ドラマ【チアダン】サクッとネタバレ。ダンスシーン劇中曲とともに最終話まで「時短」で振り返る。

スポンサーリンク

2018年7月から放送のドラマ【チアダン】

2017年に公開された映画版「チアダン」の9年後を舞台に描くドラマ版「チアダン」。映画版の主人公で、広瀬すず演じる友永ひかりがゲスト出演するというサプライズとともに、豪華共演陣がキャスティグされました。

主人公は「JETS」に憧れを持ちつつも、「自分にはできっこない」とチアダンスを諦めてしまう藤谷わかば。

ここでは、ドラマ【チアダン】の第1話から最終話までの全話あらすじをドラマ全体がどのような流れだったのかがわかりやすいように、概要を振り返る形で、サクッと読めるようにネタバレで紹介しています。

合わせてダンスシーンでかかった劇中曲もご紹介しています。

そのほかの「チアダン」記事

ドラマ【チアダン】ロケ地所沢 ミューズ とは?土屋太鳳、佐久間由衣をオダギリジョーが叱咤!第三話感動シーン

ドラマ【チアダン】キャストあらすじ。広瀬すずが土屋太鳳で、中条あやみが石井杏奈?打倒ジェッツの新たなチアダンス物語。主題歌にも注目

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第1話サクッとネタバレ

サブタイトル「目指せ全米制覇! ダメ高校生ができっこない夢に挑む奇跡の物語」

藤谷あおい(新木優子)の旅立ちをチアダンスで応援する藤谷わかば(土屋太鳳)とチアダンスをやろうと誘った転校生・桐生汐里(石井杏奈)と、栗原渚(朝比奈彩)、榎木妙子(大友花恋)、橘穂香(箭内夢菜)、蓮実琴(志田彩良)ら「チアダンス同好会」のメンバー達。

警察沙汰を避けるため思わず「私が顧問です」と名乗る”訳あり教師”漆戸太郎(オダギリジョー)。

それを見ていたわかばのクラスの「イインチョウ」こと桜沢麻子(佐久間由衣)、不登校気味ヒップホップダンサー柴田茉希(山本舞香)、自らのミスが原因で甲子園予選敗退し、トラウマを抱える野球部ピッチャーで、わかばの幼馴染の椿山春馬(清水尋也)らは複雑な心境。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】広瀬すず友永ひかり役で登場!「チアスピリット」の原点!第1話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第1話 劇中曲「できっこないを やらなくちゃ」サンボマスター

「できっこないを やらなくちゃ」サンボマスターをアマゾンでチェック!

「地元で甘やかされること」を嫌い、未知の恐怖を抱えながらも「挑戦」を求めて東京行きを決意したものの、その心の奥底では不安を抱えている姉・あおいを応援するため、わかば達が踊った曲。物語のモデルとなった福井商業高校「JETS」が大切にしている楽曲。

ドラマ【チアダン】第2話サクッとネタバレ

サブタイトル「今これがやりたいんや! 夢を追う新たな仲間」

もともと所属していたチアリーダー部から「ハブ」られるわかば(土屋太鳳)。

メンバーを8人揃えてチアダンス部設立を目指す「チアダンス 同好会」は、汐里(石井杏奈)の発案で「JETS」を超えるチームという意味の「ROCKETS」にそのチーム名が決まる。

生徒の未来を奪った過去を抱え、心に傷を抱えていた太郎(オダギリジョー)は「夢を伝える大人も必要だ」とわかばたちのチアダンス チームの顧問を引き受けることを決意する。

一学期の終業式、全校生徒の前で踊った「ROCKETS」

わかばに励まされた麻子(佐久間由衣)、汐里に後押しされた茉希(山本舞香)がメンバーに加わり「ROCKETS」はチアダンス部として認められることになる。

喜ぶわかばたちを前に春馬(清水尋也)は「現実はそんなに甘くない」と呟く。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】佐久間由衣、山本舞香が加入で「ROCKETS」結成!第2話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第2話 劇中曲「Hope and Dreams」MISIA

「Hope and Dreams」MISIAをアマゾンでチェック!

転校生の汐里がチアダンス部の新たなチーム名を思いついたキッカケとなった楽曲。その後、一学期の終業式で全校生徒の前でこの曲を使って踊り、不登校気味だった茉希と、周囲の期待でやりたいと思っていたチアダンスを躊躇していた「イインチョウ」こと麻子が「ROCKETS」に加入する。

ドラマ【チアダン】第3話サクッとネタバレ

サブタイトル「初大会で大失敗…ダメ顧問太郎が涙のエール」

部室を見つけ、部長をわかば(土屋太鳳)に据えて夏休み最後のチアダンス福井大会に出場した「ROCKETS」。

本番で失敗を切り返し、自分たちの足りなさを思い知ったメンバーは、チアダンスを諦めるという。その様子を見ていた顧問の太郎(オダギリジョー)はメンバー一人一人に心のこもったエールを送る。

帰宅後、いてもたってもいられず家を飛び出したわかばと、汐里(石井杏奈)、麻子(佐久間由衣)、茉希(山本舞香)、妙子(大友花恋)、渚(朝比奈彩)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)たちメンバーは、「このままでは終われない!」と「夢ノート」を書くために部室に集まり「打倒JETS、全米制覇」に向けて練習を再開する。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】私なんて….は許せない!太郎(オダギリジョー)の熱い想いが爆発!第3話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第3話 劇中曲「Video Killed the Radio Star」The Buggles

「Video Killed the Radio Star」The Buggles(ザ・バグルス)

チアダンス福井大会で「ROCKETS」が踊った楽曲。

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第4話サクッとネタバレ

サブタイトル「誰かを笑顔にする為に…ダンスが起こす奇跡」

親友の有紀(八木莉可子)が描いた「ROCKETS」新ユニフォームが決まり、地元商店街のお祭りへ出演することになるわかば(土屋太鳳)率いる「ROCKETS」。

それは、「心を込めて応援する気持ちである『チアスピリット』を部員達に体験して欲しい」という太郎(オダギリジョー)の願いでもあった。

「JETS」の見学後に「JETSごっこ」でいいところを吸収しようとするメンバー。しかし大会まで残り少ない中、渚(朝比奈彩)との言い争いをキッカケに茉希(山本舞香)が「ROCKETS」を離れてしまう。「茉希がいなかったら『ROCKETS』は誕生しなかった」と汐里(石井杏奈)に励まされ再びチームに戻る茉希。

チアリーダー部とチアダンス部の間で思い悩んでいた芙美(伊原六花)が、亡き父との思い出として大切にしている曲、ザ・ブルーハーツの「人にやさしく」で踊った「ROCKETS」の商店街祭りのステージは大成功。

「チアスピリット」を体験したメンバーの前に、芙美、カンナ(足立佳奈)らが入部を願い出る。こうして「ROCKETS」は10人となる。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】伊原六花、足立佳奈が「ROCKTES」加入!第4話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第4話 劇中曲「人にやさしく」ザ・ブルーハーツ

「人にやさしく」ザ・ブルーハーツ

福西商店街の夏祭りに「ジュラチックショー」の代わりに出演した「ROCKETS」が踊った時の楽曲。チアリーダー部の一年生で、チアダンスをやりたい気持ちを持ちつつも、引っ込み思案の自分を優しく受け入れてくれたチアリーダー部の先輩達への恩があるため「ROCKETS」への加入を躊躇していた芙美(伊原六花)。バンドマンだった彼女の亡き父親が芙美に歌ってくれた応援ソングだと知ったわかばが選曲した。

ドラマ【チアダン】第5話サクッとネタバレ

サブタイトル「放送後随時更新予定」

(概要ネタバレは放送後随時更新予定)

さらに詳しいネタバレはこちら

◯(放送後随時更新予定)

第5話 劇中曲 

(放送後随時更新予定)

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)