ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話ネタバレと第7話まで振り返り。入間家の崩壊と信一朗と未蘭の禁断の関係の行方。

スポンサーリンク

2018年4月から放送のドラマ【モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-】

主演は映画「海を駆ける」でも話題のディーンフジオカ。

名著と言われるデュマ作の「モンテクリスト伯」のリメイク作品のヒロインに山本美月を迎え、ディーンフジオカ演じる主人公の仇敵に、関ジャニ∞の大倉忠義、新井浩文、高橋克典がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-】の第1話からの振り返りを感想とともに、さらに第8話のネタバレのあらすじをご紹介しています。

スポンサーリンク

第1〜7話までの振り返りと感想

第1話2話では幸せの絶頂から、突如無実の罪でラデル共和国へ引き渡され、牢獄で出会ったラデル共和国元大統領のファリア真海から数々の知識・教養を得た暖は衰弱死したファリアの遺体と入れ替わり脱獄に成功。地元に戻った暖は自分が売り払われたことを悟り、ファリアの遺産を受け継ぎ、モンテクリスト真海としての人生を歩み始めます。

第3話で過去に自分自身(柴門暖)を裏切った三人を引き合わせ、第4話では「暖の持っている手紙を警察に密告する」という計画を話した神楽清への復讐が始まり、第5話では、その手紙が自らの地位失脚へ繋がることを恐れ、暖に無実の罪を着せた入間公平への復讐が開始され、第6話では警察に匿名の通報をした南条幸男への復讐の幕が上がり、彼らの地元の先輩であるチンピラの寺角類の命が「思わぬ形で」奪われます。

神楽清は妻・留美が過去に入間公平との不倫の末に産んだ青年・安堂との関係を利用され、安堂への愛情を芽生えさせた留美のその矛先は、夫の財産へ向けられます。

入間公平の二人目の妻である瑛理奈は公平の父・貞吉の「遺産」を得るために、公平の娘・未蘭の婚約者の出口文矢を殺害、さらに未蘭が想いを寄せる守尾信一朗との関係を知り新たな計画を練り始めています。

第6話でヴァンパと南条幸男がショーンリーとその妻の殺害に関与していた新証言のスクープ記事が香港メディアで報道され、ついにそのニュースも日本にも伝えられます。

真海が選んだのは南条幸男とすみれが選ばれた「ベストパートナー賞」の授賞式会場。

授賞式の直前に真海の元を訪れ、15年前に柴門暖に無実の罪を着せたのが幸男であることを知ったすみれは、その会場で離婚を発表。信用を失墜させた幸男は文字通り全てを失い、マネージャーの江田愛梨がかつての恩師であるショーン・リーの娘・エデルヴァであることを知ります。

「ずっとすみれに恋をしていた」という幸男は、すみれと明日花に被害が及ばないように遺書を書き留め、自宅で首を吊って命を絶つのでした。(第8話で幸男が死んでいないことが判明しています。2018/06/09)

桜井ユキのインタビューで江田愛梨の愛は「頼らざるを得なかった愛」だと言及されていましたが、真海に買い取られた愛梨が真海に向ける愛には、真海以外に頼るものがないという切迫感が多く占めるような「愛」のようです。

かつての人間としての「生きている感覚」を奴隷のような生活の中で完全に奪われ、ただただ幸男への復讐を考えてきた愛梨。

愛梨はその目的を達成したことから、第8話ではこれまでの真海へ持っていた従順さにほころびが生まれ始めるようです。

有能なマネージャーとして相手の懐に入り込む「スパイ」的なテクニックは真海から叩き込まれたという設定だそうですが、復讐を達成しながらも思っていたのと違ったと感じた愛梨は、真海に復讐を思いとどまるように意見するようです。

そして、このドラマで唯一希望的な可能性を持っている岸井ゆきの演じる入間未蘭と高杉真宙演じる守尾信一朗の関係。

瑛理奈が「まるでロミオとジュリエット気取り」だという純粋な二人ですが、これもまた禁断の関係であり、信一朗に幸せになって欲しいと願う真海も、この二人の歪な関係を知って悩むこととなるようです。

残すところ2話で三時間という中で、どういった結末となるのでしょうか。

スポンサーリンク

第8話ネタバレあらすじ

明日花からの電話を受けて幸男の首吊り現場に駆けつけたエデルヴァ(江田愛梨)が縄を切り幸男を助けたことで、「自殺未遂」として世間で話題となり、幸男は一命を取り留め入院する。真海はエデルヴァに怒りを露わにし「お前は自由だ」といい手切金を渡し、自らの手で幸男を毒殺に向かう。

しかし病室ですみれに会った真海は、「暖には人を殺してほしくない」と訴えるすみれに毒を託すも、明日花を思い躊躇するすみれは、意識を取り戻した幸男に脅迫され、真海のことろへ連れていかれる。

入間公平は神楽から「またあいつを殺してください」と言われれ、15年前と同じ取調室で真海の指紋を入手し、暖と真海の指紋が一致したことを証拠に真海の復讐に終止符を打とうとする。しかし、訪れた別荘で安堂が留美との間にできた不倫の子供であることを教えられ、目撃者もいると言われる。復讐も終わりだと高笑いしていた公平は、激しい怒りを抑えながらも土屋が用意したロウソクの火で指紋の証拠書類を焼き捨てるのだった。

その頃信一朗を家に招いていた未蘭は、瑛理奈の毒入りレモネードで一時倒れるも、命に関わりはなかった。しかし、信一朗が真海から渡された薬を飲んだ未蘭は、泡を吹いて意識を失い病院に運ばれることになる。病院に駆けつけた入間公平は、症状が未蘭の婚約者だった出口文矢や自らの前妻の時と同じこと、さらに、真海が信一朗に渡した薬を飲ませたことが原因であることを知る。その時瑛理奈は、公平の愛が自分に向いていないことにショックを受けていた。

寺角類殺害現場にあった皮膚片のDNAが一致して警察に追われることになった安堂と二人で逃亡しようとしていた留美は、夫を連帯保証人にF&Dファイナンスから借りたお金を持って、安堂ともに車で逃避行を続けるのだった。

真海が自分達に復讐しようとしていること、真海から送られた釣り竿に盗聴器があることに気づいた神楽は、秘書の牛山に裏切られ、真海と通じているF&Dファイナンス(ファリア&暖)の天野らに殴り倒され、メトロノームの響く部屋で監禁されるのだった。

ディーンフジオカ好きにおすすめ3作品

ドラマ【しろときいろ】キャストあらすじ。川口春奈がエッグシングス二代目創業者を演じるサクセストーリー。ロケ地に茅ヶ崎やハワイ本店も登場!

実写映画【坂道のアポロン】の劇伴音楽担当と主題歌「坂道を上って」のご紹介。ディーンフジオカ、中川大志、知念侑李の生演奏とサントラに期待。

ディーンフジオカ映画「結婚」ネタバレ感想。ディーンフジオカの「鴎外」さんは現代の嘘つきミッちゃん?登場人物の出来事まとめ

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)