ドラマ【下町ロケット2018】第3話ネタバレ。漏れる買収情報。帝国重工の信用調査を乗り越えた10億円の価値を生み出す佃製作所とギアゴースト

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【下町ロケット 2018】

2015年10月期にスタートし「ガウディ編」の最終話で20%を越える視聴率を叩き出した人気ドラマの待望の続編です。

これまで同様、主演に阿部寛をすえ、原作小説の最新作「ゴースト」と「ヤタガラス」の発売に合わせ新たな「下町ロケット」がTBSドラマに帰ってきます。

ここでは、ドラマ【下町ロケット 2018】のネタバレを、ここまでのあらすじを振り返りながらご紹介しています。

スポンサーリンク

第2話までの経緯|ドラマ【下町ロケット 2018】

トラクターなど農機具を製造する会社「ヤマタニ」の社長交代、帝国重工のロケット事業の中断の危機など、これまでのやり方を変えなければならない状況になった佃製作所。殿村の実家に訪れた佃は、トラクターの不具合をヒントに新たに「トランスミッションメーカー」として歩み始めようとする。

ヤマタニの低価格トラクターのトランスミッションを提供するギアゴーストのバルブのコンペに参加した佃製作所。立花、加納、軽部らトランスミッションチームの技術力を結集させて開発したバルブは、ギアゴーストの天才エンジニア島津から高い評価を得て採用が決まる。

しかし、ギアゴーストは中川弁護士擁する「ケーマシナリー」から特許侵害による賠償金15億円を要求されヤマタニとの話も立ち消えになってしまう。

そこで佃製作所は神谷弁護士のアドバイスを受け「クロスライセンス契約」を狙うべく、「ケーマシナリー」の特許侵害を見つけるため、トランスミッションの「リバースエンジニアリング」に取り掛かる。途中ギアゴーストに全ての事情を明かし、ともに「リバースエンジニアリング」を行なった両社だったが、「ケーマシナリー」のギアゴーストへの特許侵害は発見されず、佃はついにギアゴースト買収をする決意をする。

佃製作所では「リバースエンジニアリング」と並行して急遽前倒しとなった帝国重工の新エンジン用のバルブシステムを作っていたが、その開発に快く協力したのは、真に顧客や従業員のことを考えるギアゴーストの伊丹と島津だった。

そんな二人がいる素晴らしい技術力を持つギアゴーストを買収することは、佃製作所にとってもリスクの大きい買い物だったが、社長・佃の説得を受けて殿村や山崎ら佃製作所の役員たちの総意としてギアゴースト買収を進めることになる・・・。

スポンサーリンク

第3話ネタバレ|ドラマ【下町ロケット 2018】

ギアゴーストの協力を得て完成した「佃製新型バルブシステム」帝国重工での最後の燃焼試験も無事に成功し、最後の「ヤタガラス」への搭載も確実になり喜ぶ佃たち。神谷弁護士の指導のもと、佃製作所は企業同士の結婚とも言われるM&A(買収)をすすめ、最終的な買収完了まであとひと月と言われる。この情報が外部に漏れないように注意を払ってほしいという神谷弁護士の注意を受ける佃製作所とギアゴーストだったが、ギアゴースト社員の柏田と坂本が買収のことに気づき、上場を目指して伊丹についてきた柏田は買収の話をよく思っていなかった。さらに佃製作所がギアゴーストを買収するという情報はどこからか中川弁護士や神田川にも漏れており、中川弁護士のその矛先は佃製作所に向けられようとしていた。帝国重工に呼び出された佃は、水原から買収のことが漏れていることを教えられ、さらに帝国重工のルールに則り「信用調査」を受けることになる。法務部に内々に情報提供があったと聞いた佃製作所だったがその出所がわからず、帝国重工信用管理部の安本から財務状況のヒアリングを受けるため、社員総出でその準備に追われていた。伊丹に状況を話す佃は、この信用調査が一筋縄ではいかないと言われ、伊丹が帝国重工を辞めるまでの話を聞かされる。8年前、当時機械事業部にいた伊丹は担当の下請け企業にコストダウンの交渉を重ねていた。その下請け企業は、その願いを受け入れず、当時部長として伊丹の上司であった的場は、下請け企業に伊丹とともに乗り込み、強硬な態度で一方的に取引を打ち切ってしまう。結果その会社は倒産し、反対に帝国重工は業績を回復する。しかし、そのやり方に疑問を抱いた伊丹は改革案を提案するも、周囲からの反発に遭い「帝国重工の墓場」と言われる部署に飛ばされていた。かつて不良品だった二人を買収するということがどれほど危険かと諭す伊丹に、それは覚悟の上だと語気を強める佃。その頃帝国重工でロケット製造に関わっていた利菜は、安本から佃製作所の買収の話を知る。その安本は機械製造部部長の奥沢の大学の後輩であり、この奥沢はこれを機に的場に接近する。しかも、奥沢はかつて島津を帝国重工から追い出した張本人でもあった。

いつも通りボウリングで島津と休息のひと時を過ごす佃は、新たに「トランスミッション投法」を編み出したと話す。その帰り伊丹の過去を島津から聞く佃。伊丹が従業員に退職金を払う社員思いの父の背中をみてきたことから、何よりも人を大事にする人間であり、だからこそ、今の状況に人一倍追い詰められているはずだと島津は話す。帰宅した佃は利菜から買収の話をふられ、結婚=買収はなかなか難しいという。自分も結婚で失敗していることを引き合いに出し、結婚は向いていないのかもと話す佃に利菜は怒りをあらわにする。信用調査の資料準備も終わり、週末殿村家の田植えに行く佃たち。トランスミッションチームの立花と加納、山崎と佃の他に、佃に誘われた伊丹と島津も現地で合流する。しかし殿村が運転していたトラクターが不具合で動かなくなっていまい、急遽田んぼからトラクターを引き上げて修理班と田植え班に別れ作業を続けることなる。プーリーの破損がその原因で、島津の手によりトラクターは無事動くようになり田植えは再開される。「農家にとって当たり前の農業機械。それを満足いくものにすることは当たり前とはいえ難しい。しかし、難しいからこそチャレンジのしがいがある。」当初、田植えに乗り気ではなかった伊丹もまた作業を終える頃には佃が夢中になる理由がわかったと目を輝かせていた。

翌日のヒアリングが午後からということもあり実家に一泊することになった殿村。しかし翌朝、殿村の父・正弘が倒れ急遽午後に手術をすることになる。ヒアリングに間に合わないため、財務部係長の迫田が殿村の代理として信用調査に臨むことになる佃製作所。ベッドの正弘の看病につきっきりだった殿村だったが意識を取り戻した正弘から「お前はサラリーマンだ」とヒアリングに行けと説得される。安本を中心に帝国重工の信用調査が始まり、ギアゴーストでは末長弁護士とともに、伊丹、島津も調査結果を持つことに。安本の質問に受け答えする迫田だったが、事前に通達されていたリストにない「長期事業計画書」を準備していなかったことを指摘される佃たち。それは安本がわざと仕掛けた罠で、山崎や津島ら役員たちも呼び出され、佃たちの説得も虚しく安本からきつい評価を下されることになる。

「バルブシステムの供給リスクあり」これが決定事項だと立ち去ろうとする安本。しかしその会議室へ殿村が息を切らせて現れる。誠意が見えないという安本に殿村はあらかじめ用意していた「長期事業計画書」など様々な書類を用意していると伝え誠意を見せる。「新バルブシステムができたのもギアゴーストの協力があったからこそ。彼らの技術が一流だからこそ買収も本気だ」佃はじめ役員たちは安本に正当な評価をしてほしいと訴え、その言葉を聞いて返す言葉のない安本たちは調査を終えて帰っていく。直後、殿村は妻の咲子から連絡を受け父・正弘の手術は成功したことに安堵する。調査を終えた安本は佃製作所の作ったバルブシステムの「10億のコスト削減」を可能とした技術力を再認識し、佃製作所の信用調査に問題なしと判断を下すのだった。こうして佃製作所のギアゴースト買収はこれまで通り進められることになるが、佃は突如、神谷弁護士から連絡を受ける。ギアゴースト、佃製作所が一堂に会し神谷弁護士が話始めたのは開発情報が外部に漏れている可能性がある、ということで、伊丹と島津は近しい人の中に内通者がいるかもしれないと指摘を受けるのだった・・・。

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【下町ロケット2018】ロケ地で竹内涼真 土屋太鳳 阿部寛 今田耕司の目撃情報まとめ!
ドラマ【下町ロケット ヤタガラス】キャスト。原作を元に登場人物をご紹介。
原作【下町ロケット ヤタガラス】小説のネタバレあらすじと登場人物。無人農業ロボット計画の全容!

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)