ドラマ【下町ロケット2018】第6話ネタバレ。衛星ヤタガラスと無人運転トラクター。伊丹と重田「ダーウィン」の始まり。

Sponserd Link

2018年10月から放送のドラマ【下町ロケット 2018】

2015年10月期にスタートし「ガウディ編」の最終話で20%を越える視聴率を叩き出した人気ドラマの待望の続編です。

これまで同様、主演に阿部寛をすえ、原作小説の最新作「ゴースト」と「ヤタガラス」の発売に合わせ新たな「下町ロケット」がTBSドラマに帰ってきます。

ここでは、ドラマ【下町ロケット 2018】のネタバレを、ここまでのあらすじを振り返りながらご紹介しています。

Sponserd Link

第5話までの経緯|ドラマ【下町ロケット 2018】

衛星「ヤタガラス6号」を乗せたロケット打ち上げが成功する帝国重工。そんな帝国重工のロケット事業は不採算を理由に打ち切りされると噂されるようになる。ロケット事業を進めてきた藤間から次期社長の座を狙うのは、帝国重工・中川会長の後ろ盾を持つ役員の的場だった。

その影響から最後の衛星「ヤタガラス7号」の打ち上げが前倒しとなり、さらに、そのロケットに乗せる新型エンジンの開発も前倒しになったことから佃製作所は急遽新たにバルブシステムを作ることになる。ギアゴーストの天才エンジニア島津の協力もあり新型バルブは完成。帝国重工の最終の燃焼試験もクリアし、帝国重工が計画していたロケット打ち上げは全て成功する。

ロケット事業を支えてきた佃と財前の関係は、このロケット打ち上げを最後に一旦の終了となる。

ヤマタニとの取引縮小を機に、新たな事業方針を模索していた佃が決めたのはトランスミッションメーカーとなること。経理部長・殿村の実家で農家の現状を知った佃は、ヤマタニの主要トラクターのトランスミッションを請け負うギアゴーストのコンペに参加する。

試行錯誤を重ね作ったバルブシステムは、強力なライバル大森バルブをはるかに上回る驚異的なものだった。技術者が持つ感覚を最大限に利用した佃の技術に感動した島津のギアゴーストと、佃製作所の関係がこうして始まる。

そんな最中ギアゴーストは、主力エンジン「T2」を特許侵害で訴えられる。訴えを起こした中川弁護士と共に知財戦略で業績を伸ばしてきたケーマシナリーからの要求額は15億円。

神谷弁護士に相談した佃は、ギアゴーストを支援することを決意し、クロスライセンス契約を狙いリバースエンジニアリングを始めるが成果はあげられず、役員たちの反対を受けながらも説得し15億円を出しギアゴーストを買収することを決める。

藁をも掴む思いで、佃からの買収の話を受けたギアゴーストは佃製作所と協力して裁判への準備を進める。そんな中、ギアゴーストの顧問弁護士・末長が、中川と内通していることが発覚。こうして迎えた第1回口頭弁論での神谷と中川の対決は、数々の証拠を揃えたギアゴースト側の神谷が圧勝する。

こうして、小型エンジンの佃製作所とトランスミッションメーカーのギアゴーストが新たに手を組み協働していこうとしていた矢先、ギアゴーストの社長・伊丹は島津を会社から追い出し、帝国重工・的場という”共通の敵”を持つダイダロスとの資本提携を決定してしまう。

長年のパートナーだった伊丹から裏切られ、ギアゴーストからの退社を決意した島津からその事実を告げられた佃は大きく困惑していた・・・。

Sponserd Link

第6話ネタバレ|ドラマ【下町ロケット 2018】

「生き残るため。」突然のダイダロスとの資本提携を聞き、事の真相を確かめようと乗り込んだギアゴーストで伊丹の口から出てきたのは佃たちを裏切る言葉だった。新たなプロジェクトが始まるため、これまで佃製作所とともに進めてきたヤマタニへのトランスミッションの取引が棚上げになったという。さらに、新たなプロジェクトでトランスミッションのバルブを供給するのは大森バルブ。これ以上ない裏切り行為に流石に声を荒げる佃だったが伊丹には取りつく島もない。そんな伊丹はダイダロス重田とともに、ヤマタニとの新たなプロジェクトを進めており、それはヤマタニにとって、その販売網を狙われているようなものだった。

その状況を知り意気消沈する立花たち佃製作所の社員たち。彼らが食事をしている店にやってきたのはギアゴーストの社員たち。かつてともにリバースエンジニアリングをした仲で合わせる顔がない、と立ち去ろうとするギアゴーストの柏田だったが、島津の後任として開発主任になった氷室は立花たちと喧嘩を始めてしまう。ギアゴーストとのトランスミッション開発を断たれショックを受ける佃製作所の従業員たちだったが、それ以上にショックを受けていたのは島津で、佃製作所従業員たちからの誘いを受けながらもそれを断り、エンジニアとしての仕事から離れていた。

ある日、佃製作所を訪ねてきた財前。彼が新たに始めようとしていたのはヤタガラスを利用した「無人農業ロボット事業」だった。そのプロジェクトへ佃製作所にエンジンとトランスミッションの製造を依頼する財前は、一度プロジェクトへの参加を打診しながらも断られていた北海道農業大学の野木博文教授の説得を、佃にお願いしたいという。野木は衛星を利用した無人農業ロボット研究の第一人者で、佃の大学時代の親友でもあった。その日佃は、娘の利菜が帝国重工のバルブチームのリーダーに抜擢されたことを知り、後日野木を訪ね北海道へ向かう。

大学の生物環境工学部に野木を訪れた佃。そこで見たのは運転者が居なくとも危険を察知すれば停止し自動で農地を耕す「無人農業トラクター」。その試作品のヤマタニ製トラクターのエンジンは佃製作所の「ステラ」。さらに、通信システムとして利用している衛星ヤタガラスを打ち上げたロケットに使われているバルブもまた佃製作所のものだと知った野木。数十年ぶりの再会に喜ぶ二人は、お互いの仕事、研究が農業という分野で一つになっていることに驚いていた。学生たちとともに野木の研究施設で思い出話に花を咲かせていたところにやってきたのは財前だった。野木は佃から改めて財前のプロジェクトへの参加を要請されるが、野木の口から肯定の言葉は聞かれず、代わりに出てきたのはかつて企業と共同で研究を進めていた時のことだった。5年前ベンチャー企業の「キーシン」とともに将来性のある研究を始めたが、一年経たないうちに一方的に契約解除を言い渡され裁判沙汰になり多くの研究時間を失ったという経緯があった。その上、当時キーシンが実用化しようとしていた自動走行制御システムが野木の開発した技術とほとんど同じものだったという。そのことを知った佃は帝国重工の新プロジェクトを一度保留とする。

そんな最中新たなプロジェクトを佃には内密に進めるという社の方針に疑問を持っていたヤマタニの入間工場長と蔵田。重田と伊丹に紹介されたのは新プロジェクトの広報担当の北堀と、キーシン社長の戸川だった・・・。

その頃殿村は、地元農家仲間の稲本や原口、三島たちから農業法人へ誘われる。稲本たちを支援するのは農業協同組合で地元の大農家の三男で、出来が悪いと言われる吉井だった。殿村の父・正弘は過去に、米を組合を通さずに直接取引をしていることを吉井に指摘され、組合へ誘われていたことがあった。将来を案じ法人に参加することの検討が必要だと考える殿村だったが、正弘は自分のやり方を変えるつもりはなかった。

八方塞がりでもう一度原点に立ち返ろうと殿村のところでトラクターに乗らせてもらおうとしていた佃だったが、あいにくトラクターは故障中。殿村に頼まれてトラクターを修理していたところにやってきたのは吉井だった。「農業の素人に何ができる?お客に米の違いなどわからないだろ」”殿村家の米”として市場に卸す殿村家のやり方をよく思わない吉井だったが、吉井の言葉に怒りをあらわに反論する殿村に吉井はすごすごと帰っていくしかなかった。父が大切に守ってきた消費者との信頼関係。他のお米と差別化された”殿村家の米”を評価してくれる多くの人たちのために、農村にあるしがらみにも耐えなけらばならないという殿村。そんな殿村の熱い想いを見た佃は、一歩を踏み出せずにいた「無人農業ロボット事業」への参加を決意する。

こうして佃は東京の学会に参加していた野木の元に向い、30年前に夢を諦めかけていた佃を説得してくれた野木に感謝を伝え、今度は野木の「日本の農業を助けたい」という思いに協力させて欲しいと伝える。しかしキーシンにも夢を語られたことがあった野木は佃の誘いを断ってしまう。そんな野木を佃は夕食に誘い、その前に仕事があったことを思い出したという佃は、野木を連れて帝国重工に向かう。そこで財前と再会した野木は、ヤタガラス打ち上げを全て仕切ってきたのが財前だと教えられ、さらに新たなロケットに乗せる新バルブシステムのテストの現場に立ち会うことになる。そこで野木はバルブシステムのリーダーである利菜から、ほんのわずかな数値の改善が未来への土台となると信じている、エンジニアたちの熱い思いを知ることになる。

その夜佃の家で食事をする佃と野木。食卓に出されたお米が、佃製作所の経理部長だった殿村の実家の米だと知った野木は佃が、その米を守るため、高齢化が進む農業のために仕事をしたいと考えていると知る。野木はかつて、日本の気象予報を変えて故郷である北海道を災害から守りたいという夢があった。その想いとともにこの日見た帝国重工のエンジニアたちの姿を見た野木は、自分が何のために仕事をしていたのかを思い出したとという。こうして野木は帝国重工の「無人農業ロボット事業」への参加を決意する。

その後ヤマタニを訪れ「無人農業ロボット事業」への参加によりヤマタニと競合する可能性があることに、仁義を切った佃だったが、ホッとした様子の蔵田や入間の姿を見て”逆に切られたよう”な印象を受ける。

その頃帝国重工では財前が進めていた「無人農業ロボット事業」の責任者に取締役の的場が就くことが決まる。宇宙航空部の縮小の話を持ち出し、中小企業の佃製作所をバカにしたような物言いで佃に挨拶をする的場に佃は、最高の「無人農業ロボット」のエンジンとトランスミッションを完成させると約束する。しかし後日的場に呼ばれた財前は、佃製作所が納品予定のエンジンとトランスミッションを、内製化する方針を伝えられ佃製作所との関係を切れと言われる。

同じ時、帝国重工の「無人農業ロボット事業」の責任者が的場に変わったという話を聞いた伊丹と重田は、自ら地獄に足を踏み入れた的場への復讐の炎をさらに暑く燃え上がらせていた。

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【下町ロケット2018】ロケ地で竹内涼真 土屋太鳳 阿部寛 今田耕司の目撃情報まとめ!
ドラマ【下町ロケット ヤタガラス】キャスト。原作を元に登場人物をご紹介。
原作【下町ロケット ヤタガラス】小説のネタバレあらすじと登場人物。無人農業ロボット計画の全容!

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)