ドラマ【チアダン】第3、7話のロケ地所沢 ミューズ 。大会優勝&土屋太鳳や佐久間由衣をオダギリジョーが叱咤した感動シーン

スポンサーリンク

2018年7月から放送のドラマ【チアダン】

福井商業高校のチアダンス部が創設3年目にして全米制覇という偉業を成し遂げた実話を元にした映画が、広瀬すず主演で公開されたのが2017年。

映画【チアダン】あらすじネタバレと感想。広瀬すずと中条あやみ「セブンティーン」人気モデルのスポ根・実話・作品

土屋太鳳主演のドラマ版では、映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」で描かれた9年後を舞台に、映画の劇中で全米制覇を成し遂げた「JETS」(実際の福井商業高校チアリーダー部と同じ名前)に勝って全米制覇を目指す女子高生と教師の物語です。

映画版を見ていた人なら、ドラマ版と映画版それぞれのキャラクターに似ているところを見出し楽しむこともできますが、物語自体は映画とドラマは全くの別物として描かれ、どちらかを見るだけでも十分に楽しめる作品です。

個人的には、映画版では登場人物たちの心理描写をもっと深く描い欲しかった!と思っていたので、ドラマでは、それぞれの抱える葛藤が描かれるところを興味深く見ています。

ここでは、ドラマ版、第3話の印象的なシーンのロケ地をご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【チアダン】第3話 感動シーンのロケ地「所沢ミューズ」

第1話は、土屋太鳳演じる主人公のわかばが、東京で自分のやりたいことに挑戦するという決断をした自らの姉を応援すべく、チアダンス部を始めようと言い出した転校生、汐里(石井杏奈)とともに、その姉が東京に旅立つ日の朝に、福井駅前でチアダンスを踊って送り出すというラストシーン。

第2話では、父親が自分の通う学校の教頭である優等生の通称「イインチョウ(佐久間由衣)」が、心の底に押し込めていた「チアダンスをやりたい」という気持ちを吐き出すとともに、わかばたちが目指していた「部員8人でチアダンスを部として認める」という目標が達成された感動的なラストシーンでした。

そして第3話での感動シーンは、何と言っても顧問のオダギリジョー演じる太郎先生が、チアダンスを諦めかけたメンバーたちに一人一人声をかけるところです。

結成したばかりのチアダンス部「ROCKETS」が夏休み最後に挑戦した福井県のチアダンス大会で惨敗して大恥をかいたメンバーたち。彼女たちは自らが目標としていた「全米制覇・打倒JETS!」という高すぎる目標の前に全てを諦めようとしてしまいます。

その時顧問の太郎先生がメンバー一人一人に現在の実力と、改善すべき点を指摘していきました。

そのシーンが撮影されたのが所沢市にある「ミューズ」という場所でした。

所沢市民文化センターミューズ 周辺マップ

[出典] 所沢市民文化センター ミューズ 公式サイトアクセス

メンバーが落ち込んで座っていた室内のシーンから、外に出た大きな階段がある場所が「ミューズ」です。

そもそもミューズの正式な名前は「所沢市民文化センター ミューズ」

ご存知かと思いますがミューズはギリシャ神話に登場する音楽の女神のこと。

「所沢市民文化センター ミューズ」は大中小の音楽ホールの他にも、レストランやカフェ、会議室などがあり、そして何よりも、施設のすぐ裏手には所沢で最大規模の公園で航空発祥の地として知られる「航空記念公園」があります。

このミューズの最寄り駅も西武新宿線の「航空公園駅」で、この駅に降り立てばドラマ「チアダン 」のロケ地と、広大な公園を楽しめてしまうというわけです。

外観

マーキーホール(中ホール) [出典] 所沢市民文化センター ミューズ 公式サイト 

オダギリジョーがメンバーたちを引き止めて話していた場所は「ザ・スクエア」という展示室の建物と、キューブホール(小ホール)の間にある「情報市場」という広いスペースです。行けばすぐにわかる場所だと思います。

その時のオダギリジョーのセリフは以下の記事でご覧いただけます。(第3話をチェックしてください。)

ドラマ【チアダン】最終話までネタバレ。「できっこない」を乗り越える力の源とは?

このロケ地はAmazonプライム・ビデオで配信された松田翔太とテミンが出演するドラマ「ファイナルライフ」でも印象的な長回しが撮影された場所です。(いささか暴力的なのでご視聴の方はご注意を)

アマゾンドラマ【ファイナルライフ】キャストあらすじや主題歌の紹介 深い悲しみを抱える松田翔太と記憶喪失のテミンが秘密組織で活躍!ヒロインにはやっぱり可愛い瀧本美織

ドラマ内では主人公のわかばたちが2年生の時の福井大会でロケ地として使われました。ということは、主人公たちが3年生となった時もまた同じ福井大会の会場として登場するはずです。

付近のレストランや、ミューズからでもすぐに入ることができる航空公園のカフェなどもおすすめですのでロケ地巡りの際はぜひ足を運んでみてください。

所沢航空記念公園 案内サイト

所沢でのロケ撮影時期はいつ?

公式のインスタグラムを見ると第3話のミューズのシーンが撮影されたのが2018年6月27日でした。

そして、その第3話はおよそ一ヶ月後の7月下旬に放送されました。このことからドラマ「チアダン」の撮影から放送まではおよそ一ヶ月かかると考えられます。

土屋太鳳と阿川佐和子の対談によると、7月下旬から8月頭の頃に第6話の撮影をしていて、物語の中でわかば達は「そろそろ3年生」という時期に差し掛かっているといいます。

第6話放送が8月17日なので、撮影から放送までの期間はおよそ3週間ほど縮まりました。

そして、わかばたちが3年生の代に再び福井大会に出るのはその夏で、その後すぐに全米大会に出ると予想すると、早くても第7話、そして、第8.9話で確実に夏の大会をするはずです。

ということは、ドラマ「チアダン」の撮影チームが福井大会撮影のために「ミューズ」に来るのは8月上旬〜中旬が最も濃厚です。

と思っていたらミューズでの撮影びがTBSのエキストラ募集で8月13日(月曜日)と公表されていました!

「ROCKETS」の生ダンスを観れるまたとない機会、タイミング合う人は行けたらいいですね!

(2018/08/27追記)8月24日金曜日に放送されたドラマ「チア☆ダン」第7話にて「北信越チャレンジカップ」のステージとして、所沢ミューズの「マーキーホール(中ホール)」が登場しました。

ロケッツの二度目の公式大会で部員数が20人となってから初の出場となる大会で優勝を収めたシーンは、全て「マーキーホール」内での撮影でした。土屋太鳳始めロケッツのメンバーのみならず、阿川佐和子、木下ほうか、松本若菜、新木優子、八木莉可子、遠藤健慎、高橋和也、紺野まひる、小倉優香などほとんどの出演者が一堂に会した撮影だったようです。

上記で言及した「福井大会」でありませんでしたが、ロケッツらしい決断によって、チームの危機を乗り越えるという重要なエピソードとなり、他のチームの発表中、麻子が麻子に想いを寄せる水嶋くんと話していたガラス張りの通路も「マーキーホール」内での撮影でした。

ちなみに「北信越チャレンジカップ」の会場の外観は「福生市民会館」で、こちらもまた、新木優子演じるあおいコーチが、大友花恋演じる妙子をチームから外さない理由を伝えてくれた素敵なシーンでした。

第7話のネタバレはこちらからご覧ください。

ドラマ【チアダン】ついに大会で優勝!恋もチアダンスも家族も!大切なものを捨てずに全てを手に入れる方法。第7話ネタバレと登場人物やゲストキャスト。

航空公園・ミューズ近くの おすすめカフェ5選

地産地消で若年世代に大人気!◯エコトコ・ファーマーズカフェ|食べログ

狭山茶と日本庭園を楽しみながら◯彩翔亭 (サイショウテイ)|食べログ

航空公園駅近のカフェ◯アンリー・ファルマン 航空公園駅店 |食べログ

いちごやブルーベリーのハーブティ販売もあるミューズ内のカフェ◯ミューズ カフェ 彩(IRODORI)

ロケ地を間近で眺めるミューズ内のレストラン◯響(ヒビキ)|食べログ

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)