「巨悪は眠らせない特捜検事の逆襲」のロケ&撮影地キャストあらすじをご紹介!原作「売国」とは?

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

テレビ東京の六本木3丁目移転プロジェクトの一環として放送される

ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の放送が決定しましたね。

主演に玉木宏。

その他にも、相武紗季、奥田瑛二など豪華な俳優陣が脇を固めます。

ということで、そんなドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の

ロケ地やキャスト、あらすじや原作についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」のあらすじ&キャスト

あらすじ

東京地検特捜部に赴任した検事・冨永真一(玉木宏)は、「永田町のドン」と呼ばれる大物政治家・橘洋平が絡む闇献金疑惑事件の捜査に奔走していた。

そのさなか、親友の近藤左門から謎めいたメッセージを受け取る。

左門(鈴木浩介)は文部科学省で宇宙開発を担当するキャリア官僚だが、宇宙開発にまつわる疑獄事件の告発メッセージを冨永に託し失踪してしまう。

闇献金疑惑と、宇宙開発をめぐる疑獄事件。2つの事件は、双方に関わる大物政治家によって繋がりをみせ始める。

一方、幼い頃からの夢を叶え、宇宙航空研究センター(通称・宇宙セン)の研究者となった八反田遙(相武紗季)は、憧れの研究生活を始めるが、次第に宇宙開発の厳しい現実に直面する。

ある日、遙はパソコンの不審な操作ログの痕跡を見つけたことから、思いがけない事実を知る。

以前、捜査で宇宙センを訪れた冨永と面識があったことから、知りえた事実を打ち明けようと遙は冨永に接触するが…。

「巨悪は眠らせない」―。冨永はその使命を果たし、親友を救うことができるのか?

 

日本初の女性首相をめざして次期総裁選挙に出馬を表明した越村みやびは、党内に居並ぶライバルたちを抑えられるでしょうか。

主人公である冨永真一が所属する東京地検特捜部は、総裁選をめぐる動きにも目を光らせています。

一方、暁光新聞社の記者、神林裕太と大塚有紀はサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)をめぐる取材を始めることになりますが、背後には政治の影がちらついています。

キャスト

玉木宏 冨永真一役 

東京地検特捜部の気鋭の検事

「証拠を重視する姿勢」をかわれ、特捜部で

「巨悪を眠らせない」ために奔走する

相武紗季 八反田遙役 

宇宙航空研究センターの若き研究者

亡き父の意思を受け継ぎ、日本のロケット開発の現場で夢を追いかける

壁に阻まれながらもそれを突破すつ純粋な強さを持つ

奥田瑛二 羽瀬喜一役 

真一を特捜部に抜擢した、特捜部副部長

冨永真一と共に「永田町のドン」大物政治家、橘洋平を起訴しようとする

???? 橘洋平役

永田町のドン

冨永と羽瀬の東京地検特捜部に起訴されそうになっている

草笛光子 本郷登紀子役

本郷土木会長・本郷五郎の妻。
疑惑のかかる亡き夫を信じる。

勝村政信 寺島光太郎役

宇宙航空研究センター・教授。
遙の指導教授。かつて宇宙センでロケット開発に携わっていた遙の父を知っている。

鈴木浩介 近藤左門役

文部科学省の官僚で冨永の親友。
謎の告発メッセージを残し失踪してしまう。

萩原聖人 五十嵐鉄夫役

検察事務官。
赴任してきた冨永を的確に補佐する。

羽田美智子 岩下希美役

東京地検特捜部・部長。
上層部の思惑で部長となる。 気が強い。

西村雅彦 中江信綱役

官房長官。
宇宙開発事業を民営化しようとしている。

田村亮 冨永一雄役

冨永の父。
京都の老舗菓子屋「冨永」の和菓子職人。

東幹久 鷹取章役

橘の秘書。
長年、私設秘書として、橘を陰ながら支える。

田中健 小松一平役

最高検察庁・次長。
羽瀬を特捜部に戻し、特捜部の復権を目指す。

 

ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」のロケ地は?

東京地検特捜部

特別捜査部は検察庁の一部門として、

東京都千代田区霞が関1丁目にある

「中央合同庁舎第6号館A棟」

入っています。

水谷豊主演の「相棒11」でも使われていたことから

実際にここが撮影に使われる可能性もあるかもしれません。

→「中央合同庁舎第6号館A棟」へのアクセス方法はこちらから

宇宙航空研究センター

これは実際には存在しない架空の場所ですが

おそらくJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)の本社である

調布航空宇宙センターことかと予想されます。

→「調布航空宇宙センター」へのアクセス方法はこちらから

相模原キャンパス 内之浦宇宙空間観測所

1962年以降大小400機以上のロケットを打ち上げ
 
日本で最初の人工衛星「おおすみ」以後
 
30個以上の衛生や探査機を打ち上げてきた場所です。
 
内之浦宇宙空間観測所
〒893-1402 鹿児島県肝属郡肝付町南方1791−13

国会議事堂

国会議事堂内の大階段がそのロケ地として使われていました。

あの大きな階段を降りてくる玉木宏さんはまさに神!

つくば竹園公園

つくば国際会議場の裏にある公園

ポケモンGOでもちょっぴり話題になりました。

竹園公園
〒305-0032 茨城県つくば市竹園2丁目19−1

前橋駅

両毛線の前橋駅での撮影が8月15日に目撃されています。

前橋駅

〒371-0024 群馬県前橋市表町2丁目29

群馬県庁

エキストラ募集と予告動画に登場しました。

美しい外観と高層階の市庁舎が目印です。

群馬県庁
〒371-8570 群馬県前橋市大手町1丁目1 大手町1丁目1-1

群馬県庁は2016年10月からスタートの

菅野美穂主演のTBS系列のドラマ

「砂の塔〜知りすぎた隣人〜」でも

そのロケ地として利用されていました。

「砂の塔〜知りすぎた隣人〜」のロケ&撮影地の周辺話題スポットご紹介!

スポンサードリンク

ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の原作、真山仁の「売国」をご紹介

真山仁さんとえば、国際金融サスペンス「ハゲタカ」が代表作として有名ですが

小説「売国」では

宇宙開発と政治

という2つの関係がからみ合って

それぞれの思惑が交差していきます。

遥(相武紗季)が抱く「夢や希望」と、その裏で見え隠れする陰謀。

現実にも宇宙庁が2017年に設置に向け動き出している中

ドラマではその夢のある宇宙開発が、国に管理されそうになり

「夢や希望」を守ることができるのか?

という部分が見どころになってきます。

ということでいかがでしたでしょうか?

六本木3丁目移転プロジェクトの

ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」は

2016年に10月5日放送予定です。

玉木宏がNHK連続テレビ小説「あさが来た」以来、

民放ドラマ初出演となることや

テレビ東京ドラマへの初出演も話題となりそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。