ドラマ【チアダン】サクッとネタバレ。ダンスシーン劇中曲とともに最終話まで「時短」で振り返る。

スポンサーリンク

2018年7月から放送のドラマ【チアダン】

2017年に公開された映画版「チアダン」の9年後を舞台に描くドラマ版「チアダン」。映画版の主人公で、広瀬すず演じる友永ひかりがゲスト出演するというサプライズとともに、豪華共演陣がキャスティグされました。

主人公は「JETS」に憧れを持ちつつも、「自分にはできっこない」とチアダンスを諦めてしまう藤谷わかば。

ここでは、ドラマ【チアダン】の第1話から最終話までの全話あらすじをドラマ全体がどのような流れだったのかがわかりやすいように、概要を振り返る形で、サクッと読めるようにネタバレで紹介しています。

合わせてダンスシーンでかかった劇中曲もご紹介しています。

そのほかの「チアダン」記事

ドラマ【チアダン】ロケ地所沢 ミューズ とは?土屋太鳳、佐久間由衣をオダギリジョーが叱咤!第三話感動シーン

ドラマ【チアダン】キャストあらすじ。広瀬すずが土屋太鳳で、中条あやみが石井杏奈?打倒ジェッツの新たなチアダンス物語。主題歌にも注目

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第1話サクッとネタバレ

サブタイトル「目指せ全米制覇! ダメ高校生ができっこない夢に挑む奇跡の物語」

藤谷あおい(新木優子)の旅立ちをチアダンスで応援する藤谷わかば(土屋太鳳)とチアダンスをやろうと誘った転校生・桐生汐里(石井杏奈)と、栗原渚(朝比奈彩)、榎木妙子(大友花恋)、橘穂香(箭内夢菜)、蓮実琴(志田彩良)ら「チアダンス同好会」のメンバー達。

警察沙汰を避けるため思わず「私が顧問です」と名乗る”訳あり教師”漆戸太郎(オダギリジョー)。

それを見ていたわかばのクラスの「イインチョウ」こと桜沢麻子(佐久間由衣)、不登校気味ヒップホップダンサー柴田茉希(山本舞香)、自らのミスが原因で甲子園予選敗退し、トラウマを抱える野球部ピッチャーで、わかばの幼馴染の椿山春馬(清水尋也)らは複雑な心境。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】広瀬すず友永ひかり役で登場!「チアスピリット」の原点!第1話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第1話 劇中曲「できっこないを やらなくちゃ」サンボマスター

「できっこないを やらなくちゃ」サンボマスターをアマゾンでチェック!

「地元で甘やかされること」を嫌い、未知の恐怖を抱えながらも「挑戦」を求めて東京行きを決意したものの、その心の奥底では不安を抱えている姉・あおいを応援するため、わかば達が踊った曲。物語のモデルとなった福井商業高校「JETS」が大切にしている楽曲。

ドラマ【チアダン】第2話サクッとネタバレ

サブタイトル「今これがやりたいんや! 夢を追う新たな仲間」

もともと所属していたチアリーダー部から「ハブ」られるわかば(土屋太鳳)。

メンバーを8人揃えてチアダンス部設立を目指す「チアダンス 同好会」は、汐里(石井杏奈)の発案で「JETS」を超えるチームという意味の「ROCKETS」にそのチーム名が決まる。

生徒の未来を奪った過去を抱え、心に傷を抱えていた太郎(オダギリジョー)は「夢を伝える大人も必要だ」とわかばたちのチアダンスチームの顧問を引き受けることを決意する。

一学期の終業式、全校生徒の前で踊った「ROCKETS」

わかばに励まされた麻子(佐久間由衣)、汐里に後押しされた茉希(山本舞香)がメンバーに加わり「ROCKETS」はチアダンス部として認められることになる。

喜ぶわかばたちを前に春馬(清水尋也)は「現実はそんなに甘くない」と呟く。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】佐久間由衣、山本舞香が加入で「ROCKETS」結成!第2話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第2話 劇中曲「Hope and Dreams」MISIA

「Hope and Dreams」MISIAをアマゾンでチェック!

転校生の汐里がチアダンス部の新たなチーム名を思いついたキッカケとなった楽曲。その後、一学期の終業式で全校生徒の前でこの曲を使って踊り、不登校気味だった茉希と、周囲の期待でやりたいと思っていたチアダンスを躊躇していた「イインチョウ」こと麻子が「ROCKETS」に加入する。

ドラマ【チアダン】第3話サクッとネタバレ

サブタイトル「初大会で大失敗…ダメ顧問太郎が涙のエール」

部室を見つけ、部長をわかば(土屋太鳳)に据えて夏休み最後のチアダンス福井大会に出場した「ROCKETS」。

本番で失敗を切り返し、自分たちの足りなさを思い知ったメンバーは、チアダンスを諦めるという。その様子を見ていた顧問の太郎(オダギリジョー)はメンバー一人一人に心のこもったエールを送る。

帰宅後、いてもたってもいられず家を飛び出したわかばと、汐里(石井杏奈)、麻子(佐久間由衣)、茉希(山本舞香)、妙子(大友花恋)、渚(朝比奈彩)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)たちメンバーは、「このままでは終われない!」と「夢ノート」を書くために部室に集まり「打倒JETS、全米制覇」に向けて練習を再開する。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】私なんて….は許せない!太郎(オダギリジョー)の熱い想いが爆発!第3話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第3話 劇中曲「Video Killed the Radio Star」The Buggles

「Video Killed the Radio Star」The Buggles(ザ・バグルス)をアマゾンでチェック!

チアダンス福井大会で「ROCKETS」が踊った楽曲。

ドラマ【チアダン】第4話サクッとネタバレ

サブタイトル「誰かを笑顔にする為に…ダンスが起こす奇跡」

親友の有紀(八木莉可子)が描いた「ROCKETS」新ユニフォームが決まり、地元商店街のお祭りへ出演することになるわかば(土屋太鳳)率いる「ROCKETS」。

それは、「心を込めて応援する気持ちである『チアスピリット』を部員達に体験して欲しい」という太郎(オダギリジョー)の願いでもあった。

「JETS」の見学後に「JETSごっこ」でいいところを吸収しようとするメンバー。しかし大会まで残り少ない中、渚(朝比奈彩)との言い争いをキッカケに茉希(山本舞香)が「ROCKETS」を離れてしまう。「茉希がいなかったら『ROCKETS』は誕生しなかった」と汐里(石井杏奈)に励まされ再びチームに戻る茉希。

チアリーダー部とチアダンス部の間で思い悩んでいた芙美(伊原六花)が、亡き父との思い出として大切にしている曲、ザ・ブルーハーツの「人にやさしく」で踊った「ROCKETS」の商店街祭りのステージは大成功。

「チアスピリット」を体験したメンバーの前に、芙美、カンナ(足立佳奈)らが入部を願い出る。こうして「ROCKETS」は10人に。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】伊原六花、足立佳奈が「ROCKTES」加入!第4話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第4話 劇中曲「人にやさしく」ザ・ブルーハーツ

「人にやさしく」ザ・ブルーハーツをアマゾンでチェック!

福西商店街の夏祭りに「ジュラチックショー」の代わりに出演した「ROCKETS」が踊った時の楽曲。チアダンスをやりたい気持ちを持ちつつも、引っ込み思案の自分を優しく受け入れてくれたチアリーダー部の先輩達への恩があるため「ROCKETS」への加入を躊躇していたチアリーダー部の一年生・芙美(伊原六花)。バンドマンだった彼女の亡き父親が芙美に歌ってくれた応援ソングだと知ったわかばが選曲した。

ドラマ【チアダン】第5話サクッとネタバレ

サブタイトル「仲間を傷つけるのは許さん! 学園祭の約束」

コーチ探しに奔走する顧問・太郎が連れてきたのはわかばの姉だった!

仲間を傷つけたのは、言いたいことを言いそびれた自分だった・・・。苦しい時を救ってくれた親友に素直に謝る強さ。その謝罪を受け入れる強さ。それはチアリーダー部とチアダンス部の和解と、チアスピリットを証明することになった。

わかばと望、親友の捻れた友情が解かれるまで。かつて傷つけた生徒とのわだかまりが解かれた太郎。学園祭「福西祭」にまつわる許しの話。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】第5話 わかば(土屋太鳳)と望(堀田真由)のねじれちゃった友情。チア部とチアダンス部の対立の結末。ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第5話 劇中曲 「明日も」SHISHAMO

「明日も」SHISHAMOをアマゾンでチェック!

一年生の時にわかばと望が学園生活最後の「福西祭」で一緒に踊ろうと約束していた楽曲。屋外プログラムが全て中止となり発表ができずショックを受けるチアリーダー部。わかばの提案で「ROCKETS」の出演時間をチアリーダー部に譲り、ブラスバンド部の演奏する「明日も」で、一緒に踊ったチアダンス部とチアリーダー部。

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第6話サクッとネタバレ

サブタイトル「太郎先生に届け命と涙のエール! 顧問不在で廃部命令」

太郎が長期入院せざるを得ないため顧問不在となった「ROCKETS」は、自分を勇気付けてくれた生徒たちのために誰よりも「ROCKETS」を応援する太郎のために「減点」されながらも「チアスピリット」で踊りきる。

琴がチアダンスを続けたい理由。そして、我が子の為を思って危険なことを避けたい親心と、それでも子供達の成長を信じる大人たちの葛藤。

「本気で踊りたいという気持ちに嘘はない!」望が率いるチアリーダー部10人が加わり20人となった「ROCKETS」は、新たに桜沢教頭を顧問代理として、春の大会に向け「元JESTセンター」のあおいコーチの元、さらに高く飛ぶ決意をする!

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】ついに「ROCKETS」が20人に!子供の将来を案じ、無謀な夢に挑戦させる大人たちの葛藤。第6話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第6話 劇中曲 「できっこないを やらなくちゃ」サンボマスター

「できっこないを やらなくちゃ」サンボマスターをアマゾンでチェック!

物語のモデルとなった福井商業高校「JETS」が大切にしている楽曲。第一話以来の再登場。入院する太郎のために、病院の中庭で「ROCKETS」が涙を流しながら踊った楽曲。カンナと芙美が入ってから初めての10人での踊りとなった。

ドラマ【チアダン】第7話サクッとネタバレ

サブタイトル「20人での初大会! 夢も仲間も絶対捨てない」

「恋とチアダンスと勉強」突然の男子生徒からの告白に、自分の限界を知り貴重な経験をした麻子。「エノキ食堂」と妙子と「ROCKETS」の危機を救ったわかばの「チアスピリット」

わかばの幼馴染の春馬への真剣な気持ちを抱く汐里と、苦しみを乗り越え新たなチャレンジに立ち向かう春馬を応援するわかば。

「JETS」不在の「北信越チャレンジカップ」で見せた史上最高のチアスピリット溢れる踊りで勝ち取った優勝によって、何もできない顧問・太郎が噛み締めた大きな喜び。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】ついに大会で優勝!恋もチアダンスも家族も!大切なものを捨てずに全てを手に入れる方法。第7話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第7話のロケ地の一部は以下の記事でご紹介しています。

ドラマ【チアダン】第3、7話のロケ地所沢 ミューズ 。大会優勝&土屋太鳳や佐久間由衣をオダギリジョーが叱咤した感動シーン

第7話 劇中曲 わかばたちが3年生の春「北信越チャレンジカップ」で踊った4曲

「JETS」不参加の大会で「優勝できないわけがない!」と、20人になった「ROCKETS」がチームから離脱しそうになる妙子のピンチを乗り越えて挑んだ「福井大会」以来二度目の公式戦「北信越チャレンジカップ」で、踊った時の楽曲。結成直後で、当時8人だった「福井大会」ではまともに一曲踊りきることもできなかった「ROCKETS」が見違えるような見事なダンスで大会1位に輝く。

◯「Shout Out to My Ex」Little Mix をアマゾンでチェック!
◯「Wild Ones」Flo Rida をアマゾンでチェック!
◯「Because We Can」Fatboy Slim をアマゾンでチェック!
◯「We Can’t Move To This」Ellie Goulding をアマゾンでチェック!

ドラマ【チアダン】第8話サクッとネタバレ

サブタイトル「暴行疑惑…大会への出場取消し!?世界中が疑っても仲間を信じる!!」

「暴行騒ぎ」を起こし、正当防衛だったがそのことを証明できずに悩み、チームに迷惑がかからないようにと、転勤になる父とともにアメリカに行ってチアダンスをするという汐里。

間違いや過ちを指摘しあえる関係がどれほどにありがたいことか。

三年生になりそれぞれが卒業後の進路を思い描く時期に、伝えておくべきことをしっかりと話すことの大切さを知り、さらなる結束感が生まれる「ROCKETS」。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】ロケットを作った張本人・汐里がアメリカへ!?身近な人にちゃんと伝える大切さ。第8話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第8話 劇中曲 「You’ll Never Walk Alone(君はひとりぼっちじゃない。)」Susan Boyle

「ROCKETS」結成当初に初期メンバーでバレエ経験者だった橘穂香(箭内夢菜)が壁に描いたメッセージの意味をわかばが疑問に思い聞き出したところ、結成当時バラバラだったチームが一つになって目標達成できるようにという思いが込められていた。

「You’ll Never Walk Alone (from “Carousel”)」Susan Boyle をアマゾンでチェック!

ドラマ【チアダン】第9話サクッとネタバレ

サブタイトル「ケガで全国大会出場断念!?復活の太郎先生が導く奇跡」

大会直前に怪我をして、突然のことに困惑するわかばは、チームに迷惑をかけられないとして全国大会では踊らないことを決める。

太郎や有紀、春馬、両親や姉に支えられながら、自分の本当の気持ちに気づきたわかばは踊りたい気持ちがあることをメンバーに伝える。「迷惑をかけてよ」というメンバーは、わかばが戻ってくることを信じてフォーメーションを変えずに練習をしていたという。

こうして怪我が完治して顧問復帰となった太郎とともにチームへ戻ることになったわかばたち「ROCKETS」はいよいよ全国大会へ。

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】気合いが怪我を治す!わかばが知った「楽しいことができる喜び」第9話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第9話 劇中曲 「できっこないを やらなくちゃ」サンボマスター

「できっこないを やらなくちゃ」サンボマスターをアマゾンでチェック!

わかばが戻ってくることを信じて待っていた汐里たちメンバーが、わかばの前で踊った楽曲。まだ「ROCKETS」というチーム名が付く前のチアダンス同好会だった頃、わかば、汐里、渚、穂香、妙子、琴の六人が、東京に旅立つわかばの姉・あおいを見送った時に踊った楽曲で、あおいが活躍していた福井中央高校チアダンス部「JETS」にとって大切な楽曲。太郎が入院した時にもメンバー全員で踊る。

ドラマ【チアダン】第10話サクッとネタバレ

サブタイトル「夢は叶う人は変われる!今夜、奇跡のラストダンス」

一番初めに汐里(石井杏奈)が「チアダンス」やろうと声をかけたチアリーダー部だったわかば(土屋太鳳)望(堀田真由)さくら(福地桃子)美菜(石崎なつみ)恵理(坂ノ上茜)香(溝口恵)真子(守屋ことり)夕実(佐生雪)成田愛海(成瀬亜未・元JETS)三谷絵里加(宮口依里栞)(伊藤有沙)たち。

その後、汐里の厳しさについていけず離れていった望たち。たった一人残ったわかばは汐里と対立しながらも、新たにメンバー募集をして渚(朝比奈彩)妙子(大友花恋)穂香(箭内夢菜)琴(志田彩良)らと初めて「チアダンス」で誰かを応援する大切さ、チアダンスが好きな自分を知る。

欅坂46のように自由に踊ってみたかった麻子(佐久間由衣)、「誰かと一緒」が苦手だった茉希(山本舞香)、チアリーダー部から追い出された芙美(伊原六花)とカンナ(足立佳奈)らが入り、10人になりチーム名も「ROCKETS」に。

かつての教え子・木田隆(岐洲匠)とのわだかまりを解消し顧問になるも、怪我をしてチームから離れてしまった太郎(オダギリジョー)。そんな顧問不在で廃部の危機を救ったのは「チアリーダー部」の望(堀田真由)さくら(福地桃子)美菜(石崎なつみ)恵理(坂ノ上茜)香(溝口恵)真子(守屋ことり)夕実(佐生雪)成田愛海(成瀬亜未・元JETS)三谷絵里加(宮口依里栞)井端ありさ(伊藤有沙)、そして、麻子の父・桜沢教頭(木下ほうか)だった。

わかばの親友、兼「ROCKETS」衣装デザイナーの有紀(八木莉可子)、麻子の踊りに恋をした水嶋弘樹(遠藤健慎)、福井西高等学校の駒子校長(阿川佐和子)、教師の杉原(本多力)、松井(森矢カンナ)野球部顧問の菊池(木原勝利)。

福井西高等学校「野球部」のピッチャーでわかばの幼馴染の春馬(清水尋也)、キャッチャーの昇(髙橋里恩)。

太郎を支えた今日子(松本若菜)と息子の大和(高村佳偉人)。

コーチとして導いてきたあおい(新木優子)、わかばの父・勝也(高橋和也)と母・房子(紺野まひる)。

わかばたちの目標だった福井中央高校「JETS」の現役センター・月子(小倉優香)と、初代「JETS」メンバーでわかばが見た「キラキラ」の張本人・友永ひかり(広瀬すず)。

「エノキ食堂」店主・榎木洋(星田英利)、娘を過保護にしてしまう穂香の父・橘誠一(宍戸開)、太郎の担当医・坂木文彦(夙川アトム)、娘の活躍を応援する汐里の父・桐生光俊(津田寛治)。

多くの人を応援し、支えられてきた「ROCKETS」が出した、大好きな「踊り」をすることの「答え」

さらに詳しいネタバレはこちら

ドラマ【チアダン】20人と太郎が見つけた「奇跡」第10話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

第10話 劇中曲 「Bring Em Out」TI(Hiphop)他

全国大会決勝で「ROCKETS」が踊った楽曲。

「Cut To The Feeling」Carly Rae Jepsen(Pom)
「Power」Little Mix(Jazz)
「Bring Em Out」TI(Hiphop)
「Roar」Katy Perry(Line dance)

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク