ドラマ【下町ロケット2018】第6話ネタバレ。

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【下町ロケット 2018】

2015年10月期にスタートし「ガウディ編」の最終話で20%を越える視聴率を叩き出した人気ドラマの待望の続編です。

これまで同様、主演に阿部寛をすえ、原作小説の最新作「ゴースト」と「ヤタガラス」の発売に合わせ新たな「下町ロケット」がTBSドラマに帰ってきます。

ここでは、ドラマ【下町ロケット 2018】のネタバレを、ここまでのあらすじを振り返りながらご紹介しています。

スポンサーリンク

第5話までの経緯|ドラマ【下町ロケット 2018】

衛星「ヤタガラス6号」を乗せたロケット打ち上げが成功する帝国重工。そんな帝国重工のロケット事業は不採算を理由に打ち切りされると噂されるようになる。ロケット事業を進めてきた藤間から次期社長の座を狙うのは、帝国重工・中川会長の後ろ盾を持つ役員の的場だった。

その影響から最後の衛星「ヤタガラス7号」の打ち上げが前倒しとなり、さらに、そのロケットに乗せる新型エンジンの開発も前倒しになったことから佃製作所は急遽新たにバルブシステムを作ることになる。ギアゴーストの天才エンジニア島津の協力もあり新型バルブは完成。帝国重工の最終の燃焼試験もクリアし、帝国重工が計画していたロケット打ち上げは全て成功する。

ロケット事業を支えてきた佃と財前の関係は、このロケット打ち上げを最後に一旦の終了となる。

ヤマタニとの取引縮小を機に、新たな事業方針を模索していた佃が決めたのはトランスミッションメーカーとなること。経理部長・殿村の実家で農家の現状を知った佃は、ヤマタニの主要トラクターのトランスミッションを請け負うギアゴーストのコンペに参加する。

試行錯誤を重ね作ったバルブシステムは、強力なライバル大森バルブをはるかに上回る驚異的なものだった。技術者が持つ感覚を最大限に利用した佃の技術に感動した島津のギアゴーストと、佃製作所の関係がこうして始まる。

そんな最中ギアゴーストは、主力エンジン「T2」を特許侵害で訴えられる。訴えを起こした中川弁護士と共に知財戦略で業績を伸ばしてきたケーマシナリーからの要求額は15億円。

神谷弁護士に相談した佃は、ギアゴーストを支援することを決意し、クロスライセンス契約を狙いリバースエンジニアリングを始めるが成果はあげられず、役員たちの反対を受けながらも説得し15億円を出しギアゴーストを買収することを決める。

藁をも掴む思いで、佃からの買収の話を受けたギアゴーストは佃製作所と協力して裁判への準備を進める。そんな中、ギアゴーストの顧問弁護士・末長が、中川と内通していることが発覚。こうして迎えた第1回口頭弁論での神谷と中川の対決は、数々の証拠を揃えたギアゴースト側の神谷が圧勝する。

こうして、小型エンジンの佃製作所とトランスミッションメーカーのギアゴーストが新たに手を組み協働していこうとしていた矢先、ギアゴーストの社長・伊丹は島津を会社から追い出し、帝国重工・的場という”共通の敵”を持つダイダロスとの資本提携を決定してしまう。

長年のパートナーだった伊丹から裏切られ、ギアゴーストからの退社を決意した島津からその事実を告げられた佃は大きく困惑していた・・・。

スポンサーリンク

第6話ネタバレ|ドラマ【下町ロケット 2018】

(現在作成中です)

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【下町ロケット2018】ロケ地で竹内涼真 土屋太鳳 阿部寛 今田耕司の目撃情報まとめ!
ドラマ【下町ロケット ヤタガラス】キャスト。原作を元に登場人物をご紹介。
原作【下町ロケット ヤタガラス】小説のネタバレあらすじと登場人物。無人農業ロボット計画の全容!

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)