ドラマ【下町ロケット2018】第8話ネタバレ。アグリジャパン、帝国重工 衝撃の結末!ダーウィンの完全勝利!

Sponserd Link

2018年10月から放送のドラマ【下町ロケット 2018】

2015年10月期にスタートし「ガウディ編」の最終話で20%を越える視聴率を叩き出した人気ドラマの待望の続編です。

これまで同様、主演に阿部寛をすえ、原作小説の最新作「ゴースト」と「ヤタガラス」の発売に合わせ新たな「下町ロケット」がTBSドラマに帰ってきます。

ここでは、ドラマ【下町ロケット 2018】のネタバレを、ここまでのあらすじを振り返りながらご紹介しています。

Sponserd Link

第7話までの経緯|ドラマ【下町ロケット 2018】

衛星「ヤタガラス6号」を乗せたロケット打ち上げが成功する帝国重工。そんな帝国重工のロケット事業は不採算を理由に打ち切りされると噂されるようになる。ロケット事業を進めてきた藤間から次期社長の座を狙うのは、帝国重工・中川会長の後ろ盾を持つ役員の的場だった。

その影響から最後の衛星「ヤタガラス7号」の打ち上げが前倒しとなり、さらに、そのロケットに乗せる新型エンジンの開発も前倒しになったことから佃製作所は急遽新たにバルブシステムを作ることになる。ギアゴーストの天才エンジニア島津の協力もあり新型バルブは完成。帝国重工の最終の燃焼試験もクリアし、帝国重工が計画していたロケット打ち上げは全て成功。こうして、佃と財前がきっかけとなって進めてきたロケット打ち上げは一旦の終了となる。

ヤマタニとの取引縮小を機に、新たな事業方針を模索していた佃が決めたのはトランスミッションメーカーとなること。経理部長・殿村の実家で農家の現状を知った佃は、ヤマタニの主要トラクターのトランスミッションを請け負うギアゴーストのコンペに参加する。

試行錯誤を重ね作ったバルブシステムは、強力なライバル大森バルブをはるかに上回る驚異的なもの。技術者が持つ感覚を最大限に利用した佃の技術に感動した島津のギアゴーストと、佃製作所の関係がこうして始まる。

そんな最中ギアゴーストは、主力エンジン「T2」を特許侵害で訴えられ、中川弁護士と共に知財戦略で業績を伸ばしてきたケーマシナリーからの要求額は15億円。

神谷弁護士に相談した佃は、ギアゴーストを支援することを決意。クロスライセンス契約を狙いリバースエンジニアリングを始めるが成果はあげられず、このままではギアゴーストが倒産すると言う状況の中、佃は山崎ら役員たちを説得し15億円を出しギアゴーストを買収することを決める。

こうして佃製作所の傘下となることが決まったギアゴーストは佃製作所と協力して裁判への準備を進める。そんな中、ギアゴーストの顧問弁護士・末長が、中川と内通していることが発覚。迎えた第1回口頭弁論での神谷と中川の対決は、数々の証拠を揃えたギアゴースト側の神谷が圧勝。こうして、小型エンジンの佃製作所とトランスミッションメーカーのギアゴーストが新たに手を組み協働していこうとしていた矢先、ギアゴーストの社長・伊丹は島津を会社から追い出し、帝国重工・的場という”共通の敵”を持つダイダロスとの資本提携を決定してしまう。

伊丹と重田が目論んでいたのはヤマタニ、キーシン、番組製作会社・堀北らで構成された「ダーウィンプロジェクト」だった。それは帝国重工・財前が新たに立ち上げた「無人農業ロボット事業」と競合するもの。

かたや財前から「無人農業ロボット事業」のトラクターのエンジンとトランスミッションの製造を打診された佃は「無人農業ロボット事業」の話を一度断っていた大学時代の親友・野木博文を説得し、共に「無人農業ロボット事業」で高齢化が進む農業を守るために新たにスタートを切ろうとしていた。

しかし財前の上司・的場の策略により「無人農業ロボット事業」のエンジンとトランスミッションは帝国重工内で内製化する方針となり、佃製作所は完全に外されることになる。

佃は、同じく計画から外れるという野木を、計画に戻して欲しいと、財前から頼まれるが、プライドを傷つけられたと感じた佃は断ってしまう。しかし、殿村のところで気づきを得た佃は野木を説得し、野木はその説得を受けて農業の発展のために帝国重工と手を組むことを決める。

しかし直後的場により「無人農業ロボット事業」から財前が外され、財前を引き継いだ奥沢から野木に求められたのは、開発コードの開示だった。そんな奥沢に野木は開発コードを世界中に公開してやるといい、奥沢を追い返し、農業の未来のために研究を進めるための希望をわずかに繋ぐことに成功する。

こうして発表された帝国重工の無人トラクター「アルファ1」。しかし、翌日テレビで報道されたのは無人トラクター「ダーウィン」だった。それは、伊丹と重田の宣戦布告でもあった・・・。

Sponserd Link

第8話ネタバレ|ドラマ【下町ロケット 2018】

下町トラクター「ダーウィン」の登場に衝撃を受ける帝国重工、佃製作所の面々。「ダーウィン」の広報担当は朝の情報番組「アサスマ」を制作する堀北、自動走行技術はかつて野木の元から開発情報を盗んだ戸川がいるキーシン、トランスミッションにギアゴースト、エンジンに”安さは一流技術は二流”のダイダロス、そして、車体にはヤマタニが関わっていた。的場への反撃を開始した伊丹と重田は、次なる仕掛けを用意していると話す。

そんな中の野木の元を訪れた佃たち。走行テストでは未だ10cmほどの誤差が生じてしまい、立花や加納、軽部ら佃製作所のトランスミッションチームは性能を上げられずに悩んでいた。製品化を焦る立花と加納に佃は、まずは開発を楽しめとアドバイス。何よりも失敗を重ねることが財産となるを諭すのだった。

ダーウィンの登場に「アルファ1」の早期完成を指示する的場。そこへある週刊誌の記事が持ち込まれる。そこに書かれていたのは、北堀が仕掛けた的場の下請け切りの暴露記事だった。かつてその影響で倒産に追いやられた重田や伊丹たちが「ダーウィン」によって復讐を果たすという内容で、帝国重工が「悪」「ダーウィン」が「善」というイメージが世間に知れ渡ることになる。

その記事の影響を受け、帝国重工会長の沖田から呼び出された的場は、藤間の社長続投を聞かされる。初めての挫折とこの失態を挽回しようとする的場の元に舞い込んできたのは岡山県知事からの農業機械大展示会「アグリジャパン」への出展の話だった。イベントの目玉である「ダーウィン」とのトラクター対決での挽回を狙う的場は、奥沢に「アルファ1」の完成を急ぐように指示するが、それはこれまで大規模な製品を手がけてきた帝国重工にとっては時間的にも技術的にも厳しいこと。その打開策として当初小型だったトラクターを大型化の方針に切り替え、強引にでも「アグリジャパン」への出展に間に合わせようとする。

帝国重工・水原から緊急で呼び出された佃たちは、帝国重工のロケット事業が的場の続投を受けて継続することを知らされ喜ぶ。しかし同時に水原から伝えられたのは、これまで佃製作所が納品していたトランスミションを帝国重工が開発を進めていること、そして、それが成功した時には、両者の関係が切れる可能性があることだった。帰宅した佃はそのことを娘の利菜に話し、利菜はこれまで隠していたことの方が辛かったと言いながら、これからライバルとなる父との勝負には負けないと息巻く。

野木と進めていた佃製作所の実験用トラクターは、前回より改善が進み、誤差は5cmと実験は着実に進んでいた。そこで野木から「アグリジャパン」のことを聞いた佃たちは、イベントを見にいくことになり、トラクターの不具合から佃製のトラクターを買えないかと佃に連絡をしてきた殿村もまた、佃たちとともに「アグリジャパン」に行くことになる。

その頃ギアゴーストには、走行テストで不具合があったとヤマタニからメールが届く。しかし開発主任の氷室は聞く耳を持たず、よくあることで、開発は順調だという。しかし、島津がいた頃を知る柏田は、氷室の強権的なやり方にやりずらさを感じていると伊丹に話す。その後、伊丹は島津に手紙を出し「アグリジャパン」へ招待する。その頃就職活動を続けていた島津は予定がないことからイベントを見に行くことを決める。

こうして迎えた第32回「アグリジャパン」。作れば売れると考える帝国重工は大規模農業にしか需要のない大型トラクター「アルファ1」を完成させ、”時流”をつかんだ「ダーウィン」陣営はイベントの中でも注目の的。そんな状況の中突如姿を現した藤間社長に的場は戸惑う。アメリカに出張中だったが、岡山県知事で大学の同期の蜷川から急遽連絡を受けて帰国を前倒ししたという藤間。しかしそれは、「アルファ1」の主導権を取り戻そうとする財前の思惑で、藤間が日本を発ったその日に水原からのアドバイスを受け、強引に大型化を進める的場から無人農業ロボット事業を取り戻そうと財前が打った一手だった。

こうして始まったメインイベントの「アルファ1」と「ダーウィン」のトラクター対決。世間では”下町トラクター”としてすでに大人気の「ダーウィン」のデモンストレーションは、性能評価を見事にクリアする安定した走りだった。走行、安全という基準は十分にクリアしていたが、会場に来てその様子を見ていた島津は作業性能のデモの際に「ダーウィン」が発したトランスミッションの”音”を聞き逃さず、違和感を感じていた。

「ダーウィン」のデモが終わったのちの休憩中。島津を探しに席を立った伊丹と佃は、会場で久々に挨拶を交わす。私恨なく「ダーウィン」のすごさを評価する佃に、伊丹は喜ぶが、佃はいずれは対等な土俵に立つと、その決意を伊丹に伝えるのだった。

こうして始まった「アルファ1」のデモンストレーション。「ダーウィン」の三倍の馬力を誇るそのパワーは圧倒的なものを見せつけていたが、クランクでの絶望的な弱さや作業性能の荒さは誰の目にも明らかで「ダーウィン」の勝利は確実に思えた。

最後の安全性能評価の際、センサーが反応せず「アルファ1」はカカシをなぎ倒し、会場中が衝撃を受けたまま「アルファ1」はデモを終えて圃場を後にする。しかし、圃場を出る際のわずかな斜面を登りきれずにいた「アルファ1」はそのまま横転。

「文字通り、帝国重工は地に落ちた!」その横転の近くにいた来場者はスマホを手に撮影。こうして会場中が帝国重工の失態を目にし「ダーウィン」の完全勝利が決定的。全てを見ていた藤間はただ目をつぶるしかなかった・・・。

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【下町ロケット2018】ロケ地で竹内涼真 土屋太鳳 阿部寛 今田耕司の目撃情報まとめ!
ドラマ【下町ロケット ヤタガラス】キャスト。原作を元に登場人物をご紹介。
原作【下町ロケット ヤタガラス】小説のネタバレあらすじと登場人物。無人農業ロボット計画の全容!

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)