ドラマ【チアダン】広瀬すず友永ひかり役で登場!「チアスピリット」の原点!第1話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

スポンサーリンク

2018年7月から放送のドラマ【チアダン】

2017年に公開された映画版「チアダン」の9年後を舞台に描くドラマ版「チアダン」。映画版の主人公で、広瀬すず演じる友永ひかりがゲスト出演するというサプライズとともに、豪華共演陣がキャスティグされました。

主人公は「JETS」に憧れを持ちつつも、「自分にはできっこない」とチアダンスを諦めてしまう藤谷わかば。

生徒たちに「やりがいのある部活を通して、困難を乗り越えることの大切さを教えたい」という一人の顧問と、その生徒たちの物語が映画版で描かれましたが、ドラマでもまた、自分の中にある情熱を消すことなく、最後までやり抜く主人公たちの姿に注目したい作品です。

ここでは、ドラマ【チアダン】の第1話のあらすじをネタバレで紹介しています。

そのほかの「チアダン」記事

ドラマ【チアダン】ロケ地所沢 ミューズ とは?土屋太鳳、佐久間由衣をオダギリジョーが叱咤!第三話感動シーン

ドラマ【チアダン】キャストあらすじ。広瀬すずが土屋太鳳で、中条あやみが石井杏奈?打倒ジェッツの新たなチアダンス物語。主題歌にも注目

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第1話ネタバレあらすじ

才色兼備で完璧な姉、藤谷あおい(新木優子)に劣等感を感じ「バカはバカなりに頑張った」と、やりたいことから離れていた藤谷わかば(土屋太鳳)は、「JETS」に勝って全米制覇を本気で目指す転校生・桐生汐里(石井杏奈)にチアダンスをやろうと誘われる。

やりたいと感じていたチアダンスを再び始めるため、汐里とともに部員を集めるため奮闘するわかばたちだったが、チアリーダー部の麻生芙美(伊原六花)梶山カンナ(足立佳奈)稲森望(堀田真由)芦田さくら(福地桃子)三枝美菜(石崎なつみ)樫村恵理(坂ノ上茜)菅沼香(溝口恵)大竹真子(守屋ことり)武藤夕実(佐生雪)らは厳しすぎる汐里の指導に愛想を尽かしわかばたちから離れていってしまう。

それでもわかばたちは陸上部の栗原渚(朝比奈彩)、帰宅部でダイエット目的だった榎木妙子(大友花恋)、バレエ経験者の橘穂香(箭内夢菜)、日本舞踊経験者の蓮実琴(志田彩良)を勧誘して「一曲踊りきろう」と練習を続けていた。しかし又しても汐里の厳しすぎる指導でわかば以外のメンバーが離れていってしまう。

ここまで諦めずにチアダンス部を作ろうと頑張っていた汐里すらも諦めかけた時、わかばは「一曲最後まで踊る約束は守って」と汐里に伝え、不安を抱え東京に旅立つ姉、あおいを応援するため、二人は福井駅前で「JETS」が大切にしていた曲とともに、旅立つあおいをチアダンスで応援するのだった。

そこに、チアダンスを辞めたはずの栗原渚、榎木妙子、橘穂香、蓮実琴らも加わり、彼女たちが一緒に踊る姿を見たあおいはわかばに「やりたいことやった方が結局は楽しいやろ」と感謝とともに伝えるのだった。

人だかりができてしまい警察に注意を受けるわかばたちに、その様子を見ていた漆戸太郎(オダギリジョー)は、その場を収めるため「自分が顧問だ」と名乗り事態は収まるが、わかばたちは顧問が見つかったことを喜ぶのだった。

その様子を見ていた、わかばのクラスの学級委員でわかばたちを邪魔していた桜沢麻子(佐久間由衣)と、ほとんど学校に行かずヒップホップダンスを続け、わかばたちの勧誘を断っていた柴田茉希(山本舞香)の二人は、わかばたちの踊りを見たことでそれぞれに複雑な気持ちを抱いていた。

スポンサーリンク

第1話のゲストキャストと登場人物

主要キャスト

藤谷わかば(土屋太鳳)東京に行く姉・あおいのことを応援するため、姉が上京する日に「JETS」の大切にしている楽曲でチアダンスを踊って応援する。自らも諦め掛けていたチアダンスをもう一度始めると決意する。
桐生汐里(石井杏奈)一人になってもチアダンス部を作ろうとする強さを持つ。「JETS」にかって全米制覇を本気で目指しているために、未経験者にはきつく当たってしまう。
桜沢麻子(佐久間由衣)学級委員、生徒会役員。チアダンス部を作ろうとするわかばたちを邪魔する。教頭の桜沢伸介の娘。
柴田茉希(山本舞香)夜の街で一人ヒップホップダンスを踊る不登校気味の高校生。わかばたちの駅前でのダンスを目撃する。
栗原渚(朝比奈彩)陸上部所属。わかばからチアダンス部に勧誘され、とりあえずチアダンスを続けるが汐里にきつく言われ諦める。その後駅前でわかばたちのチアダンスを目撃して一緒に踊る。
榎木妙子(大友花恋)「エノキ食堂」の娘で帰宅部だったが、ダイエット目的でチアダンスを始める。渚とともに厳しすぎるチアダンスから離れるも、駅前のわかばたちのチアダンスに加わる。
橘穂香(箭内夢菜)バレエ経験者で誘われたチアダンスを始めるが、渚たちとともに一時的に辞める。その後駅前でわかばたちのチアダンスに加わり踊る。
蓮実琴(志田彩良)日舞家元の娘でわかばたちに誘われてチアダンスを始めるが渚たちともに一時的に辞める。駅前でわかばたちのチアダンスを目撃し、渚、妙子、穂香らと一緒に踊る。

福井西高等学校

柳沢有紀(八木莉可子)わかばの親友。隣の席。チアダンス部勧誘チラシのイラストを描く。
蒲生駒子(阿川佐和子)チアダンス部を作ろうとするわかばたちを見て、漆戸に顧問の話を持ちかける。
桜沢伸介(木下ほうか)何事にも消極的。麻子の父。

福井西高等学校「野球部」

椿山春馬(清水尋也)夏の大会で死球を出して試合に負けてから自信を失い野球部を休む。わかばの幼馴染。

漆戸家

漆戸太郎(オダギリジョー)前任校で生徒の夢を奪ってしまったことから心に傷を負っているが、心の傷を周囲に心配されることもまた辛いと思い始める。駅前で踊り警察に注意されたわかばたちをかばい、チアダンス部の顧問だと名乗り警察に謝る。
漆戸今日子(松本若菜)
心の傷を抱える夫と「前みたいには頑張らない」という約束をしている。夫のことは「タロさん」と呼ぶ。
漆戸大和(高村佳偉人)太郎と今日子の息子。

藤谷家

藤谷あおい(新木優子)東京の私立高校の教師となり、チアダンス指導することが決まるが、内心は不安を抱えている。その気持ちをそばで見てきた妹のわかばに、東京に旅立つ日の朝、チアダンスで見送られる。高校時代は「JETS」のセンターで踊っていた。
藤谷勝也(高橋和也)わかばとあおいの父親。突如東京に行くと言い出したあおいとは、半ば「勘当」状態。
藤谷房子(紺野まひる)わかばとあおいの母親。突如東京に行くと言い出したあおいばとは、半ば「勘当」状態。

福井中央高校「JETS」

花房月子(小倉優香)「JETS」の指導をしにきていたあおいに、感謝を伝えるため、部員たちとともに藤谷家を訪れる。「JETS」のセンター。
友永ひかり(広瀬すず)「JETS」のコーチ。姉に劣等感を感じていたわかばに後輩のあおいの「弱さ」を教え、東京で働く姉をチアダンスで応援したいというわかばに「JETS」の大切な曲を教える。

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)