ドラマ【下町ロケット2018&特別編】全話サクッとネタバレ。ゴーストとヤタガラスが導く日本の宇宙と農業

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【下町ロケット 2018】

2015年10月期にスタートし「ガウディ編」の最終話で20%を越える視聴率を叩き出した人気ドラマの待望の続編です。

これまで同様、主演に阿部寛をすえ、原作小説の最新作「ゴースト」と「ヤタガラス」の発売に合わせ新たな「下町ロケット」がTBSドラマに帰ってきます。

ここでは、ドラマ【下町ロケット 2018】の全エピソードの概要をネタバレでご紹介しています。

スポンサーリンク

ドラマ【下町ロケット 2018】第1話サクッとネタバレ

サブタイトル「新シリーズ幕開け!ロケットから撤退か?夢を諦めずに立ち向かえ!!」

藤間社長が赤字ながらも推し進めるロケット事業「スターダスト計画」は20周年を迎え、準天頂衛星「ヤタガラス」6号機の打ち上げに成功する帝国重工。その裏では沖田会長が擁護する次期社長候補の的場らの台頭により、ロケット事業の打ち切りが進行する。その煽りを受けた佃製作所は、大口取引先だった農業機械メーカー「ヤマタニ」との契約縮小を言い渡される。技術より低コストが喜ばれる時代から、新たな経営方針を探し始めることになった佃製作所。

そんな最中、経理部長・殿村の父で、300年続く農家の12代目当主・正弘が過労で倒れ、佃は「とのむら家の米」を作っている新潟県燕市に殿村を訪ねる。そこで米作りに使っているトラクターに「作業ムラ」があることを知った佃は、その原因が「トランスミッション」にあることを見抜き、佃製作所の新たな方針として「トランスミッションメーカー」を目指すことになる。

こうしてヤマタニの新トラクターに載るトランスミッションの「バルブ」のコンペに関わることになった佃製作所。”バルブ界の帝王”大森バルブとのコンペに勝つため、軽部、立花、加納が”バルブ製造チーム”として選ばれる。バルブのオリジナリティに悩むチームは、かつて自分たちが手がけた”ロケット品質”人工心臓弁「ガウディ」を体内に入れている子供達の元気な姿を見て大きく刺激を受ける。

こうして佃製作所が作り上げたバルブは常に振動にさらされるトラクターのトランスミッションに必要な「強度」を最優先に考えたバルブで、その出来栄えは「天才エンジニア」と呼ばれた元帝国重工の女性エンジニア・島津をも唸らるほどのものだった。コンペに勝利しギアゴーストとの関係がスタートした佃製作所だったが、帝国重工が打ち上げる最後のヤタガラスのバルブには佃製作所のものが使えないかもしれないと言われてしまう。

同じ頃ギアゴーストもまた、主力製品のトランスミッションを、中川弁護士率いるケーマシナリーに特許侵害で訴えられていた。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第1話ネタバレ。スターダスト計画の危機と新潟の田んぼで見つけた佃の新たな野望

ドラマ【下町ロケット 2018】第2話サクッとネタバレ

サブタイトル「15億円をかけた戦早くも大ピンチ!愛とプライドをかけろ!!」

「ヤタガラス7号機」の打ち上げ直前、帝国重工藤間社長の意向を受けて、新たなエンジンのための新バルブシステムを作ることになった佃製作所。時を同じくしてギアゴーストが特許侵害で訴えられ、佃製作所は神谷弁護士のアドバイスを受けて「クロスライセンス契約」を狙うため、訴えを起こした「ケーマシナリー」のトランスミッションにリバースエンジニアリングをして、ギアゴーストへの特許侵害がないかを探し始める。

極秘で進めていたその計画にはギアゴーストをタダ同然で買収することも盛り込まれていたが、島津や伊丹の「ものづくりに対する想い」に触れた佃は、計画の全てを明らかにし、ギアゴーストとともに「クロスライセンス契約」のために、リバースエンジニアリングを続けることになる。しかし特許侵害は見つからずギアゴーストは15億円という損害賠償金を払えないまま、わずか5年で会社を畳もうとしていた。

しかし、佃は、新バルブシステムの製造過程で島津が協力をしてくれたこと、そしてギアゴースト社員たちとの協働の中で、ギアゴーストを潰すわけにはいかないとの想いを強め、佃製作所がギアゴーストを買収して傘下に収めるという計画を役員たちに説得する。こうしてギアゴーストは佃製作所のグループ企業となり存続することが決定。

こうしてギアゴーストが資金調達のめどがついたことから、ケーマシナリーと中川弁護士たちの企みは頓挫することになる。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第2話ネタバレ。ケーマシナリーvsギアゴーストの特許侵害の争い。理想の技術者・島津が動かした佃の心

ドラマ【下町ロケット 2018】第3話サクッとネタバレ

サブタイトル「大逆転なるか!牙を向いた帝国重工に立ち向かえ」

帝国重工での燃焼試験を無事クリアし、最後のロケットへの新バルブシステムの搭載が正式に決まった佃製作所。ギアゴーストとの買収の話も手続き完了までおよそひと月となる。順調に進んでいた両社だったが、その情報は外部に漏れ、佃製作所は帝国重工から信用調査を受けることになる。的場とも通じる奥沢の後輩である調査員・安本が佃製作所へのヒアリングを担当することになり、当日に向けて財務関係の資料などの準備を進める佃製作所。社内総出で準備を終え、佃や山崎たちは殿村の実家に田植えを手伝いに行く。トランスミッションチームの立花と加納、さらに、佃に誘われた伊丹と島津らが田植えに参加する。そこで現状のトラクターにも問題は多いことを知った佃と伊丹は、これからも協力してチャレンジしようと熱く言葉を交わす。

ヒアリングを当日の午後に控えた殿村だったが、父・正弘が倒れ。午後から手術することになる。殿村不在のまま迎えた安本のヒアリングで、徹底的に悪いところを指摘される佃製作所。「バルブシステム供給に問題あり」と評価を下すといい会議室を後にしようとする安本の前に現れた殿村は、あらかじめ用意していた書類を見せ、安本を説得。佃や山崎の説得の甲斐もあり「問題なし」と判断された佃製作所は、ギアゴーストともに安堵する。しかし喜んでいるのもつかの間、神谷弁護士から呼び出された佃と伊丹たちは、開発情報が外部に漏れていること、内通者がいる可能性があると指摘される・・・。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第3話ネタバレ。漏れる買収情報。帝国重工の信用調査を乗り越えた10億円の価値を生み出す佃製作所とギアゴースト

ドラマ【下町ロケット 2018】第4話サクッとネタバレ

サブタイトル「涙の別れ!鬼の経理が退社!!裏切者は誰?逆襲へ」

島津の「T2」エンジンに対する特許侵害を訴えるケーマシナリー。その根拠となっているのは、島津が「T2」を完成させてからわずか一週間後になされた「クレーム補正」だった。このことはギアゴースト内部に内通者がいることを意味する。神谷の気づきから、ギアゴーストの顧問弁護士の末長が中川と繋がっていることが明らかになり、裁判で勝てるような更なる証拠を集めるため、佃製作所は社員総出で論文を調べることになる。そこで佃は島津の母校の書庫で「T2」の元となる技術の論文を発見し、ケーマシナリーの訴えを退ける可能性が見えてくる。しかし後日、この論文だけでは証拠として不十分だということが明らかになり困窮する佃たち。

そんな最中、週末ごとに実家の田んぼを手伝っていた殿村は、父・正弘が愛する田んぼを手放すことができず、ついに田んぼを継ぎ米農家として生きていくことを決意する。涙ながらに佃への感謝を伝える殿村に、快く背中を押す佃。

中川弁護士とケーマシナリーとの対決が迫っていた。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第4話ネタバレ。殿村が退職を決意!佃はギアゴーストを守れるか!?

ドラマ【下町ロケット 2018】第5話サクッとネタバレ

サブタイトル「完結!ゴースト編〜負けたら終わり!予想不可能な展開!!逆転なるか!?」

ヤタガラス7号機が無事打ち上げに成功。帝国重工のロケット事業も一区切りで、主導役だった財前は佃たちとともに殿村家のコメ収穫作業に参加し、新たに農業分野に可能性を見出す。

中川弁護士との裁判で、神谷弁護士の活躍により勝訴した佃製作所とギアゴースト。さらに中川と末長弁護士は内通していたことが公になり逮捕される。

両社の発展に希望を抱く佃たちだったが、ある日、退職したという島津から伝えられたのは、ギアゴーストとダイダロスとの資本業務提携。

それは、重田に唆されたことで、かつて邪魔者扱いされた帝国重工への復讐の鬼となってしまった伊丹と島津との別れを意味していた・・・。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第5話ネタバレ。ロケットの終わりとヤタガラスの始まり。伊丹の裏切りと島津の退職

スポンサーリンク

ドラマ【下町ロケット 2018】第6話サクッとネタバレ

サブタイトル「新シリーズに突入!この国の未来のために〜帝国重工との対決」

伊丹の心変わりでギアゴーストを退社することになった島津はどこにも就職せずに仕事から離れる。その頃佃は財前が掲げる「無人農業ロボット事業」への参加を検討することに。さらにそのプロジェクトの衛星を利用した自動運転技術には、佃の大学時代の友人・野木博文の協力が必要だった。しかし財前は一度野木に断られており、佃は野木の説得のために北海道へ向かう。そこで野木がかつて企業と協働した際に開発情報を盗まれた過去があることを知り、佃は財前への協力を一度保留とする。原点に立ち返ろうと殿村のところに向かった佃。そこで地元のしがらみから「殿村の米」のブランドを守ろうとする殿村の姿に触発された佃は、改めて野木を説得に向かい帝国重工へ連れて行く。そこで帝国重工が真に利用者のためを考え開発を行っている姿を見た野木は、忘れかけていた”日本の農業のため”という目標を確認し「無人農業ロボット事業」への協力をすることを決める。

ようやく方向性が固まった「無人農業ロボット事業」だったが、的場の策略により、財前は責任者から降ろされ、佃製作所に依頼予定だったエンジンとトランスミッションは帝国重工内での内製化の方針をとることになる。

その頃伊丹は小型エンジンのダイダロス重田、自動運転技術のキーシン戸川、広報担当の北堀というメンバーとヤマタニとの協働で「ダーウィンプロジェクト」を進めていた。帝国重工の「無人農業ロボット事業」と競合する計画は極秘裏に進められ、「無人農業ロボット事業」の責任者が的場になったことで、彼への復讐に燃える伊丹と重田の狙いは着実に成し遂げられつつあった。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第6話ネタバレ。衛星ヤタガラスと無人運転トラクター。伊丹と重田「ダーウィン」の始まり。

ドラマ【下町ロケット 2018】第7話サクッとネタバレ

サブタイトル「帝国重工が佃をつぶしにかかる!逆転へ」

佃製作所が手がけるはずの無人トラクターのエンジンとトランスミッションが内製化の方針となったことを財前から伝えられ大きくショックを受ける佃たち。その上佃は、計画から降りると決めた野木の説得を財前に頼まれるが、怒りが収まらず断ってしまう。しかし、財前からの心こもった手紙をもらったという殿村の話を聞き、農業の未来のため佃は野木を説得する。さらに佃は野木の実験用無人トラクターを作ることで、佃製作所のトランスミッション製造を継続する道を見出す。

そんな中、帝国重工の野木との窓口が財前から奥沢に変わったことで、野木は過去にキーシンに開発情報を盗まれた時と同じような状況になっていた。内製化のために開発コードの開示を要求する奥沢に野木は「開発コードを世界中に公開してやる」と言い放ち中小企業を馬鹿にする奥沢を退ける。

そんな中完全内製化で進められる帝国重工の無人トラクター「アルファ1」の発表記者会見が行われるも、翌日の朝の情報番組で紹介されたのは、帝国重工への復讐に燃える伊丹や重田らが進める無人運転トラクター「ダーウィン」だった・・・。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第7話ネタバレ。農業の未来のため財前を信じた佃。帝国に叛旗を翻す下町「ダーウィン」の出現

ドラマ【下町ロケット 2018】第8話サクッとネタバレ

サブタイトル「大企業に復讐しろ!中小企業VS帝国重工食うか食われるか!?」

下町トラクター「ダーウィン」を手がけるギアゴースト、ダイダロス、キーシン、堀北たち。的場への復讐に燃える伊丹と重田の次なる仕掛けは、的場の過去の下請け切りの暴露記事だった。藤間社長の続投が決まり、ロケット事業が正式に再開される中、帝国重工とダーウィン両陣営のアグリジャパンへの無人トラクター出展が決まる。

内製化により大型化された帝国重工の「アルファ1」、走行テストでトラブルが見つかった「ダーウィン」それぞれに一抹の不安を抱え、無人トラクター対決が始まる。

三つの評価基準を持つデモンストレーションの結果は「ダーウィン」の圧勝で、「アルファ1」は安全性能テストの際、カカシを引き倒し挙げ句の果てに圃場から出る際に横転する始末。

藤間社長が視察に現れる中、酷態を晒した的場らを見て「ダーウィン」陣営は完全勝利に喜んでいたが、伊丹に誘われ会場に来ていた島津はデモ中に「ダーウィン」が出した”音”を聞き逃さずにいた。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第8話ネタバレ。アグリジャパン、帝国重工 衝撃の結末!ダーウィンの完全勝利!

ドラマ【下町ロケット 2018】第9話サクッとネタバレ

サブタイトル「最終章突入!帝国の隠ぺい工作を暴けるか無実の親友を救え!」

「アグリジャパン」での「アルファ1」の大失態。財前の提案により、佃製作所の実験用トラクターで不具合の原因を突き止めるべく再調査を行なった結果、その原因が奥沢らが主導していた帝国重工製のバルブだったことが明らかになる。疑いをかけられていたた野木の潔白が晴れることになるが、保身を考え責任転嫁をしていた的場に変わり藤間社長が関わることになった帝国重工の無人農業ロボット事業は、決して失敗を許されない状況となっていた。

その頃、新型ロケットに搭載するリユーザブルエンジンの完成に向け、内製化を進めてきた帝国重工と佃製作所は、同じ日にバルブの性能試験に臨む。それぞれに最高のものを作り上げたテストの結果は佃製作所製バルブシステムの勝利。正式に採用され喜ぶ佃だったが、帝国重工でロケットバルブのチームリーダーを務めていた利菜は、その圧倒的な差にショックを隠せずにいた。

その後、佃が財前から依頼されたのは、大きく信用を落とした「アルファ1」へのエンジンとトランスミッションの供給について。しかし佃は、世間からの注目度や自社のトランスミッションがまだ満足のいく品質に達していないこと、さらに、財前や藤間社長の進退にまで影響を及ぼす可能性もあるその話を一旦保留にする。その後佃は電話口の殿村から、販売場所が変わったにも関わらず売上が落ちない「殿村家の米」の話を聞き、重要なのは品質だと教えられる。

「他の人より何倍も、何十倍も失敗してきたこと」母・沙耶に父・佃航平が技術者として成功した秘訣を聞いた利菜。土手で考え事をしていた佃に利菜は、佃の作ったバルブに素直に感動したことを伝える。佃製作所の後継のことでも悩んでいた利菜に佃は、空に広がる宇宙のように無限の可能性があるのだから、やりたいことを焦らずに一歩一歩着実に進んで欲しい、と伝えるのだった。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第9話ネタバレ。利菜と航平の親子バルブ対決!再起を図る帝国重工「アルファ1」 と的場の憎しみの過去。

ドラマ【下町ロケット 2018】第10話サクッとネタバレ

サブタイトル「最終回前SP〜 台風から親友と米を救え・佃プライド!総力戦で立ち向かえ!」

帝国重工無人農業トラクター「アルファ1」へのエンジンとトランスミッションの供給を依頼されるも、トランスミッションの実力不足をクリアできずにいた佃。社運をかけた決断に、佃は島津を社員として迎え入れることに成功。こうして島津を新たなリーダーにしたトランスミッションチームの働きにより、佃製作所は大きく前進。トランスミッション実用化のために試験農場の提供を殿村に依頼するも、殿村の父・正弘の反対にあい計画は進まずにいた。

一方殿村の田んぼは記録的な大雨にさらされ、収穫間近だった米が全滅という憂き目にあい、殿村は大きく落胆する。救援物資や見舞金を渡しに行った佃は、ショックを受けながらもコメ農家としての強い決意を持つ殿村に心動かされ、財前と山崎とともに再び殿村の元を訪れロボット導入に反対意見を持つ正弘を説得する。

佃の「日本の農業を救いたい」という本気の熱い想いに触れた正弘は、これまで農業を諦めていたことを認め、佃たちに農業をなんとかして欲しいと深く頭を下げるのだった。こうしての野木とともに「アルファ1」の実験を進める佃たちの元に、首相からの実演依頼が入る。それは「ダーウィン」との再対決を意味しており、総力を挙げて勝ちに行くと意気込む佃たちだった。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】第10話ネタバレ。島津の復帰で「アルファ1」と「ダーウィン」の再決戦へ!

ドラマ【下町ロケット 2018】第11話サクッとネタバレ

サブタイトル「最後の大逆転なるか悪党たちに立ち向かえ夢に向かって走れ! 」

首相視察とともに「再対決」となるデモンストレーションまで残り10日。しかし当日30分遅れでやって来た首相はすでに「下町トラクター」として人気を博している「ダーウィン」のデモンストレーションを見ただけで帰っていってしまう。

首相が帰ることで多くの観客が帰路についてしまったが、島津が参加したことで大きく改良した「アルファ1」は、デモンストレーションの走行タイムで「ダーウィン」を上回る出来となっていた。

7月に販売が決まる両陣営だったが、急遽販売時期を三ヶ月早めるという「ダーウィン」の策略にはまり帝国重工は遅れを取る形になる。そこで的場からの大型化とキーデバイスの内製化、つまり、佃製作所切りの提案を受けた藤間社長は性能テストを提案し、佃製作所と奥沢が率いる帝国重工の機械製造部は、第三者機関「モーター技研」への納品を前に両社は追い込みにかかることになる。

順調に新型エンジンとトランスミッションを仕上げた帝国重工側に対し、佃製作所では島津が心配していた通り遊星ギア部分の耐衝撃性が低すぎることからくるエンストが発生。時間がない中、佃製作所はロケットチームを含めたエンジニア総出での改良の日々が始まる。

多くのトライアンドエラーを繰り返した佃製作所のエンジニア達だったが、ある時立花が「原因はギアはではなく他の部分なのでは?」と漏らしたことから、その原因が「シャフト」にあることに気づいたエンジニア達は、シャフト部分に改良を加えこれまでになり最高のトランスミッションを完成させることに成功する。

モーター技研での性能テストの結果は当然ながら佃製作所の圧勝。こうしていよいよ製品化に大きく前進した佃達とは反対に、社長の座を狙う的場の立場はますます追い込まれることになる。

帝国重工のロケット事業の新たな段階となる「リユーザブルロケット」の第一号打ち上げが成功する頃、「アルファ1」は「ランドクロウ」と名前を変え、殿村の元へ納品される。佃は「ランドクロウ」に搭載されている「シャフト」周りを特許に申請することを決め、農業を救うために大きな一歩を踏み出すのだった。

その頃「ダーウィン」陣営は発売後注文が殺到していたが、それと同時に、モニター農家からの不具合の連絡が相次いで送られてくるようになっていた・・・。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】最終話(11)ネタバレ。佃と帝国重工、トランスミッション品質の圧倒的な差。アルファ1は「ランドクロウ」として完成!

ドラマ【下町ロケット特別編】サクッとネタバレ(2019/01/02放送)

サブタイトル「新ステージに突入!最愛の人を守るために諦めるな‼︎2019年も元気に大逆転なるか⁉︎ ジャパン・ドリームは自然の猛威に勝てるか 佃プライドで挑む感動物語!」

発売が出遅れた影響から「ダーウィン」に大きく差をつけられた「ランドクロウ」。その遅れを取り戻そうと的場が取った手段は下請けへの圧力だった。かつて重田たちが受けた同じ手口で、ダーウィン陣営の販売網を破壊する的場に、重田は中川弁護士を顧問弁護士に雇い入れ反逆に出る。業務妨害にあたるとして公正取引委員会に申し立てをし、さらに、週刊誌にその圧力の実態の暴露記事を掲載することで重田は的場に最後のトドメを刺すことに成功する。的場は帝国重工を辞任し、のちの記者会見でこれまでの過ちの謝罪するのだった。

復讐の完遂に酔いしれる重田と伊丹だったが「ダーウィン」のトランスミッションに構造的な欠陥がが見つかり、佃製作所が所有する特許技術がなければ、製造中止という状況に追い込まれる。しかし伊丹は、これまでの裏切り行為を許してもらえるはずはなく、再三の説得も虚しく、特許使用の可能性は絶たれ、ついに「ダーウィン」は出荷停止を待つのみとなる。

その頃殿村の田んぼに台風が直撃。殿村の農家仲間の稲本が困っていることを知った殿村は、これまでの嫌がらせは脇に置き、快くコンバインを貸し出す。さらに、財前が立ち上げた緊急時コンバインチーム「キャラバン」の助けを借りて、暴風吹き荒れる中、ほとんど被害を受けずに全ての稲を収穫することに成功する。

この経験を経て、当初ギアゴーストへの特許使用を拒否していた佃たちだったが、殿村が農業のために手を差し伸べた姿に習い、佃たちもまた、農業の未来のためにギアゴーストに特許ライセンスを提供することを決める。それは「ランドクロウ」を製造する帝国重工の藤間社長も、そして、日本の農業を救いたいという思いを持つ野木教授も同じ思いだった。

こうして「ダーウィン」は製造停止を免れ、重田と伊丹は佃たちに深く感謝する。重田は真のライバルになるために再起を誓い、伊丹は「下町の心意気」を改めて認識し再出発を誓う。

「ランドクロウ」は財前の戦略が功を奏し、当初の売り上げを上回る快進撃を続け、それは宇宙ビジネスに、世間の関心を向けることにも繋がっていた。藤間体制が磐石となる中、リユーザブルエンジンを利用した「R3ロケット」の打ち上げも無事成功。

アメリカの宇宙開発会社「スペースV」の一次審査を通過した利菜は「いつか必ず、佃製のバルブシステムを上回るシステムを作る」と父・航平に誓う。高い志を持つ利菜に、佃は「望むところだ」と答える。

ネタバレ詳細版は以下の記事にまとめています。

ドラマ【下町ロケット2018】特別編ネタバレ。モノづくりの女神が微笑むのは「ランドクロウ」か「ダーウィン」か?復讐心が重田と伊丹に見失わせたもの。

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)