

その頃、カグロについた”黒い影”を見るラダール(中川晃教) は山の王の儀式に恐れを感じていた。

そんな中、ラルーグから槍舞いについて聞いたバルサは、追ってきたカグロ親子に再び捕われ、カンバル国王・ログサム(中村獅童)に対面することになる。弟カイザの代わりに戦争に行くことになったタンダにトロガイ(高島礼子)は、バルサが一人になるからと引き止めるが、タンダの決意は固く戦場へ向かうのだった。新ヨゴ国の最前線”タラノ平野”では、タンダをはじめ新ヨゴ国の民たちが兵役につき、タンダはそこでナユグ<異界>を感じとることができる青年コチャ(とまん)に出会い、新ヨゴが戦の末になくなると聞かされる。

ラルーグによってトト(米良美一)のところに預けられることになるチャグムは、ナユグで新ヨゴ国に水が流れ込んでいることを知らされる。

「カグロはジグロが盗んだ9つの金輪を取り返し、カンバルの英雄となった。」王城で対面したバルサに、それが事実かと問いただすカンバル王。バルサは憎しみとともにじっとカンバル王から目を背けずにいた・・・。

槍舞い:”ルイシャ贈りの儀式”の中で行われる。10年に一度宝石ルイシャを山の王から贈られ、それを財源として国が成り立っているカンバル国。山の底に住む”山の王”と対面するには洞窟の岩の扉が開き笛の音のような風が吹いたのち、王は次の新月までに、贈り物を持参し9人の王の槍を引き連れて儀式に臨む。洞窟にいるヒョウル”闇の守り人”と最後まで戦い抜いた最強の武人に、山の王はルイシャを贈る。その戦いは、ジグロが兄カグロと”互いの槍が一体となる舞うような戦い”のことで、最も強い王の槍が儀式の舞手となる。この儀式がカンバルにとって生きる糧であり、ジグロは16歳でヒョウルに勝利したが、それ以来ヒョウルに勝った王の槍はいない。

第3話のあらすじと感想はこちら

【ネタバレ】小さいおじさん武田鉄矢&米良美一に守られる板垣チャグムの美青年っぷりが尊い「精霊の守り人 3最終章」 第3話感想あらすじ

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

精霊の守り人シーズン3【最終章】第4話「ログサムの野望」あらすじ

カグロ(渡辺いっけい)がジグロ(吉川晃司)の命を奪ったと嘘を突き通すバルサ (綾瀬はるか)に、ログサム(中村獅童)はジグロが”金の輪”を盗んだというのは嘘だと真実をバラす。そして、「ジグロとの決着をつける」といい、自分と命をかけた戦いをせよとバルサに命じるログサム。ログサムが地に倒されたところ、そこへラダール(中川晃教) が二人を止めに入る。ログサムはバルサを牢に監禁してチャグム(板垣瑞生)の居場所を聞き出せと命じる。ジグロがカンバルの平和を願ってカグロへ”王の槍”となるため槍を教えたこと、そして、これからもカグロが嘘を突き通すことでカンバルが守られると話すバルサに、カグロはバルサへの信頼を強めていた。

その頃、民たちの反乱を恐れるタルシュ帝国では、その矛先となっていたラウル王子(高良健吾) が北の戦場の最前線へ行くことになる。その裏では、タルシュ軍を率いるベリス総督(嶋田久作)とヒュウゴ(鈴木亮平)が、タルシュを救うために”ラウル王子の野心”を利用して新たなタルシュ帝国を作ろうと画策していた。

「帝(藤原竜也)の死と引き換えにチャグムの命を助ける」という伝令をセナ(織田梨沙)から聞く聖導師(鹿賀丈史)は、帝の殺害とともに自害することをシュガ(林遣都)に伝えるが、そのことに気づいていたモン(神尾佑)やガカイ(吹越満)たちのため目論見を断念せざるを得なかった。

その頃、戦場の最前線タラノ平野にいたタンダ (東出昌大 )とコチャ(とまん)たちの元に、突如タルシュ軍の攻撃が始まったと知らせが入り、コチャはまたしても異界の霊が憑依し”新ヨゴ国の滅亡”を予言するのだった。

牧童のトト(米良美一)の岩場で、ラルーグ(武田鉄矢)とともに匿われていたチャグムは、ログサムの狙いが”山の王と戦いをすること”だということに気づき、バルサに伝えなければとカンバル王城へ向かうのだった。

ジグロの真意をバルサから知らされ、カンバル王国を救うためロタ王国との同盟をログサムに進言するカグロだったが、山の王を倒すことにのみ熱意を燃やすログサムにはその熱意は響かず。ログサムはバルサを”儀式”で武力で見極めるといい、カーム(降谷建志)を殺せと命じる。

しかしカグロがその命をかけた”儀式”を行うことを名乗りでたため、バルサはカグロと戦うことになる。ジグロとカグロの”槍舞”を彷彿とさせる槍の交わりを見せたふたり。しかしながら、バルサに敗北したカグロは、ジグロから受け継いだ”金の輪”をバルサへ受け継ぎ、直後に、王城から身を投げるのだった・・・。

激しい怒りをログサムに向けるバルサ。しかし、そこへチャグムとラルーグが謁見に現れる。その時ラダールは、カグロについていた亡霊がバルサに乗り移るのを見るのだった。

第4話のあらすじと感想はこちら

【ネタバレ】藤原竜也?渡辺いっけい?世代交代の時 それぞれの結末。バルサとカグロの槍舞が美しい「精霊の守り人 3最終章」 第4話感想あらすじ

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

スポンサーリンク

精霊の守り人シーズン3【最終章】第5話「槍舞い」あらすじ

カグロ(渡辺いっけい)から”王の槍”の証となる金の輪を受けついだバルサ(綾瀬はるか)。ナユグの危険を知らせようとカンバル王城に来ていたチャグム(板垣瑞生)もろとも、ついに山の王の元へ向かう。

最後の扉を守るヒョウル〈闇の守り人〉たちを倒し、最強の槍となり、最後のヒョウルと戦うことになるバルサ。彼女の前に現れた最後のヒョウルは、山の精霊と一体になったジグロ(吉川晃司)の霊だった。

バルサが抱えていたジグロへの悔恨の気持ちとジグロ自身の想い。

ヒョウル”ジグロとの”槍舞い”の中でバルサの自分自身を苦しめていた想いが氷解したとき、バルサは”ヒョウル”ジグロに勝利し、最後の扉が開く。

ログサム(中村獅童)がその中へ向かおうとしたところ現れたのは、カグロをはじめ、ログサムの命でジグロに殺されることとなった、過去の王の槍たちの霊だった。

皇太子ラダールがログサムに代わりその罪の許しを請うたことで山の王はラダール(中川晃教) をカンバル国王として認め、ログサムの命を奪い去っていくのだった。

こうして宝石ルイシャとともにカンバル国の新たな王となったラダールは国へ戻る。

「おかえり、バルサ・・・。」バルサは叔母ユーカ(花總まり)の元を訪れ、真の意味での帰郷を報告するのだった。

ヒョウル〈闇の守り人〉 かつてのカンバル国の武人たちが山の精霊と人の魂が重なり合っている状態。”王の槍”たちの祖先。浄化されない魂と関連のある人物の魂が現れ”槍舞い”として戦うことになる。バルサにとってはジグロが、ログサムにとってはカグロとログサムの命令でジグロに殺された過去の”王の槍”たちが”最後のヒョウル”だった。

第5話のあらすじと感想はこちら

【ネタバレ】綾瀬はるかVS吉川晃司 時空を超えた邂逅!バルサが本当に故郷へ帰った日「精霊の守り人 3最終章」 第5話感想あらすじ

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

精霊の守り人シーズン3【最終章】第6話「戦下の別れ」あらすじ

カンバル国の新王となったラダール(中川晃教)は新ヨゴ国と同盟を結ぶことを宣言。バルサ (綾瀬はるか)はラダール王に異を唱え、王の槍の証である”金の輪”をカグロの息子・カーム(降谷建志)に譲る。チャグム(板垣瑞生)とバルサは、出会いからのことを振り返り、お互いの今後を案じてそれぞれの道へ向かう。

バルサはタンダ (東出昌大)の家に向かうがトロガイ(高島礼子)から、タンダが新ヨゴ国の兵としてタラノ平野へ向かっていることを聞き、すぐさま戦場へ向かうが、訓練されていない兵たちが倒れている様を見て激しく憤るのだった。タンダを見つけることができずにさまよい歩くバルサ前に、新ヨゴ国からの焼き払いにあって逃げていたマーサ(渡辺えり)トウノ(岩崎う大)やアスラ(鈴木梨央)チキサ(福山康平)たち四路街の民たちが現れる。しかし、アスラと抱擁していたバルサは突如意識を失ってしまうのだった。

新ヨゴ国では、聖導師(鹿賀丈史)の思惑に反して、ガカイ(吹越満)と意をともにする帝(藤原竜也)はヤズノ砦での戦いを言い渡していた。しかし、帝はその裏で二ノ后(木村文乃)がタルシュ軍に捕まらないようにと密かに逃がそうとしていた。

その頃チャグムはロタ王国と同盟を結ぶためにイーハン王(ディーン・フジオカ)の元へ向かうが、ロタ南部の領主スーアン(品川徹)らがラウル王子(高良健吾) 率いるタルシュ軍に取り込まれていることを知る。ロタ南部兵を取り込んだラウル率いるタルシュ軍と、タラノ平野を突破したタルシュ軍は新ヨゴ国の最後の砦・ヤズノ砦に向かっており、対する新ヨゴ国、カンバル国、ロタ王国の北部連合軍との決戦が近づいていた。

タラノ平野で足に傷を負い、コチャ(とまん)とともに逃げていたタンダは、オッカ村でコチャの姉・ヨーナ(マギー)に手当てを受けるが、タルシュ軍はオッカ村をも攻め滅ぼそうとしていた・・・。

第6話のあらすじと感想はこちら

【ネタバレ】ディーン・フジオカこれだけかい!タンダとバルサの再会ならず…「精霊の守り人 3最終章」 第6話感想あらすじ

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

精霊の守り人シーズン3【最終章】第7話「傷だらけの再会」あらすじ

オッカ村がタルシュ軍の本陣となるためにヨーナ(マギー)とコチャ(とまん)は歩けないタンダ(東出昌大 )を連れ村を後にして岩場で野営することに。新ヨゴ国陸軍大将・ラドウ(斎藤歩)が守るヤズノ砦でタルシュ軍との最終決戦が始まる中、ラウル王子(高良健吾)、ヒュウゴ(鈴木亮平)もオッカ村の本陣に到着する。

新ヨゴ国では帝(藤原竜也)が祝詞の儀式のためこもり、聖導師(鹿賀丈史)はついにチャグム(板垣瑞生)の帰還を諦め、トゥグム王子を皇太子とする方針になる。聖導師が帝の命を狙っているとガカイ(吹越満)から聞かされた二ノ后(木村文乃)は、帝と共にこもり儀式の中で聖導師がタルシュと内通していることを帝に教え、国の行き先を案じるシュガ(林遣都)はトロガイ(高島礼子)から「ナユグの春により、この国がなくなる」と聞かされるのだった。

その頃、マーサ(渡辺えり)らと合流し野営していたバルサ(綾瀬はるか)は、カンバル王国に助けを求めて移動を始めることになる。四路街の人々と青霧山脈を越えようとするバルサは、途中山賊に襲われていたコチャと遭遇し、コチャの案内で傷だらけのタンダと再会することになる。

タンダの足は腐り、毒により命を落としかねない状況っであった。「絶対にタンダを守る」バルサはタンダの足を切断するためタルシュ兵から剣を奪い取り、葛藤しながらも決心し、タンダの足を切断するのだった。偶然バルサを見かけたヒュウゴは、チャグムがカンバル王国に行ったことを知るのだっだ・・・。

第7話のあらすじと感想はこちら

【ネタバレ】東出昌大&藤原竜也ら〈受け身男子〉が愛される?「精霊の守り人 3最終章」 第7話感想あらすじ

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

精霊の守り人シーズン3【最終章】第8話「神なき世界」あらすじ

ヤズノ砦でチャグム率いる連合軍が来たことで形勢は逆転、クールズ宰相らタルシュ軍は撤退を余儀なくされ、勝利したチャグムは「生きていた軍神」として民に迎えられ都に帰還する。しかし、帝はチャグムを受け入れず、同盟を結ぶために来ていた王の槍カーム、ロタ槍騎士団将軍カーロンらを国に帰らせろと指示。さらに、帝の命を奪おうと襲い掛かる聖導師はモンに狙撃され命を落とすことになり、チャグムは牢に入れられてしまう。

その頃、足を切断したタンダは「これからはあんたの用心棒だ」とバルサに言われ、共にタンダの小屋に戻ろうとするが突如現れたタルシュ兵に捕らえられラウル王子の元に連れていかれる。

敗走後、ロタ南部に裏切られ、本国の援軍を待ち新ヨゴ国の都・光扇京へ攻め入ろうと準備していたタルシュ軍。ヒュウゴはラウル王子から「バルサを通して密かにチャグムを助けていた」と疑いの目を向けられる。

それを聞いていたバルサは、「あんたとは違いチャグムはずっと前から一人で生きている。国を守り創るために。」とラウルに言い放つ。

そのころ牢屋にたチャグムの元には、新ヨゴ国の狩人・ジンがチャグムを牢から助け出していた・・・。

第8話のあらすじと感想はこちら

【ネタバレ】鹿賀丈史×藤原竜也&鈴木亮平×高良健吾。愛と裏切りの戦場「精霊の守り人 3最終章」 第8話感想あらすじ

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

精霊の守り人シーズン3【最終章】第9話「旅立ち」あらすじ

カンバル王・ラダールからチャグムを守るように命を受けたカームと合流したチャグムは、新ヨゴ国の都攻めに動き出そうとするラウル率いるタルシュ軍本陣へ向かい休戦を申し出る。しかし、そこに書状が届きそこには「タルシュ本国で反乱軍の勝利によりタルシュ帝国が滅びた」と書かれていた。ラウルは、ヒュウゴがベリス総督と共に新たに南の大陸を作りたいと、ラウルを新たな王として立てようと画策していたことを知り泥の中で涙するのだった。

トロガイの元へ魂を飛ばしたタンダは、新ヨゴ国が大水によって消えることを民に伝えなければと訴え、トロガイは命を落とす危険のある呪術「光の鳥」を飛ばして異界・ナユグを感じ取ることのできる者たちへ知らせることになる。ナユグを感じ取ることのできるコチャやアスラたちを始め、新ヨゴ国でも民たちは山へ逃げ始めていた。しかし、そんな中シュガから都がなくなることを聞かされた帝は、シュガに「この国が誠に勝つ姿を見よ」と伝え、側近の刺客・モンとともに大水に飲み込まれる王宮で最期を迎えるのだった。

魂を飛ばし、父である帝の死を感じ取ったチャグムとバルサたちも無事に王宮の離れ家「山の宮」へ到着する。

ガカイとともに逃げていたチャグムの弟トゥグムは途中ガカイと逸れながらもトロガイの魂に導かれ無事「山の宮」にたどり着き、チャグムやバルサ、タンダ、シュガやジン、二ノ后らは、民たちとともに新たな国づくりを始めるのだった。

「あなたを用心棒として雇って本当に良かった」心からの感謝をバルサに伝える二ノ后に、バルサは「報酬は十分にもらった」と伝え一人タンダの待つ小屋へ戻る。タンダに迎えられたバルサは小屋の入り口に槍を立てかけ、名残惜しそうに槍を振り返りながら小屋の中へ入っていくのだった・・・。

第9話のあらすじと感想はこちら

ただいま鋭意作成中です♪

▲登場する国・キャラクターの紹介はこちらから

▲該当する原作は以下の三冊(リンク先はアマゾン購入ページです)

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)