ドラマ【モンテ・クリスト伯】第4話ネタバレと第3話まで振り返り。桜井ユキ、三浦誠己がディーン真海を慕うのはなぜか。

スポンサーリンク

2018年4月から放送のドラマ【モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-】

主演は映画「海を駆ける」でも話題のディーンフジオカ。

名著と言われるデュマ作の「モンテクリスト伯」のリメイク作品のヒロインに山本美月を迎え、ディーンフジオカ演じる主人公の仇敵に、関ジャニ∞の大倉忠義、新井浩文、高橋克典がキャスティングされました。

ここでは、ドラマ【モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-】の第1話からの振り返りと第4話のネタバレのあらすじを感想とともにご紹介しています。

スポンサーリンク

第1話から第3話までの振り返りと見どころの予想

高校時代に転校し、卒業後漁師として働き、南条すみれ(旧姓:目黒・山本美月)との結婚が決まった紫門暖/モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)。およそ2週間の漂流事故を機に船長への出世が決まる。

そんな矢先、刑事の入間公平(高橋克典)からの事情聴取を受けた暖。漂流時に船長から受け取った手紙が国家機密に関わることだということから、その手紙は入間公平の手に渡ることになる。

その後いよいよ訪れた結婚式当日。暖は式場で警察に強制連行され、テロ組織「ククメット」との関連があるとしてラデル共和国で拷問ののちに牢に入れられる。

生死の間際を彷徨い続け8年が過ぎた2011年。暖の入れられたいた牢の床下からファリア真海(田中泯)が現れる。日本語を解する日系人で、旧ラデル共和国の大統領だというファリアとともに、脱獄を試みることになる。脱獄も目前となった2017年ファリア真海は獄中で息をひきとる。その遺体と入れ替わり脱獄に成功した暖は故郷の漁港にたどり着くが、「カグ兄」として慕っていた神楽清(新井浩文)は、暖の母親の土地転売で今や急成長の不動産会社社長に転身、後輩で、すみれに恋心を抱いていた南条幸男(大倉忠義)は逆輸入俳優として大スターとなり、料理研究家となったすみれとの間に娘をもうけていた。

神楽と南条、そして入間公平が父・入間貞吉(伊武雅刀)と「ククメット」がつながっているという事実を隠蔽するために自らが罪を被ったことを知った暖は、ファリア真海から相続した巨額の財産を手に、モンテ・クリスト・真海として新たな人生を歩み始める。

暖が死んだと思っているかつての友人と婚約者だったすみれたちの前に「偶然を装って」現れ、入間公平、神楽清、南条幸男、執事の土屋慈(三浦誠己)らをに、神楽の経営する不動産会社「神楽エステート」から買い取った別荘でのパーティに招待する真海。

集められたメンバーを見た執事の土屋は、入間公平と神楽の妻・神楽留美(稲森いずみ)がかつてこの屋敷で不義の子供を産み、その子供を庭のマリア像の前に埋めたこと、そして、その子供を土屋自らの手で掘り返したが、恐怖を覚え電話ボックスに置き去りにしたという。

さらに南条幸男のマネージャーである女性・江田愛梨(桜井ユキ)が、南条の自宅に中国語で「殺人者」とファックスを送りつけた張本人で、真海の復讐に加担する人物であることが明らかになる。

第3話から動き出した真海の復讐。

すみれが作ったシフォンケーキを吐き出したり、神楽からプレゼントされたリールをはかしたりというシーンから、暖の抱いている復讐心がどれほどのものなのかということが明らかになりました。

さらに、ただ殺害することが目的ではなく「大切なものを奪う」ということがその目的であることもわかりました。

すみれを演じる山本美月のインタビューでは、このドラマは暖の“復讐劇”ででもあり、すみれの恋愛物語でもあるということを話していました。

すみれという女性が、漁師町で育ったというバックボーンを持ち「やんちゃ」な側面があること、そして、すみれが初めてモンテクリスト真海となった暖を見たときも、その表情に彼が暖であることを気づいているが、それを胸の内にしまっている様が見て取れました。

通常ならこのような状況の登場人物は「生きててよかった」と感じ、積極的に真海とつながりを持つ展開も予想されますが、すみれは、現在の暮らしが壊れることを恐れてか、真海に対して何か行動を起こすそぶりは見えません。

原作ですみれに当たるメルセデスもまた、積極的に行動を起こす人物としては描かれてないことから、個人的には(悪い意味ではなく)「日和見主義的な女性」と感じました。

この辺りをどのように西谷監督が描くのか、そして、すみれが何を思い何を感じているのかにも注目するとより楽しめるのではないでしょうか。

第3話で最も気になったのはやはり、ラストシーンで明らかになった愛梨、そして、過去に少年院の出入りを繰り返していたという執事の土屋。この二人がどういった経緯で真海との接点を持ったのかです。

さらに、神楽清、南条幸男、入間公平という暖を貶めた三人がどうやって現在の地位を築いたのかがわかると、真海がやろうとしていることも見えてくるはずです。第4話はその辺りに注目したところです。

スポンサーリンク

第4話ネタバレあらすじ

国有地を手に入れようとしている神楽清(新井浩文)は、懇意にする衆議院議員の木島義国(嶋田久作)から五蓉不動産がライバルとして動き出しているという情報を得る。その矢先、南条幸男(大倉忠義)が五蓉不動産のCMへの出演が決まることになるが、それはモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の策略であった。昔のよしみでCM出演の取りやめを申し出る神楽だったが、幸男から一方的に拒否されてしまう。

真海から青年実業家でアパレル事業に乗り出そうとしている安堂完治(葉山奨之)を紹介された神楽留美(稲森いずみ)は、彼を気に入り夫への口利きを申し出るが、幸男に腹を立てていた神楽に援助を拒否されてしまう。その席で神楽は、幸男が香港時代にある闇社会の組織とつながっている話を真海から聞き、秘書の牛山直紀(久保田悠来)に調査をさせるのだった。

その頃、入間公平(高橋克典)が一方的に決めようとしている縁談に消極的な入間未蘭(岸井ゆきの)は、飼っている魚のつがいを探しに行った市場で守尾信一朗(高杉真宙)と偶然出会い、彼女をいたわる信一朗から貰った「奇跡のパーカー」を着て家に戻ることに。すると未蘭の想いを知っていた祖父の入間貞吉(伊武雅刀)は、未蘭が結婚した場合遺産を財団に寄付すると遺言書を書き換えるのだった。こうして公平は不本意ながら未蘭の結婚を引き延ばすことになる。

今だにうまくいかない安堂の事業を手助けしたいと思う留美は、肉体関係を持つ男(白戸達也、小山燿)たちから仮想通貨を教わり、夫の口座からお金を使うが300万円の損失となってしまう。その仮想通貨の相場を操作したのはまたしても真海であったが、こうして留美は公平から300万を借りそのお金を安堂に渡そうとする。しかし安堂はお金は受けず、留美の想いを受け止め、二人は身体を重ね合わせるのだった。

二人が繋がったこと真海に報告に戻った江田愛梨(桜井ユキ)は、真海からDNA検査の結果、二人が親子であることを教えられるのだった。

ディーンフジオカ好きにおすすめ3作品

ドラマ【しろときいろ】キャストあらすじ。川口春奈がエッグシングス二代目創業者を演じるサクセストーリー。ロケ地に茅ヶ崎やハワイ本店も登場!

実写映画【坂道のアポロン】の劇伴音楽担当と主題歌「坂道を上って」のご紹介。ディーンフジオカ、中川大志、知念侑李の生演奏とサントラに期待。

ディーンフジオカ映画「結婚」ネタバレ感想。ディーンフジオカの「鴎外」さんは現代の嘘つきミッちゃん?登場人物の出来事まとめ

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)