ドラマ「福家堂本舗」ロケ&撮影地とキャストあらすじ原作をご紹介!見どころは老舗ギャップ

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

ここではドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」の

気になるあらすじやキャスト、そのロケ地などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

見出し

ドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」のあらすじ&キャスト

あらすじ

京都東山の老舗和菓子屋・福家堂を切り盛りする、

女将の駒子と長女の雛。

その日もいつものように銀行員の桧山が定期預金の話をしに来た…

と思ったら、何と雛にプロポーズをしてきた。

しかも雛がそのプロポーズを受けるというから駒子は激怒、

仕方なく次女・あられを跡継ぎにしようとする。

創業450年の重い暖簾と伝統を背景に三姉妹の葛藤・恋愛・成長を描く。

キャスト

福吉あられ 早見あかり

福吉家の次女。誰よりも福家の和菓子を愛する。

長女の雛とは正反対の性格で、自由奔放。

健司のことが好き。

宮迫健司 市原隼人

福吉堂の菓子職人。

出身は大阪で実家も和菓子屋だが、高校卒業後福家に来た。

今はあらねのことが好き。

福吉雛 佐々木希

福家の跡継ぎで、しっかり者の長女。
 
母親の言う通りに人生を歩んできたことに嫌気が差しているが、近所では親孝行な娘として評判。
 
檜山薫のポロポーズを受ける。

桧山薫 山下健二郎(三代目J Soul Brothers)

銀行員だったが、海外赴任を打診され退職し、鈴鳴屋百貨店入社。
 
突然雛にプロポーズする。普段は大阪弁を使わない。

福吉ハナ 宮野陽名

福家の三女。
 
中学2年生で好きな人より身長が高いことが悩み。

庵智 前田旺志郎

三女ハナの同級生

ハナのことが好き。親の仕事の都合で転校する。

福吉駒子 浅野ゆう子

創業450年、17代続く老舗和菓子屋『福家堂』の女将

ドラマ「福家堂本舗」の相関図

【写真を見る】3姉妹の恋がひと目で分かる!相関図はこちらから

ドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」の舞台は京都!老舗和菓子屋福家堂

創業450年の和菓子屋福家堂は、女将駒子の代で17代目

伝統を重んじガイドブックにも載っていない店で

豊臣秀吉にも菓子を献上したと伝えられていて

現在でも茶事・茶会に欠かせない老舗として名を馳せている。

そんな一家を中心に、

それぞれの思いと、それぞれの恋愛模様が絡み、伝統とのバランスをどう取っていくのか

一家が成長していくさまを、古都京都の街を舞台に繰り広げられるドラマ。

スポンサードリンク

ドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」の見どころは老舗の伝統と現代の常識のギャップ

東京都で有名な和菓子屋といえば、赤坂のとらや(虎屋)

老舗といえばそ、家訓が決まっていて、その一家のルールが厳密に守られ

そのルールを守ることが、後を継ぐ者の最低条件というイメージです。

ドラマでもその歴史ある老舗としての、立ち振舞と

恋や人間関係との特有の溝で苦しむもの。

しかし、とらや(虎屋)にはその家訓がないということは、ご存知弟でしたか?

実は京都で創業したとらや。

トラヤ代目当主の、黒川光博さんは

社長を次ぐ時にこう考えたと言います。

「家訓がないということは、

何をやってもいい。

時代を読んで自由にしっかりやれ」

出典:http://kakunist.jimdo.com

このように、老舗の中にも、あえて家訓を持たないところもあるんですね。

ドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」ではその辺りがどう描かれるのかも見どころです。

ドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」原作をご紹介!

原作は「ぶ~け」(集英社)にて連載されていた遊知やよみによる同名作品

原作では、それぞれのストーリーが

オムニバスで収録され、母と娘、姉妹、家族

それぞれの関係がテーマごとに描かれていて、それぞれの愛の形が感動的でもある作品。

ちなみに8月12日に発売された月刊YOU9月号(集英社)から

「福家堂本舗」から30年後を舞台に物語が展開する新シリーズ

「福家堂本舗 弐」の連載がスタートしています。

ドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」のロケ地オール京都ロケ?

第1話 ロケ地 下鴨神社&相生社

今や世界遺産として登録されている京都下鴨神社

京都の社寺では最も古いものの一つですが

現在では縁結びの神社、パワースポットとして有名。

ドラマの初お披露目となったイベント、「下鴨神社 糺の森の光の祭(しもがもじんじゃ ただすのもりのひかりのまつり)」が8月いっぱいまでやっているとのこと

夏の夜に美しく、荘厳にライトアップされる下鴨神社にぜひ行ってみてください!

→「下鴨神社 糺の森の光の祭」ホームページ

*下鴨神社と相生社(あいおいのやしろ)は第1話冒頭、三姉妹がおみくじをするシーンなどで登場しました。

下鴨神社の住所:〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59

futaba01

[出典]

あられたちが住み、創業450年の歴史を持つ老舗和菓子屋福家堂本舗の外観は

そば・うどんの「上七軒 ふた葉」の隣の建物となります。

[出典]

祇園白川の住所:

参考サイト:「祇園白川」ライトアップ情報

第2話 健司が茶会に行った場所「建仁寺」

健司(市原隼人)がお茶会に行った場所は東山の建仁寺でいた。

建仁寺の住所:

参考サイト:「建仁寺」公式サイト

第2話 雛が笑十郎の歌舞伎を見ていたシーンは「関西セミナーハウス」

雛(佐々木希)が笑十郎(尾上右近)の歌舞伎をみていたシーンの撮影は「関西セミナーハウス」で行われました。

[出典]

関西セミナーハウスの住所:

参考サイト:「関西セミナーハウス」公式サイト

第2話 雛が歌舞伎を見た後に笑十郎と話をした場所「等持院」

笑十郎が先日の突然の告白を謝り、雛がきっぱりと拒否をしたシーンとして

足利尊氏が1341年に建立し、ユニークなダルマ絵が有名な「等持院」が登場しました。

[出典]

等持院の住所:

参考サイト:きぬかけの路「等持院」

第3話 あられが健司に呼び出された待ち合わせ場所「堀川中立売」

あられが健司から呼び出され、待ち合わせ場所として指定されたのが「堀川中立売」でした。

素敵なロケーションでの、素敵なやりとりが ドキドキしました~

中立売橋.jpg

[出典]

堀川中立売の住所:

参考サイト:「堀川中立売」sadafusaの日々是好日

第3話 健司があられを連れて行ったカフェ「Kawa cafe」

堀川中立売で待ち合わせた後に、健司(市川隼人)があられ(早見あかり)を釣れていった川沿いのカフェが「Kawa cafe」

Kawa cafeの住所:〒600-8015 京都府京都市 京都市下京区木屋町通松原上ル美濃屋町176-1

参考サイト:食べログカワカフェ 」(kawa cafe)

すまいる庵 山梨県

すべて京都のみでの撮影かと思ったら・・・

庭園にある石の配置から山梨県富士吉田の古民家洋菓子工房「すまいる庵」である可能性が高いです。

すまいる庵の住所:山梨県富士吉田市上吉田1226-1

ハナと庵の重要なシーンロケ地「哲学の道」

東山のふもと、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道「哲学の道」

ハナ(宮野陽名)と庵(前田旺志郎)の重要なシーンとして登場。

a0029238_23541754.jpg

[出典]

哲学の道の住所:京都府京都市左京区 哲学の道

[出典]

仁和寺の住所:〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33

仁和寺公式サイト

JR東海ツアーズと福家堂本舗のコラボ企画のパンフレットはこちら

ドラマロケ地巡りはJTBがオススメ!

Yahoo!トラベルは申し込みが簡単!

ということでいかがでしたでしょうか?

ドラマ「福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-」は

10月からAmazonプライムビデオとして配信。

アマゾンプライムは年会費3900円で、

映画、海外ドラマを無料で見れたり、

翌日配達無料など様々なサービスを受けられます。

Amazonプライムサービスの内容をいますぐチェック!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。